東日本大震災から7年

7年。

当時の小学校6年生は中学1年生として新しいスタートを待ちわびている頃でした。

今年、その時の子どもは大学2年生になります。

 

近くのスーパーで「美味しそうなキムチ」を見かけ、商品の案内をみると「仙台市宮城野区蒲生・・・」「知ってるね」「近くだね」懐かしく、嬉しく想い思わずキムチを手にして、買って家に帰りました。

それから、たった1週間。

この宮城野区蒲生一帯の家や工場は・・・。

 

震災直後は高速道路も歪み、車を走らせることも出来ずにいました。

5ヶ月後、そのキムチを作っていたお店のあった蒲生を訪れました。

家の屋根、何本かの柱、しかし家の中は空洞、港から流されてきたモノが詰まっている家も。

一帯はすべてが流されていました。

お店だったと思われる家の、かろうじて残った柱に「御用の方はこちらまで…」の張り紙を目にして涙が溢れてきました。

その後、そのキムチを目にすることはなくなりました。

 

蒲生地区の工場は海からの荷揚げ、船積みの立地から海に隣接し、荷揚げのための多くのクレーンもたくさん海に向かって立っていました。

それまでの便利な場所に打ち付ける波は牙をむき、そのすべてを海に持ち去り、当たり前の生活さえも持ち去ってしまいました。

 

今でもニュースで当時の写真を見ても話を聞くだけでも「胸がザワツク、息苦しくなる」とは当時そこに住んでいた家族の囁きです。

 

当たり前の毎日がどれほど貴重なことで、家族が隣にいることがどれほど貴重なことなのか、私たちは日ごろの忙しさや時間の経過とともに忘れがちになっているのではと考えさせられます。

時間の経過とともに忘れてはいけないことの一つにこの震災の痛ましさ、失った多くの命のことです。

 

いつも隣にいてくれるその人、いつものその時は二度と来ることはないと想い、“人”そして“時”を大切にしなければいけないのではないでしょうか。

あれから7年、まだ痛みは私たちの心に刻み込まれています。

 

2018年3月11日

関東学院六浦中学校・高等学校

中学教頭 酒井 美智子


陸上競技部 相模原クロスカントリー大会へ出場しました



3月10日(土)、相模原ギオンスタジアム(相模原市南区)で行われた相模原クロスカントリー大会2018へ本校陸上競技部の中学生が出場しました。

ギオンスタジアムとその周辺のクロスカントリーコースを使って行われ、小学生の部から大学・一般の部まである大きな大会で、冬のトレーニングの一環として今回初めて出場しました。



本校生徒が出場した中学生男子の部には、全国大会出場者や3000mで8分台の記録を持つ選手達が出場しており、レベルの高いレースとなりました。先頭集団からは離されたものの、最後は粘って6位入賞でした。



ゲストランナーとして、青山学院大学在籍時に箱根駅伝で「新 山の神」と評され、現在はコニカミノルタ陸上競技部で活躍されている神野大地選手も一緒に走りました。普段の競技会では味わえない雰囲気でしたが、良い刺激をもらったようです。


2年生 地球市民講座 〜3年生の地球市民講座に向けて〜

本日は1月26日、2月9日に行った2年生の地球市民講座についてご紹介いたします。

2年生の地球市民講座では30カ国をグループごとに調べポスターを作成し、六浦祭では来校してくださった方に対してポスターセッションを行いました。
学年でのポスターセッションの様子はこちらをご覧ください。

3年生の地球市民講座では、2年生のようなグループでの調べ学習ではなく自分でテーマを決め、個人研究します。
1月26日では、「市民とは」「共生とは」「地球市民としての素養とは」など改めてこの地球市民講座の趣旨について学びました。
そして2月9日には、「地球市民としての地球規模での課題の捉え方」や「SDGs(Sustainable Developmennt Goals:持続可能な開発目標)とは何か」など具体的なことを学び、持続可能な社会に向けてどのように行動すべきかが見えてきました。


生徒たちは3年生に向けて真剣に講義を聴いていました。
次回の2年生地球市民講座では、『認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン』の方をお呼びして主体的に学ぶことの大切さ、自分たちでも行動や考え方次第で世界を変えられることについて学びます。


鉄道研究部 イベントのご案内

鉄道研究部から、学校内外で行うイベントのご案内です。
本校鉄道研究部の生徒達が参加します。是非、ご来場ください。




みつばちまつり
と き 3月11日(日)10:00〜15:00
ところ 釜利谷坂本公園(ニューライフ金沢文庫内)
金沢区釜利谷にあります「みつばち学童クラブ」主催による「みつばちまつり」にミニ電車の体験乗車として出展します。バザーやゲーム、模擬店、釜利谷バトン部の出演などがあります。学童に隣接する公園での実施です。お近くの小学生の皆さんもご来場ください。

ヨコスカキッズフェスティバル
と き 3月24日(土)11:00〜16:00
ところ 横須賀中央三笠通り商店街(外の歩道)
横須賀中央の三笠通り商店街にて毎年恒例の「ヨコスカキッズフェスティバル」が開催されます。当クラブもミニ電車を運行します。その他、横須賀中央各地でもキッズフェスティバルのイベントを開催しています。お近くに来られる際には是非、ご来場ください。

春の子ども塾
と き 3月24日(土)・25日(日)両日とも10:00〜15:00
ところ 神奈川県立辻堂海浜公園
神奈川県立辻堂海浜公園にて毎年出展させて頂いております「春の子ども塾」にて鉄道模型の展示を行います。地元を走る江ノ電や小田急、JRなどたくさんの鉄道模型が走ります。是非、ご来場ください。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

シーサイドラインフェスタ2018
と き 4月7日(土)10:00〜16:00
ところ 横浜シーサイドライン本社(シーサイドライン並木中央駅下車すぐ)
現在、金沢八景駅で大規模工事を行っている「横浜シーサイドライン」のイベントが車両基地にて行われます。多くの出展者や鉄道会社も参加するイベントです。本校鉄道研究部でも江ノ電の鉄道ジオラマ模型の展示とミニ電車の運行をします。ミニ電車は毎年多くのお客様にお並び頂きご迷惑をおかけしておりますが、今回は増発して2列車を運行させます。ご期待ください。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

ミニトレインフェスタin関東六浦
と き 4月21日(土)13:00〜16:00
ところ 関東学院六浦中学校・高等学校
6年ぶりの開催となります「ミニトレインフェスタ」を本校にて開催します。内容はミニ電車の運行のみとなりますが、2種類のミニ電車に乗り放題です。是非、足をお運びください。
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用の上ご来場ください。
※本クラブのミニ電車は、これまでのべ8万7千人の方にご乗車を頂いております!


中学理科実験29 【2年生:クリップモーター】

本日は2年生の理科実験の様子をお伝えいたします。

前回の実験で、電流が磁界から力を受けること、また授業でモーターの仕組み、電磁誘導や交流について学びました。(実験の様子はこちらをご覧ください)。

今回はクリップモーターを作る実験を行いました。
磁界中のコイルが回転する仕組みや整流子という部品については授業ですでに学習しています。
実際にエナメル線からコイルを作り、やすりで削ってクリップモーターを作成し、仕組みや現象を再確認しました。

実験ではコイルを綺麗に作ることに悪戦苦闘する生徒が多く、出来上がったクリップモーターもなかなか上手く回りません。
コイルを成形しなおしたり、さらにやすりで削ったりして工夫していました。
何人かの生徒は綺麗に回転するクリップモーターができていました。


今までのように道具や方法を色々与えて行うのではなく、道具と完成形だけを見せて実験を開始しました。
時間いっぱいまで作業する姿が印象的でした。
「こうしたら上手くいくのではないか」「上手く回転しているコイルとどう違うのか」など自ら考え、工夫しながら進めていくことが理科の実験の面白いところだと思います。

2年生で学ぶ「電流の性質とその利用」についての範囲は全て終了しました。試験に向けてしっかり復習してもらいたいと思います。


3学期期末試験の様子

今回は試験中の生徒の様子をご紹介いたします。

3学期期末試験が始まりました。
高校生(4年生、5年生)は、3月5日(月)〜8日(木)の4日間、
中学生(1年生〜3年生)は、3月6日(火)〜8日(木)の3日間で行われます。

今年度最後の定期試験です。
多くの生徒が気合を入れて頑張っています。
アシストルームで教科担当に質問に行く生徒、自習室で静かに学習する生徒など勉強方法は様々です。
生徒ラウンジやピロティ、教室などで教えあいながら勉強する姿も多く見ました。


この期末試験が終われば、次の学年への準備が始まります。
悔いを残さないよう頑張って、良い結果が残せるよう願っています。


陸上競技部 逗子市スポーツ人の集いで表彰されました



3月3日(土)、逗子アリーナにて「第44回 逗子市スポーツ人の集い」が行われ、今年度、さまざまな種目において優秀な成績をおさめた優秀選手や団体が表彰されました。

一般の方々や大学生、中高生、小学生など多くのアスリート達が表彰され、お互いがその功績を称え合いました。本校陸上競技部の3年生男子生徒が、昨年夏に行われた全日本中学校陸上競技選手権大会(3000m)へ出場したことで表彰されました。



3月に入り、いよいよ新しいシーズンが始まります。現状に満足せず、さらなる高みを目指して頑張ってほしいと思います。


カナダ夏季研修の説明会を行いました



2月24日(土)、2018年度のカナダ夏季研修についての事前説明会を行いました。
本校で実施しているカナダ夏季研修にはビクトリアコースとカルガリーコースの2つがあり、参加者はどちらかを選択して参加します。

ビクトリアコース

ビクトリアコースは3年生と4年生が対象で、カナダの伝統校の雰囲気を味わい、海外での学びに興味をもってもらうプログラムです。ドミトリーで生活をしながら、St.Michaels University Schoolのプログラムで学ぶ研修です。授業だけでなく、さまざまなアクティビティも体験でき、世界から学びに来ている人達とたくさんの交流をすることができます。

カルガリーコース

カルガリーコースは4年生と5年生が対象で、ANNE'S Language Houseでの語学研修だけでなく、キャリア直結型研修として、海外で活躍する日本人や日本企業の方々からの学び(2017年度は、KnifewearやJACOSへ訪問)もあります。

いずれのコースも、出発前の事前研修、帰国後のレポート作成や文化祭等でのプレゼンテーションなど、事前事後の学習活動がしっかりとあります。

2018年度の研修も生徒達にとって充実した学びの場となることを楽しみにしています。


6年生 寿町炊き出しボランティア2

2月16日(金)、本校6年生有志が寿町(横浜市中区)の炊き出しボランティア2回目に参加しました。今回の参加者は前回とは違うメンバーで、卒業後の進路が決定している生徒8名が参加しました。



活動は前回同様、朝8時から始まり、公園内での野菜洗い、皮むき、切込みなどの行程で行われました。この日はさほど寒くなく、作業をしているうちに上着を脱ぐような気温でしたので、最初は冷たかった水にも慣れ、2時間ほどの作業があっという間に終わりました。



作業が終わると日本キリスト教団神奈川教区寿地区センターへ移動し、路上生活についてのDVDを鑑賞して、意見を述べ合う勉強会も行いました。さらに、ここで生活している方にお話を伺う機会を持ちました。昼食後には近くの施設などを見学し、最後にミーティングを行って終了しました。

2020年には横浜もオリンピックの会場となります。その時、行政はどう動くのか。(過去にも大きなイベントを行う際、行政の様々な動きがあったそうです) 炊き出しを必要としている人たちには今、何が必要なのかを学ぶ良い機会になったと思います。

今回のボランティアへ初めて参加した生徒の感想文を要約して掲載させていただきます。

『8時間前の私』K.K.
私は今回初めて炊き出しを経験しました。もちろん初めての寿町訪問でした。炊き出しがどんなものか、「寿町」という町がどんなところなのか、わからないことだらけのまま集合の駅に到着し、一生懸命手伝いました。作業中、横で大声を出す人、喧嘩している人、ごみ箱をあさっている人、煙草をもって一人でしゃべっている人。想像をはるかに超えるほど色々な人がいました。「そのような人たちと今日1日関わっていくんだな」と思ったとき、私には不安と恐怖心しかなかったことを覚えています。
配膳の際には私はスプーンを渡すというシンプルな作業すらできず、立っていることしかできませんでした。すると、私の隣でお箸を担当していた社会人になったばかりの女性の方が、「スプーン?お箸?」と友達のように話していて、その姿が私にはとても格好よく見え、私も少しずつではありましたが同じように作業することができるようになりました。
私が勝手に決めつけていた印象は実際に関わり、コミュニケーションをとることで180度変わりました。帰り道に駅を探していると、ホームレスの人に「駅はあっちだよ」と教えていただき、私は素直に「ありがとうございました」と答えました。私はその時、「8時間前の私なら、出ることのなかった言葉だ」と感じました。


アラスカ研修(その6)

本日は第3回アラスカ研修の最後、現地時間の2月1日と2日の様子をお伝えいたします。第3回アラスカ研修の様子はこちらをご覧ください(その1その2その3その4その5)。

2月1日
オーロラ観測の後、深夜2時過ぎにホテルに帰ってきました。
ホテルのチェックアウトは11時だったので、レンタルの防寒具を返却し、スーツケースを持ってロビーに集まりました。
その後、近くのスーパーにお土産を買いに行った生徒もいました。

14時25分の便でまずアンカレッジに行き(約1時間)、その後乗り継いでシアトルに行きました(約4時間)。シアトルの天気は雨。道路などに雪のない景色は久しぶりです。この日は移動のみで、シアトルのホテルには夜の10時過ぎに到着しました。アラスカとシアトルの時差は1時間あります。ホテルでサンドウィッチを食べ、帰宅の準備などをしました。


2月2日
シアトルのホテルで朝食をとった後、空港に向かいました。空港までは10分程度で着き、すぐに搭乗手続きをしました。スーツケースの重量がオーバーしている生徒もなく、手続きは順調に進みました。約10時間のフライトの後、定刻に成田空港に到着し、無事に全工程を終了しました。

今回は特に体調を崩した生徒もなく、それぞれが意識をもって研修に臨めたと思います。
この経験を生かして、自然や科学への興味を深めてほしいと考えています。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode