2014年夏“福幸”支援ボランティア(その1)出発

DP2M0601.JPG

今回で9回目となる“福幸”支援ボランティアが始まりました。
8月5日(火)、ボランティアに参加するメンバーが朝6時20分、横浜駅に集合しました。
今回の参加者は高校生10名、卒業生3名、引率教員2名です。
また今回のボランティアは現地までの移動に鉄道(新幹線)を利用します。

DP2M0604.JPG

集合場所には、保護者の皆さまや教員もお見送りにきていました。
よき奉仕とよき学びの機会となることを期待しています!

第9回“福幸”支援ボランティア 参加者募集要項(抜粋)

場  所  岩手県沿岸被災地(陸前高田市・大船渡市・釜石市・上閉伊郡大槌町など)
期  日  2014年8月5日(火)〜8月8日(金) 
趣  旨  東日本大震災で未曾有の大被害を受けた地域で、高校生として安全に実施できるボランティア活動
      を通して、今まさに社会の役に立つ体験をし、社会に奉仕をすることの重要性を学ぶ。
宿泊場所  遠野市大日地区コミュニティ消防センター 岩手県遠野市遠野町27地割1番地10
作業内容  宅地跡の清掃作業や農耕地再生作業・漁業支援・仮設住宅にお住まいの方々との交流など
      (現地のニーズに応えることを大前提とするため、作業内容は直前に確定致します。)

DP2M0606.JPG

KGMブログ読者の皆様!
今回のボランティア活動のことを皆様のお祈りに加えて下さい。
またKGMブログでは、このボランティアの様子は随時ご報告いたします。
これからの活動について、心に止めて下さいますようお願い申しあげます!

DP2M0607.JPG

◆第9回“福幸”支援ボランティア(2014年夏)
【参加生徒募集】第9回“福幸”支援ボランティア
2014年夏“福幸”支援ボランティア(その1)出発 ※本記事



2014年春“福幸”支援ボランティア(その4)3日目の活動



第8回“福幸”支援ボランティアは、3月24日(月)から28日(金)までの活動日程を無事終えました。
KGMブログの読者の皆さまにおかれましては、このボランティアを心の留めてくださったことと思います。
またお祈りに加えていたことと存じます。ありがとうございます。感謝申し上げます。
本ブログでは、遅ればせながら現地での活動3日目の様子をご報告いたします。
3日目の活動は、元々は果樹園だった所を開墾するというものです。
陸前高田の米崎地区にあるNPO法人「再生の里ヤルキタウン」の活動のお手伝いです。
ヤルキタウンでは、果樹園を開墾し、地域の方々の憩いの場所である「花画廊」を造る準備をしています。
今回は伐採した樹木を運搬する作業や不要な草本を燃やす作業をしました。
なおヤルキタウンでは、私たちの活動をブログで紹介してくださいました。
“関東学院六浦高中心の18人”活動」という記事です。
ぜひお読み下さい!!


 ※上の写真はヤルキタウンのブログ記事からお借りました。活動終了後の記念写真です。

活動をした場所には、すでに約25000個のチューリップの球根が植えられているそうです。
開花が待ち遠しいです。

◆“福幸”支援ボランティア(2014年春)
【参加生徒募集】第8回“福幸”支援ボランティア
第8回 福幸支援ボランティア勉強会
2014年春“福幸”支援ボランティア(その1)出発
2014年春“福幸”支援ボランティア(その2)1日目の活動
2014年春“福幸”支援ボランティア(その3)2日目の活動
・2014年春“福幸”支援ボランティア(その4)3日目の活動 ※本記事


2014年春“福幸”支援ボランティア(その3)2日目の活動



”福幸”支援ボランティアは現地での活動3日目を迎えました。
このブログでは2日目の活動内容を紹介します。
この日の作業は、「まごころネット」で販売するグッズ作りです。
障がいを持った方々と一緒に作業をしました。
作業場所は、まごころ就労支援センターです。
根気のいる作業でしたが、心を込めて作りました。

◆”福幸”支援ボランティア(2014年春)
【参加生徒募集】第8回“福幸”支援ボランティア
第8回 福幸支援ボランティア勉強会
2014年春“福幸”支援ボランティア(その1)出発
2014年春“福幸”支援ボランティア(その2)1日目の活動
2014年春“福幸”支援ボランティア(その3)2日目の活動 ※本記事


2014年春“福幸”支援ボランティア(その2)1日目の活動



”福幸”支援ボランティアは活動2日目を迎えています。
このブログでは活動1日目の報告をします。
私たちは、午前6時に遠野駅に到着しました。
遠野では今回もボランティアのコーディネートをしてくださる「まごころネット」に向かいます。
まごころネットでは、その日1日の活動内容をコーディネートしていただき、8時には全員でラジオ体操です。
今日の活動は、「ハーブの郷」での雪かきの作業です。
写真はその雪かきの様子です。
昼食を済ませた後は、大槌町を視察しました。

◆”福幸”支援ボランティア(2014年春)
【参加生徒募集】第8回“福幸”支援ボランティア
第8回 福幸支援ボランティア勉強会
2014年春“福幸”支援ボランティア(その1)出発
2014年春“福幸”支援ボランティア(その2)1日目の活動 ※本記事


2014年春“福幸”支援ボランティア(その1)出発

CAM00454.jpgCAM00463.jpg

今回で第8回目となる“福幸”支援ボランティアが始まりました。
3月24日(月)、ボランティアに参加する高校生が夜9時30分に集合しました。
集合場所は秋葉原駅近くのバス停です。
今回のボランティアはいつもの貸切バスを利用した移動ではなく、高速夜行バスで現地へと向かいます。

CAM00464.jpg

バス停には高速夜行バス「遠野・釜石号」が到着しました。
翌朝にかけての長旅です。
なおこの高速夜行バスは、独立3列シートを採用し、席は29席です。
トイレ付きの車両のため、途中のサービスエリアなどでの休憩はありません。

CAM00467.jpgCAM00480.jpg

途中に立ち寄るバス停は上の写真のとおりです。
ボランティア一行が目指す遠野の到着は翌朝の6時頃の予定です。
車中ではぐっすりと睡眠をとることができるでしょうか?

第8回“福幸”支援ボランティア 参加者募集要項(抜粋)

場  所  岩手県沿岸被災地(陸前高田市・大船渡市・釜石市・上閉伊郡大槌町など)
期  日  2014年3月24日(月)〜3月28日(金) 〔車中2泊 現地2泊〕
趣  旨  東日本大震災で未曾有の大被害を受けた地域で、高校生として安全に実施できるボランティア活動
      を通して、今まさに社会の役に立つ体験をし、社会に奉仕をすることの重要性を学ぶ。
集  合  3月24日(月)
解  散  3月28日(金)
宿泊場所  遠野市大日地区コミュニティ消防センター 岩手県遠野市遠野町27地割1番地10
作業内容  宅地跡の清掃作業や農耕地再生作業・漁業支援・仮設住宅にお住まいの方々との交流など
      (現地のニーズに応えることを大前提とするため、作業内容は直前に確定致します。)

CAM00483.jpg

荷物を詰め込みいよいよ出発です!
よき奉仕、よき働きができることを祈っています。
そしてよき学びとなるよう願っています。
KGMブログの読者の皆さま。
このボランティアの働きをおぼえて下さり、お祈りに加えていただければと存じます。

CAM00484.jpgCAM00485.jpg

◆”福幸”支援ボランティア(2014年春)
【参加生徒募集】第8回“福幸”支援ボランティア
第8回 福幸支援ボランティア勉強会
2014年春“福幸”支援ボランティア(その1)出発 ※本記事


第8回 福幸支援ボランティア勉強会

春休みに『福幸支援ボランティア』が実施されます。今回で8回目、サッカー部だけで
参加した2011年の夏を含めると9回目になります。今回は参加人数こそ少ないものの、
リピーターの卒業生から新規参加の4年生(高校1年生)まで、意欲ある参加者が集まりま
した。
3月17日の期末試験答案返却が終了したあと、集合して勉強会が行われました。これまで
この活動をリードしてきたサッカー部顧問や、昨年末にも参加した教員から説明があり
ました。


まずは行程や準備についてです。今回は人数が不足しているため、バスがチャーターで
きず、夜行バスを利用することになりました。集合場所も秋葉原だそうです。
持ち物は一般的な宿泊の持ち物に加えて、今年は雪と寒さが例年より厳しいらしく、そ
の対策についての話がありました。滑らない靴を用意したり、バスの中でのネックピロー、
朝スープをいただくためのマグカップなど、先生方の経験を踏まえた準備の話はとても
参考になりました。

つづいて現地でのことについてです。初期のころのボランティアでは力仕事が多く、危険
な作業もたくさんありました。今は岩手県遠野市社会福祉協議会内の『遠野まごころネッ
ト』にコーディネートしていただいているので、現地のニーズを優先しながらも安全・安
心のプログラムを組んでくださるそうです。また初めは怪我も多かったそうなので、今は
ボランティア保険に加入しないと参加できないことになっています。
食事も初期のころは、おにぎり1個だけ、ということもあったそうですが、この前の冬は
きちんとしたお弁当が出るなど充実していたそうです。

最後は心構えについてです。レジュメには『ボランティアの4原則』ということが記載さ
れています。
・自分から進んで行動する「自主性・主体性」
・共に支え合い、学び合う「社会性・連帯性」
・見返りを求めない   「無償性・無給性」
・よりよい社会をつくる 「創造性・開拓性・先駆性」
普段から本校でボランティアについて学んでいる生徒には、よく理解できる内容だと思い
ます。


一方、『活動で注意すること』は気づかずにしてしまいそうなことが書かれています。
例えば
▲泪福爾傍い鬚弔韻茲
・現地の方からすると、私たちはボランティアとはいえ、「見知らぬ来訪者」です。…
自己完結を実践しよう
・ゴミの持ち帰りは当たり前…作業結果の他にはなにも残しません。
作業時間について
・時間に限りがあり、作業に「もの足りなさ」、「中途半端感」が残る場合があります…
Ш邏箸ない!?
・…時に作業がない場合があります。待機することや現地の状況を見て、それを伝えるこ
ともボランティアと心得てください。
┘廛薀ぅ丱掘爾貿枸犬垢
・被災者のお宅で作業する場合があります。その際もお邪魔するという意識を忘れずに。
個人情報や見聞きしたことを他で 話すことは控えましょう。
被災者・被災地の写真撮影は配慮が必要
・…写真撮影には配慮が必要です。同じ作業をやった仲間と撮る記念撮影などでは、ピー
スサインなどは絶対にしないこと。
物にも配慮を
・…私たちからみると、「ゴミ」でも被災者の方にとっては、大切な品物かもしれません。
作業依頼には、ちょっとまって
・現地の方から依頼があることがあります。「やってあげたい」との気持ちから、つい請け
負ってしまいがちですが…、
私たちの報酬
・現地の方から、受け取るお礼は「ありがとう」だけです。

当然遊びに行くつもりの人はいませんが、それでも仲間と過ごしているうちに気遣いを忘
れてしまいがちです。十分に気をつけて行動したいものです。

短い時間ですが様々なことを学び、気持ちを高めた参加者たち。きっと現地での経験を通し
て成長した姿を見せてくれることでしょう。


(冬休みのボランティアの様子です)


2013年冬“福幸”支援ボランティア(その14)サンタの「恋するフォーチュンクッキー」

第7回“福幸“支援ボランティアは、12月25日(水)の早朝に横浜に到着し、無事活動を終えることができました。
多くの方のご支援とご協力、またKGMブログの読者の皆さまの応援とお祈りに支えられました。
ありがとうございます。

今回の活動では、クリスマス時期に合わせて「サンタが100人やってきた!」プロジェクトへの参加がありました。
これはサンタクロースのコスチュームを身にまとい、プレゼントと笑顔をお届けするプロジェクトです。
私たちは「遠野まごころネット」さんのコーディネートの下で、そのプロジェクトに加わりました。
そして2013年の「サンタが100人やってきた!」プロジェクトについて、以下のまとめの記事が掲載されています。
その記事から一部引用をします(記事はコチラ)。

  サンタ数
    12/21(土)大槌   190名
    12/22(日)陸前高田 301名
    12/23(月)釜石   178名
              計669名(+遠野サンタとスタッフサンタ)

  プレゼント配布数
    大槌    1848個
    陸前高田  2023個
    釜石    3300個
    遠野      117個
         計7288個



数字から分かるように、12月22日(日)は300人を超えるサンタが集合しました。
なおこの日は総勢300人のサンタがAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を踊るプログラムがありました。
そしてその様子がこの度、YouTube にアップされました!
以下は、陸前高田市のマスコットキャラクター「ゆめちゃん」による動画チャンネルからのリンクです。
どうぞ御覧ください。本校生徒も写っています!




◆”福幸”支援ボランティア(2013年冬)
【参加生徒募集】第7回”福幸”支援ボランティア
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その1)出発
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その2)遠野へ
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その3)サンタ隊
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その4)サンタ隊2
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その5)サンタ隊3
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その6)サンタ隊4
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その7)壺の沢地区
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その8)宿舎〜朝礼
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その9)創作農家こすもす
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その10)2日目の活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その11)大槌町での活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その12)午後の活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その13)帰路へ
2013年冬“福幸”支援ボランティア(その14)サンタの「恋するフォーチュンクッキー」 ※本記事


2013年冬“福幸”支援ボランティア(その13)帰路へ

DSC_0396.jpgDSC_0391.jpgDSC_0395.jpg

メリークリスマス!!

車中2泊、現地2泊の”福幸”支援ボランティアは帰路に向かっているところです。
18時にコミュニティセンターを発車した私たちは19時に東和温泉に到着しました。
東和温泉にて温泉に入り、夕食をいただきました。

DSC_0390.jpg

現在は前沢サービスエリアで休憩中です。
時刻は22時16分です。
生徒たちはそれぞれに今回のボランティアの活動について思い返していることと思います。

DSC_0398.jpg
DSC_0400.jpg

写真は、前沢サービスエリアでの撮影したものです。
下の写真は左から順に弁慶・静御前・義経です!!



・・・



今回のボランティアを振り返りとして、2日目の活動の写真をご紹介します。
「創作農家こすもす」での活動の際に撮影していただいた集合写真です。




そしてお世話になった「遠野まごころネット」の柳澤亮氏からいただいたコメントをご紹介します。

 昨日の釜石市洞泉での活動は、過去3回行われた「サンタが100人やってきた!」の中でも最高のものでした。
 子ども達も100名以上参加してくれ、プレゼントを受け取ってくれただけでなく、
 サンタさん達と遊んで交流してくれました。
 地元の人たちも、会場の提供から周辺への告知、イベントのサポートなど、惜しみなく協力してくださいました。
 地元の方々が必要とすることを地元の方々といっしょにする、という私どものポリシー通りの活動となりました。
 貴校の生徒さん達の活躍は大変素晴らしく、子ども達も大変喜んでくれ、
 バスが高速に乗ってからも見送ってくれていたくらいです。
 サンタ以外も含め、今までの活動でここまで喜んでもらえたことはありません。
 大変貴重な場に同席させていただき、お礼を言わせていただきたいです。
 本当にありがとうございました。


こちらこそ御礼を申し上げたいと思います。
お世話になった皆さまに御礼申し上げます。
ありがとうございました!!!!

そしてKGMブログをお読みに皆さまにも御礼申し上げます。
ブログをお読みいただき、また応援とお祈りをいただきましてありがとうございます。
私たちは明日の朝に横浜に到着いたします。
到着まで皆さまのお祈りに加えていただければと存じます。

◆”福幸”支援ボランティア(2013年冬)
【参加生徒募集】第7回”福幸”支援ボランティア
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その1)出発
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その2)遠野へ
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その3)サンタ隊
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その4)サンタ隊2
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その5)サンタ隊3
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その6)サンタ隊4
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その7)壺の沢地区
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その8)宿舎〜朝礼
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その9)創作農家こすもす
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その10)2日目の活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その11)大槌町での活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その12)午後の活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その13)帰路へ ※本記事






2013年冬“福幸”支援ボランティア(その12)午後の活動

DSC_0379.jpg

こんばんは!
第7回”福幸”支援ボランティアはいよいよ現地3日目・最終日を迎えました。
最終日の作業は農業支援です。
午前・午後ともに堆肥作りの活動で、2班に分かれて行いました。
1つは腐葉土を作る囲いの作製、もう1つは落ち葉拾いです。
午前中しっかりと活動し、午後も同じ作業を続ける予定でした。
ところが天気が急変し、ひょうが降るほとの天候となってしまいました
やむなく午後の活動は中止となりました。

DSC_0383.jpgDSC_0384.jpg

活動の代わりとして、大槌町役場(左)と赤浜小学校(右)を訪問しました。
大槌町は津波の被害が大きかったところです。
町役場は当時の姿のままとなっています。
大槌町の赤浜地区では、多くの家屋が津波によって流されてしましました。
写真のように赤浜小学校には「計画盛土高さ」の看板があります。
津波の大きさをうかがい知ることができます。

DSC_0386.jpg

大槌町役場・赤浜小学校を訪問した後、大槌町の「きらり商店街」に行きました。
生徒たちは各自、ご家庭へのお土産屋を購入したようです。
農業支援の活動は途中でできなくなってしまいましたが、大槌の様子が見ることができたのも勉強です。

DSC_0387.jpgDSC_0389.jpg

上の写真は、お世話になったボランティアのセンター「遠野まごころネット」です。
今回のボランティアも、現地のニーズに合わせた活動をコーディネートしていただきました。
本当にありがとうございました。

◆”福幸”支援ボランティア(2013年冬)
【参加生徒募集】第7回”福幸”支援ボランティア
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その1)出発
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その2)遠野へ
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その3)サンタ隊
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その4)サンタ隊2
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その5)サンタ隊3
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その6)サンタ隊4
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その7)壺の沢地区
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その8)宿舎〜朝礼
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その9)創作農家こすもす
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その10)2日目の活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その11)大槌町での活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その12)午後の活動 ※本記事


2013年冬“福幸”支援ボランティア(その11)大槌町での活動

DSC_0369.jpgDSC_0370.jpgDSC_0371.jpg

こんにちは!
”福幸”支援ボランティアは活動最終日を迎えました。
このブログでは最終日の午前中の活動をご報告いたします。
今日は宿舎にて、6時半より朝食をいただきました。

DSC_0372.jpgDSC_0373.jpg

横浜を出発し今日で4日目です。
生徒たちはそれなりに疲れているはずですが、そのような様子は見せずに最終日の朝を過ごしています。
7時40分に「遠野まごころネット」に行き、いつもの朝礼に参加しました。
今日の活動は昨日までの「サンタが100人やってきた!」のプロジェクトとは打って変わって農業支援です。
バスで大槌町へと向かいます。

DSC_0377.jpgDSC_0378.jpgDSC_0379.jpg
DSC_0380.jpgDSC_0381.jpgDSC_0382.jpg

本日の活動は農業支援です。
農地の肥料づくりとして、落ち葉を集める作業です。
写真のように、落ち葉を拾い集めて一箇所に集約するという作業です。
最終日も頑張ります!

◆”福幸”支援ボランティア(2013年冬)
【参加生徒募集】第7回”福幸”支援ボランティア
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その1)出発
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その2)遠野へ
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その3)サンタ隊
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その4)サンタ隊2
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その5)サンタ隊3
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その6)サンタ隊4
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その7)壺の沢地区
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その8)宿舎〜朝礼
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その9)創作農家こすもす
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その10)2日目の活動
2013年冬”福幸”支援ボランティア(その11)大槌町での活動 ※本記事



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode