Fm yokohama 「THE BREEZE」に出演しました

さきほど11:30頃、Fm yokohama(ホームページはこちら)でON AIRされている番組「THE BREEZE」に、本校ラグビー部総監督の林広大教諭が出演しました。


番組の人気コーナー「藤田優一くんの もっと知りたい神奈川!街角レポート」で、レポーターの藤田優一さんが本校に来てくださいました。


神奈川県内初の高校女子ラグビー部について、発足の経緯や現在の活動の様子など、多くのことをご紹介いただきました。部員たちは授業中であったため出演することはできませんでしたが、日頃の部員たちの様子も取り上げていただきました。

最後は、今度の日曜に大一番(神奈川県予選の準決勝 vs桐蔭学園高等学校)を控えた男子部にも触れていただき、「ぜひ花園へ!」とありがたい応援もいただきました。

藤田さん、スタッフの方々、ありがとうございました!!


ちなみに、明日の街角レポートは川崎だそうです(笑)


留学生交流会〜Scavenger Hunt〜

10月6日(火)、関東学院大学へ交換留学で来ている米国留学生3名と本校の生徒とで、
交流会のひと時を放課後に持ちました。

現在、米国留学生には週1回程度、本校6年生(高校3年生)のEnglish Writingという授業と3年生の英語Sグレードの授業に、
ティーチングアシスタントとして参加してもらっています。
その留学生たちに本校のことをもっと知ってもらいたいと思い、今回はScavenger Huntを
することにしました。
Scavenger Huntとはいわゆる宝探しのようなもので、校内のいたる所に貼られたクイズに答えて
競い合うというレクリエーションです。
1箇所、クイズの用紙がはがれてしまうというハプニングもありましたが、
生徒は英語で書かれたクイズを留学生と一緒に話し合いながら、協力して解答していました。



以下、生徒の感想です。

。廓生 R・Yくん
今回の留学生交流会ではクイズをやりましたが、それはただのクイズではなく、校舎内に貼ら
れた問題を見つけ出すという、とてもアクティブなものでした。
もちろん、留学生と一緒にクイズをやるので、説明するときや会話をするときは英語です。
そのため分からない単語や文法があったときには、
改めて自分の英語力が足りないなぁ、と思いました。
今回の交流会を通して、前より一層英語を頑張りたい!と思う気持ちが強くなりました。

■廓生 T・Sくん
On October 6th, we have a Scavenger Hunt with 3 international students from Oregon,
the U.S., for the extra communication lesson after school. It was pretty much fun
and a good experience for me. We have 18 questions to solve. The most of them were
easy, but there were a few questions that I cannot solve. Surprisingly, there was
no question near the vending machine. When I got back to the English Lounge, I found
that it was a special quiz which gave a little gift for the international students.
I think this moment was valuable for us to keep my English skills.


ぜひ今回参加した生徒にはこの経験を今後の英語学習につなげ、
将来の留学など国際社会に飛び立つきっかけにしてほしいと心より願います。


2学期中間試験前〜アシストルームの様子〜

2学期が始まって一ヶ月が経ち、中間試験の時期が迫ってきました。
本校のアシストルームは、授業中に分からなかったところを先生に質問する時に活用するスペースです。
特に試験前になると、勉強に意欲的な生徒が多く利用しています。先生方に質問する生徒の表情は真剣そのものです。



また、アシストルームへ友達とともに訪れて、先生たちに質問する姿も見受けられます。自分一人ではなく、仲間とともに試験を乗り越えようと切磋琢磨する様子が見られます。




中間試験が終わると、2学期の一大イベント「六浦祭」が始まります。
六浦祭で最大限の力を発揮できるよう、今は試験に集中し結果を出して欲しいものです。
頑張っている皆さんを応援しています。


2年生地球市民講座クラス発表

2年生は1学期に地球市民講座の時間を使って、世界の諸問題に目を向け班ごとに壁新聞を作成しました。
2学期最初のLHRを使い、壁新聞のお披露目とクラス発表を行いました。




クラス発表では、単に発表をして終わりではなく他の班の発表を採点します。
一班につき10点満点とし、発表を5点、新聞5点としました。
点数の付け方は、発表では主に「声の大きさ」「目線」「姿勢」「話す速さ」が項目にあります。
新聞では「内容」「デザイン」「見やすさ」「丁寧さ」などが項目です。
どの生徒もクラスメイトがどのような新聞を作成したか興味があるようでした。



クラスメイトの新聞を見終わると今度は班ごとに発表の練習を行いました。
各班の持ち時間は3分〜5分です。自分たちの調べた内容を分かりやすく伝えるために何度も練習を行っている様子が印象的でした。班によっては担任の先生の前で発表し、アドバイスをもらいます。




いよいよ発表です。拍手をして発表しやすい雰囲気をつくったり、また、発表の最中はしっかりと静けさの中で耳を傾ける姿勢が1年間の成長を感じさせます。どの班も素晴らしい発表をすることができました。





今回のクラス発表で高得点を取った班をクラス代表とし、次回は学年発表が行われます。
クラスの代表として恥じることのない発表をしてもらいたいものです。
学年発表の様子はまたブログにてご報告させて頂きます。
 


校長メッセージ(2学期始業式)



 皆さんは、この夏をどのように過ごしましたか。夏休みが終わって、充実を感じている人もいれば、何かを得たという確かな感じがなく、これといった達成感のない暑くて長い期間が終わってしまったと感じている人もいるでしょう。
 しかし、どちらの人にしても、今日から始まる長い2学期を意識すると、誰もが漠然した不安や心配になることがあるはずです。もちろん、それは人によって違います。その不安を不安として感じるか、あるいは、不安があって当たり前と割り切って不安に思わないかは人によりますが、不安はあって当たり前、と考えることが大切です。
 皆さんの年頃には特に、誰もが経験する不安です。皆さんは、皆さんの体と心が一歩一歩成長していることを無意識に知っています。成長する自分を無意識でも意識していて、本当に自分は、きちんと大人に向かって成長していけるだろうか…という心配や不安を誰もが抱えます。見えない未来への不安ですね。
 二学期は、勉強や活動の面で色々と、忙しいこと、難しいこと、面倒なことに次々と挑戦してゆきます。その一つ一つで、やれるだろうか、こなせるだろうか、あるいは,間に合うだろうか等と、度々不安になると思います。しかし、感じる不安は成長するためのエネルギー源でもあります。不安や心配は成長の階段を一段また一段と上ろう、上らなければならないと考えるからで、成長する人の証と言えます。
 具体的に言えば、例えば、考えている学校への進学や進路について等、学年が上がるにつれて自分が生きる道を探す必要が高まります。そして、こうなりたいと思う自分の姿と今の現実との差、理想とのギャップに誰もが多かれ少なかれ悩みます。
しかし、不安を感じている人は、失敗しないようにと頑張るものです。その日その日をしっかり生活することが大事です。そうして生活することで、必ず何かの形で成長していきます。そしてその努力には、仮に望む形ではないかもしれませんが、何らかの成果が与えられます。

 またもう一つ別の不安の大きい要素は、人間関係です。
人生の中で、生活の中で心の安定をもたらす大きなものは、人間関係の良好な状態です。たとえ辛いことが襲ってきても、苦しい状況にあっても、そこで一緒に過ごす家族、友人や仲間、愛する人のように支えあえる人間関係があれば心は穏かでいられます。しかし、お互いがお互いを疑うようになったり、信じられなくなったり、一方的に自分の要求ばかりを突きつけたりすると人間関係はすぐに崩れます。
今日の聖書の箇所です。キリスト・イエスの言葉です。
「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。」
「わたしのこれらの言葉」というのは、マタイ福音書の5章から7章に記録されている、イエスが山の上から一般の人々に語られた言葉を指しています。そしてイエスの言葉は揺らがない安定した岩ということでしょう。
ちょっと聖書を開いて見ましょう。
10ページ下の段6章25節タイトルは「思い悩むな」で、最後の11ページ上の段の6章33節から34節で「神の国と神の義を求めなさい。…(略)…だから明日のことまで思い悩むな。」と言っています。
もう一箇所、聖書44ページ上の段、マタイによる福音書22章37節〜39節を読みます。イエスは色々なところで語り、当時の宗教学者たちとも論争しました。イエスは最も重要な掟として、「心を尽くし、精神を尽くし、あなたの神である主を愛せよ」を示し、さらに、同様に重要な掟として、「隣人を自分のように愛しなさい」と私たちに示しています。
イエスが言う「岩」とはイエスが語った言葉で、それを掟、土台として生きなさい、と語っているわけです。

 さて、皆さんの中に、生まれてくる時に「生まれるぞ」と自ら決意してこの世に生まれた人はいますか? 誰もいませんね。命は与えられた命ということです。そして今いる場所、今の人生は、自分で開けた未来の時の空間ではありません。二つの掟は、あなたの命を与えた神を知り、神が愛してくれたように神を思いなさいということ、そして、イエスを通して与えられる言葉を聞くだけではなく、実際に、隣人を自分のように愛するように努めなさいということです。つまり、イエスの言葉に立って生活を組み立てれば安定がある、と語られているのです。
 しかし、私たちは弱い。「隣人を自分のように愛しなさい」が大切だと分かっても、そう考えて自分の生活をしようとしても、なかなかそうは出来ません。究極的には、友人や隣人のために自分の命を差し出すことが普通は出来ないということを思えば、「自分のように愛する」ことは難しいとわかります。さらには、それが大切だとは分かっても、日常の些細なことでもできないことが多い身勝手さ、弱さ。だから、イエスの言葉を聞くだけではなく、その上に自分の行動や考え方を建てようとすることを「忘れてはならない」、と語りかけられているのです。
「岩」のようなしっかりとした意思の固い男だとしてイエスに名づけられた弟子のペトロ、ペテロという名前の意味は「岩」という意味があったそうですが、ペテロは結局私たちと同じ人間であることを示し、私たちの弱さを示しました。ペテロは、イエスが処刑されるかどうかの重大な裁判の時に、自分も捉えられて処刑されるのを恐れて、イエスを知らないと言いました。それも三度。イエスに信頼され、「岩」と愛称で呼ばれていたペテロでさえ、最後にはイエスの言葉を守れなかったということをイエスは私たちに示しながら、それでもなお、イエスの言葉を「岩」として人生を建てよと語ります。
 イエスは全てを見通して生きた神の子。ペテロの運命を予め知っているイエスが私たちに、弱い私たちに語ります。「わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。」私たちの弱さを知っていて、弱いがゆえに立つべき土台を示す。私たちの弱さを知り抜いているイエスの言葉を聞くわけです。
 
 2学期だ!頑張るぞ!という気持ちと同時に、誰もが持ち合わせる漠然とした不安や心配も、私たちの弱さを知りつつ語りかけるイエスの言葉によって見つめるが大事です。2学期の最初に心に留めたいと思います。


夏季補習・補講

生徒の皆さんは、この夏休みをどのように過ごしたでしょうか?
また本ブログの読者の皆さまはどのような夏を過ごされたでしょうか。
本校では、いよいよ本日から2学期となります。
まだまだ暑い日が続きますが、残暑に負けず2学期を迎えたいと思います。

01.JPG

さて本校では夏休み中に補習と補講の期間を2週間に渡って設けています(夏休み直後と終盤)。
補習は中学生を中心とした指名制の補習で、補講は受験講座を中心とした希望制の補講です。
期間は、7月21日(火)〜25日(土)の5日間と8月24日(月)〜29日(土)の6日間です。
本ブログでは、この補習・補講期間のうち後半の1日目、高校生の補講の様子を紹介します。

02.JPG03.JPG04.JPG
05.JPG06.JPG08.JPG

上の写真は午前中の補講の写真の様子です。
8月の残暑が厳しい中、多くの高校生が補講に取り組んでいました。
受験を意識した内容ということもあり、どの生徒も真剣です。
なお以下に記すのは今年度の高校生の補講の講座内容です。
大学入試レベルを中心に幅広い講座を設けています。

◆国語
 古文演習(発展)
 古典演習(基礎) 
 受験現代文

◆社会
 日本史B(6年生対象)
 日本史B(5年生対象)

◆数学
 数学毅下ヾ愎演習
 数学僑惰試問題演習
 数学憩試問題演習

◆理科
 受験物理(力学)
 受験物理(力学・波動)
 化学基礎(文系)
 化学基礎(理系)
 無機化学
 生物実験講座(5年生対象)
 生物実験講座(6年制対象)
 センター・私大生物入試

◆英語
 英文法・英文法解釈講座
 英作文基礎・英文解釈講座
 大学入試問題対策
 英検2級講座
 英検準2級講座
 
09.JPG
10.JPG11.JPG

また高校生専用の自習室では受験に備え、黙々と自習に励んでいる生徒の姿がみられました。
教員室前のアシストルームでは、小論文などの添削のためにマンツーマンで指導を受ける生徒もおります。
下の写真は午後の補講の様子です。
生徒たちはこの6日間で力をつけたことと思います。

12.JPG13.JPG
14.JPG15.JPG

2学期がスタートしました。
有意義な2学期となるように取り組みも強化していってほしいと思います。
しっかりとやっていきましょう!


明日は始業式です!

 夏休みも今日が最後となりました。夏休みを振り返るときっと楽しい思い出ばかりだと思います。 明日から2学期が始まります。気持ちを切り替え、良いスタートを切りましょう! 良いスタートを切るためにもう一度、明日の持ち物や宿題の確認をして下さい。

 2学期の始業式ですが、中学・高校と開始時間が異なりますので、間違えて登校することがないよう注意して ください。

中学始業式                
8:25     登校・教室にて出席確認
8:30〜  礼拝堂にて始業式

高校始業式
9:25   登校・教室にて出席確認
9:30〜  礼拝堂にて始業式




それでは、生徒の皆さんは明日笑顔で元気に登校して下さい!!


夏季補習・補講が始まりました!

 7月18日の終業式を終えたばかりですが、早速、補習・補講がはじまりました。
1学期終了と共に梅雨明けの声を聞き、朝から暑いにも関わらず生徒は元気に登校、 快適な教室環境の中、真剣に取り組んでいます。



 7月21日(火)から25日(土)までが、補習・補講期間となっています。中学では、数学や英語を中心に指名補習を実施し、1学期に学習した内容の復習をします。 1年生の英語補習では、A〜Zまでをペアになり交互に言い合い、時間を競ったり、プリントに書く練習をしました。プリントに書く際も丁寧に書くことの大切さを伝えられながら時間をかけて学んでいました。




 高校生は希望制の補講が開講されています。今回実施の前半期間は、6年生を対象にした受験対策講座が中心にくまれています。取材した数学ではA・Bの大学入試問題の演習でした。特に今日は、東京理科大学薬学部の問題で、基本問題は各自の宿題として、少し難しい問題をいくつか取り上げ、丁寧な解説がなされました。



 様々なレベルの問題にチャレンジすることで、自分のもつ力の位置を確認したようです。 受験生にとってはこの夏が勝負のときです。夏休み中の計画を既に立てていることでしょうから、計画通り実施する強い意思をもって実施して欲しいです。後期の補習・補講期間は8月21日(火)〜25日(土)です。2学期に向けて取り組んでいる様子をまたお知らせします。


1学期期末試験に向けて 〜アシストルーム〜

明日7月6日より1学期期末試験が始まります。
(中学生は7月7日より開始)

1学期の勉強の成果を出そうと連日アシストルームは満席になります。
中間テストが思わしくなく今回のテストに危機感を持つ生徒、
高い評価を目指し高得点を狙う生徒、それぞれが自分の目標に
向かい全力で明日からのテストの準備に励んでいます。



また、友達同士教えあいながら、互いに理解を深め合っています。



先生たちも生徒の頑張りに応えようと下校時刻ぎりぎりまで
質問に答えています。



テスト期間中は下記時間割となります。
通常時間割と異なりますので注意しましょう。

1時限目 8:50〜9:40
2時限目 9:55〜10:45
3時限目 11:00〜11:50

今学期を締めくくる大切な試験です。
夏休みを良い気持ちで迎えられるように、また6年生は夏の
追い込みに向けてよいスタートが切れるように全力で頑張ってください!


海外大学生との交流

6月1日(月)、本校の生徒たちが海外の大学生と交流をもちました。



ジョージア州オーガスタにあるGeorgia Regents Universityの学部生と大学院生8名が本校を訪れ、中高生の英語の授業へ参加したり、昼休みには生徒たちとランチを共にしました。お越しいただいた学生のみなさんは、中学校や高等学校の教員を目指している方々でした。

今回の企画は、関東学院大学社会学部社会福祉学科の協力によるもので、学生のみなさんにとっても、日本の中高生の実態を知るよい機会であったようです。



1年生の英語の授業では、「英語でいろいろ質問してみよう!」ということで、「出身地はどこか?」「ニックネームはあるか?」「誕生日はいつか?」など、積極的に英語で質問していました。来週誕生日を迎える学生がいたので、クラス全員でハッピーバースデーの歌をプレゼントするサプライズもありました。



お昼休みの時間帯には、English Loungeにてさまざまな学年の生徒たちと学生たちが昼食を共にしながら、英語での会話を楽しんでいました。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode