工事中の生徒ラウンジに突入してきました!!

本校では来年度に向けて、新しく『生徒ラウンジ』という部屋を作っています!
本ブログでは工事中の生徒ラウンジへ突撃取材してきました!


2月24日(水)午前、工事の最中にお邪魔してきました!
写真からもわかるように、工事はまだ途中ですが経過を報告します!

『生徒ラウンジ』は、生徒が有意義に活用できるスペースを目指しています!
従来あった購買部や教科教員室の取り壊しをして、一つの大きな部屋にしています。

部屋は私の予想より遥かに大きかったです!

完成したときにどのような部屋になるのか今から楽しみです!
今後も機会がありましたら、経過を報告したいと思っています!
乞うご期待して下さい!!


***********


ちなみに天井も元々あった物を剥がして新しい物に張り替えます。
左下の写真が張り替え途中の状態です。新しい天井の完成系は右下の写真のようになります。



2016年度新入生登校日のご案内

2月1日〜4日まで実施した本校の入学試験では、今年も多くの児童のみなさんに受験していただくことができました。ありがとうございました。2016年度も期待に胸をふくらませた新入生を迎えることができそうです。新しい出会いを心待ちにしています。関東学院六浦で充実した6年間を、ともに過ごしましょう。

入学手続をされた皆様にはすでにご案内していますが、2月11日(木祝)に1回目の新入生登校日を実施します。入学手続時にお渡しした資料をご確認いただき、保護者の方と児童で一緒に来校してください。
※関東学院六浦小学校から入学される皆様は、集合時間が異なります。

第1回 新入生登校日
受付 9:30〜(本校礼拝堂ロビーにて)
開式 10:00(全体説明会は70分間を予定しています)

※ 上履きは必要ありません。

DSC01983.JPGDSC02014.JPGDSC02099.JPG
※写真は昨年度の様子です

内容<全体説明会>
 (1)礼拝
 (2)校長挨拶
 (3)吹奏楽部による歓迎演奏
 (4)本日の手続などについて
 (5)入学前課題について
 (6)六穂会(保護者の会)より
 (7)関東学院学生総合保険について
※ 全体説明会終了後、制服採寸・学用品申込・通学証明書申込などを行います。

準備していただくもの
 (1)受付(説明会前)にて提出していただくもの
   ・学費納入手続書類(学費等預金口座振替依頼書・生徒登録票)
   ⇒必要事項をあらかじめご記入いただき、ご持参ください。
 (2)採寸等の会場(説明会後)で提出していただくもの
   ・通学証明書交付願(必要な方のみ)
   ⇒必要箇所をご記入ください。2枚以上必要な場合は当日お配りします。
   ・制服注文書
   ・学用品注文書
   ⇒あらかじめ氏名や住所などをご記入いただき、ご持参ください。

関東学院六浦での6年間がいよいよ始まります。みなさんの来校を教職員一同、心からお待ちしています。


1年生 合唱コンクールに向けた練習を行っています

2月26日(金)、横浜市西区にある神奈川県立音楽堂で、中学合唱コンクールを行います。

本ブログでは、コンクールに向けて練習をはじめた1年生の様子をお伝えします。

かつて、この合唱コンクールは、学校内の礼拝堂で行っていました。しかし、保護者の皆様にもご覧頂くことができるようにと、今では神奈川県立音楽堂での実施となりました。

本番は、各クラス2曲を披露します。1曲目は課題曲の讃美歌で、2曲目は各クラスで選曲した自由曲になります。各クラスでは合唱委員を決め、委員を中心として、自由曲の選曲や指揮者、伴奏者も決めてコンクールに向けて練習を進めていきます。

先日1年生は、ホームルームにおいて、各クラスのコンクールに向けての目標やパンフレットに掲載するアピールポイントの文章を考えました。クラスによっては実際に讃美歌の練習をするところもありました。


さらに、次のホームルームでは、会場での演奏時の入退場の流れを実際行ってみました。合唱コンクールの担当教員からは、「合唱コンクールまであと何日?」の問い掛けから始まりましたが、「あと17日です」という発表に、一瞬ざわめきがありました。勿論、「あとそれだけしかないの?」というざわめきです。今日の練習の大切さを認識した上で、会場の入退場の流れの説明、そして実際に動いてみました。

歌うときは舞台上で3列になりますが、入退場時は1列で移動するため、3列目・2列目・1列目の順に並びます。各自がその説明を受け、頭の中でイメージしなければいけません。演奏順は2組・1組・4組・3組・5組・6組の順です。


先ず2組がお手本を示しましたが、例年より早いと褒めていただきました。1曲目の讃美歌は伴奏者がいません。2曲目は各クラスで選曲した自由曲で、伴奏者と指揮者が合わせて最後に会場に向かって礼をしてから退場します。果たして本番はこの練習通り上手くいくでしょうか。

次回のホームルームでは、実際に舞台に上がり各クラスのお披露目です。お互いのクラスがどれほど成長したか分かる瞬間です。楽しみにしています。

これから本番までは、ホームルームの度、さらには、朝や帰りのホームルーム、昼休みにも指揮者を前に練習をしたり、伴奏者の伴奏に合わせて歌ってみたりと、それぞれのクラスで秘密(笑)の練習が始まります。

クラスみんなの息をどれだけ合わせていけるか、いまから楽しみです。


保健室より 冬を元気に過ごすために〜カゼ・インフルエンザ『No!』〜

寒さが一層厳しくなり、本校でも体調を崩す生徒が出てきました。

今回のブログでは、本校の保健室から「冬を元気に過ごすために〜カゼ・インフルエンザ『No!』〜」ということで、体調管理についての話を掲載します。

まずは自分のウィークポイントを知ること!
日頃の生活を振り返って、思い当たるものにチェックをしてみましょう。

☆ うがい・手洗いはサボる
☆ 部屋の気温も温度も低い
☆ よく顔をさわる
☆ 部屋の換気をしない

◇ 朝ごはんを食べない
◇ 運動よりゲームが好き
◇ 野菜は残す
◇ 冷たいものが好き
◇ 夜中までスマホ
◇ シャワーですませる


みなさんのチェックはいかがでしたでしょうか。早速診断してみましょう。

********************

☆にチェックが多い人
→ ウィルスへの注意が足りません!

アドバイス1 うがい・手洗いを
感染した人のくしゃみやせきで飛び散ったウィルスは、人の口や鼻から侵入するチャンスをうかがっています。外出から帰ったとき、食事の前など、こまめな手洗いでウィルスの侵入を防ぎましょう。カゼ予防にはうがいも効果があります。

アドバイス2 適度な温度と湿度
ウィルスは冬の“低温”と“乾燥”で活性化します。部屋の中を暖かくして、湿度は50〜60%に保ちましょう。締め切った部屋のウィルスは換気をして追い出す!

アドバイス3 マスクをつける
マスクはウィルスが鼻や口から入るのを防ぎます。また、マスクの内側は息で湿度が高くなり、ウィルスの活動が弱まって、粘膜にくっつきにくくなります。

マスクの正しいつけ方
 .泪好を鼻の形に合わせる
 △△瓦硫爾泙任靴辰り覆う
 ゴムを耳にかける


********************

◇にチェックが多い人
→ 免疫力が低くなっています!

アドバイス 
マスクや手洗いで防いでも、ウィルスの侵入はゼロにはできません。ウィルスが入ってきても、細胞に感染させない、感染しても悪化させない力がからだにはあります。それが“免疫力”。免疫力を高めて、カゼ・インフルエンザからからだを守りましょう。

免疫力を高めるのは…
・きちんと3食バランスのとれた食事
・7〜8時間の睡眠
・ストレスをじょうずに発散する
・適度に運動をする
・からだを冷やさない


********************

いつもの生活の中で、少し気をつけるだけで予防することは可能です。
ウィルスに負けずに、この冬を元気に乗りきりましょう!!


2年生 LHRの様子

 2年生はLHRの時間を使って来年度の研修旅行について動き始めています。
3年生の研修旅行先は京都・奈良ですが、3日目の京都では班毎に分かれ自分たち
でコースを決めまわっていきます。この日のLHRでは班毎に分かれ、テーマを決め
コースについての話し合いをしました。

 この冬休みを使って京都についてのレポートを作成しました。内容は「京都で行きた
い場所ベスト3」「京都にゆかりのある人物を調べよう」「京都のおすすめのお土産」
です。しっかりと事前準備をした班はテーマ決めから盛り上がっていました。
 テーマは班によって様々ですが、「京都の歴史巡りの旅」や「京都食べ歩きツアー」
など、ユニークなテーマを決めてコースを決めていきます。
 
 様々な意見が飛び交う中、この日のLHRは終了しました。まだまだ良い研修旅行にする
ためには時間が必要なようです。生徒たちは、バスや電車の時間や旅館まで戻ってくる時
間を守ってコース決めをしなければなりません。班で協力して責任ある行動をし、さらに
成長する姿を見守っていきたいと思います。
 
 


大学・小学校との連携

新学期が始まり1週間が経ちました。

冬休み中は少し暖かい気候でしたが、年が明け、3学期が始まるとともに本格的な冬がやってきた感じがします。生徒たちは、学校生活のリズムを取り戻し、授業に、クラブ活動に日々励んでいます。

本校は関東学院の横浜・金沢八景キャンパスにあり、大学・小学校・こども園に隣接しています。多くの学校種があるメリットを生かし、様々な交流・連携を行っています。大学生や教授に本校へ来ていただきて交流会や授業を行っていただいたり、総合学習の一環で、本校の生徒たちがこども園に行ってパネルシアターをやらせていただいたり、中高だけではできない幅広い学びをしています。

昨日、教員を目指して日々学業に励んでいる関東学院大学人間環境学部の学生たちが、本校の授業を見学するため来校しました。



今回は中学生の英語、国語、社会、理科の授業を見学していただきました。見学される側の本校生徒たちは、少し緊張していたようです(笑)大学教職課程の講義の一環で、「現場を知る」ということから、これまでも実際の学校現場を見学してきたとのことですが、これまでは小学校の見学で、中高の見学は初めてだったようです。生徒たちの様子はもちろんのこと、授業のペースや授業中の教員の振る舞いなど、小学校のそれとはかなり異なっていたようです。終了後の感想では、「小学校と比べて授業のペースが速かった」「小学校でもこのような英語の授業をしたほうがよい」「自分たちが受けてきた英語の授業とは全く違う」など様々な声を聞くことができました。

これから教職を目指すにあたり、今回の見学がよい機会になってくれればと思います。

********************

さて、以前のブログでもお伝えしましたが、本校のグラウンドは全面人工芝で、体育の授業はもちろんのこと、サッカー部やラグビー部が放課後の活動で利用しています。芝の老朽化にともない、現在、芝の全面張り替えが行われています。多くの活動が制限されているので、生徒たちには少し我慢をしてもらっています。予定では、今年度中に張り替えが終わり、4月からの新年度は新しい人工芝のグラウンドに生まれ変わっています。

この工事の関係でグラウンドを使用できないサッカー部、ラグビー部、陸上競技部は、本学院大学金沢文庫キャンパスにある天然芝のグラウンドや陸上競技のトラック、本学院六浦小学校のグラウンドを借りて練習しています。



写真は、小学校のグラウンドで練習をするサッカー部と陸上競技部の様子です。なんと、小学校のグラウンドも全面人工芝です!小学生が下校した後のグラウンドを全面的に使用させていただいています。

逆に、小学校の行事やこども園の行事で中高のグラウンドを使っていただくこともあり、こんなところにも連携できるメリットがあります。


グラウンド人工芝全面張り替え

本校のグラウンドは全面人工芝です。もともと土のグラウンドでしたが、2004年に全面を人工芝に張り替えました。


体育の授業や球技大会など学校行事はもちろんのこと、サッカー部、ラグビー部、陸上競技部などいくつかの部活動でも毎日使用しています。

10年以上が経過して老朽化してきたことから、今回全面張り替え工事を行うことになりました。今週から工事が始まり、来年の2月末までかけて、グラウンドのお色直しです。


工事期間中はグラウンドを利用することができないので、部活動では、併設小学校のグラウンドや大学の金沢文庫キャンパスのグラウンドをお借りして練習を行います。

しばらく少し不便になりますが、きれいになったグラウンドを見るのが今から楽しみです。


2学期期末試験テスト前の様子

 2学期期末試験を目前に控え、生徒たちも目の色を変えて勉強に励んでいます。
今回はテスト前の生徒の勉強の様子をご紹介したいと思います。

 まずは、アシストルームです。アシストルームは普段の授業の質問や勉強のポイ
ント等のアドバイスを先生頂く場所です。先生に質問に来る時点で意識の高い生徒
に間違いはありませんから表情は真剣そのものです。




 また、アシストルームは生徒が率先して足を運ぶだけでなく授業担当教員が必要と感じ
た時は教員から声をかけて授業のフォローをする場でもあります。先生方もお忙しい仕事
の合間を縫って生徒と向き合います。

 次は、高校自習室の様子です。高校自習室では高校生が自主的に自学・自習を行う場所
です。自分の部屋ではなかなか勉強に集中できない生徒や、仲間と共に勉強に励む生徒で
溢れ返ります。



(余談ですがこのノートの中にはある学年で学年トップを取った事もある生徒のノートが
掲載されています。やはり自分なりにまとめられている見やすいノートになっていますね。)

 期末試験に向けてどの生徒も最後の追い込みをかけています。体調管理に気を付け勉強
の成果を発揮して欲しいものです。


クリスマス献金

アドヴェント(待降節)に入り、本校ではクリスマスに向けた準備が本格化してきました。

先週は、クリスマスリースが飾られ、ツリーの点灯式も行われました。来週にはクリスマス賛美礼拝を行うなど、クリスマスはもう目の前です。



クリスマスを控え、本校では毎年「クリスマス献金」を在校生と保護者の皆様にお願いしています。これは、12月19日(土)に行われるクリスマス礼拝に先立って献金を募り、いくつかのキリスト教の施設や団体の尊いお働きのお役に立てていただくことを目的としています。今年度の献金送付先は以下の団体・施設です。
1. 日本基督教団 東北教区被災者支援センター・エマオ(東日本大震災支援)
2.(学)横浜訓盲学院(視覚障がい者福祉施設)
3.(福)恵和(知的障がい者福祉施設) 
4.(公社)日本キリスト教海外医療協力会(アジアの無医村地域での医療活動)
5.(社福)横浜いのちの電話(電話相談活動)
6.(特非)信愛塾(在日外国人教育生活相談センタ−)
7.(社福)日本医療伝道会衣笠ホーム(特別養護老人ホ−ム)
8. 日本キリスト教団 神奈川教区寿地区活動委員会(生活支援団体)
9.(特非)アジアキリスト教教育基金(バングラデシュの寺子屋支援団体)
10. 日本バプテスト連盟 国際ミッションボランティア・佐々木さんを支援する会
  (アフリカのルワンダ平和支援活動団体)
11. 日本バプテスト神学校
12. (福)汀会 止揚学園(知的障がい者の施設)
13. 日本キリスト教協議会教育部(プロテスタント諸教派の合同団体)
14.(福)幸保園(児童養護施設)
15.(福)三育福祉会 特別養護老人ホーム シャローム
16.(特非)さざなみ会 シャローム(地域活動支援センター、クリスマスクッキーの購入先)
17. 日本バプテスト海外伝道協会(タイ・カレン・バプテスト・コンベンションへの協力支援)
18.(学)聖坂学院(特別支援学校)
19. 全国キリスト教学校人権教育研究協議会
20.(学)日本聾話学校(キリスト教精神に基づいた日本で唯一の私立聾学校)
21.(宗)日本バプテスト同盟(ネパール大地震支援のために)


生徒のみなさんには下のような献金袋が配付されています。


みなさんのご協力をよろしくお願いします。


クリスマスが近づいてきました

11月も終わりに近づき、日に日に寒さを感じるようになってきました。

2学期の最後には、キリスト教学校にとって1年の中でもっとも大切な行事のひとつであるクリスマスがあります。11月29日からはアドベント(日本語では待降節といいます)の期間に入り、クリスマスに向けた準備を行います。

本校では、2学期の終業式を礼拝形式で行い、みんなでクリスマス礼拝をまもります。他にも、一般の方をお招きして行うクリスマス賛美礼拝、学院全体で行う学院クリスマス…と、さまざまなクリスマス関係行事が行われます。

校内にあるいくつかの校舎の入口にも、クリスマスリースが飾られました。


26日(木)にはクリスマス点灯式が行われ、クリスマスに向けた準備が本格化します。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode