本校ホームページを振り返る(第3回・7月)

今日のブログでは、7月のホームページの記事を振り返ります。




7月の「関東六浦トピックス」の記事は以下の7つでした。

―――――***―――――

「第446回 読書会のお知らせ」(2010.7.2)

「高校2年生対象 大学模擬授業が行われました。」(2010.7.7)

「♪吹奏楽部ウェルカム・コンサート♪」(2010.7.12)

「『校報(第91号)』WEB版」(2010.7.21)

「軽音楽部紹介」(2010.7.23)

「関東学院大学工学部研究室 半日体験が行われました。」(2010.7.27)

「2010年度 高校夏季勉強合宿」(2010.7.29)

―――――***―――――

この月は、高校生の進路関係の取り組みが2つ報告されました。

今日のブログではその2つの紹介と、本校独自の「宿泊行事」でもある「勉強合宿」をピックアップします。






(1)「高2対象 大学模擬授業」は、大学からの先生をお招きして模擬授業をしていただくものです。

本校においでいただいた大学は次の8大学です(五十音順)。

/斉狎鄲膤悄平祐峅奮愽堯
関東学院大学(法学部)
昭和大学(薬学部)
だ貊ぢ膤悄雰弍蝶愽堯
ザ明鄲膤悄淵螢戰薀襯◆璽蝶愀押
ε豕都市大学(環境情報学部)
東洋大学(国際地域学部)
明治大学(理工学部)

詳細なプログラムについては、ぜひホームページをご覧ください。
今回の大学模擬授業では、これからの進路を考える上でとても有意義なものとなったと思います。







(2)「関東学院大学工学部研究室半日体験」では、工学部の11の研究室を訪問させていただきました。

研究室では、この「半日体験」のためのプログラムを企画してくださいました。
「体験」にあたっては、先生方から教わることはもちろん、大学院生・学部生の皆さんからも丁寧に教えてくださいました。
生徒たちは工学への理解と関心を深めることができ、また充実した体験をすることがきました。







(3)「勉強合宿」は葉山にある「関東学院大学セミナーハウス」で行う、3泊4日の「合宿」です。

今回の「高校夏季勉強合宿」は、4年生から高校3年生までの40名の生徒が参加しました。
朝9時から夕方6時までは、国語・英語・数学の授業があります。
授業では,発展的な学習内容に取り組んだり、大学入試問題の演習をしたり、充実した学習がします。
夜は3時間の自習時間を設定しています。
生徒はそれぞれ、その日の授業の復習をする者、テーマを決めて各自が用意した問題集に取り組む者などさまざまです。一人ひとりが集中して学習に取り組むことができたようです。
この合宿は文字通り「勉強漬け」の合宿ですが、合宿期間中は学習のみではなく、進路相談や講演会なども行います。
勉強合宿で学んだ多くのことを、これからの進路に活かしてほしいと願っています。



(続く)
 


本校ホームページを振り返る(第2回・6月)

今日のブログでは、6月のホームページの記事を振り返ります。






6月の「関東六浦トピックス」の記事は以下の9つでした。

―――――***―――――

「中高生を生きる!」−教頭メッセージ(2010.6.2)

「♪吹奏楽部第16回定期演奏会報告♪」(2010.6.4)

「2年生軽井沢自然教室報告」(2010.6.7)

「4年生一日研修レポート」(2010.6.9)

「1年生オリエンテーション報告」(2010.6.11)




「第445回 読書会のお知らせ」(2010.6.14)

「2010年度大学入試結果を掲載しました。」(2010.6.15)

「花の日礼拝(春季特別伝道礼拝)の記事を掲載しました。」(2010.6.18)

「芸術鑑賞が行われました。」(2010.6.24)

―――――***―――――

上のように、5月の旅行週間の「2年生自然教室」「1年生オリエンテーション」はこの月にアップされています。

また5月は、旅行に行かない学年もそれぞれの教育活動を行っており、その報告がここでなされています。



このブログでは、とくに「4年生一日研修」を紹介します。




「4年生一日研修」は、本校のキャリア教育の一環として一日を使って研修を行うものです。
卒業後の進路について具体的に考えていく時期になり、様々な業界の最前線で活躍する先輩方をお招きし、今の仕事にかける思いやこれまでの歩み、それぞれの高校時代についてお話を伺うという研修です。

生徒たちが新たな職業観・勤労観を得て、自己の進路や将来の目標について考える一日になることを願い、毎年実施しているものです。

この記事も改めてお読み頂ければと存じます。


また、この月には「2010年度大学入試結果」がアップされました。


(※画像をクリックすると拡大します。)

上の記事もお読みいただければと思います。



(続く)
 


本校ホームページを振り返る(第1回・5月)

しばらくの間、KGMブログでは、2010年度の本校のホームページを振り返ります。
(なお本記事はすでに前ブログサービスで掲載したものです。)




このような企画をするとしたら、本来ならば4月から振り返るのですが・・・。
ですが4月は、本校ホームページは「工事中」でした。
4月は、新入生を迎える「入学式」の記事や、キリスト教行事の「イースター礼拝」の記事を掲載するところです。
残念ながらできませんでした。
申し訳ありません。






さて、2010年度の本校のホームページが稼働を始めたのは5月からです。

このブログでは5月の関東六浦トピックスを振り返ります。
そして5月の記事は以下の3つです。

―――――***―――――

「3つの教育目標実現に向けて」−校長メッセージ(2010.5.6)

「隣人を自分のように愛しなさい」−宗教主任メッセージ(2010.5.10)

「研修旅行 引率日記(1日目・2日目・3日目・4日目・5日目)」(2010.5.18)

―――――***―――――

「校長メッセージ」と「宗教主任メッセージ」はトップページの「関東六浦」のプルダウンリストにもあります。
今一度お読みいただけると嬉しく思います。




また5月は、本校では旅行週間で、1年生・2年生・高校2年生が校外での宿泊行事に参加します。
5月に「関東六浦トピックス」にアップした記事は「研修旅行引率日記」です。
ブログ風にまとめられた記事で、高校2年生の研修旅行Bコースの紹介でした。
Bコースは、福江島の訪問をメインとしています。
そこでは、ユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ追加掲載が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の一つである堂崎教会を見学します。また日本で一番美しいと言われる「高浜ビーチ」もBコースの目玉でしょう。


(※画像をクリックすると拡大します。)


ブログをお読みの皆さんにおかれましては、もう一度5月の記事をお読み頂ければと存じます。

(続く)


高齢者におけるメンタルケア(ボランティア講座)

ブログサービス移行に伴い、表示されなくなった過去記事を再掲します。
今回は2011年1月25日(火)にアップした記事です。


―――――(以下、前ブログサービスより転載・加筆)―――――


ボランティア講座(過去記事1月25日)




今日のブログでは「ボランティア講座」を紹介します。


ボランティア講座は、高校2年生の選択科目の一つで、通年で行う2単位の講座です。

本校において最も特徴がある授業の一つです。

本年度は鳴坂明人宗教主任がこの講座を担当しています。




そして今日はゲスト講師を本校にお招きして、講義を行っていただきました。

講師は、土田博美先生(金沢区社会福祉協議会理事)です。





今日のボランティア講座のテーマは「高齢者におけるメンタルケア」です。


初めに映像を観て高齢者との関わり方について学びます。

次に、土田先生がご用意された資料に即した講義です。

配付された資料には次にように書かれています。


――――――(以下、配付資料から転載)――――――

ますます高齢化がすすみ、独り暮らしのご老人も増加の
傾向にあります。
そして「誰もが自分らしい人生を生きたい」。
それを支えてくれる老後を望んでいます。
一人一人に目が届き、一人一人違う人生があることを前
提としてケアが求められているのです。
身体介護も大切ですが心のケアはもっと大切ではないで
しょうか。
生きる希望・楽しさを引き出すことができて初めて体が
回復するという事実も、皆さんはたくさん体験されてい
ると思います。
今日は皆さんの体験に照らして「こうして欲しい」と思
われる和みの援助方法を一緒に考えて、実践していきま
しょう。

―――――(転載おわり)―――――


今回の講座の内容は、加齢による解剖学的変化・生理学的変化、
またご高齢の方の健康とメンタルケアについてです。


講座では、脈拍の測り方も練習しました。






本校のボランティア講座では、ボランティアの理論と実践を学びます。

そしてこの授業は次のように行われています。


――――――(本校「シラバス」より転載)―――――

週2時間の授業で、校外での体験学習や援助技術の実習
を行うのは難しい一面がありますが、できる限り理論と
実践(校内で可能なものに限り)を試み、地域のボラン
ティア活動の要因となるべき実践力を身に付ける学習を
します。
(中略)
また、金沢区社会福祉協議会。NPO法人の方の協力を
得て、実践指導も企画しています。

――――――――(転載おわり)―――――――



今日の授業も、金沢区社会福祉協議会の理事である先生をお招きして行われたものです。





ボランティア講座が、生徒の将来の活躍の機会に繋がることを願っています。






学校からの連絡です。

学校からの連絡です。


保護者の皆さまへは、すでにKGM通信を配信いたしました。
本校の今後の予定につてご連絡いたします。


1.登校日について

(1)3月中の登校日は26日(土)です。

(2)登校時間は下記の通りです。
   ・高 2  9:00〜10:00
   ・4年生 10:30〜11:30
   ・3年生 13:00〜14:00
   ・2年生 13:30〜14:30+個人写真撮影+教科書配付
   ・1年生 14:00〜15:00+個人写真撮影

(3)この日に行う内容は以下の通りです。
   ・ホーム礼拝
   ・3学期期末試験答案返却
   ・成績連絡票配付
   ・通知表配付
   ・ホームルーム
   ・私物持ち帰り
   ・個人写真撮影(1年生・2年生)
   ・教科書配付(2年生)
   ・その他

(4)保護者の同行をお願いします。
   ・ただしご家庭の判断で生徒のみの登校も可とします。
   ・所要時間は1時間〜1時間半を予定しています。
   ・保護者控室は礼拝堂です。節電のため暖房温度を下げています。
   ・公共の交通機関のご利用をお願いいたします。
   ・自家用車での来校はご遠慮願います。

(5)食堂は営業しません。


2.教科書販売について(新4年生・新5年生・新高3)

(1)販売日は4月4日(月)です。

(2)販売時間は14:00〜15:00です。

(3)以下の点を注意して下さい。
   ・購入票控えを必ず持参して下さい。
   ・代金はお釣りのないようにして下さい。
   ・必ずこの日に購入して下さい。
   

3.教科書配付について(新2年生)

(1)教科書配付は4月8日(金)始業式の日です。

(2)大きめの鞄等を用意して下さい。




1年生の授業(再掲)

ブログサービス移行に伴い、表示されなくなった過去記事を再掲します。
今回は2011年1月13日(木)にアップした記事です。

―――――(以下、前ブログサービスより転載・加筆)―――――

1年生の授業(過去記事1月13日)

今日のブログでは授業の様子を紹介します。
1時間目に1年生の教室を訪問してきました。




上の2枚の写真は英語です。
英単語の練習をしていました。



下の2枚は数学です。
図形の回転移動を学習していました。
「△ABCを点Oを中心に左回りに60°回転した図を作図せよ」。






下の写真は理科(第2分野)です。
理科(第2分野)は「動物の世界」。
肉食動物と草食動物についての学習です。



(※画像をクリックすると拡大します。)



続いての聖書は「ベトザタの池」について。
これは「ヨハネによる福音書」の5章1節〜18節に書かれているお話です。
(※ブログの最後にその一部を引用します。)




(※画像をクリックすると拡大します。)



そして社会は「世界の国々を調べよう」です。
今日のテーマはヨーロッパです。






どのクラスも真剣に授業を聞いていました。
3学期の取り組みに期待しています。


―――――(転載おわり)―――――


生徒が登校しない日々が続いています。

生徒のいない学校はやはり活気がありません・・・。


そしてそれは普段のごく当たり前の学校生活がとても恵まれていたということでもあります。


まだまだ先が分からない不安な状況が続いています。
けれども、冷静さを心がけ、出来うる備えをしたいと思います。

そして地震の被害のさなかにあるすべての方のために祈りましょう。

関東学院六浦に連なる者として共に励ましあいましょう。






―――――――― ヨハネによる福音書 5章1節〜9節 ――――――――

「ベトザタの池で病人をいやす」

 その後、ユダヤ人の祭りがあったので、イエスはエルサレムに上られた。
エルサレムには羊の門の傍らに、ヘブライ語で「ベトザタ」と呼ばれる池
があり、そこには五つの回廊があった。この回廊には、病気の人、目の見
えない人、足の不自由な人、体の麻痺した人などが、大勢横たわっていた。
彼らは、水が動くのを待っていた。それは、主の使いがときどき池に降り
て来て、水が動くことがあり、水が動いたとき、真っ先に水に入る者は、
どんな病気にかかっていても、いやされたからである。さて、そこに三十
八年も病気で苦しんでいる人がいた。イエスは、その人が横たわっている
のを見、また、もう長い間病気であるのを知って、「良くなりたいか」と
言われた。病人は答えた。「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れ
てくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて
行くのです。」イエスは言われた。「起き上がりなさい。床を担いで歩き
なさい。」






     


「鉄道模型&ミニ鉄道に乗ろう〜フェスタ」延期のお知らせ(鉄道研究会)

すでにKGMブログでもお知らせしたとおり、
始業式までの学校行事と教育諸活動はすべて中止です。
昨日は吹奏楽部の定期演奏会の中止をお知らせました。

今日は鉄道研究会の「鉄道研究会&ミニ鉄道に乗ろう〜フェスタ」の延期のお知らせです。
クラブ活動の活躍する機会が少なくなることは残念ですが、やむを得ません。
また今回は主催者の判断によって延期が決定されました。

ただこの催しは「延期」ということですから、
次の機会に鉄道研究会が活躍するチャンスがあります。

鉄道研究会がフェスタの日程が決まりましたら、本ブログでお知らせいたします!



(※画像をクリックすると拡大します。)




◆2010年度の鉄道研究会の記事もどうぞお読みください。



KGMブログ(http://blog.kgm.ed.jp)

・2月19日〈オープン ひろばに参加します!!(吹奏楽部・鉄道研究会)」〉はコチラです。

・2月26日〈鉄道模型&ミニ鉄道に乗ろう〜フェスタ(鉄道研究会)〉はコチラです。

・3月6日〈来週の土曜日は「オープン ひろば!!」です。〉はコチラです。

・3月11日〈 明日は「オープン ひろば!!」です。〉はコチラです。



本校ホームページ(http://www.kgm.ed.jp)

・8月7日〈鉄道研究会の紹介を掲載しました。〉はコチラです。

・8月7日〈鉄道研究会からの報告とお知らせ〉はコチラです。

・9月1日〈鉄道研究会 活動報告(夏休み後半)〉はコチラです。







定期演奏会中止のお知らせ(吹奏楽部より)

前回のKGMブログでもお知らせいたしましたとおり、
始業式までの学校行事と教育諸活動すべて中止いたします。
クラブ活動もすべて中止、したがって吹奏楽部の定期演奏会も中止です。
とても残念ではありますが、やむを得ません。

しかしながら、重ねて地震の被害のさなかにある方々のために、お祈りを捧げたいと思います。
関東学院六浦に連なる者として共に励ましあい、他者のために祈りましょう。


本ブログでは、読者の皆さまへのメッセージを預かりました。
吹奏楽部部長の三浦修一くんからです。

お読みください下さいますようお願い申し上げます。


――――――(お客様へ・吹奏楽部部長メッセージ)―――――

お客様へ

 この度は、我が部の第17回定期演奏会を楽しみにしてくださっ
ていたお客様には、演奏会中止という結果になってしまいました
ことを、部員を代表して心よりお詫び申し上げます。
 今回の演奏会中止でお客様同様、部員はかなり落ち込んでいま
す。しかし、被災地の方々の立場になって考えてみれば、晴れ晴
れとした気分で演奏会に臨むことはとても出来ません。今は部員
全員が元気に過ごして再会することが一番重要なことだと思って
います。
 活動再開後の演奏会予定等はまだ何も決められない状況ですが、
今後とも皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いします。

                     部長 三浦 修一


―――――――――(メッセージおわり)――――――――――


定期演奏会を楽しみにしていて全ての皆さま。
どうか、ご了承くださいますようお願い申し上げます。


また吹奏楽部部長より部員に対してメッセージを預かっています。
この場をお借りして、メッセージを紹介させて頂きます。



――――――(部員へ・吹奏楽部部長メッセージ)――――――

部員へ

 地震の日以来、全く皆の顔を見ていないけれど、皆元気に過ご
していますか?
 今回の定期演奏会の中止は本当にショックだと思うし、僕も残
念な気持ちでいっぱいです…。
 今回のことで、普段の練習がどれだけ恵まれているかを実感し
たと思います。今僕は、可能ならばすぐに活動を再開して皆に会
いたいし、皆も同じ気持ちだと思うけれど、とりあえず僕たちが
今出来ることは、活動が再開するまで元気に生活すること!!
不安がいっぱいの毎日を過ごしているだろうけれど、いつか絶対
に皆が会える日が来るから、希望を持って無事に過ごしてくださ
い!!

                     部長 三浦 修一





―――――――――(メッセージおわり)――――――――――



◆2010年度の吹奏楽部の記事もどうぞお読みください。


KGMブログ(http://blog.kgm.ed.jp)

・2月12日〈定期演奏会のお知らせ(吹奏楽部)〉はコチラです。

・2月19日〈オープン ひろばに参加します!!(吹奏楽部・鉄道研究会)」〉はコチラです。

・3月6日〈来週の土曜日は「オープン ひろば!!」です。〉はコチラです。

・3月6日〈第17回定期演奏会のお知らせ(吹奏楽部)ほか〉はコチラです。

・3月11日〈 明日は「オープン ひろば!!」です。〉はコチラです。


本校ホームページ(http://www.kgm.ed.jp)

・6月4日〈♪吹奏楽部第16回定期演奏会報告♪〉はコチラです。

・7月12日〈♪吹奏楽部ウェルカム・コンサート♪〉はコチラです。

・9月13日〈吹奏楽部の紹介を掲載しました。〉はコチラです。

・12月8日〈吹奏楽部アンサンブルコンテスト県大会出場〉はコチラです。

・12月14日〈吹奏楽部「第10回金沢区小・中学校音楽祭」に参加〉はコチラです。









学校からの連絡です。

今後の学校行事などについてご連絡いたします。

機ヽ惺珊垰と教育活動について
1.4月8日(金)の始業式までの学校行事と教育諸活動すべて中止いたします。
  下記の学校行事は中止です。
  (1)3月19日(土) 修了式
  (2)3月19日(土) 六穂会委員会
     六穂会委員の皆さま、どうぞご了解ください。
  (3)3月24日(木)〜27日(日) 勉強合宿
  (4)クラブ活動・合宿など
     残念ではありますが、吹奏楽部の定期演奏会なども中止といたします。
  (5)生徒は原則として登校禁止とします。
     教員から特に登校を求められた場合は除きます。
   ※参加予定行事・活動の返金等は新学期になります。どうぞご了承ください。
2.4月5日(月)の入学式は実施予定です。

供…銘良芝柯佞よびロッカー内の教材などにについて
1.3月中に登校日を設けます。
  (1)公共交通機関および計画停電などに鑑み、登校日・登校時間を定めます。
  (2)下記のように実施する予定です。
     ・学年ごとに時間を区切って登校。
     ・登校日には、ホーム礼拝、通知票配付、私物持ち帰り、終礼を行います。
  (3)安全性の観点から保護者同行をお願いします。
     ※ご家庭の判断で生徒のみの登校でも結構です。
  (4)詳細は決まりしだいKGM通信でご連絡いたします。


掘ゞ飢塀馭柯奸Χ飢塀馮稜笋砲弔い
1.新2年生の教科書は4月に入ってから配付します。
  (1)教科書配付の日程は決まりしだいご連絡いたします。
2.新3年生の教科書は、3月中に設ける登校日に配付します。
  (1)配付冊数は少ないですが、大きめのカバンで登校して下さい。
3.新4年生、新5年生、高校3年生の教科書販売は延期します。
  (1)4月4日(月)14時〜15時に延期します。


今後もこれからの予定についてはKGM通信にてご連絡いたします。
しかしながら電話回線、メールサーバーなどが込み合って携帯に届きにくくなるかもしれません。
KGM通信の新着通知アドレスは、携帯とあわせてパソコンも設定することを推奨いたします。
パソコンからログインしてメッセージを確認することができます。

―――――(新着通知アドレス登録)―――――
新着通知アドレス
新しいメッセージが到着したことを登録したメールアドレス宛に通知します。
アドレスを登録・追加したい場合は、「アドレス登録」ボタンを押してください。
登録済みのアドレスを削除する場合は、そのアドレスの「削除」ボタンを押してください。
通知内容を変更する場合は通知内容を選択し、「変更」ボタンを押してください。
―――――(引用おわり)―――――


不安な状況ですが、皆様つねに冷静を心がけ、出来うる限りの備えをお願いいたします。
地震の被害のさなかにあるすべての方のためにお祈り申し上げます。
関東学院六浦に連なる者として共に励ましあい、他者のために祈りましょう。


校長メッセージ(保護者の皆さまへ)

保護者の皆さま


東北太平洋沖地震が発生して3日が経過しました。
被害を受けられた多くの皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

学校法人関東学院は、3月11日、学院対策司令本部を設置し、
現在に至るまで被害状況と現況の確認、
また余震に対する対策を継続して行っています。
関東学院六浦中高も、その中にあって、
今後に向けてのそれぞれの措置をとっています。

本校の今後の詳細については、
引き続きKGM通信を通して連絡いたします。
KGM通信のメッセージは、必ずアクセスしお読みください。
よろしくお願い申し上げます。

なお、このような状況の中で、
悪質なデマやチェーンメールが飛び交っている旨聞いております。
保護者の皆さまにおかれましては、それらに惑わされることなく、
冷静に対応していただきますようお願いいたします。
またお子さまに対しましても、そのようなものに惑わされず、
適切に判断するようにお伝え下さい。


今回の震災で、ご親族やお知り合いの中に被災された方もいらっしゃることを考えると
本当に心が砕かれる思いです。
重ねて、心よりお見舞いを申し上げます。

先の見えない不安な状況ではありますが、
こういうときにこそ、ともに励ましあい、他者のために祈りたいと思います。


                               校長 河合 輝一郎



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode