4年生・5年生対象校内進学ガイダンス

3月15日(火)、4年生・5年生を対象にした「校内進学ガイダンス」を開催しました。
このガイダンスは、多くの大学・専門学校の教職員の方々にお越しいただいて行われるプログラムです。
プログラムは講演会・入試対策講座に続き、大学・専門学校のガイダンスで構成されています。
なお今回のガイダンスは過去最大規模の50校にご参加いただきました。
本校までお越しただいた教職員の皆さまに、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

01.JPG

プログラムは午前中の答え合わせを終えた、午後の時間帯に実施しました。
はじめは4年生・5年生とで別々のプログラムとなります。
4年生は礼拝堂において、「大学、短大・専門学校、就職の違い」という講演です(写真上)。
5年生は4会場に分かれ、大学/専門学校/看護・医療/教育の各分野の入試対策講座を受講します(写真下)。
講演会・入試対策講座はいずれも45分のプログラムです。
その後、生徒たちは希望する大学・専門学校のガイダンスを3回受講します(30分×3回)。

02.JPG03.JPG
04.JPG05.JPG

講演会・入試対策講座の後は、本校の多くの教室にブースを設置し、各校のガイダンスをしていただきました。
各学校のブースは、ガイダンスの希望人数に合わせて大小さまざまです。
ブースでは、熱心に説明に耳を傾けている生徒たちの姿がありました。
また教室においては、黒板プロジェクターを活用していただきガイダンスを行なっていただきました。
なお今回の参加校(大学・専門学校)は下記の通りです。

  横浜市立大学、関東学院大学、青山学院大学、中央大学、日本大学、東洋大学、専修大学、
  駒澤大学、東海大学、帝京大学、帝京平成大学、帝京科学大学、明治学院大学、成城大学、
  玉川大学、桜美林大学、神奈川大学、立正大学、文教大学、多摩大学、北海道情報大学、
  東京電機大学、東京工科大学、東京都市大学、横浜薬科大学、国際医療福祉大学、
  洗足学園音楽大学、北京語言大学東京校、神田外語大学、東洋学園大学、多摩美術大学、
  東京工芸大学、鎌倉女子大学/鎌倉女子短期大学、清泉女子大学、東洋英和女学院大学、
  学習院女子大学、横浜保育福祉専門学校、日本航空専門学校/日本航空大学校、
  情報科学専門学校、横浜理容美容専門学校、窪田理容美容専門学校、横浜医療情報専門学校、
  横浜fカレッジ、日本工学院専門学校、茅ヶ崎看護専門学校、茅ヶ崎リハビリテーション専門学校、
  国際フード専門学校/東京誠心調理師専門学校、
  大原簿記情報ビジネス専門学校/大原医療秘書福祉保育専門学校/大原法律公務員専門学校、
  東京IT会計法律専門学校/日本スクールオブビジネス、国際動物専門学校(計50校:過去最大参加校数

06.JPG07.JPG08.JPG
09.JPG10.JPG11.JPG
12.JPG13.JPG14.JPG

もちろんこの校内ガイダンスには明確な目的があります。
本校の学習・進路指導部では、このガイダンスの目的を以下のように定めています。

  1.各学校のアドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシーを学び、
    進学する意識を高める。
  2.実際に各大学、専門学校の関係者からの説明等を聴き、また質問することで、
    その学校について更に詳しく学ぶ。

さらに、4年生・5年生の目標設定は以下の通りです。

  4年生:/奮悗判⊃Δ琉磴い魍悗屐
      ⊃奮悗砲弔い董大学・短大と専門学校の違いを理解する。
      就職するために必要なスキルを学ぶ。

  5年生:‖茖瓜嵋捷擦魴萃蠅垢襪燭瓩両霾鷦集。
      ∋嵋捷山稜Г犯羈咫∧惨蟾擦魴茲瓩襦
      3導惺擦瞭試方式を確認する。

15.JPG16.JPG17.JPG
18.JPG19.JPG20.JPG

生徒たちは、各大学の特色やカリキュラムなどについて多くの情報を得ることができたと思います。
また自身の進路選択において、いくつもの示唆を得たことと思います。
これから本格的な受験準備となる5年生にとっては、今回のガイダンスはとてもよい備えとなったことでしょう。
また4年生にとっては、これからの進路研究のための大きな前進となったことと思います。
本ブログの最後に本校にお越しいただいた大学・専門学校の教職員の皆さまに改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

21.JPG22.JPG23.JPG

◆5年生の進路学習(2015年度)
 ・「進学EXPO2015」「進学LIVE2015」に参加しました
 ・佐藤美里菜さん講演会
 ・「逆引き大学辞典」講演会
 ・5年生対象各分野別ガイダンス
 ・「夢ナビライブ2015」参加
 ・卒業生講演会(5年生ロングホームルーム)
 ・5年生・6年生対象校内進学ガイダンス
 ・4年生・5年生対象校内進学ガイダンス ※本記事


講演会 〜海外大学での学び〜

3月14日(月)に本校3・4・5年生を対象とした講演会が実施されました。



本校では海外大学への進学も、
一つの進路の方向であることを中心に指導をしております。
今回のテーマはオーストラリアの大学について、
学びを深めることが目標でした。





まずはオーストラリアの大学について学びます。
入学した際の生活はもちろん、
世界大学ランキングの見方についても話がありました。

今回はオーストラリアの中でも、この地域の大学の説明を受けました。




オーストラリアの大学の数は人口の比率から見ても、
日本よりも非常に少ないのですが、
多くの学生が通う大規模校が数多いのです。
そして、グリフィス大学より説明を受けます。
本校卒業生も現在通っている大学ですので、
生徒たちも名前を聞いたことはあるようでした。



本校ホームページでは、以下のように紹介しています。

ブリスベンとゴールドコーストに音楽学校と美術学校も含む5つのキャンパスを持つ大学。
世界120カ国以上からの留学生を含む約38,000人の学生が在籍しています。
本学では300以上の専攻から、学生の目標や知的好奇心にフィットするよう
異なる分野を融合させた独自のプログラムを学ぶことが可能です。
ほとんどのコースで学士から博士課程までを提供し、
ブリスベンとゴールドコーストの両キャンパスに附属の英語学校を設けています。
特に観光学・ホスピタリティーの分野では高い評価を受けており、
学部の規模、施設の充実面においても世界最高水準と位置づけられています。


この説明を読むだけでも興味は湧きますが、
スライドと共に現地のスタッフの方から受ける説明が加わると、
更に興味深いものへと変貌していきます。
生徒たちの姿勢も、みるみる変わっていきました。
その中でも施設について、いくつか紹介します。





今回の講演会を終えてから生徒に話を聞くと、
「もっと海外大学のことを知りたい!」や、
「英語を今よりも頑張ろうかな」と前向きな気持ちを見せてくれました!

本校では英語教育に力を入れると共に、
セブ島研修やターム留学等、
様々な海外研修プログラムを組んでおります。
また、今回お話し頂いた大学の他にも、
多くの進学先を紹介しております。
本校ホームページ「進路指導」に詳しく紹介をしておりますので、
是非とも、ご覧ください。

 


センターリサーチ無事に終わりました

1月16日(土)、17日(日)の2日間、大学入試センター試験が行われました。
本校生徒たちは、関東学院大学、横浜市立大学、神奈川県立保健福祉大学を会場に受験をしました。
センター試験には、本校学年スタッフも応援に駆けつけました。(その様子はこちら 1日目 2日目
生徒たちは全力でセンター試験に挑んだことと思います。



試験翌日の18日(月)、センターリサーチ(大学入試センター試験自己採点)を行いました。
登校した生徒は、自らの答案と正答を照らしあわせ、自己採点を行います。
6年1組の教室でリサーチのシートを受け取り、自己採点の結果を記入します。
生徒の中には、思うような結果でなかった者もいれば、科目によってはかなりの得点を出した者もいました。
リサーチのシートは大手予備校に送り、そのリサーチの結果は1月22日(金)に学校に届きます。
またこの日、6年生は全員登校で、登校時刻は9:30です。

受験生は、一般入試に向けて気持ちを切り替え、進路実現に向けた取り組みを更に加速しなければなりません。
そして今、全力で受験勉強に取り組んでいることと思います。
限られた時間を精一杯に活用して欲しいと願っています。

頑張れ!受験生!!


大学入試センター試験(2日目)

大学入試センター試験2日目が始まりました。

DSCF4017 (640x480).jpgDSCF4016 (640x480).jpgDSCF4015 (640x480).jpg

今朝はちょっと肌寒いですが、清清しい良い天気です。
本日は日曜日ですので、本校は閉鎖していますが、特別に自習室を開放しました。
すると、朝から頑張っている生徒がいました。
生徒たちは、自分が受験する科目の入室時間まで自習室をフル活用します!!
そして多くの生徒がここから受験会場に向かいます。
さあ、あと1日です。受験生の皆さん、最後まで頑張ってください!

■ 本校6年生の皆さんへ
 1月18日(月)のセンター試験の自己採点についての連絡です。
 集合は9時〜10時30分です。 場所は1組の教室です。


大学入試センター試験

大学入試センター試験が始まりました。

1月16日(土)と17日(日)の2日間は、大学入試センター試験です。
1日目の16日(土)の試験科目は「地理歴史」「公民」「国語」「外国語」の試験です。
2日目の17日(日)の試験科目は「理科基礎」「数学 廖嵜学◆廖嵳科」の試験です。
本校でも多くの生徒がこの大学入試センター試験に望みます。
また、今回のセンター試験では本校の受験生は、関東学院大学、横浜市立大学、神奈川県立保健福祉大学の3会場に分かれました。
本ブログではセンター試験1日目の様子をご紹介します。

1−11−21−3

上の写真は、関東学院大学の正門前の様子です。
受験生は、受験票を準備して試験会場に向かいます。
関東学院大学は、私たち関東学院六浦で学ぶ者にとっては、本校のすぐお隣りでとても見慣れた場所です。
正門では6年生の学年スタッフ、学習・進路指導部長が応援に駆けつけています。

2−12−22−42−52−6

会場に向かう生徒一人ひとりに声をかけ、励ましのメッセージを伝えます!
きちんと試験会場に向かっているのか、各会場では学年スタッフが受験者の名簿を見て確認しています。
そして、学年スタッフからは生徒たちにささやかなプレゼントが手渡されました。

2−3

少しでも緊張がほぐれ、リラックスできればと思います。
生徒たちは、学年スタッフの応援に励まされ、試験には精一杯臨むことができたことと思います。
今までの学習の取り組みが十分に発揮できることを祈りたいです。
心より健闘を祈ります!!

受験生の皆さん、全力で頑張れ!君たちを応援しています!


5年生・6年生対象校内進学ガイダンス

DSC04502.JPGDSC04508.JPGDSC04513.JPGDSC04514.JPG

先月10月22日(木)、5年生・6年生を対象にした「校内進学ガイダンス」を実施しました。
このガイダンスは、多くの大学・専門学校の教職員の方々にお越しいただいて行われるものです。
多くの大学のガイダンスを本校で受けることができるというプログラムです。
5年生は全員、また6年生は希望者がこのガイダンスを受講しました。
生徒たちはあらかじめ希望する大学・専門学校を選び、30分×3回のガイダンスが受講できます。
さらに今回のガイダンスでは、過去最大規模の37校にご参加いただきました。
写真にあるように、本校の多くの教室に学校ブースを設置し、ガイダンスをしていただきました。

DSC04515.JPGDSC04516.JPGDSC04518.JPGDSC04520.JPG

各学校のブースは、ガイダンスの希望人数に合わせて大小さまざまです。
ですがどのブースでも、生徒たちは熱心に説明に耳を傾けている姿がありました。
なお過去最大規模となった参加校(大学・専門学校)は下記の通りです。
本校生徒のためにガイダンスをしていただき、ありがとうございました。

  神奈川県立保健福祉大学、横浜市立大学、関東学院大学、桜美林大学、中央大学、日本大学、
  法政大学、明治学院大学、神奈川大学、鎌倉女子大学/鎌倉女子大学短期大学部、国際医療福祉大学、
  成城大学、専修大学、洗足学園音楽大学、玉川大学、東京工科大学、東京都市大学、
  東京農業大学/東京農業大学短期大学部、立正大学、麻布大学、駒澤大学、横浜薬科大学、
  北海道情報大学、北京語言大学東京校、横浜保育福祉専門学校、日本航空大学校/日本航空専門学校、
  情報科学専門学校、横浜理容美容専門学校、横浜デジタルアーツ専門学校、横浜医療情報専門学校、
  横浜fカレッジ、日本工学院専門学校、神奈川県立衛生看護専門学校、
  国際フード製菓専門学校/東京誠心調理師専門学校、大原簿記情報ビジネス専門学校、
  立志舎(東京IT会計法律専門学校/日本スクールオブビジネス)、国際動物専門学校  (計37校)

DSC04521.JPGDSC04522.JPGDSC04525.JPGDSC04526.JPG

もちろんこの校内外ダンスには大きな目的があります。
特に来年度は受験生となる5年生にとっては、このガイダンスによって獲得しなければならないものがあります。
本校学習進路指導部では、このガイダンスの目的を以下のように定めています。

  1.各学校のアドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシーを学び、
    進学する意識を高める。
  2.実際に各大学、専門学校の関係者からの説明等を聴き、また質問することで、
    その学校について更に詳しく学ぶ。
  3.5年生は、志望校比較につながるための情報を収集する。
  4.6年生は、出願スケジュールを立てるための併願校を決定する。

生徒たちは、各大学の教育課程などについて伺い、自身の進路選択において大きな示唆を得たものと思います。
これから本格的な受験準備となる5年生にとって、今回のガイダンスはとてもよい機会となったとことでしょう。
将来の進路実現に向けてその歩みをますます加速させてもらいていです。

DSC04528.JPGDSC04529.JPGDSC04530.JPGDSC04532.JPG

◆5年生の進路学習(2015年度)
 ・「進学EXPO2015」「進学LIVE2015」に参加しました
 ・佐藤美里菜さん講演会
 ・「逆引き大学辞典」講演会
 ・5年生対象各分野別ガイダンス
 ・「夢ナビライブ2015」参加
 ・卒業生講演会(5年生ロングホームルーム)
 ・5年生・6年生対象校内進学ガイダンス ※本記事


卒業生講演会(5年生ロングホームルーム)

01.JPG

9月17日(木)、5年生ロングホームルームでは進路に関する講演会を実施しました。
講師は今年3月に卒業した卒業生です(第63回卒業式の記事はコチラです)。
卒業生たちは、母校のため、後輩のため、講演の依頼を快く引き受けてくれました。
本ブログではこの講演会の様子をご紹介いたします。

02.JPG03.JPG

講演会を始めるにあたり、司会の学年主任から、今回の講演会の主旨が確認されました。
その主な内容は、大学受験に向けた勉強方法や5年生段階の心構えなどについてです。
なお3人の受験方法は、いずれも一般入試です(文系1名・理系2名)。
5年生にとっては、こらからの受験に向けた取り組みについて考えるとてもよい機会ともなります。
また5年生にとっては2学年上のとても身近な先輩たちです。
先輩たちに、自分たちの未来を重ねあわせ合わせながら聞くことができたのではないでしょうか。

04.JPG

それでは講演の内容をご紹介しましょう。
内容は、生徒が記したメモを参考に、その講演のポイントを箇条書きで記すこととします。

◆理系 医療衛生学部へ進学
05.JPG
 ・志望校は4年生の冬頃に決定し、そこから本格的に受験勉強を意識した。
 ・5年生まではとにかく基礎。基礎固めが大事!
   →英語は単語と文法を徹底的にやる。文法は6年生になってからでは遅い。
   →数学は毎日宿題を解く、生物は早めに復習をする。
 ・学校の授業でキチンと基礎を習得する。
 ・授業内容を理解し、メモ・ノートをとる(私語・居眠りなどありえない)。
 ・英単語の学習はスキマ時間に(電車・休み時間・お風呂)。
 ・学校の定期テスト期間などの期間も、自分で決めた受験勉強をする。
 ・「まとめノート」的な学習は無駄。それよりも1題でも多くの問題を解く方が良い。
 ・模試は受験料に見合う学習をしよう!
   →受けた当日に自己採点をし、復習する。 
   →結果を冷静に受け止めて、解き直しをする(結果が悪くてもネガティブにならない)。
   →試験会場の緊張した環境や雰囲気に慣れることも重要(積極的に外に出る)。
 ・「6年生になってからやろう」といった考えは甘いし、遅い。


◆文系 法学部へ進学
06.JPG
 ・志望校は5年生の秋ごろに意識し始めた。
 ・受験生で英語が苦手であることは致命的になる。
   →英語の勉強は単語から(単語力がないと英語はできない)。
   →「シス単」の内容を完全に頭に入れるべき。
   →覚えているはずの「シス単」の単語は実際に全部覚えているのか?
 ・「英語はできる」を前提にしてから受験すべき。
 ・予備校の講習に参加することもアリ(他校の生徒から刺激をもらえる)。
 ・全国統一模試を受けるべき。
   →解き直しをし、わからない問題は先生に質問する。
 ・遠い将来の目標ではなく、身近な目標を立てる(週ごとのテーマを決めて、モチベーションアップを図る)。
 ・1つの科目に集中するのはダメ。受験科目はバランスよく勉強する(2日空けると鈍る)。
 ・メンタル面では消極的にならずに積極的に(ライバルを追い抜く強い気持ちをもつ)。
 ・一人で抱え込まない(先輩や先生など相談できる相手に話を聞いてもらう)。
 ・最後まで諦めない。


◆理系 生物資源科学部へ進学
07.JPG 
 ・部活動をやっているのなら、やめなくてよい
   →部活動の経験は受験勉強に活かされる。
   →部活が苦しくてやめるのなら、大学も耐えられない。最後まで頑張ろう。
 ・私はAO入試で果たせなかった合格を一般受験で手にした。
 ・AO入試の準備は簡単ではない(志望理由はもちろん、志望学科に関する専門知識も問われる)。
   →AO入試のための勉強をしつつ、一般入試の勉強もする。
 ・とにかく基礎が重要。
 ・英単語は日に必ず何かしらやる(パラパラ眺めるだけでも、しないよりはマシ)。
 ・大学入試でも基礎力は問われる。
 ・基礎・標準レベルの問題をミスしないだけのトレーニングをする。
 ・強い精神力をもて(推薦入試で合格した友だちの誘いには乗らない。一般受験生はひたすら勉強)。
 ・自分が何のために勉強しているのかを考えよう。


08.JPG

講演は5年生のこの時期に相応しい内容であったと思います。
来年度には本格的に受験準備をする5年生にとって、よき方向性が示されたと思います
身近な先輩が語るリアルな受験勉強の方法は大きな刺激となりました。
講師の3人は志望校への合格を果たしましたが、そのための努力は決して簡単ではなかったと思います。
実際、講演の内容では涙を流すようなことが何度もあったと語る卒業生もいました。
講演の後は質疑応答の時間とし、5年生のいくつかの質問に答えてもらいました。
また放課後が進路指導室に残ってもらい、個別相談にも応じてもらいました。



先輩が語ってくれたメッセージは、受験を控える5年生の心に強く印象づけられました。
また真剣に耳を傾けてる5年生の姿は、受験に対する意気込みを感じさせるものでした。
今回の講演会は、5年生にとってとても貴重で意義深い講演となりました。
5年生の皆さんには、先輩たちに負けないように、頑張ってもらいたいです。




「夢ナビライブ2015」参加

7.jpg

5年生は7月11日(土)に東京ビッグサイトで行われた「夢ナビライブ2015」に参加しました。
この催し物は、「大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス」です。
進学イベントしてはかなり大きなもので、首都圏の多くの高校生が参加しました。
その内容は「学問の講義ライブ」「大学個別説明ブース」「まなびステーション」などで構成されています。
また「夢ナビTALK」「大学説明会」「受験講座」「保護者向け講演会」などのプログラムもあります。
本校では進路指導に関する取り組みの一環として、5年生の希望者がこの夢ナビライブへ参加しました。
本ブログでは、この「夢ナビライブ」に参加した生徒の感想レポートを掲載いたします。
どうぞお読み下さい。

「夢ナビライブ」に参加して

 私たちは高校生になってから、進路を決めることについてたくさん考える機会をもって
きました。LHR(ロングホームルーム)では外部講師のお話を伺ったり、様々な職業の
方にアドバイスをいただいたりしました。その中には、日本以外の世界の教育を知る機会
や留学についてのお話もあり、特に強い印象を持ちました。
 今回私がこの「夢ナビライブ」に参加しようと思ったきっかけも、学校でお話を聞いて、
英語や留学のことをもっとよく知りたいと思い、より多くの知識や情報を得るため、より
多くの講義を受けようと考えたからです。
 そして私は、せっかくなので気になった講義を全部受けたいと思い、1時間目から最後
の時間までの全ての講義を申し込みました。しかし講義受講の優先権が獲得できたのは5
時間目と6時間目だけで、少し残念でした。

1.jpg2.jpg

 7月11日(土)東京ビッグサイト。
 私は午後の空いている時間に行ったのにもかかわらず、電車の中は高校生でいっぱいで
した。初めて行く会場の道も迷うことがないほどたくさんの人が歩いていました。
 会場の中もたくさんの人でごったがえしており、私が全ての希望の講義を受けられなか
ったことも仕方がないことだと思えました。会場内には何十もの大学説明ブースや講義を
受けるコーナーがあり、名前を聞いたことのある大学から北海道をはじめとして地方の大
学まで様々な大学が参加していました。

3.jpg4.jpg

 優先権を得た講義を受けるために着席する際、私は並ぶことなくすぐに前の席に座るこ
とができたのですが、当日申し込んだ人も多く、人気の講義は立ち見の人も多く見かけま
した。私はたくさんの人だかりを見ながら、こんなにたくさんの人が自分の将来のために
色々なことを考えて来ているのだと実感することができました。
 講義の内容はわかりやすく、先生の一方的なお話だけでなく、実際に留学に行っていた
学生、卒業生が体験談やアドバイスをしてくれたり、私たち講義を聞いている人にも質問
してくれたりしました。30分という短い時間でしたがとても楽しく受けることができま
した。講義が終わった後もその先生がいらっしゃる大学ブースへ行き、個人的にアドバイ
スを受けることができました。気になったことを聞いたり質問したりすることもでき、と
ても充実した内容となりました。

5.jpg6.jpg

 私は将来、色々な人とかかわり、困っている人や手助けが必要な人に寄り添うことがで
きる職業に就きたいと思っています。まだ漠然とした夢ですが、今回「夢ナビライブ」に
参加したことで、英語を勉強すれば、より多くの人とかかわることができ、夢も大きく広
がるということが分かりました。そしてこれからはもっと留学や海外進学にも目を向けて、
自分の夢を具体的なものにしてきたいと思いました。
 「夢ナビライブ」に行ってよかったと思う点は2つです。1つは、大学の先生の講義の
素晴らしさを知ることができたことです。そしてもう1つは、会場に行って、様々な高校
に通っていて将来のことを考えて参加しているたくさんの高校生を目にし、同じ空気を感
じることができたことです。今回参加できなかった人も、このような進学ガイダンスなど
のイベントに行くことで、良い影響を受けることができるのではないでしょうか。
                            (5年生女子 文と写真)


◆5年生の進路学習(2015年度)
 ・「進学EXPO2015」「進学LIVE2015」に参加しました
 ・佐藤美里菜さん講演会
 ・「逆引き大学辞典」講演会
 ・5年生対象各分野別ガイダンス
 ・「夢ナビライブ2015」参加


5年生対象各分野別ガイダンス

1.JPG2.JPG3.JPG

6月18日(木)、「5年生対象分野別ガイダンス」を実施しました。
このガイダンスは、それぞれの学問分野がどのような学びをするのかを説明するプログラムです。
生徒には事前に、自分の志望する学問分野について、第1志望から第3志望までの調査をしました。
そしてこのガイダンスは、多くの大学の教職員の方々に本校までお越しいただき、説明をしていただきました。
生徒たちは、志望する学問分野について、2つの内容(7時間目と放課後)を聞くことができます。
本ブログでは、このガイダンスの様子についてご紹介いたします。

4.JPG5.JPG6.JPG

今回のガイダンスでは、その目的を以下のように定めています。

  1.分野別の学問を学び、進学する意識を高める。
  2.実際に各大学、専門学校の関係者から講義を聴き、
    また質問することで、その学校について更に詳しく学ぶ。
  3.志望校比較につながるための情報を収集する。オープンキャンパスの参加につなげる。


すでに生徒たちは、志望する学系・学問分野について、少しずつ進路研究を始めています。
この前の週には、「逆引き大学辞典」編集長に講演をしていただいています(記事はコチラです)。
今回のガイダンスは、その進路研究をさらに深めるため、実際に大学の教職員の方々に、
その学問分野を学ぶことはどういうことなのかを詳しくお話ししていただく機会となりました。

7.JPG8.JPG9.JPG

なお事前に生徒に調査した学系は以下の17分野です。

  心理学         法学           経済学・経営学・商学
  保育学・幼児教育学   農学・水産学・林学    家政学体育学
  調理・栄養関連     美容関連         美術・デザイン・映像
  音楽・器楽・声楽    観光関連         公務員・オフィス関連
  理工学         看護・薬学・医療衛生   文学部・教育学(小・中・高校教員養成)
  外国語・国際学


生徒たちは、事前に自分の興味関心に基づいて、また志望する進路に合致する分野を選びます。
教室も17分野を満たすため、5年生の教室はもちろん、多くの特別教室を使用しました。

10.JPG12.JPG13.JPG

ガイダンス実施にあたっては、以下の大学・教育機関の皆様にご来校いただき、説明をしていただきました。

  関東学院大学  東洋大学      神田外国語大学   立正大学    専修大学
  東海大学    東京農業大学    国際医療福祉大学  相模女子大学  桐蔭横浜大学
  多摩美術大学  洗足学園音楽大学  
  東京誠心調理師専門学校/国際フード製菓専門学校  国際文化理容美容専門学校  立志舎


なお今回は分野別のガイダンスとなっており、主な説明内容はそれぞれの学問分野の説明です。
各校からいらした教職員の方々には、とても詳しくその分野について、ご説明していただきました。
生徒たちも、熱心に説明を聞いており、進路に向けての熱意が感じられるものとなりました。
また「キャリアノート」という冊子を手にし、ガイダンス内容を詳しく書き込む様子もうかがえました。

14.JPG15.JPG16.JPG

上の写真にように、分野によっては、少人数で実施するものもありました。
これらはとくに、その分野への関心が高い生徒たちにマッチするガイダンスとなりました。
質問も具達的かつ積極的で、その分野に関する知識をより多く吸収できたことと思います。
生徒からは、「楽しかった」「面白かった」という感想をいくつも聞きました。
ガイダンス終了後も、多くの生徒が先生方を囲んで質問をしていました。
また先生方からも熱心に聞いてくれるという評価をいただきました。
今後はこのガイダンスで学んだことをもとにして、より具体的な進路研究が求められます。
このガイダンスの目的にも記されているように、今後はオープンキャンパス参加へ繋げることも重要です。
夏休みには、志望する学問分野をさらに絞り、各大学の比較検討をすることも課題です。
今回はその足がかりとして、とても有意義なガイダンスを実施できたことと思います。
そして生徒たちには進路研究をさらに深めていってほしいと思います。

最後になりましたが、このガイダンスのために本校まで足を運んでいただいた教職員の皆様方に御礼申し上げます。
ありがとうございました。


◆5年生の進路学習(2015年度)
 ・「進学EXPO2015」「進学LIVE2015」に参加しました
 ・佐藤美里菜さん講演会
 ・「逆引き大学辞典」講演会
 ・5年生対象各分野別ガイダンス


「進学EXPO2015」「進学LIVE2015」に参加しました

1.jpg2.jpg3.jpg

【進学EXPO2015に参加しました】

高校生(希望者)は、3月14日(土)に横浜そごうの新都市ホールで行われた「進学EXPO2015」に参加しました。 
これは、高校生と保護者のための学科・学部・大学発見イベントで、横浜会場では約79大学が参加しました。
内容は、各大学のブースの他に、講演会や模擬講義、トークイベントなどからなります。

4.jpg5.jpg6.jpg

今回の進学相談会では、特に各大学選びについて、学部・学科からだけでなく、
資格や職種からも大学探しができるようなっていました。
参加した生徒の中には、推薦入試や一般入試の内容や変更点、学部・学科の特徴、資格サポート、
大学卒業後の進路など質問し、大学のスタッフの方々の説明に真剣に聞いていました。
本校では進路指導に関する取り組みの一貫として、希望する高校生にこのようなイベントへの参加を呼び掛けています。

7.jpg8.jpg9.jpg



・・・



【進学LIVE2015に参加しました】

14日(土)に続き、高校生(希望者)は、3月16日(月)に横浜そごうの新都市ホールで行われた「進学LIVE2015」に参加しました。 
これは、高校生と保護者のための進学相談会で、横浜会場では首都圏中心の各大学(国公立大、海外大含む)、
専門学校の進学相談会で、『大学』『異文化』『仕事』の3つのテーマにした『体感ライブ』になっていました。
今回の進学相談会では、特に早稲田大学や慶應大学などの現役大学生による入試相談コーナーや、
海外大学の留学相談、また警察官、建築事務所、管理栄養士など職業相談など幅広く相談ブースがありました。
また、会場も落ち着いた雰囲気で、ほとんどの参加者は各ブースでしっかりと質問をしていました。
また、受付付近では、模擬試験のサンプル問題など設置しており、自由に持ち帰ることができました。
参加した生徒はとても有意義な進学相談会になったそうです。

10.jpg

                                       学習進路指導部
                                       部長 芹田祐一



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode