【ほぼ週刊SCS】 SCSクラブ紹介 剣道部

2回目となる「SCS部活紹介」、今回は剣道部です。
剣道部は男子6人、女子1人が活動しています。
日頃は面打ちなどの基礎練習を第二体育館で週3〜4日行います。人数は少ないながらも、気合の入った大きな声を響かせて練習しています。


部長さんには「部活内で大事にしていること」を教えていただきました。部長さんは武道家らしく静かな人でしたが、「礼儀と目上の人への敬意を大切にしています。」と信念を持って語ってくれました。


顧問の先生には「今後どのような部活を目指すか」を教えていただきました。「本部活一番の目標は『全国大会優勝』です。しかし、剣道をやる目的は『人間形成』。その二つを大事にできる部活を目指していきます。」と部長とは対照的に熱く語ってくださいました。


剣道部は本日6/23(土)、金沢中学校にて行われるブロック大会(磯子区、旭区、金沢区の中学校が集まる大会)に出場します。
部員数等の関係でなかなか大きな大会に出られず、久々の大会出場になります。


初めての区大会で決勝トーナメントまで勝ち残った剣道部、目が離せません。


6年生LHR 歌舞伎事前学習

6月22日(金)、本校では芸術鑑賞が行われます。高校生は国立劇場で歌舞伎を鑑賞します。演目は「連獅子」です。
歌舞伎というと高校生にはやや難しく縁遠いものと感じるところもあるかもしれません。当日にも「歌舞伎のみかた」という解説をしていただきますが、6月15日の6年生LHRでは本校の音楽教員による歌舞伎事前学習を行いました。

歌舞伎の成り立ち、歌舞伎から生まれた言葉、舞台の仕組み、衣装、屋号や掛け声、音楽や連獅子のあらすじなどを楽しく解説してくれました。


日常で使う言葉が歌舞伎から生まれたことを知り感心する声が上がったり、テレビでよく見る役者さんたちが歌舞伎役者であることにおどろいたりしていました。中でも先生が「ツケ」を実演してくださったときは拍手が湧き上がりました。


おそらく、生徒たちは歌舞伎に行くのが楽しみになったのではないかと思います。6年生はもう大きな行事はなく、進路に向かって邁進する中、少し力を抜いてみんなで楽しめる一日になってくれたら嬉しいです。


【ほぼ週刊SCS】 SCSクラブ紹介 吹奏楽部

今回より新企画をスタートします。その名も「SCSクラブ紹介」
不定期で各部活および生徒会の部長(生徒会は生徒会長)へインタビューし、今後の展望などをおうかがいする企画です。
記念すべき第1回目は吹奏楽部です。

吹奏楽部は男子6人、女子42人が活動しています。
日頃はパート別練習などを4号館2階の部室ほか校内各所で行います。練習は休日も含めてほぼ毎日のようにあり、朝練も行っています。その練習に裏打ちされた演奏で、昨年度は東関東大会出場を果たしました。


とてもまとまりのある吹奏楽部、それを引っ張る部長さんには「部活内で大事にしていること」を教えていただきました。
部長:「この部活のモットーは『one heart 〜心を一つに奏でる〜』です。楽器、学年、生まれ育ちなどすべてが違えどそれを一つにできるのは音楽だと考え、大切にしています。」

顧問を務める先生には「今後どのような部活を目指すか」を教えていただきました。
顧問:「実力をさらにつけて、力のあるバンドを目指します。それと同時に、みんなで協力し合ってそれぞれの限界を超えられる部活を目指していきます。」


6/24には本校礼拝堂でサマーコンサートを行う吹奏楽部、今後も素敵な演奏に期待しています。
(クリックすると拡大します。↓)


1年生 施設訪問

 

2018年6月14日(木)

1年生 施設訪問

 

 施設に到着して、まずは施設の方から施設紹介をしてもらいました。その後、生徒達が質問をし、メモを取っていました。

施設紹介が終わった後、施設見学をしました。屋上庭園に行き、そこで栽培されているスイカを見て、こんな風に実っているのかと興味を持っている様子でした。

 

 施設見学を終えた後、生徒達から施設の利用者さんにお花と歌のプレゼントをしました。歌に関しては、学校の授業の中でたくさん練習してきた成果もあり、とてもすばらしい歌声をプレゼントできたのではないかと思います。

 

 お花と歌のプレゼントをした後、中庭へ移動して2人一組となって花の鉢植えをしました。花を鉢に植えるという体験もでき、楽しそうに作業をしていました。しっかりと仕事をしたあとは、そこで育てられたトマトときゅうりをもらい、美味しそうに食べていました。

 

 この施設訪問で、普段体験する機会があまりない鉢植えや施設の方との交流など貴重な体験ができました。生徒達がこの体験から何か感じ取り、今後の生活に活かしていけると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


花の日礼拝をまもりました

 

6月14日本校礼拝堂で「花の日礼拝」をまもりました。毎年、この礼拝は生徒たちが持ってきたたくさんのお花が飾られます。生徒たちはお花だけでなく石鹸やタオルも持ってきてくれました。集まったお花や石鹸、タオルなどは礼拝が終わった後、1年生が代表して施設へお届けします。

 

 

この日お話を頂いたのは特定非営利活動法人”森は海の恋人“理事長畠山重篤さんです。畠山さんは宮城県のご出身で、東日本大震災をご経験されています。牡蠣の養殖をされている畠山さんは震災によって養殖をあきらめなければならない事態まで陥ったそうです。そこから少しずつ元通りの海に戻っていく中で森などの植物の影響が大きく、食物連鎖によって、再び牡蠣の養殖ができる海に戻ったようです。地球の偉大さ、奥深さを知ることができました。

 

 

たくさんの想いがつまった礼拝となりました。この礼拝を通じて何かを感じた生徒たちもいたようです。また、1年生の施設訪問もご報告しますので楽しみにお待ちください。


【ほぼ週刊SCS】中学球技大会ドッジボール特集

6月1日(金)、中学球技大会が行われました。既にブログでお伝えしていますが、SCSでは高校球技大会にはないドッジボールに注目しました。

ドッジボールは男女別でクラス全員が参加し、学年毎に対戦するので、実力差が小さく毎年白熱した戦いになります。
午前中は女子、午後は男子の対戦です。同時進行でサッカーやバスケットが行われますが、応援の生徒が多数バレーコートに集まり、賑わっていました。



ドッジボールの結果は以下のようになりました
1年男子 優勝1-3 準優勝1-1
1年女子 優勝1-3 準優勝1-1
2年男子 優勝2-4 準優勝2-2
2年女子 優勝2-3 準優勝2-1
3年男子 優勝3-4 準優勝3-1
3年女子 優勝3-3 準優勝3-2


何人かの生徒にドッジボールの感想を聞いたところ「サッカーとバスケより楽しかった」「どのクラスもみんな強かった」などの感想を聞くことができました。他の競技よりも経験の差が少なく、みんなで楽しむことができ、クラス対抗なので団結できるところがよかったようです。
クラスで盛り上がれるのは、やはりいいことですね。


(SCS5年 I)


高校ラグビー部 関東大会ブロック優勝

6/9(土)〜10(日)、第66回関東高等学校ラグビーフットボール大会が行われました。一都七県の予選を勝ち抜いた28校が、栃木県・佐野市運動公園で熱戦を繰り広げました。各都県の順位を元に4チームずつ7つのブロックに分かれ、トーナメント式でブロック優勝を争います。
本校はEブロックに入り、9(土)には山梨県立吉田高校に57-12で快勝し、10(日)の決勝に駒を進めました。


決勝の相手は早稲田実業高校。大学ラグビーを沸かせた関東学院対早稲田の再現となり話題になっていました。本校としても3年前に対戦し敗れている相手であり、リベンジしての優勝を狙います。


本校は立ち上がりから積極的に攻め、開始3分でラインアウトからのチャンスをモールで押し込み先制トライを奪います。コンバージョンゴールも決めました。


相手もすぐに反撃し、センターにトライを返され、キックも決まり同点とされてしまいます。

しかし気落ちすることなくすぐに攻めに転じます。10分、スクラムから右展開し、右すみにトライを決めて勝ち越します。


その後も攻め続け、15分にはペナルティキックで加点。前半終了間際には見事なステップから抜け出し、左中間にトライ。コンバージョンキックも決めて、22-7で前半を終了しました。


後半も開始早々、フルバックが左すみに走りこんで見事なトライを決め、会場が沸きました。


その後は攻めあぐね、徐々に相手のペースになっていきます。1トライを返されて追い上げられ、攻め込まれる展開が続きました。
しかし、よく守り得点は許しません。早稲田の最後の猛攻もギリギリのところで凌ぎ切りました。


結局27-12でノーサイド。後半は雨も強くなる中で、集中を切らさず、優勝を勝ち取りました。


この大会は新チームとして各県の強豪との戦いで経験を積む貴重な機会でした。優勝は大きな自信となったことでしょう。高まった士気を維持し、夏の間にチーム力を上げて秋に臨んでもらいたいと思います。


中学球技大会が行われました

6月1日(金)事前の天気予報では雨だったにも関わらず、晴天に見舞われ『中学球技大会』
が行われました。



競技はサッカー、バスケット、ドッヂボール、フットサルです。当日までにチーム決めや朝
練習、ミーティングを行いチームの団結を深めた成果をいよいよ発揮となりました。




結果は最高学年となる3年生が上位を占める形となりましたが、競技によっては1年生チー
ムが優勝するような競技もありました。この経験からクラスの団結がより深まり、これから
の学校生活を有意義に過ごして欲しいと思います。


【ほぼ週刊SCS】IELTS・台湾華語講座

こんにちは。

 

今回のほぼ週刊SCSでは、毎週土曜日に行われている「土曜講座」を紹介します。


これまで同様、数学や英語などが苦手な生徒を対象とした学年別の補習、得意教科をさらに伸ばす補講の他に、今年度から新たに2つの講座が始まりました。

 

1つ目は大学進学の際に資格としても使える検定、IELTSの講座です。


このIELTSは、ケンブリッジ大学英語検定機構が行う全世界共通の英語テストです。
英検で自信を付けた人は、IELTSを受験してみてはいかがでしょうか。
IELTSの勉強を通して英語の運用能力の向上が期待できるとともに、国内・海外の大学へ進学する際にもこの資格を使うことができます。




英検を所持しているよりもさらに有利な状態で進学することができ、カナダやオーストラリア、ニュージーランド、アメリカなどの大学へ進む人にピッタリのテストです。この講座は4年生15人とサポートメンバーとして過去受験経験のある6年生が受講しています。

 

2つ目は、台湾華語の講座です。
今年度から本校で英語を教えてくださっているGET(Global English Teachers)のうち2人の先生は台湾から来られた方です。
今まで英語に関する講座は多くあったものの、それ以外の言語の講座は初の試みです。


また、台湾華語を英語で学ぶというのもなかなか珍しい取り組みだと思います。
挨拶や日常会話、中国語特有の発音などを主に習うことができます。
こちらは4年生9人、台湾を訪問したことがあるサポートメンバーの6年生2人が受講しています。


今後海外大学へ進学しようと考えている生徒の方はぜひ受講してみてはいかがでしょうか。
(SCS 4年 U)


中高男子ラグビー部 アベック関東大会出場へ

2年連続の中高男子アベック関東大会出場となります。
お互いブロック優勝目指して頑張ってもらいたいです。

■第66回関東高等学校ラグビーフットボール大会 Eブロック1回戦
 ◆と き 6月9日(土) 11:00キックオフ
 ◆ところ 栃木県佐野市総合運動公園陸上競技場
 ◆対戦校 山梨県立吉田高校(山梨2位)

■第66回関東高等学校ラグビーフットボール大会 Eブロック決勝
 ◆と き 6月10日(日) 11:00キックオフ
 ◆ところ 栃木県佐野市総合運動公園陸上競技場
 ◆対戦校 早稲田実業高校(東京4位)or群馬県立太田高校(群馬2位) 

 

 

(今日は関東高等学校ラグビーフットボール大会の開会式が行われました。)



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode