学習報告会を行いました

海外や国内、校内でのこの1年間の学習活動を報告・共有する「学習報告会」。3月14日(水)3・4限に高校生の部、15日1・2限に中学生の部が行われました。どちらも同じ内容です。今年度は記念すべき第1回目でした。

     
学習の成果を報告した団体は、以下の7団体です。
・English Camp(グループ)      報告者:1年生 2名
・カナダ研修(カルガリー)      報告者:4年生 2名
・カンボジア・サービス・ラーニング  報告者:1年生 3名・5年生 3名
・アラスカ研修            報告者:4年生 3名
・京都・奈良研修           報告者:3年生「建造物について・京都奈良と鎌倉との比較」
                       3年生「なぜ京都の観光客が少なくなっているのか」
・2年生地球市民講座          報告者:2年生「リビア」
・3年生地球市民講座          報告者:3年生 2名「原子力発電」・3年生「LGBT」

 

 

English Camp団体は、初々しさが残る1年生が、研修内容や学んだことを全て英語でプレゼンしていました。授業後のワークシートをみると、この2人の発表姿から「英語力」について深く考えさせられた生徒も見受けられました。トップバッターとして、良いスタートをきってくれました。
 
一方カナダ研修の報告は、高校生がプレゼンしました。カナダの説明や、語学力向上についての話から、最後はカナダと日本との違い、カナダの文化について触れ、しっかり研修を行ってきたことが伺えました。この報告を聞いて、カナダに行きたいという生徒もかなり居ましたが、「先輩みたいに、しっかり自分で目的をもって行きたい」という中学生も居ました。他者の学習・研修に向う姿勢を学ぶ機会にもなったと思います。
 


カンボジア・サービス・ラーニングの報告は、教育ボランティアや歴史学習を通して、カンボジアのこれまでとこれからを深く考えたものでした。実際に現地で見たことや感じたこと、子どもと触れ合ってひしひしとカンボジアの現状が伝わってきたことを、ありのままに伝えてくれました。今後のボランティアの在り方も考える機会となったのではないでしょうか。
 
アラスカ研修報告では、綺麗なオーロラの写真や、現地の様子がわかる動画から、魅了された生徒が多くありました。自然の力に圧倒される体験は人生1度は必要なのではないでしょうか。参加した報告者からは、4年生で習った理科の授業での内容が生かされ、良い学びとなったことが伝えられました。学校での学習と、こういった体験学習がつながる「おもしろさ」を、聞いている生徒が感じ取ったことと思います。
   
京都・奈良研修は、参加者1人ひとりが各自の研修テーマに沿って研修プランをたてるため、当日も単独で京都・奈良の箇所をまわります。ここでは、2人のプレゼンターが、自分が探究した内容とその結果をプレゼンしました。問いや目をつけるポイントが斬新で、聞いている生徒は興味津々でした。日本のことを深く学ぶことに対して、大切なことであると感じた生徒もおりましたし、目的を持って学んでいる姿をみて、「学び」に対する知的好奇心が掻き立てられた生徒もおりました。
 

 

2年生地球市民講座は、1グループ1ヶ国、学年で合計30ヶ国を調べ、国と国との共生を考えました。今回は、代表して「リビア」の国について調べた生徒が報告しました。報告者のなかでは、唯一の2年生でしたが、講座内で培った発表力を生かし、堂々と説明することができました。リビアについて詳しく知っている生徒は多くないと思いますので、宗教に根付いたリビアの詳細を知る良い機会となったと思います。調べの深さにも驚いたことでしょう。
 
3年生地球市民講座は、世界の諸問題について解決に向けて個人研究をしました。今回は代表として3名報告しました。

うち2名は「原子力発電は必要ない」という結論、「必要である」という結論に至った生徒です。お互いよく調べていましたので根拠がしっかりとしています。聞いている生徒は、興味深かったと思いますし、「原子力発電の必要性」についてどのように結論づけたでしょうか。また、最後の1人は「LGBT」についての研究内容でした。話題になっている言葉ですが、正しく理解していた生徒は少なかったと思います。左利きの人の割合や、血液型がAB型などの人の割合と同じだけLGBTの人が存在しているという事実は、聞いている人に身近な問題であると実感させたでしょう。
 

この報告会は、教員の協力がありながらも、全て生徒がつくりあげたものです。学年をこえて、お互いの「学びの姿勢」や「学び」、「課題」を共有できました。聞いている生徒が、学習報告を真剣に聞き、自分の考えに変化が生まれ、刺激を受けたというのも、これに起因します。仲間同士で共に刺激しあい、学びを深めていく、そんな学校でありますように。


中学生情報モラル講演会



3月14日(水)、中学生に向けた情報モラルの講演会を行いました。講師として、GREE株式会社から小木曽健さんをお呼びしました。小木曽さんは、ネット啓発部門の責任者として、全国で年間300回を超える講演、情報モラル教材の作成、メディアへの連載やラジオのコーナー担当などを通じて、ネットの正しい怖がり方を伝えています。今回の講演では、「正しく怖がるインターネット 〜事例に学ぶ情報モラル〜」と題し、インターネットを利用する全ての人を対象に、ネットをどう扱えば、失敗せずに『限界まで』活用できるのか、事例を交えてお話ししてくださいました。


冒頭に、スクランブル交差点で身元が特定する内容と携帯電話を持った女子生徒が写真に出てきました。ネットへの書き込みを「スクランブル交差点」と例え、自分が気軽に投稿した内容や情報からあっという間に身元が特定され、知らぬ間に自分の個人情報が流出してしまう、ネットの怖さというものを教えてくださいました。ネットに書き込みをする際の判断材料として、小木曾さんは「インターネットは、すべて玄関の外側です。ネットの書き込みは玄関の貼り紙と同じです。自宅の玄関ドアに貼れるものは、ネットに貼っても問題はなく、逆にドアに貼れないものは、ネットに書かない方が良いのではなく、書けないのです。」とおっしゃっていました。自宅の玄関ドアを基準に判断していけば、今後ネットでの失敗はなくなるでしょう。


限られた時間の中で、想定していたよりも多くの生徒が質問をしていました。普段の生活の中で感じていた不安や素朴な疑問などに対し、小木曾さんが一つひとつ丁寧に回答してくださいました。今回の講演を聞いて、生徒たちは身近な事例から多くのことを学んだようです。今回の小木曽さんの講演内容が「魂の交渉屋とボクの物語」というアプリになっています。また、多くのネットに関する本も出版されています。興味のある方はぜひ調べてみてください。


生徒総会を行いました

今回は生徒総会の様子についてご紹介いたします。

3月13日(火)の5時限目(3〜5年生)と7時限目(1、2年生)に生徒総会がありました。
2月20日(火)、21日(水)に行った生徒会選挙によって2018年度の新役員が決定しました。選挙の様子はこちらをご覧ください。

生徒総会では、新役員挨拶と2017年度役員活動報告、六浦祭売り上げの募金先、愛好会から同好会への昇格の報告がありました。新旧の生徒会役員が壇上でそれぞれのテーマについて説明していました。堂々と説明する姿が印象的でした。


2017年度の生徒会役員の皆様、1年間お疲れ様でした。そして、2018年度の生徒会役員の皆様の活躍を願っています。


66回生 卒業おめでとう



昨日3月1日、本校では高等学校第66回卒業式を執り行いました。前日の予報では雨、風ともに強く、荒れた天気になるのではと心配していましたが、10時の式開始時刻には晴れ間がみえ、空も彼らの巣立ちを祝福しているかのようでした。



ご来賓の方々、保護者の皆様、在校生(5年生)達に見守られながら、一人ひとりに卒業証書が手渡されました。



在校生代表からの送辞では、卒業していく先輩達への感謝の思いが、卒業生代表からの答辞では、在校生へのそして学校へのあたたかい思いが感じられました。



本校の卒業式は礼拝形式で行われます。卒業生入場から最後まで厳かな雰囲気で行われますが、最後の卒業生退場時には、ひときわ大きな拍手で彼らを送り出します。



今年も関東学院六浦らしさが出た、素晴らしい卒業式でした。

本校での6年間または3年間の学びを終え、卒業生達は4月からそれぞれの道へ進んでいきます。

「求めなさい。そうすれば、与えられる。
 探しなさい。そうすれば、見つかる。
 門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
 だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、
 門をたたく者には開かれる。」


本校での大きな成長を糧に、新しい世界でも活躍してくれることを信じています。

6年生のみなさん、卒業おめでとう。
みなさんの上に、神様の豊かな恵みがありますように。

ご列席いただいたご来賓の皆様、保護者やご家族の皆様に心より御礼申し上げます。


中学合唱コンクールを行いました



2月23日(金)、神奈川県立音楽堂にて中学合唱コンクールを行いました。

コンクール本番は13時開始で、午前中は入退場のやり方やステージ上での立ち位置の確認などを含めたリハーサルを学年ごとに行いました。学校の礼拝堂のステージとは雰囲気が異なり、大きなステージ、大きな客席にやや緊張している生徒が多かったようです。

いざ本番。



2年生、1年生、3年生の順に演奏をしました。2年生は昨年の経験をいかした演奏、1年生は初めての合唱コンクールで緊張の中での演奏、3年生は最後の合唱コンクールでの圧巻の演奏。どのクラスも、楽曲決め、練習…さまざまなことでぶつかったりうまくいかなかったりしたことがありましたが、それを乗り越えるごとにクラスの結束力を高めてきました。



結果発表では、学年ごとに最優秀賞と優秀賞(3年生は急きょ特別賞も)が発表され、会場は歓喜に包まれました。入賞したしないに関わらず、今回の行事を通して、生徒たちはひとまわり成長したような感じがします。


スキー・スノーボードスクールを行いました



2月1日〜4日の入試期間中に、山形県蔵王温泉スキー場にて3泊4日のスキー・スノーボードスクールを行いました。幸運なことに、期間中一度も天気が崩れることなく、絶好のウインタースポーツ日和となりました。

生徒5〜7人のグループにインストラクターの先生が1人付き、講習を行いました。

初心者と経験者に分かれ、初心者は板を履くところから始め、板の上であたふたしている生徒たちも、インストラクターの先生による指導の下、すぐに上達していきました。経験者のグループは、移動の疲れも見せずに、久々のスキーやスノーボードを楽しんでいました。




今回も1年生から6年生まで、100名を超える多くの生徒たちが参加しました。滑る技術や楽しさだけではなく、共同生活をする中で「共に生きる」ことを学び、上級生が下級生の面倒を見る様子も見られました。この経験をこれからの学校生活にも活かしてほしいと願います。

多方面においてご支援いただいた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。


スキー・スノーボードスクール 結団式

今年も2月1日〜4日の入試期間中に、山形県蔵王温泉スキー場で3泊4日のスキー・スノーボードスクールが開講されます。
出発に先立ち、参加者全員と引率教員による結団式が行われました。
スキー・スノーボードスクールの研修の意義や目的などを再確認し、全体としての結束を高めました。

スキー・スノーボード未経験者のために、靴の履き方や滑り方についてのビデオを見ました。
生徒たちが現地でより楽しく滑ることができるように、出発前から予習をし、全員で知識を深めました。


また、当日の朝慌てることのないよう、集合時刻や集合場所、そして集合隊形を確認しました。
早くも上級生が下級生に指示をし、リーダーシップを取っている様子も見受けられました。


滑る技術や楽しさだけではなく、共同生活をする中で、共に生きることを学んでほしいと願います。


京都・奈良研修を行いました



今年度から希望者参加型研修に新たに加わった「京都・奈良研修」が、冬休み中に行われ、11名の参加者が3泊4日で
研修に行ってきました。

学年行事の研修旅行とは異なり、一人一人がテーマをもって研修に臨みます。現地研修前には月1回〜2回の調べ学習を中心とした事前研修を行いました。事前研修の中には茶道部のお稽古に参加させていただき、お茶の点てかた、いただき方を学んだこともありました。

現地では1日目から早速京都市内研修が始まりました。銀閣寺や金閣寺、枯山水の庭で有名な竜安寺の石庭、仁和寺に感動したとの会話が夕食時に聞かれました。夕食後には嵯峨嵐山まで友禅染が展示されライトアップされている着物フォレストにも出かけました。



2日目は和菓子作りと念珠作りに分かれて体験学習を行いました。和菓子を作り終えるとお抹茶と一緒にいただきました。念珠は自分のために、おばあさまのためにまたは、お姉さまのお土産として持ち帰りました。




現地研修も終盤にさしかかった3日目は、奈良へ行く者と京都へ行く者とに分かれ、各自で研鑽を積みました。3日目は24日の日曜日ということもあり教会でクリスマス礼拝に参加する者もいました。最終日は、全員で嵐山へ向かい、天龍寺の法堂天井に描かれた雲龍図を拝見、和尚さんに講和をいただきました。この日は月曜日だったため本来は非公開ですが特別に拝見させていただきました。どこから見ても龍と目が合う八方にらみの龍に驚きの体験をしました。

今後、現地調査の結果をまとめ、3月の発表の場に向け準備を進めていきます。


明日は始業式

明日は始業式で、3学期が始まります。
 中学は、8時25分登校
 高校は、9時10分登校

明日は午前授業中学は1〜4時限で、高校は2〜4時限)です。
時間帯がいつもよりも20分遅く12時40分に終了します。時間帯は以下の通りです。
 1時限: 9:10〜9:55
 2時限:10:05〜10:50
 3時限:11:00〜11:45
 4時限:11:55〜12:40
授業の準備もそうですが、冬休みの宿題や持ち物を忘れないようにしっかり確認しておきましょう。
元気に登校するのをお待ちしております。


3年生裁判傍聴

12月8日(金)から14日(木)にかけて各クラスごとに社会科の授業の一環で横浜地方裁判所に裁判傍聴に行きました。

この日見学した裁判は覚せい剤と業務上の事故に関する内容でした。

最初は学校外で始めてくる裁判所ということもあり落ち着かないようが見受けられましたが、裁判が始まってからは緊張感をもち黙々とメモを取りながら裁判を聞いていました。

その後、注目されている裁判員裁判もあり残って裁判を聞いている生徒も多くいました。

今回の裁判傍聴を通して、生で裁判を聞き社会のルールを守る重要性や公平に判決を下すのがどれほど大変かを身に染みて感じたのではないでしょうか。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode