初!北海道研修「北海道オホーツク、世界遺産知床大自然ツアー」



国内研修「京都・奈良研修」に次ぐ、国内研修「北海道研修」が今年度初めて実施されました。8月6日(月)〜8月9日(木)の4日間、北海道を満喫してきました。北海道研修は京都・奈良研修同様に各自が何らかの研修目的をもって参加しています。今回参加した生徒たちはやはり北海道ならではの自然や歴史、動物をテーマとしている者が多かったように思います。研修日の前後は台風の影響で飛行機の離発着が心配されましたが、往復ともに何の影響もありませんでした。

1日目の一番の収穫は個人農家の原農園におじゃまし、大型コンバインとトラクターを見た後に一人ずつ乗せていただいたことでした。大型コンバインは高額(4000万円位)のため町や村で購入し各農家で日程を決めて共有しながら収穫をする方法をとっているとのことでした。原農園ではあのカルビーのポテトチップスの原料になるポテトの栽培もしているということでそのジャガイモ畑も見せていただきました。



2日目の醍醐味は知床クルーズと何といっても星空観察ツアーでした。このクルージングは通称ヒグマコースと言われ、ヒグマが多く棲息する特別保護区域のルシャ湾を目指すコースでした。私たちが訪れる1週間前は暑く、熊も暑さのあまりここ数日はその姿を見ることができなかったようですが、私たちは幸運にも少し気温が下がったおかげか親子ぐまに遭遇することができました。また、夜には満天の星の観察ができました。地域の人もここ数年見たことがないほどの星空とおっしゃっていました。ちょうど火星が接近していたので赤く光る火星と木星や土星もとてもよく見えましたが、何といっても驚かされたのは天の川の美しさでした。そして、そこを横切る流れ星に歓声があがりました。



3日目は江面ファームで栽培されているビートの畑の草刈りを午前中の3時間をかけて行いました。私たちが泊まった建屋の前一面、見渡す限り畑のなか、ノルマとして与えられた畑の草刈りを頑張りました。お昼にはファーム自家栽培のズッキーニやトマトを自分たちの手で収穫していただきました。庭先で炭を使ってのバーベキューに自前の窯を使ってのお手製ピザに舌鼓を打ちました。午後には国内最大規模の黒曜石原産地の遠軽町白滝で黒曜石の石器作りをはじめ、まが玉や骨角器づくりの体験で各自力を発揮しました。



4日目はお待ちかねの旭山動物園です。それぞれが自由に散策しましたが、何といっても楽しいのは動物たちのモグモグタイムです。決して芸をするわけではなく、飼育員さんがその動物の生態系を生かした飼育方法や環境保全について話をしてくださり餌を追いかけるヒグマやペンギン、オランウータンの自然な動きに魅了されました。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode