『校報』第115号(ブログ版・その3) 1年生天城オリエンテーション

 

1年生 天城オリエンテーション

 

青葉若葉の輝きに満ちた天城で、今年も2泊3日の1年生オリエンテーションが実施されました。プログラムを通して、5つの趣旨「関東学院の歴史とキリスト教を学ぶ」「基本的な生活習慣を身に着ける」「豊かな人間関係をつくる」「ものごとをやり遂げる姿勢を身につける」「自然を慈しむ心を育てる」について、充実したオリエンテーションとなるよう準備を重ねてまいりました。 初日、出発時は雨。整備班の生徒達は早くから集合し、雨の降る中で一生懸命荷物運びに徹しました。礼拝堂に集う生徒は皆元気。天候に負けぬ意気込みを感じました。途中、昼食場所の沼津で地元の食材を味わう頃には雨も上がり、今後のオリエンテーションを応援してくれるかのようでした。七滝めぐりは、雨上がりの泥濘を予想して小雨コースを選択。山歩きをするには程良い曇り空の下、水垂バス停から、生徒達は元気一杯に歩き始めました。 新緑に染まった山道を、クラス毎に会話を弾ませながらの散策。杉の大木を眺めたり、歓声を上げながら吊り橋を渡ったり、滝ごとの違った雰囲気や雄大さも満喫しました。雨上がりだったこともあり、どの滝も見事な水量に。迫力ある滝はどれも圧巻の景色でした。また、ブルーやグリーンに輝く水の輝きに、何度も深呼吸してみました。横浜では味わえない大自然を満喫した時間となりました。

 

 

夕食後は、黒畑校長から関東学院の歴史について貴重なお話を頂きました。スライドには、本校の源流についての貴重な写真が多く、生徒達は興味深く、メモをとりながら真剣に聴き入っていました。 2日目、清々しい快晴。朝の集いに集合する生徒達は、緑の芝生の上で元気一杯でした。美味しい朝食でエネルギーを蓄えた後は、浄蓮の滝を目指して出発。わさび田や柱状節理の観察、朝一番の眩しい陽射しを受けた滝を背景にクラス写真を撮影しました。山荘に帰ってからは、体育館でのレクリエーションヘ。大繩跳びでは、連続飛びするクラス、回す度に縄に引っ掛かってしまうクラスとそれぞれ。しかし、大きな掛け声を体育館中に響かせ、最後まで諦めずに一つの縄を跳ぼうとする姿や、思うように飛べないクラスを、他クラスの応援が飛び交う姿に、心が熱くなる思いがしました。最後に教員チームも大縄跳びにチャレンジ。息絶え絶えでしたが、それでも生徒達との一体感を感じる事ができたと思います。ドミノ製作では、クラスカラーに合わせたドミノが体育館一面に広げられました。ドミノ倒し・ドミノ積み、どちらも時間を延長してあげたいと感じる程、集中して取り組んでいました。最後のフォークダンスは、勝負を意識したプログラムとは異なり和やかな雰囲気でした。体育館にクラスを超えて2つの大きな輪がつくられ、互いに手を取り声を掛け合い、見る側の心を和ませるダンスでした。学年の生徒全員で、こんなふうにずっと手を取り合いながら、逞しく成長して欲しいと願う、そんな一場面でした。体育館での3つのプログラムからは、クラ スや学年の強い絆を感じることができました。

 

 

夕食後は、いよいよオリエンテーションのハイライト、キャンドルライトサービスです。生徒達による司会進行・聖歌隊賛美・奏楽・点火。厳かな雰囲気の中で聖歌隊の賛美は、温かさを感じる素晴らしいものでした。一人ひとりが灯した蠟燭の火と、生徒達の心が一つに結ばれたような一体感を感じました。それぞれが神様と向き合う大切な時間となり、心に残るキャンドルライトサービスとなりました。

 

 

そして最終日、天城で学んだことを振り返り、毎晩実施されていたクラスの時間の総まとめをして、閉会礼拝・表彰式が行われました。今回、学年全員が参加できたこと、大きな病気や怪我も無く無事終えられたことは何より嬉しいことでした。そして、生徒達は『思いやりの心』や『ひたむきな取り組み』を様々な形で見せました。出会って1か月とは思えぬ友人関係とクラスや学年の絆が築かれたと思います。入学して間もないガイダンス中から、表札作りに取り掛かったり、班ごとに仕事が与えられたりする中、慣れない授業と同時進行しながら、生徒達は一生懸命準備をしてきました。天城オリエンテーションは、生徒達の準備や取り組みによって、有意義なものとして実施できたのだと思います。オリエンテーションを通して感じたのは、生徒一人ひとりの穏やかさと優しさ。また、一つのことを互いに共有し楽しめる学年であるということです。今後も共に歩み成長できる125名であって欲しいと願っています。今回の取り組みを糧に、関東六浦で過ごす六年間で大きく成長して欲しいと願っています。最後になりますが、このような素晴らしい体験ができたのも、保護者の皆 様のご理解とご協力のおかげだと思っております。心より感謝申し上げます。 (1年生学年主任)



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode