【ほぼ週刊SCS】野球部 夏の県大会2回戦

第100回を迎えた全国高等学校野球選手権記念大会の南神奈川大会2回戦、7月16日横須賀スタジアムに本校野球部が登場しました。抽選シードの本校は、1回戦を勝ち上がってきた県立山北高校との初戦でした。
プレイボールは11時、猛暑の中、熱戦の火蓋がきって落とされました。


本校の先発は2年生で背番号は8ですが、昨年度から投げている将来を嘱望される投手です。1回の表裏はランナーを出したものの両チームとも無失点で落ち着いた立ち上がりでした。


2回表にフォアボールからノーヒットでピンチを招き、先制を許すと、3回に3点、4回にも1点と、5点のリードを許す苦しい展開でした。しかし2回から登板した2番手の3年生が粘り強いピッチングで大量点は許しません。


4回裏に集中打を浴びせて3点を返し、さらに代打で登場した背番号1のエースピッチャーが2点タイムリーを放ち、この回一挙5点の猛攻で同点に追いつきました。




しかし、6回にマウンドに上がったエースに、初戦を勝ち上がってきた山北高校の打線が襲いかかりました。フォアボールから崩れて4点を奪われてしまいます。息を吹き返した山北高校の勢いを止められず、7回は何とか2点でしのぎきりコールドを免れたものの、8回に3点を奪われてしまいました。

残念ながら8回コールド負けを喫してしまったものの、少ない部員で難敵にあきらめずに食い下がり、一時は同点に追いつく戦いに、応援席からは大きな声援が送られていました。
試合終了後も、選手たちに惜しみない拍手が送られました。


顧問の先生からお言葉をいただきました。 「暑い中、たくさんの方々に応援に来ていただき、誠にありがとうございました。選手たちは最後まであきらめず頑張ってくれました。3年生の悔しさを1・2年生が引き継いで、来年こそはみんなで校歌を歌いたいと思います。」

この悔しさと手ごたえを胸に、来年こそは初戦突破してもらいたいと思います。
選手の皆さん、応援の皆さん、暑い中お疲れ様でした。
(SCS2年 Y 顧問加筆)



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode