中学理科実験 【1年生:凸レンズの実験】

中学1年生は理科1分野の授業の光についての学習の締めくくりとして「凸レンズ」を使った実験を行いました。凸レンズは光の屈折の性質を利用して光を集め、スクリーンに像をつくります。この日はスクリーンに映る像の大きさや特徴を実験で調べました。




スクリーンに映る像のパターンは色々あるため光源とレンズとの距離に気をつけながら実験を進めていました。また、実験プリントをまとめる時は積極的に班員と話し合いをする様子もみられました。1年生は今後、音や力の分野に入っていきます。またブログにて様子をお伝えできたらと思います。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode