『校報』第114号(ブログ版・その6) セブ島英語研修

セブ島英語研修

 

 

 1月28日(日)から2月4日(日)の日程でセブ島英語研修に行ってきました。参加者は生徒14名、保護者1名、引率1名の合計16名の参加でした。この研修では英語学校での5日間の英語学習とセブ市内での1日のボランティアを行いました。
 1日目は12時に成田空港に集合して、14時20分発の飛行機でセブ・マクタン空港に向かいました。初めて飛行機に乗る生徒もいましたが4時間のフライトを無事に終え、マクタン空港に到着しました。その後、バスに乗り換え英語学校には現地時間の21時頃に到着しました。ちなみに、日本との時差は1時間です。到着後、学校で必要となる個人写真の撮影と簡単な説明を受け長い1日が終わりました。
 2日目の午前中はオリエンテーションとクラス分けテストでした。クラス分けテストはTOEIC形式の試験でこの試験の結果を受けて、10段階のレベルから現在の自分のレベルが判定され、翌日からの個別時間割が決まります。午後は大きなスーパーに買い物に行きました。日本では目にすることのできない物も多くあり、日本に比べて物価も安いのでみんなびっくりしていました。一番驚いたことはレジの回転率の悪さです。やはり、日本の従業員は優秀だと感じました。夜にはウェルカムパーティーが行われました。私達以外にも日本、台湾、中国から留学に来た40人ほどでゲームなどをして親睦を図ることができました。
 3日目からは授業が始まりました。授業は1コマ50分で1日8コマあります。この授業を午前・午後に分けて4コマずつ行います。その内、6コマはマンツーマン、2コマはグループの授業になります。グループ授業の内容はプレゼンテーションとディベートなので授業では1日中英語を喋り続けることになります。授業に加えて宿題も出されるので生徒達は夜も勉強に励んでいました。
 5日目は授業の中でこれまでの成果を測るポストテストを行いました。試験の結果は翌日の卒業式で受け取りました。この頃には生徒も大分慣れてきて先生と笑顔で会話している様子が多く見受けられるようになってきました。
 6日目の最後の授業は卒業式でした。学校の生徒、先生がカフェテリアに集まり卒業する生徒一人ひとりがスピーチを行い、卒業証書を受け取りました。スピーチの後には先生方が作ってくれたサプライズの動画が流されて、これまでの学校での日々を振り返ることができました。先生方は非常に明るく、親切で卒業式の後には生徒達は皆お世話になった先生方と記念写真を撮っていました。
 7日目はセブ島市内にある「DAEEDEMO HERO」という施設を訪問して、現地の子供達と交流を図りました。この施設では貧困層のなかでもぎりぎり学校に通うことの出来る子供にしっかりとした学習環境の提供や生活面での支援を行なっています。最初にこの団体の代表を務める山中博さんの講話を聞きました。ものすごい情熱と具体的なビジョンを持っており、生徒達は終始圧倒されっぱなしでした。中々聞くことができない内容の話で生徒達にとって良い刺激になりました。その後は施設の生徒(小学生)と一緒に昼食をとって簡単なゲームなどをして交流を図りました。この施設の生徒は日本語も勉強しているので私達は英語で、現地の生徒は日本語を使ってコミュニケーションを取りながらゲームを楽しみました。最後に、現地の生徒達が実際に生活している場所を見学に行きました。実際に目にする光景は日本とはあまりにもかけ離れており、自分たちがどれ程恵まれているか実感することができました。
 最終日は朝5時半に集合し空港に向かいました。問題なくチェックインを済ませて免税店でお土産を見ましたがスーパーの価格よりも4倍ほど高くあまり購入できませんでした。8時発の飛行機に乗り13時頃に成田に無事帰国しました。
 今回のセブ島英語研修を通して、生徒たちは英語だけではなく実際にフィリピンの様々な面を目にすることで多くのことを学ぶことができました。この経験を今後の人生でも生かしてもらえればと思います。

(引率教員)

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode