『校報』第114号(ブログ版・その5) スキー・スノーボードスクール

スキー・スノーボードスクール

 

 

 私は2月1日から4日までの4日間に渡り、山形県にある蔵王温泉にてスキー・スノーボードスクールに参加しました。1年生から6年生までの100人の生徒が参加する中、なんと6年生は私一人だけでした。蔵王のゲレンデに積もる天然の雪はこれまでに行ったことのあるスキー場の中でも一番と言っても過言ではないくらい素晴らしかったです。また、今回の研修は天候にも恵まれ、研修の4日間全てが快晴でした。この時期に晴天が続くのはすごいことだ、と宿の方もおっしゃっていました。私が参加したのは今年で2回目であり、沢山のコースに挑戦できる1班を選択しました。難易度の高い1班の講習に追いつけるか、という不安がありました。しかし、何とかついていくことができ、4日間難易度の高いコースに挑戦し、1班の班長としてしっかりと義務を果たせたと同時に、技術も向上したと思います。講習が終わると自由滑走の時間があり、講習とは違う形で蔵王の雪を全身で感じることが出来ました。ナイトスキーは日が出ているときのスキーとは違い、なかなか体験できないので、新鮮に感じられ、とても楽しかったです。ホテルで出される料理の数々は、どれも美味しいものばかりで、講習で疲労が溜まった私たちの体を温めてくれました。この4日間では様々な人が協力してくださり、たくさんの友人に囲まれた素晴らしい充実した4日間を過ごすことができました。また機会があれば是非蔵王温泉に行きたいです。(6年1組 男子)


 今年も、2月1日〜4日の入試期間中に、山形県蔵王温泉スキー場で3泊4日のスキー・スノーボードスクールが開講されました。
 出発当日、参加生徒100名は東京駅の動輪の広場前に集合し、予定の時刻を待たずして出発しました。生徒たちは移り変わる車窓の景色に胸を躍らせながら、新幹線車内での時間を楽しんでいました。かみのやま温泉駅で下車した後、蔵王温泉スキー場までバスで移動しました。こちらのスキー場は、初心者から上級者まで幅広く楽しむことができ、雪質は抜群で上質なパウダースノーと雄大なパノラマの景色を堪能することができます。宿泊場所は昨年からお世話になっている、「ホテル樹林」です。絶好のウインタースポーツ日和で、地元の方も驚くほどの晴天でした。開校式後は、初心者と経験者に分かれ、初心者は早速板を担ぎ、平らな場所で板を履くところから始めました。初めてスノーブーツを履き、板の上であたふたしている生徒たちも、インストラクターの方々の指導の下、すぐに上達していきました。経験者のグループは、移動の疲れも見せずに、久々のスキーやスノーボードを楽しんでいました。
 2日目は、講習・フリー滑走と各々練習をし、少しでも滑ることができるようにと努力していました。講習後のフリー滑走では学んだことを活かし、友人と楽しく滑っていました。夕食後は、ナイタースキーを実施しました。ナイタースキーでは、初心者を含む多くの生徒が参加しました。真っ暗な周囲の山々の中に照明で浮かび上がるゲレンデ、冷え切った空気と静けさが相まって、日中とは異なる雰囲気で滑ることのできた生徒たちは大満足の様子でした。
 3日目は、標高の高いゲレンデにチャレンジしたグループが多かったようです。見たことのない真っ白な森林の中で、幻想的な景色に心を打たれていた様子でした。講習の成果を発揮しようと懸命に滑っている姿は一段とたくましく見えました。下山の際には、練習の成果を発揮しようと積極的に教わったことを試しながら滑っていました。そして、多くの生徒が講習を終えても、部屋には戻らず、時間いっぱいまで練習していました。夜は、ゲレンデを光で彩る「千人松明滑走」が行われました。ライトや発炎筒を手にスキーヤーが光の軌跡を描き出していました。色とりどりの光が連なった滑走を、生徒たちは友人同士で楽しんで見ていました。
 最終日は、お世話になった宿に別れを告げ、帰路につきました。
 このスキー・スノーボードスクールを通して、生徒たちは目標に到達した際の喜びや達成感など多くのことを感じ、学んだのではないかと思います。この経験をこれからの学校生活にも活かしてほしいと願います。最後になりましたが、多方面においてご支援いだいた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
(引率教員)

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode