『校報』第114号(ブログ版・その2) クリスマス諸行事報告

クリスマス諸行事報告 

 

 

「人になれ 奉仕せよ」

 私たち関東学院に集うものが、生涯心にとめるこの校訓の「人」とは、「イエス・キリストの生き方に倣う人」をいいます。イエスの誕生を祝うクリスマス。六浦中高のクリスマス諸行事は、あらためて自分の生き方をみつめる、大切なひとときです。

 

 

○アドベント礼拝

 本年度の「アドベント礼拝」は、11月30日(中学)・12月1日(高校)に、朝の礼拝時、礼拝堂で執り行いました。
 例年、このアドベント礼拝を機に、クリスマスの準備がはじまります。本年も、YMCAのみなさんとクリスマス礼拝ボランティアスタッフ(ヘルパー)のみなさんが設置・飾り付けをしてくれたクリスマスツリー等に灯りが点され、各パートの準備もスタートしました。


○クリスマス賛美礼拝
 12月9日(土)、クリスマス賛美礼拝を執り行いました。本年度も礼拝とゴスペル演奏の二部構成としました。

 吃瑤領蘿劼任蓮伊藤宗教主任から、ヨハネの手紙 4章9節「神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。」を通して、クリスマスに私たちが神様からいただいた「愛」を再認識しました。
 局瑤魯灰鵐機璽鳩措阿任后昨年度より軽音楽部の演奏が加わりましたが、本年度はさらにダンス愛好会が加わり、会を盛り上げました。
 続いて、本年も国友よしひろ先生ディレクションによる、関東学院六浦ゴスペルクワイヤのみなさんによるゴスペル演奏。幅広い年齢層で構成されているクワイヤのみなさんにより、6曲が演奏されました。

 


○中高クリスマス礼拝
 中高クリスマス礼拝を、12月21日(木)に守りました。
 本年度のメッセージは、公益財団法人ウェスレー財団代表理事でプログラムディレクターの小海光先生をお招きし、中学は『クリぼっちでないクリスマス』、高校は『さあ、ベツレヘムへ行こう』と題してお話しいただきました。

 中学の礼拝では、本年度も本校の伝統的な中学クリスマス礼拝のスタイル、生徒によるページェントおよび十字架行進、そしてトーンチャイム演奏を取り入れた礼拝を守りました。
 出演者のみなさんは練習時間の確保が厳しい中、昼休みや放課後、そして直前の猛練習に協力をしてくれました。
 トーンチャイムや聖歌隊には高校生も多く参加し、ページェントは中学の上級生が積極的に配役に加わってくれたことで、アットホームな雰囲気で演じてくれていたのが印象的でした。

 


○クリスマス献金のご報告
 本年度も、クリスマスにあたり、皆様から多くの献金が寄せられました。感謝申し上げます。
 すでにKGM通信でもお知らせしておりますが、あらためて集計報告と共に、献金先の一覧をご紹介します。各団体をおぼえ、日々の祈りに加えていただければ幸いに存じます。(本ブログでは、献金集計報告は割愛させていただきました。)


(宗教部部長)



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode