6年生の化学実験【タンパク質の性質】

本日は6年生の化学の授業の実験についてご紹介いたします。

定期試験が終わった次の週は、答え合わせや残りの時間に授業や入試問題演習を行いました。
6年生の化学では、試験範囲でもあった「タンパク質の性質」についての実験を行いました。
タンパク質の変性や色々な化学反応を学びましたが、色や変化の様子などは実際見ないとわからないところが多くあります。
化学を選択し、2年間学んだので化学の面白さや不思議さを感じてもらおうと思い、実験を計画しました。

用いたのは卵白です。身近にある食品です。
卵白を水に溶かしたものをタンパク質水溶液として、タンパク質の色々な性質を実験から学びます。
多くの反応があるので試験管を多く用意して実験を行いました。
最後の実験ということもありみな一生懸命取り組み、教科書などを見ながら班のみんなと相談して実験プリントを埋めていました。
生徒たちは、同じ卵白なのに様々な反応を示すことに驚いていました。
化学に対する興味がさらに沸いてくれることを願っています。



これから理系の大学に進む生徒は、多くの実験を大学で行うことでしょう。
化学の面白さを体験し、学びの糧にしてもらいたいと思います。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode