2017年度 1、2年生対象大学大学理科講座「金属イオンの検出と分離」

本日は11月25日(土)に行われた1、2年生対象大学連携理科講座の1つ『金属イオンの検出・分離』についてご紹介いたします。今年度の大学連携理科講座についてはこちら(リニアモータープログラミング高分子摩擦放射線)をご覧ください。

今回担当してくださったのは、関東学院大学理工学部理工学科生命学系の飯田博一先生です。飯田先生は有機化学を基盤とした生命科学研究「ケミカルバイオロジー」の分野が専門で、有機化合物による生体機能のコントロールを目指した新しい物質の開発やその性質解析などの研究を進めています。

実習した実験室は、まさに大学の研究室という感じの部屋で、多くの実験道具や薬品があり、大学生が日々実験をしている雰囲気を感じました。
今回は銀イオンと鉛イオンの沈殿についての実験でした。銀イオン、鉛イオンともに自然環境下には入れられない有毒な物質なので、それを分離、検出することはとても大事なことです。


実験では、試験管に銀イオン、鉛イオンの水溶液を少しずつ入れ、そこに水酸化トリウム水溶液やアンモニア水、塩酸などを加えて反応を観察しました。
初めに白色や褐色の沈殿が生じたけれど、さらに数滴同じ溶液を加えると沈殿物がきれいになくなる反応に生徒は驚いていました。
鏡のような銀を析出させる実験(銀鏡反応)も行いました。試験管が鏡のようになるのを見て感動している生徒もいました。



小さな試験管の中で色々な反応を見て、化学の不思議さや面白さに触れられたと思います。今後の理科の学習や将来の進路に一助になることを願っています。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode