2017年度 2年生L.H.R. 〜施設訪問事前学習〜

9月11日(月)2限のL.H.R.の時間に、2年生は講演を聞きました。
来週から始まる施設訪問に向けて、事前学習をするためです。

ご講演をしてくださったのは、本郷台キリスト教会の大和田広美さんです。大和田さんは1歳のときに目が見えなくなりました。体験をもとに、全盲の方の暮らしや、どのようなサポートが必要かなどについてお話してくださりました。

目が見えない代わりに、聴覚や触覚を通して周りの状況を読み取っているそうです。
例えばこのときは、「1組のみなさんは拍手をしてださい」「次に2組のみなさん…」という風に、2年生がどんな配置で座っているのかを音で把握されていました。また、普段はスマートフォンのボイス機能を使ってニュースを知ったり、コミュニケーションアプリを用いて連絡を取り合ったりしているそうです。関東学院のホームページも検索してくださったようで、ホームページの情報が読み上げられている音を私たちにも聞かせてくださいました。

また、大和田さんが使用している聖書は、点字によって書かれており、私たちが持っている聖書にように、1冊に全てがまとまっているわけではありません。今回は、「マタイによる福音書」だけが書かれている1冊の聖書を持ってきてくださいました。生徒は順番に手にとり、自分の持っている聖書との違いに驚いていました。

後半では、全盲の方にとって街でどのようなことがあると困るのか、またどのようなことに安心するのか、について話されました。誘導ブロックの上に立つことや、いきなり触れられることは困るということ、信号が青になって道路を渡るときに「渡っても大丈夫ですよ」や「青になりましたよ」などと声をかけてくれることがかなりの安心感につながることを学びました。ここから、私たちが普段どんなふうに生活していくと良いのかを考えることができました。



9月19日から施設訪問が始まりますが、施設訪問当日に限らず、普段から周りに意識を向けて生活していってほしいと思います。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode