東日本大震災を学ぶ旅、考える旅

 

来月の3月11日で、東日本大震災から丸6年。

東北地方を中心に、不便な生活を送っている方々がまだまだいらっしゃいます。

本校ではあの震災以来、長期休暇中に復興支援活動を続けてきました。月日が経つに

つれ、現地でのニーズや状況が変わってきたこともあって、現地へ行く活動は休止し

ています。

 

しかし、あの震災を風化させることは絶対にしてはいけません。

 

本校では新しい取り組みとして、来月3月27日〜29日に「東日本大震災を学ぶ旅、考

える旅」を行うことにしました。この旅は震災を経験された人からお話を聞いたり、

実際に現地を訪れ自分の目で状況を知り、どのように復興を目指しているかを学ぶも

のです。

 

先日、この旅の参加者を募るため、被災地で様々な活動をされている「認定NPO法人

カタリバ」からゲストをお招きし、本校礼拝堂で生徒達へ話をして頂きました。

 

カタリバの方からは…

「被災地にぜひ行ってみたい」

「震災の理解を深めていきたい」

という人に参加して欲しいとのことでした。

 

さらに、

「新しいことに挑戦したい」

「もっと充実した学校生活を送りたい」

と思っている人にも参加して欲しいとのことでした。

 

一般的に、自己肯定感が低いと言われている思春期世代が、このような旅を通して

自信をつけたり、やりたいことをみつけたりしてほしいという願いもあるようです。

 

 被災地の方々のためだけでなく、

「参加者1人1人の未来をもっとよくしたい」

という熱い想いが伝わってきました。

 

1人でも多くの生徒が参加し、色々なことを感じるきっかけにしてほしいと思います。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode