本校卒業生による東北復興支援ボランティア報告

本校の2013年度卒業生(62回生)で、現在大学3年生の3人が昨年12月に行われた東日本大震災復興支援ボランティアに参加しました。彼ら3人は、本校在学中のときから本校主催で実施していた東日本大震災の復興支援ボランティアに参加し、本校を卒業した後も毎年、遠野まごころネット主催の復興支援ボランティアに自主的に参加していました。先日、彼らから今回の活動についての報告が来ましたのでぜひご覧ください。




在学していたときの活動をきっかけに、継続したボランティア活動を行っているとのことで、大変うれしい報告です。

宗教部 深野 基

**********
今年も遠野まごころネットが企画している「サンタが100人やってきた!」にボランティアとして参加してきました。 関東六浦の生徒として初めて行ってから今回で10回目のボランティア参加になりました。「サンタが100人やってきた!」は、サンタやトナカイの格好をして町歩きをしたり、仮設住宅や公民館、公園などでプレゼントを配ったり、街の方々と交流をしたりする企画です。今年は、24日に大槌町で公民館や幼稚園に行ってプレゼントを配り、25日には釜石で町歩きをしながらプレゼントを配り、鵜住居の仮設住宅に行き一軒一軒プレゼントを配りました。今年も、「自分達と会った時よりも笑顔になってもらってお別れをしよう」という気持ちで頑張りました。今年被災地に行ってみて、街の様子の変化や、復興住宅という建物が増えてきて仮設に空き室が増えている事、被災された方々の笑顔が増えた事など、震災当時から比べると様々な面でかなりの“復興”を感じる事ができました。自分達には被災された方々の生活や、被災地の環境を大きく変える事はできないかもしれないけど、自分達にできる事があればこれからも東北の復興のお手伝いをしていきたいと思っています。
62回生 畠山 翼

東日本大震災の復興支援ボランティアへは、5年生(高校2年生)の夏から行き始めました。高校を卒業してからは友人と3人で参加するようになりました。そして今年も1年ぶりに行ってきました。今回で9回目です。一昨年あたりから側溝の泥出しや瓦礫撤去といった重労働の作業はほぼなくなり、今ではクリスマスに行われる「サンタが100人やってきたプロジェクト」というものがメインになります。つまり、被災された方々の心のケアです。作業場所は主に釜石と大槌でした。2日かけて行ったことは、大槌町の町内会館の子供達との交流、被災された方々から貴重な話を聞く、釜石市の市街地をみんなで回りサンタプロジェクトの宣伝をする、仮設住宅にプレゼントを配るといったようなことです。現地の子ども達は相変わらず元気いっぱいでした(笑)。遠野まごころネットの方とも再会できてよかったです。移動中に見えた釜石と大槌の風景は良い意味で衝撃的でした。あの焼け野原のような被災地の光景は、すっかり整備されたきれいな平地となっており、「復興が進んでいるな」というのを久々に目で見て感じました。ただ現地の人々にとっては複雑なのかもしれません。このボランティアに参加する目的は、現地の方々を元気づける、自分の防災意識の再確認であると思っています。
62回生 木村 祐介

私は4年生(高校1年生)のときから毎年、復興ボランティアに行っています。毎年参加するようになったきっかけは、4年生の時に学校のボランティア企画として復興ボランティアがあり、友達に誘われ参加したことです。今年も岩手の遠野まごころネットさんにお世話になり活動をしました。内容は、毎年この時期に行われている、サンタが100人やってきた。いわゆる「サンタ隊」です。今年も釜石市などで行われました。サンタの格好をして仮設住宅をまわったり、子ども達と遊ぶこともあれば、高齢者の方々とお茶をしたりします。今年は特別に小学校から要請があり、キッズのサッカーチームとフットサル対決をしました。今回の活動を通して、私は大きな変化を感じました。これまでは、街を歩いている時、こちらから挨拶をしても返事が返ってきたり返ってこなかったりの繰り返しだったのですが、今年は現地の皆さんから挨拶をいただいたり、わざわざ車の窓を開けてくださったり、車を止めてまで声を掛けてくれる方もいました。多くの現地の方々から「また来てね!」と言ってもらうことができ、参加してよかったと思います。このことから見えたのは、毎年活動を続けてやってきたことにより、現地の人とボランティア側との信頼関係が形成されたこと。また現地の人からこの活動が受け入れられてきたことを感じました。私は、何事も継続することが大切であるということを改めて実感しました。実際に現地へ行ったことのある方はわかると思いますが、現地に行って活動をする経験は、何物にも代えられない価値があります。
62回生 冨岡 大輝



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode