1年生 ミニ・ビブリオバトル

1年生は11月24日(木)のL.H.R.の時間に、「ミニ・ビブリオバトル」を行いました。

 

IMG_4230.jpg

 

「ビブリオバトル」は本の紹介コミュニケーションゲームで、「人を通して本を知る 本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています。

本校でも2年ほど前から様々な機会に取り組んでいます。

 ・<図書委員> ビブリオバトル in カリタス女子中学高等学校(2015年度)

 ・1年生国語ビブリオバトル(2015年度)

 ・3年生国語 ビブリオバトル(2014年度)

 ・1年生ビブリオバトル(2014年度)

 

ビブリオバトルの公式ルールは、以下の通りです。

 1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
 2.順番に一人5分間で本を紹介する。
 3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2〜3分行う。
 4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

今回は「ミニビブリオバトル」ということで、発表は3分、ディスカッションは1分半で行いました。

 

1年生の国語では、夏休みに3冊以上の本を読むという宿題が課されていました。

そしてその中の1冊を選んでPOPを作って六浦祭にて展示し、さらに今回は、その本をミニ・ビブリオバトルで紹介します。

本を読み込んでいても、3分間話し続けるのはかなり難しいことです。

まずは各クラスの国語の授業内において5〜6人のグループでミニ・ビブリオバトルを行って代表を1人決め、

さらにその代表の中からクラスのチャンプ本を決めました。

 

そしてこの日、各クラスの代表1名(クラスによっては2名)によるミニ・ビブリオバトルが行われました。

この日に紹介された本は、以下の7冊です。

 

  悒魯奪圈璽弌璽好如次
 ◆惷箍賄監擦量襦
 『魔女の家 エレンの日記』
 ぁ愼明人間』
 ァ愿討隆磧
 Α愿腓呂椶らと』
 А悒皀淵澆論こΔ鮟わらせる?』

 

発表者は礼拝堂の舞台の上で本の紹介をするということで、かなり緊張した面持ちでしたが、ほぼ全員原稿なしで3分間話し切りました。

また、聞く側も真剣に聞き、様々な質問を投げかけていました。

 

IMG_4222.jpgIMG_4235.jpg

 

投票の結果は…

 1位  『魔女の家 エレンの日記』(チャンプ本)

 2位  『ハッピーバースデー』

 3位  『透明人間』

 特別賞 『島はぼくらと』

となりました。

 

今回紹介された本は、さっそく本校の図書館の特別コーナーに展示されています。

様々な本に興味を持ち、自分の世界をどんどん広げていってほしいと思います。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode