本校生徒が関東高等学校水泳競技大会に出場しました

去る7月22日〜25日まで、茨城県ひたちなか市にある笠松運動公園屋内プールにて、平成28年度関東高等学校水泳競技大会が行われ、本校の小柳暁海君(6年生)が、男子200mバタフライと100mバタフライに出場しました。



22日の朝、制服姿の小柳君は明るい笑顔で東京駅に現れました。スーツケースには、練習用の水着と競技用の水着が全部で4着入っているという事でした(もちろん、勉強道具も入っていました)。この日は公式練習と監督者会議が予定されていましたが、会場となる笠松運動公園の最寄駅である佐和駅に到着するまでに、関東6県及び山梨県から生徒が集まり始めているところでした。これまでの大会で顔なじみになった選手を見つけた小柳君は他校の生徒でも話しかけていき、しばし和やかな雰囲気でした。



会場につくと、受付で手続きを済ませ、IDカードを受け取ります。次に大会プログラムを購入し、競技開始時間や自分が泳ぐ組、コースの確認をします。そして練習開始です。競泳用の50mプールと、飛込競技用のプールがあり、観客席も2000席以上ある大きな会場です。200以上の学校から選手が集まってきますので、観客席から出てきたところにあるフロアーも地域別に分けられて、それぞれの学校が場所を確保して利用します。練習終了後は、水戸駅近くの宿舎に戻って明日の試合に備えました。



23日の朝、水泳競技者用の本校のジャージを身に纏い、会場に向かいます。本日は200mバタフライです。応援に駆け付けたお母さんと見守る中、150mまでトップで泳いでいた小柳君ですが、最終的には予選突破には至りませんでした。この日の悔しさは翌日の練習に生かされました。最終日である25日の朝は、この4日間で一番緊張感に満ちていました。会場についてしばらくすると、ご家族がいらっしゃり、100mバタフライです。飛び込んでしばらくすると水上に体が浮かび、美しいフォームで進みます。50メートルを折り返した段階で弟の瑛海君が「たぶん大丈夫です、予選突破したと思います」と言った通り、予選を7位で通過しました。この時の記録は、自己ベストタイムでした。その結果、8月に行われたインターハイに出場し、100mバタフライで9位、B決勝で第1位となりました。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode