創立記念礼拝をまもりました

今日のKGMブログでは創立記念礼拝の様子をお伝えします。



10月6日は本学院の創立記念日です。
中学は6日(木)の朝、高校は7日(金)の朝にそれぞれ創立記念礼拝をまもりました。

讃美歌:1編 213番
聖書朗読:ヨハネによる福音書 15章 12〜13節
 『わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。
  友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。』


讃美歌と聖書朗読のあとに黒畑校長が話をしました。

黒畑校長からの話の内容は、本学院の設立に関するものでした。
本学院のはじまりである『横浜バプテスト神学校』創立から、
『私立中学関東学院』の開校に至るまでの歴史を振り返る中で、
当時の苦労などにも視点を向けた話でした。

初代学院長の坂田祐が掲げた、
『人になれ 奉仕せよ その土台はイエス・キリスト也』
この校訓、精神は今も変わることはありません。

国内のグローバル化もすすむ今日だからこそ、この校訓を基に世界で活躍出来る生徒を
今後も育てていきたいと思っております。

創立記念礼拝の報告は以上です。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode