教員研修会を行いました

夏休みの終盤、8月29日(月)に本校内で教員研修会を行いました。

今回の研修は「生徒の主体性をより引き出すアクティブラーニングの導入・実践とその評価」と題して行いました。



これからの初等・中等教育では、「何を知っているか、何ができるか」はもちろんのこと、「すでに知っていること、できることをどう使うか」という資質や能力をどう育んでいくかが大きな課題となっています。つまり、知識を暗記することに加えて、得た知識を目的に応じて使う力を重視した教育が求められています。

本校でもこの観点にたって、授業の内容や進度、教授方法についてこれまでも検討・実践を重ねてきました。今回の研修では、改めてこの点を見つめなおし、「アクティブラーニング」の手法やその評価方法について研修しました。今回は、関東学院大学の高等教育研究・開発センターから講師をお招きして、一日たっぷり「学び」と「訓練」の時間をとりました。

講師による講義を受けるだけでなく、いくつかのグループに分かれて(まさにアクティブラーニングの手法を使って)ワークショップも行いました。中でも、近年広がっている「ルーブリック評価」についての理解をさらに深めました。

2学期がはじまって2週間が経ちました。今回の研修で学んだことを普段の授業へ生かして、生徒たちが主体的に学ぶことができる授業づくりに一層励んでいきます。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode