【連載】3・11を振り返る―本校の防災体制と情報発信を考える―(最終回)

12.おわりに10.3月12日・震災翌日(3)

 生徒が全員無事に帰宅したことはKGMブログでも報告されました。巨大地震が発生し
てから12回目に発信されたブログです。「学校からの連絡です」と書き始められたそのブ
ログは「本ブログでの緊急連絡は今回のブログで最後となります」と続き、巨大地震以降、
一人で帰路に向かった生徒が無事を報告しています。また12日(土)と13日(日)の本
校の活動の中心を連絡しています。
 そして、そのブログを閉じるにあたって、保護者に向けて、河合輝一郎校長からのメッ
セージを記しています。






 本稿の第1回の冒頭にも記しましたが、今回の震災の犠牲になった方々に心より哀悼の
意を評します。また今なお困難な生活を余儀なくされている方々に心よりお見舞いを申し
上げます。一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。
 本稿は、2011年3月11日(金)に宮城県沖で発生した巨大地震の後、本校が何を行なって
きたのかを確認すると共に、東日本大震災後の本校の防災体制について情報発信の視点考
えてきました。
 本校がとってきた対応を振り返ると、これからの防災体制の課題、反省すべき点は多く
あることが分かります。防災についての十分な知識と備えが求められています。
 すでに本校では、今までの防災避難訓練の見直しを行い、2011年度の1学期は津波を
想定した避難訓練を2回実施してきました。さらには、今後とも防災避難訓練を行いなが
ら、反省すべきところは改善していかなくてはなりません。またこれと同時に、情報の発
信についての備えが必要です。正確な情報の収集と、十分な情報の発信が求められていま
す。3月11日以降、物事に対する、私たちの見方や考え方は少なからず変わったように思
います。とりわけ防災体制と情報発信については、その考えを大きく修正しなければない
点がありす。
 本稿は、本校の防災連絡会議・情報収集係が担当いたしましたが、今後はその担当者と
して、より正確な情報の収集と適切な情報の発信のあり方について、さらに検討して参り
たいと存じます。そして本校のホームページやブログが、その読者に対してよりよい情報
発信となるよう努力して参りたいと思います。
 今回をもって、連載形式でKGMブログに掲載してきた連載記事の稿を閉じます。
 最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

                                     (了)



※第1回はコチラです。
※第2回はコチラです。
※第3回はコチラです。
※第4回はコチラです。
※第5回はコチラです。
※第6回はコチラです。
※第7回はコチラです。
※第8回はコチラです。
※第9回はコチラです。
※第10回はコチラです。
※第11回はコチラです。




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode