2016夏セブ島英語研修(その7)研修は続くの巻

みなさま、おはようございます。
セブ島英語研修報告その7でございます。
こちらの学校での研修は5日目の金曜日を迎えました(セブ島滞在は7日目)。
イレギュラーな時間割を除き、火曜日からは毎日同じスケジュールで過ごしており、大きな変化はありません。
とは言うものの、今日も研修の様子を報告いたします。
報告は研修4日目の木曜日のものです。

DSC06505.jpg

写真はホテルのエントランスでスクールバスの出発を待つ生徒の様子です。
バスの出発は8時ちょうどですが、生徒たちはバス出発までの時間もテキストを開いていました。
おそらくは前日に出された宿題の点検だろうと思います。
バスを待つ時間も英語学習!
エンジンが暖まってきたようです。

DSC06506.jpg

上の写真はスクールバスの車内です。
ホテルと学校はほんの数分であることは以前のブログにも書いた通りです。
歩いてもせいぜい5〜6分の距離です。
ただフィリピンの交通事情を考えると、やはりスクールバスは必須です。
ホテルと学校は一本道の片側2車線の大きな道路ですが、その間に信号は1つもありません。
しかも車・バス・バイクがひっきりなしに走っています。
したがって信号がない道路を横断するためには、それなりの技術と勇気が必要です。
交通の行き来が少ないタイミングを見計らう技術と、時に走っている車を強引に停車させる勇気です。
もちろん、生徒たちにそのようなことをさせることはできません。
生徒たちが安全に学校に登校できるのはスクールバスのおかげです。
なおスクールバスには窓がありません(これは問題なし)。

DSC06509.jpg
DSC06511.jpgDSC06512.jpg
DSC06513.jpgDSC06514.jpg

朝食後は早速午前中の授業です。
この教室は本校の生徒専用となった教室です。
午前中の3時間はマンツーマンのレッスンが中心です。
みんな頑張っています。

DSC06515.jpg

昼食後を食べた後、雲行きがあやしくなり、雷が鳴りました。
晴天続きのセブですが、雨が降ってきました。
激しい雨のようです。
暗くなり、雷が鳴ったかと思うと、窓の遠く向こうには雨を降らせている雲があります。
そしてその雲がだんだんと近づいてきました。
やがて窓の外は大雨となりました。

DSC06516.jpgDSC06518.jpg

しかししばらくするとその雲も次の行き先に向かって進んでいきました。
今日の雨は一時的なもののようです。

DSC06523.jpgDSC06524.jpg

さて。
英語の研修の方はどうでしょうか?
写真は午後の大小のグループレッスンです。
写真(左)は生徒たちに大人気の授業です。
生徒たちは授業が始まる前から先生を待ち構えていました。
それを知った先生は「なんて良い生徒たちなんでしょう!」と声を上げました(英語で)。

写真(右)は1年生中心のグループレッスンです。
なおこの日は先生のご都合で代わりの先生がいらしゃいました。
活発(無軌道?)な1年生たちばかりの授業ににちょっと困惑気味の先生でしたが、楽しい授業が展開されました。

DSC06525.jpg

そうこうしていると、雨はすっかり止みました。
遠く山の向こうは雨がふっているのでしょうが、ここセブの中心部は再び快晴となりました。

DSC06528.jpg

さてさて。
上の写真は本日最後の授業です。
アメリカ式の発音のレッスンです(というより日本人の苦手とする発音・発話のレッスンです)。
この日は「s」と「th」の練習をしました。
「th」の発音は日本語にはないものなので、多くの人が苦手とする発音です。
大きな声を出しながら、何度も練習をしました。
この授業も昨日までの先生とは異なる代わりの先生でした。
昨日までの先生は、私たちの声がちょっとでも小さくなると「エナジ〜〜〜!!!」と叫んで(英語で)、
私たちを鼓舞します。
アメリカ式発音の授業の後はのんびりと夕食をいただきました。
今日の献立はトンカツ・ポテトサラダ・グリーンサラダ・みそ汁・ライスです。
こちらのお食事はいつでも美味です。

夕食後はいつものように自習時間です。
7時半から9時半までそれぞれの課題に取り組みました。
筆者も明日の授業の予習をしました。
もっとも苦手とする「Speaking」のための準備です。
この「Speaking」については、稿を改めて書きたいと思います。
考える事が多い授業です。

DSC06532.jpg

2時間の自習を終え、再びスクールバスに乗ってホテルに戻ります。
なお私たちには3人のバディースタッフがついてくださっています。
食事を一緒にとったり、生徒たちの質問に答えてくださったりします。
本当に親身になって生徒たちの相手をしてくださっています。
生徒たちとも親しくなりました。
感謝です。

DSC06535.jpg

学校を出たかと思ったら、あっという間にホテルです。
生徒たちはバディースタッフに「さよなら」を言って(英語で)、ホテルに戻りました。
4日目の研修が終わりした。
なおこの夏のセブ島英語研修は1週間と2週間のコースがあります。
1週間組は金曜日で授業が終りとなり、修了式を迎えます。
実際のところ、1週間は短いです。
ようやくエンジンが暖まり、これからいよいよ加速しはじめるのが1週間目です。
いやあ〜、1週間では短いです(筆者も1週間)。
しかしながら参加者にはそれぞれ事情があります。
2週間組を羨ましいと思いつつ、1週間組は最終日の授業を迎えます。

ではまた!

◆2016夏セブ島英語研修(KGMブログ)
 ・2016夏セブ島英語研修(その1)出発〜マニラ空港
 ・2016夏セブ島英語研修(その2)マニラ〜セブ島
 ・2016夏セブ島英語研修(その3)ボランティア活動
 ・2016夏セブ島英語研修(その4)テスト〜授業開始
 ・2016夏セブ島英語研修(その5)本格的英語研修始まりの巻
 ・2016夏セブ島英語研修(その6)学校生活編
 ・2016夏セブ島英語研修(その7)研修は続くの巻 ※本記事



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode