カナダ研修報告 〜カルガリーより その◆

本校では、ただいまカナダ(カルガリーとビクトリア)で2週間に及ぶ海外研修を行っております。
研修の様子を本ブログにてお知らせをします。

カルガリーからの報告:その

ビクトリアからの報告:そのそのその

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

カルガリー研修 報告

 

7月23日(土)

昨日カルガリー入りしてホストファミリーとゆっくりと過ごした生徒たち。

今日はANNE’S LanguageHouse でオリエンテーションがあります。

各ホストファミリーの家からANNE’S Language House まではバスと

C-Train(カルガリーの市内を走る電車。一部区間は路面電車になります。)を利用しておよそ1時間〜1時間30分。

昨日カルガリーに着いたばかりの生徒たちにはいきなりの試練です。

英語での会話もこれから練習する生徒たちにとって、

初めてのカルガリーで自分たちだけで公共交通機関を使っての登校はちょっとした冒険です。

生徒たちはハラハラドキドキだったことでしょう。

(とは言ってもカルガリーは大変安全な街で、C-Trainも2路線で複雑ではありません。

また、当然のことながらホストファミリーが事前に丁寧に教えてくれるのでまったく問題はありませんが。。。)

  

 

早くに到着した生徒や汗だくで走ってきて少し遅刻した生徒など様々でしたが、

全員無事に集合し、オリエンテーションがスタートしました。

  

 

  

 研修中の基本ルール、ホストファミリー宅でのルール、街中での注意点、交通機関、連絡の取り方など、

このカルガリー研修に必要な様々なお話をしていただきました。

自分たちで行動することの多いこのカルガリー研修。自由に動き回ることができるので、積極的に異文化を学ぶことができ、

大変良い勉強になりますが、その分、自己責任で安全を確保しなければなりません。生徒たちは真剣に諸注意を聞いていました。

また、研修中の基本ルールで最も大切なことは、すべてにおいてin English ということです。

日本語を使った場合、口頭注意 ⇒ 文書注意 ⇒ 一日停学 という厳しい注意が待っています。 生徒の皆さん。ぜひ頑張ってください!

 

 

 この日はオリエンテーションのあと、カルガリー在住で、グラフィックデザイン等で活躍する黒沢さんからお話を伺いました。

最初はワーキングホリデーでお仕事をし、そこから現在のようにカナダで活躍するようになった黒沢さん。

初めの2年間は英語での会話に苦労したそうですが、現在の活躍している姿に、生徒たちも感心するとともに、

「自分たちもこれから!」と思ったのではないでしょうか。

 

また、ANNE’S Language House の運営をしている野崎けい子さんとちさ子さんからも、

なぜカナダでお仕事をするようになったのかなどのお話をしていただきました。

間近に迫っている高校卒業時の進路選択のお話もあり、生徒たちはおそらく自分の将来の姿を考えたのでしょう。

大変真剣に、うなずきながら聞いていました。

このカルガリー研修はキャリア直結型として企画されており、海外で活躍する様々な日本人の諸先輩からお話を聞き、

生徒たちの将来の選択をサポートする大きな目的があります。

これからのプログラムには日系の企業訪問やカルガリー大学訪問などが用意されています。

研修のスタートとして、大変有意義な初日のプログラムとなりました。

 

   

 明日は日曜日。一日ホストファミリーと過ごします。これから2週間、お世話になるファミリーと素晴らしいコミュニケーションをとってほしいと思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


カルガリーからの報告は以上です!
引続き、続報をお楽しみ下さい!!



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode