留学生の紹介 〜ソックリンさん編〜

 本校は4月よりカンボジアから2名の留学生を受け入れています。
本校での生活も三ヶ月が経ち、生活にも慣れてきたところで「留学生
インタビュー」を行いましたのでご紹介させて頂きます。
 今回登場してもらう留学生はソックリンさんです。ソックリンさん
は笑顔が可愛らしい女の子です。インタビューをしてる最中も常に笑
顔で受け答えをしてくれました。



質問     崙本での生活はどうですか?」

ソックリンさん「最初は家族や友人、先生と日本語で話すのが難しか
        ったけど、三ヶ月生活して慣れてきたので楽しいで
        す。」

質問◆    峭イな食べ物と嫌いな食べ物を教えて下さい」

ソックリンさん「日本の食べ物はほとんど美味しいです。その中でも
        『焼きそば』が私は1番好きです。
        嫌いな食べ物は『納豆』です。家族から美味しいよ
        とすすめられましたが、ネバネバしているのが苦手
        です。」

 隣でインタビューを聞いているムニー君も頷きながら納豆の話を聞
いていました。私たちに馴染み深い納豆は2人には受け入れられなか
った様です。
 また、ソックリンさんは化学部やバドミントン部にも参加していま
す。本校での学校生活を満喫している様です。

質問    「最後の質問になりますが、これからの日本での生活
        の目標を教えて下さい。」

ソックリンさん「私は友達とたくさんおしゃべりすることが好きです。
        まだまだ日本語に慣れないので、おしゃべりできな
        いことが寂しい。これからたくさんの友達をつくっ
        ておしゃべりをしたいです。
        また、北海道や京都にも行ってみたい。」

 インタビュー中のソックリンさんはしっかりとした日本語で受け答
えをしてくれました。本人が言っている日本語は慣れていないという
様子は見受けられませんでしたが、本人にとってはまだ満足できるレ
ベルではないようです。とても努力家な女の子に感じました。たくさ
んの友達をつくって充実した留学生活になるよう祈るばかりです。
 皆さん、応援よろしくお願い致します。



 最後にソックリンさんが日本語で書いた手紙をご紹介します。

 

私はソーイ・ソックリムです。私は17さいです。私はカンボジアからきました。201644日、日本にきました。さいしょはさむかったです。私は関東学院でべんきょうします。私はこうこう生の1年生です。47日に学校ではじめてべんきょうしました。先生と友だちとかぞくとかいわをするのがあまりわからない。とてもたいへんです。でも、いままでに私はすこしわかった。私はまえよりかいわできるようになりました。私のhome stayから学校までちかい。あるいて25ふんくらい。とてもべんりです。まいにち740に学校へいきます。530から600までにうちへかえります。学校でともだちはやさしいです。先生はしんせつです。

学校は大きい学校です。そうしていろいろなクラブがあります。まいにちおひるごはんはおべんとうをもって、おかあさんがつくります。おかあさんはしんせつです。日本のりょうりはでもおいしいですね。おこのみやきとハンバーグといろいろなものがすきです。私は日本ではじめてでんしゃにのりました。たのしかったです。日本でしぜんはきれいです。

らいねん3月に私の国へかえります。1年間に日本でべんきょうします。そのなかで私は日本語のべんきょうが上手になりたい。たくさんともだちになりたいです。」

 

慣れない環境の中で一生懸命書いてくれました。次回のブログでは

もう1人の留学生であるムニー君をご紹介させて頂きます。楽しみに

していて下さい。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode