1年生理科実験の様子

 2学期のテストも終わり、皆の気持ちはクリスマスに向き始めています。
今回は理科の授業で行った実験の一部をご紹介させて頂きます。理科では、
理科では分野によって多少の差はありますが週1回程度の実験を行ってい
ます。
 今回の実験は化学分野の中の「謎の粉末の正体を調べよう」です。中身
は砂糖、食塩、片栗粉の3種類でどの粉末か実験をしながら特定をしてい
く実験です。



 最初は見た目や手触りを調べます。ルーペを使ってよく観察してみるとどれ
もただの白い粉末ではなく特徴があります。生徒たちはスケッチを交えながら
正確に丁寧に実験を行っていました。



 決定的な違いを示したの「水への溶けやすさ」と「加熱による変化」でした。
砂糖や食塩は水に溶けるということを知っている生徒は水に溶けない粉末は片栗
粉なのではないかと皆で話合いをしていました。また、加熱によって見た目が明
らかに変化した様子から砂糖や食塩を特定していきました。



 生徒たちは砂糖は有機物のため加熱によって黒くこげることや食塩は無機物な
ので加熱によって変化しないということを実験を通して学ぶことができました。
理科ではただ教科書の重要語句を丸暗記するだけでなく体験を通して理解を深め
ようと努めています。何気ないことから大きな気付きを得て成長に繋がっていく
ことを期待します。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode