【連載】3・11を振り返る―本校の防災体制と情報発信を考える―(第1回)

 東日本大震災が発生してから3ヶ月が立ちました。
この震災の犠牲になった方々に心より哀悼の意を評します。また今なお困難な生活を余儀なくされている
方々にお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。
 本稿は、2011年3月11日(金)に宮城県沖で発生した巨大地震のとき、本校が何を行なってきたのかを確
かめると共に、東日本大震災後の本校の防災体制について考えていくものです。また本稿は、連載形式で
本校のブログに掲載していきます。
 本稿では、東日本大震災が発生した日以降の本校の防災体制をできるだけ詳しく、かつ正確に振り返り
ながら、東日本大震災が起こったとき本校が辿ったことがらを記述していきたいと思います。同時に、本
校がこれからの求められる防災体制のあり方を、「情報」という観点から考えていきたいと思います。
 なお本稿は、本校の防災連絡会議・情報収集係が担当いたします。


1.月別ブログアクセス数

 「情報」という観点から考えるにあたり、はじめに、本校の情報発信とその情報へのアクセスについて、
前提となるいくつかの数字を確認します。
 下のグラフは、本校が運営する簡易投稿サイトである「KGMブログ」(関東学院六浦中学校・高等学
校ブログ)の月別アクセス数を示したものです。そしてこのブログは、これまでの平均としては、1日あ
たり1.65回の更新を行っています。





 本校の4月・5月の月当りのアクセス数は21,000を超える水準で推移しています。一日に換算すると平均
アクセス数は、4月は733(4月総計21,984)、5月は871(5月総計26,995)のアクセスです。これに比べ、
3月のアクセス数が極めて高いことは、上のグラフから一目瞭然です。3月の総計は41,198アクセス(PCは
31,591、携帯は9,607)で、この月のアクセス数は他の月の倍程度まで達しています。この数字は、3月11
日(金)の東日本大震災以降のアクセス数の増加によるものです。そしてこれらのことは、本校の発信する
情報が多くの方々に必要とされたということを示しています。


                                          (以下第2回)







calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode