5年生 国語の授業「新書の発表」(その1)




 本校5年生の国語の授業に「国語特講α 廚箸い授業があります。
 これは主として理系の生徒のための授業で、普段は国語の演習問題を中心とした授業を
展開しています。今回このブログで紹介するのは、夏休みの課題の発表です。生徒たちに
は、この夏休みに新書を読むことを課しました。課題はさらに、読んだ新書の内容をクラ
スメートの前で発表をするところまでとしました。
 発表は、普段の教室とは雰囲気の異なる、図書室を借りて行いました。本ブログでは、
その発表の様子をご紹介します。

 現代文、特に評論を読む力を養うのに新書を読むことは大変有効です。各分野の専門的
な内容を初心者向けにわかりやすく書いてあるのが新書です。





 生徒たちの間で、比較的多く読まれていたのは新書は『教室内(スクール)カースト』
『ディズニーの魔法のおそうじ』『フェイスブックが危ない』などでした。





 いよいよ発表の始まりです。本を選んだ理由や筆者の主張、自分の意見など落ち着いた
声で発表をしていきます。ホワイトボードを使って説明する生徒もいました。聞いている
生徒たちも真剣に耳を傾けていました。休み時間には新しい本を手に取る生徒も。普段と
違う図書室での授業ということも新鮮だったようです。

 発表は次回にも続きます。さらに、文系生徒対象の「現代文」の授業でも同様の取り組
みを行っています。発表の様子はまた本ブログにてご紹介します。







calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode