吹奏楽部 アンサンブルコンテスト県大会進出

11月17日(土)と18日(日)、横浜市泉公会堂にて神奈川県吹奏楽連盟主催の横浜アンサンブルコンテストが行われ、本校吹奏楽部からは「サキソフォン三重奏」と「管打楽器八重奏」が出場しました。サキソフォン三重奏は銅賞、管打楽器八重奏は金賞をいただき、管打楽器八重奏は、12月16日(日)にハーモニーホール座間で行われるアンサンブルコンテスト神奈川県大会へ推薦されました。



アンサンブルは少人数で演奏する形態のため、大人数で演奏する夏の吹奏楽コンクールとは一味違う緊張感があります。一人一人の技術力や表現力がそのままアンサンブル全体の音楽性になるため、緻密な音楽性が求められます。引率した深野教諭(吹奏楽部顧問 音楽科)によると、「管打楽器八重奏の本番での演奏は、緊張感がありながらも積極的な演奏をし、綺麗なハーモニーを響かせることができた。」そうです。吹奏楽部では、神奈川県大会までの間、更なる高みを目指すための練習が続きます。

ここで、吹奏楽部部長から、今回の大会に向けて応援していただき支えてくださった皆様へメッセージです
「管打楽器八重奏に出場したメンバーは高校生が主体となっています。いろいろな学校行事や演奏会に向けての練習などと両立させながら、このコンテストに向けた練習に日々励みました。本校吹奏楽部が出場した横浜地区大会は激戦区ですが、自分を信じ、仲間を信じて舞台にあがり、結果はゴールド金賞、そして県大会への出場枠を頂きました。この結果を残すことができたのも、後輩達や保護者の皆様そして顧問の先生方の応援があったからこそです。今回の経験を後輩達へ伝えて部活の更なる発展に繋ぎ、県大会では良い結果が残せるよう、日々の練習に励んでいきます。これからも関六ブラスの応援をよろしくお願いします!」



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode