クリスマス賛美礼拝をまもりました

昨日12月9日(土)、本校礼拝堂にてクリスマス賛美礼拝をまもりました。



この礼拝は、本校の在校生だけでなく、在校生保護者、卒業生、近隣の方々など多くの方を学校へお招きして行いました。また、当日の昼に行われた「KGM Kids Christmas English2017」に参加した児童のみなさんの多くも、賛美礼拝へ参加してくださいました。

この賛美礼拝は、全体が2部構成になっており、前半は礼拝、後半はゴスペルを中心としたクリスマスコンサートを行いました。ゴスペル演奏では、今年度もディレクターを国友よしひろ先生にお願いし、関東学院六浦ゴスペルクワイア、本校吹奏楽部・軽音楽部・ダンス愛好会も参加してのコンサートでした。

クリスマス賛美礼拝プログラム
第1部 礼拝
前奏 「White Christmas」
招詞 詩編98編1節

  1 新しい歌を主に向かって歌え。
  主は驚くべき御業を成し遂げられた。
  右の御手、聖なる御腕によって
  主は救いの御業を果たされた。
讃美歌 109「きよしこのよる」
聖書朗読 ヨハネの手紙4章9節

  9 神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。
  ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。
説教 「ここに愛があります」
祈祷
献金
祈祷
讃美歌 112「もろびとこぞりて」
祝祷
後奏




第2部 クリスマスコンサート
軽音楽演奏 「The Christmas Song」
      「Jingle Bell Rock」
      「Santa's Coming」
ゴスペル演奏 「Thank You Lord」
       「Friend of God」
       「We Wish a Timeless Christmas」
       「The Night That Christ was Born」
       「How Awesome Is Our God」
       「Oh Happy Day」
合同演奏 「Joyful Joyful!」




前半は静かな時を過ごし、後半は会場が一体となって、みんなでクリスマスをお祝いしました。

町はクリスマスムード一色。素敵なイルミネーションなど華やかなイメージがあります。
しかし、世界ではじめのクリスマスは、華やかなクリスマスツリーも、おいしいご馳走も、辺りを照らすろうそくさえありませんでした。しかしそこには、わたしたちが生きるときにもっとも大切で必要なものが満ちあふれていたのです。それは「愛」です。

クリスマスの本当の意味に改めて思いをめぐらせ、素敵なクリスマスをお迎えください。

Merry Christmas!


12/9(土) クリスマス賛美礼拝のご案内

世界で始めのクリスマスには、クリスマスツリーも、おいしいご馳走も、辺りを照らすろうそくさえありませんでした。しかしそこには、わたしたちが生きるときにもっとも大切で必要なものが満ちあふれていたのです。それは「愛」です。クリスマスに、皆がその愛を喜び、感謝と喜びに満ちた讃美歌を歌います。


昨年度の様子はこちらのブログをご覧ください。

本校では、今年も地域の皆さまと共に、クリスマスのお祝いをする礼拝をささげ、軽音楽部の演奏、本校ゴスペルクワイヤーの賛美と、吹奏楽部とのコラボレーションによる演奏もご用意しております。

どうぞ奮ってご参加ください。クリスマスの喜びが、皆さまと共にありますように祈りつつご案内いたします。

クリスマス賛美礼拝(入場無料 申込制)
と き 2017年12月9日(土) 15:00〜17:00 (開場14:30)
ところ 関東学院六浦中学校・高等学校礼拝堂
プログラム
<第吃堯筺[蘿辧屬海海飽Δあります」
        本校宗教主任 伊藤 多香子
<第局堯筺.リスマスコンサート「Oh Happy Day」他
        関東学院六浦ゴスペルクワイア with 国友よしひろ
        関東学院六浦中学校・高等学校 吹奏楽部
        関東学院六浦中学校・高等学校 軽音楽部
        関東学院六浦中学校・高等学校 ダンス愛好会

参加申込 こちらのページからお申込ください

※ 駐車場の用意はありません。自家用車でお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用ください。
※ 車椅子でご来場の方は、事前に本校までご連絡(045−781−2525)ください。
※ 当日献金を集めます。集めた献金は、東日本大震災復興支援やキリスト教の福祉施設等へ送ります。 ご協力お願いします。


収穫感謝礼拝


本校では秋の豊かな収穫の恵みを覚えて、神に感謝する収穫感謝礼拝を毎年この時期に守ります。この礼拝は17世紀のアメリカ開拓時代、厳しい自然に阻まれながらも、信仰篤いキリスト教徒たちが、収穫した農作物を神に献げて守った礼拝に由来し、日本の教会にも伝えられたものです。神の恵みに感謝し、恵みを分かち合う精神を大切にする礼拝の趣旨にのっとり、根菜やお米の献品を明日より3日間受け付けます。なお、献品は神への感謝と分かち合いの証しとして、近隣の社会福祉施設にお届けする予定です。


また、20日〜 22日の朝には、宗教委員が事務所前において献品を受け付けました。本年は日持ちのよさと野菜高騰を考慮して、カレーの材料となる根菜類・お米を集めました。少しの値上がりでも、炊き出し等には打撃となります。保護者の皆様の献品のご協力に、心より感謝申し上げます。


クリスマス賛美礼拝のご案内

世界で始めのクリスマスには、クリスマスツリーも、おいしいご馳走も、辺りを照らすろうそくさえありませんでした。しかしそこには、わたしたちが生きるときにもっとも大切で必要なものが満ちあふれていたのです。それは「愛」です。クリスマスに、皆がその愛を喜び、感謝と喜びに満ちた讃美歌を歌います。


昨年度の様子はこちらのブログをご覧ください。

本校では、今年も地域の皆さまと共に、クリスマスのお祝いをする礼拝をささげ、軽音楽部の演奏、本校ゴスペルクワイヤーの賛美と、吹奏楽部とのコラボレーションによる演奏もご用意しております。

どうぞ奮ってご参加ください。クリスマスの喜びが、皆さまと共にありますように祈りつつご案内いたします。

クリスマス賛美礼拝(入場無料 申込制)
と き 2017年12月9日(土) 15:00〜17:00 (開場14:30)
ところ 関東学院六浦中学校・高等学校礼拝堂
プログラム
<第吃堯筺[蘿辧屬海海飽Δあります」
        本校宗教主任 伊藤 多香子
<第局堯筺.リスマスコンサート「Oh Happy Day」他
        関東学院六浦ゴスペルクワイア with 国友よしひろ
        関東学院六浦中学校・高等学校 吹奏楽部
        関東学院六浦中学校・高等学校 軽音楽部
        関東学院六浦中学校・高等学校 ダンス愛好会

参加申込 こちらのページからお申込ください

※ 駐車場の用意はありません。自家用車でお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用ください。
※ 車椅子でご来場の方は、事前に本校までご連絡(045−781−2525)ください。
※ 当日献金を集めます。集めた献金は、東日本大震災復興支援やキリスト教の福祉施設等へ送ります。 ご協力お願いします。


創立記念礼拝



10月6日は本学院の創立記念日です。
中学・高校共に、6日(金)の朝に創立記念礼拝をまもりました。

講師は、関東学院宗教主任 松田和憲牧師をお招きしました。
讃美歌は1編213番を歌い、聖書朗読に耳を傾けました。
聖書の箇所は「マタイによる福音書 5章13〜14節」です。
『あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。』

以下の文は礼拝メッセージです。
「塩はしみこんでいって姿がなくなる。ともすると自分を失ってしまう。光は目立って存在を明らかにする。ともすると自己中心的になってしまう。両者は対照的な性質であり、矛盾する概念である。しかしこの両者のうち、どちらかを大事にするのではなく、「協調性と主体性」のバランスで考えることが重要である。自分の意見をはっきり持ち、友達の意見にも言うことは言い、受け止めることは受け止めていく。そんなバランス感覚を持ってほしい。」

本学院が創立され、今年で133年になります。
初代学院長の坂田祐が掲げた、『人になれ 奉仕せよ その土台はイエス・キリスト也』
この校訓、精神は今も変わることはありません。
この校訓を基に世界で活躍出来る生徒を今後も育てていきたいと思っております。


平和礼拝



7月12日(水)・13日(木)に、平和礼拝をささげました。

講師は、日本バプテスト連盟横浜戸塚バプテスト教会 堀野 浩嗣 牧師をお招きしました。
コロサイの信徒への手紙3章15〜17節の御言葉から「キリストの平和」という御言葉に焦点を当て、お話していただきました。
この礼拝を通して、相手を「赦す」という本当の意味、相手を赦すところから前へ進めることを学ぶことができました。
生徒だけでなく教員も、お互いに赦し合って生きていく大切さを改めて感じたのではないかと思います。

そして、今回の平和礼拝に関するポスターを3年生の生徒が作成しました。
「平和って何でしょう」「平和をつくり出す人になるために」など、身近な疑問やニュースを分かりやすくイラスト付きで紹介しています。
生徒玄関前に掲示していますので、ぜひ来校した際にはご覧ください。


花の日礼拝



6月15日(木)に、花の日礼拝をささげました。

キリスト教会の暦では、6月の第2日曜日を「花の日礼拝」または「こどもの日礼拝」と定めています。
アメリカで19世紀に始まったこれらの礼拝は、日本でも夏の花が美しく咲き始めるこの季節にもたれます。
本校では、毎年生徒たちが花や献品(石鹸やタオルなど)を持ち寄り、礼拝堂のステージにて礼拝をささげます。


高校生は1時間目、中学生は2時間目の時間帯に礼拝を行いました。
講師は、聖坂養護学校の副校長である藤森 茂先生をお招きしました。
コリントの信徒への手紙12章9節から「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分発揮されるのだ」と題してお話をいただきました。
生徒たちだけでなく教師も、この礼拝を通してこの世に生を受けたすべての人々の存在の意味について考えることができました。
これからの自分たちの行動をどうするべきか問われる機会になったのではないかと思います。


礼拝後、届けられた花や献品を持ち寄り、学校の代表として1年生が近隣の福祉施設を訪問しました。
その様子は、また後日KGMブログでアップします。


イースター礼拝をまもりました



4/19(水),4/20(木)の2日間,中学と高校それぞれでイースター礼拝をまもりました。

イースターとは,十字架にかけられて死んだイエスが,3日後に復活なさったことを記念するキリスト教の祝日のことです。キリスト教信仰の出発といえる最も大切なお祭りです。毎年,春分の日の後の最初の満月の日曜日と決められているため,年によって日が移動します。今年のイースターは4/16(日)で,ゆりの花を飾ったり,デコレーションした卵を食べたりして,復活の命をお祝いします。



今回は,日本基督教団横浜上原教会の平田一吉牧師をお招きし,「新しい命に生きる喜び」と題してお話をいただきました。

「イースター」と聞くと,町では華やかなイメージを持つ方も多いのではないかと思います。本校はキリスト教主義の学校です。今回の礼拝を通して,生徒達にはイースターの本当の意味を理解し,イエス・キリストの復活という福音の恵みに感謝する日として自覚するよう願っています。


1年生 朝の礼拝



本校の生徒は毎朝、礼拝堂もしくは各教室で礼拝を守ります。

礼拝堂の収容人数等の関係で、火曜日と木曜日は1〜3年生(中学生)が、水曜日と金曜日は4〜6年生(高校生)が礼拝堂で礼拝を守り、月曜日は1年生のみが礼拝堂に集います。

入学したばかりの1年生は、1年生だけの礼拝を週1回守ることによって「礼拝のいろは」を学んできました。また、今の時期はもうすぐ2年生に進級するということで、「先輩としてどう礼拝を守るか」ということを学んでいます。

そこで、通常の礼拝堂における礼拝ではクリスチャンの教員が礼拝の司会や聖書朗読、お話、お祈りを行っていますが、先月からは1年生のみの礼拝の中では、お話以外は各クラスの宗教班がその役割を担っています。どのクラスの宗教班の生徒も事前にきちんと準備をし、立派にその役目を果たすことができました。

自分や自分の仲間たちが礼拝を進める側になったときに、初めて感じることもあったのではないでしょうか。来年度、先輩としてしっかりとした態度で礼拝に臨む姿勢が見られることを期待しています。


卒業礼拝をまもりました



昨日23日(木)、この3月で本校を巣立っていく6年生の生徒達が卒業礼拝をまもりました。



本校入学以来、毎日まもってきた礼拝ですが、3月1日の卒業式を前に、今回が本校での最後の礼拝でした。今回は6年生の生徒が司会を行い、説教は、東北学院中学校・高等学校の校長でいらっしゃる大橋邦一先生からいただきました。「地の塩 世の光」と題してお話をいただき、「一人ひとりはほんとうに必要な存在であること」、「これからも常に自分自身を見つめ続けることが大切である」といったあたたかいメッセージをいただきました。

6年生全員が揃って登校するのはあと1回、卒業式を残すのみとなりました。
卒業式は本校での学校生活のひと区切りですが、同時に新しい生活へのスタートでもあります。6年生全員にとって、よいときとなることを祈ります。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode