創立記念礼拝



10月6日は本学院の創立記念日です。
中学・高校共に、6日(金)の朝に創立記念礼拝をまもりました。

講師は、関東学院宗教主任 松田和憲牧師をお招きしました。
讃美歌は1編213番を歌い、聖書朗読に耳を傾けました。
聖書の箇所は「マタイによる福音書 5章13〜14節」です。
『あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。』

以下の文は礼拝メッセージです。
「塩はしみこんでいって姿がなくなる。ともすると自分を失ってしまう。光は目立って存在を明らかにする。ともすると自己中心的になってしまう。両者は対照的な性質であり、矛盾する概念である。しかしこの両者のうち、どちらかを大事にするのではなく、「協調性と主体性」のバランスで考えることが重要である。自分の意見をはっきり持ち、友達の意見にも言うことは言い、受け止めることは受け止めていく。そんなバランス感覚を持ってほしい。」

本学院が創立され、今年で133年になります。
初代学院長の坂田祐が掲げた、『人になれ 奉仕せよ その土台はイエス・キリスト也』
この校訓、精神は今も変わることはありません。
この校訓を基に世界で活躍出来る生徒を今後も育てていきたいと思っております。


平和礼拝



7月12日(水)・13日(木)に、平和礼拝をささげました。

講師は、日本バプテスト連盟横浜戸塚バプテスト教会 堀野 浩嗣 牧師をお招きしました。
コロサイの信徒への手紙3章15〜17節の御言葉から「キリストの平和」という御言葉に焦点を当て、お話していただきました。
この礼拝を通して、相手を「赦す」という本当の意味、相手を赦すところから前へ進めることを学ぶことができました。
生徒だけでなく教員も、お互いに赦し合って生きていく大切さを改めて感じたのではないかと思います。

そして、今回の平和礼拝に関するポスターを3年生の生徒が作成しました。
「平和って何でしょう」「平和をつくり出す人になるために」など、身近な疑問やニュースを分かりやすくイラスト付きで紹介しています。
生徒玄関前に掲示していますので、ぜひ来校した際にはご覧ください。


花の日礼拝



6月15日(木)に、花の日礼拝をささげました。

キリスト教会の暦では、6月の第2日曜日を「花の日礼拝」または「こどもの日礼拝」と定めています。
アメリカで19世紀に始まったこれらの礼拝は、日本でも夏の花が美しく咲き始めるこの季節にもたれます。
本校では、毎年生徒たちが花や献品(石鹸やタオルなど)を持ち寄り、礼拝堂のステージにて礼拝をささげます。


高校生は1時間目、中学生は2時間目の時間帯に礼拝を行いました。
講師は、聖坂養護学校の副校長である藤森 茂先生をお招きしました。
コリントの信徒への手紙12章9節から「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分発揮されるのだ」と題してお話をいただきました。
生徒たちだけでなく教師も、この礼拝を通してこの世に生を受けたすべての人々の存在の意味について考えることができました。
これからの自分たちの行動をどうするべきか問われる機会になったのではないかと思います。


礼拝後、届けられた花や献品を持ち寄り、学校の代表として1年生が近隣の福祉施設を訪問しました。
その様子は、また後日KGMブログでアップします。


イースター礼拝をまもりました



4/19(水),4/20(木)の2日間,中学と高校それぞれでイースター礼拝をまもりました。

イースターとは,十字架にかけられて死んだイエスが,3日後に復活なさったことを記念するキリスト教の祝日のことです。キリスト教信仰の出発といえる最も大切なお祭りです。毎年,春分の日の後の最初の満月の日曜日と決められているため,年によって日が移動します。今年のイースターは4/16(日)で,ゆりの花を飾ったり,デコレーションした卵を食べたりして,復活の命をお祝いします。



今回は,日本基督教団横浜上原教会の平田一吉牧師をお招きし,「新しい命に生きる喜び」と題してお話をいただきました。

「イースター」と聞くと,町では華やかなイメージを持つ方も多いのではないかと思います。本校はキリスト教主義の学校です。今回の礼拝を通して,生徒達にはイースターの本当の意味を理解し,イエス・キリストの復活という福音の恵みに感謝する日として自覚するよう願っています。


1年生 朝の礼拝



本校の生徒は毎朝、礼拝堂もしくは各教室で礼拝を守ります。

礼拝堂の収容人数等の関係で、火曜日と木曜日は1〜3年生(中学生)が、水曜日と金曜日は4〜6年生(高校生)が礼拝堂で礼拝を守り、月曜日は1年生のみが礼拝堂に集います。

入学したばかりの1年生は、1年生だけの礼拝を週1回守ることによって「礼拝のいろは」を学んできました。また、今の時期はもうすぐ2年生に進級するということで、「先輩としてどう礼拝を守るか」ということを学んでいます。

そこで、通常の礼拝堂における礼拝ではクリスチャンの教員が礼拝の司会や聖書朗読、お話、お祈りを行っていますが、先月からは1年生のみの礼拝の中では、お話以外は各クラスの宗教班がその役割を担っています。どのクラスの宗教班の生徒も事前にきちんと準備をし、立派にその役目を果たすことができました。

自分や自分の仲間たちが礼拝を進める側になったときに、初めて感じることもあったのではないでしょうか。来年度、先輩としてしっかりとした態度で礼拝に臨む姿勢が見られることを期待しています。


卒業礼拝をまもりました



昨日23日(木)、この3月で本校を巣立っていく6年生の生徒達が卒業礼拝をまもりました。



本校入学以来、毎日まもってきた礼拝ですが、3月1日の卒業式を前に、今回が本校での最後の礼拝でした。今回は6年生の生徒が司会を行い、説教は、東北学院中学校・高等学校の校長でいらっしゃる大橋邦一先生からいただきました。「地の塩 世の光」と題してお話をいただき、「一人ひとりはほんとうに必要な存在であること」、「これからも常に自分自身を見つめ続けることが大切である」といったあたたかいメッセージをいただきました。

6年生全員が揃って登校するのはあと1回、卒業式を残すのみとなりました。
卒業式は本校での学校生活のひと区切りですが、同時に新しい生活へのスタートでもあります。6年生全員にとって、よいときとなることを祈ります。


クリスマス礼拝をまもりました

21日(水)、中学・高校それぞれでクリスマス礼拝・終業式を行いました。今年度も「クリスマス礼拝」を守ることで終業式とする形で執り行われました。本ブログでは、主に中学のクリスマス礼拝の様子をお伝えします。



この日のために結成された聖歌隊による賛美、有志の生徒たちによるトーンチャイムの演奏など、普段の礼拝とはかなり異なる雰囲気で行われました。



礼拝の中盤では、生徒たちによる聖誕劇(ページェント)が行われました。聖書の物語を通して、イエス・キリストの誕生を演じます。この日の本番に向けて何度も練習を重ねてきました。この聖誕劇は第一場から第五場で構成されています。
 第一場 イエス・キリスト誕生の予告
 第二場 イエス・キリストの誕生
 第三場 占星術の学者たち
 第四場 羊飼いたちへの福音
 第五場 はじめてのクリスマス



聖誕劇が終わると、吹奏楽部による「カンタベリー・コラール」の演奏とともに、キャンドルを持った生徒たちがゆっくりと入場してきます。歩調を合わせてステージまで行き、十字架体形のキャンドルライトが完成します。



最後に「狭い門のところで」と題して、在日大韓基督教会川崎教会牧師の金健先生からメッセージをいただきました。



また、高校のクリスマス礼拝では聖誕劇は行わないものの、今回は4年生全員がゴスペルを歌いました。
当日は「This little light of mine」と「Go tell it on the mountain」の2曲を賛美しました。いつものクリスマス礼拝とは違った雰囲気を楽しむことができました。



クリスマスの本当の意味、喜びとは何であるかを生徒たちは感じ取ることができたのではないでしょうか。
本ブログをご覧のみなさまも、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

Merry Christmas!


クリスマス賛美礼拝をまもりました

12月10日(土)、本校礼拝堂にてクリスマス賛美礼拝をまもりました。

この礼拝は、本校の在校生だけでなく、在校生保護者、卒業生、近隣の方々など多くの方を学校へお招きして行いました。

全体が2部構成になっており、前半は礼拝、後半はゴスペルを中心としたクリスマスコンサートを行いました。ゴスペル演奏では、今年度もディレクターを国友よしひろ先生にお願いし、関東学院六浦ゴスペルクワイア、本校吹奏楽部、本校軽音楽部も参加してのコンサートでした。

クリスマス賛美礼拝プログラム
第1部 礼拝
前奏 「O Holy Night」
招詞 イザヤ書9章5節〜6節

  5ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。
  ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
  権威が彼の肩にある。
  その名は,「驚くべき指導者、力ある神
  永遠の父、平和の君」と唱えられる。
  6ダビデの王座とその王国に権威は増し
  平和は絶えることがない。
  王国は正義と恵みの業によって
  今もそしてとこしえに、立てられ支えられる。
  万軍の主の熱意がこれを成し遂げる。
讃美歌 109「きよしこのよる」
聖書朗読 マタイによる福音書1章23節

  23「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」
  この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。
説教 「共におられる神」
祈祷
献金
祈祷
讃美歌 112「もろびとこぞりて」
祝祷
後奏



第2部 クリスマスコンサート
軽音楽演奏 「All Want For Christmas Is You」
      「Extraordinary Merry Christmas」
ゴスペル演奏 「The Best is yet to Come」
       「Better」
       「No Christmas without You」
       「The Night that Christ was Born」
       「We are not Ashamed」
       「Oh Happy Day」
合同演奏 「Joyful Joyful!」



前半は静かな時を過ごし、後半は会場が一体となって、みんなでクリスマスをお祝いしました。

町はクリスマスムード一色。素敵なイルミネーションなど華やかなイメージがあります。
しかし、世界ではじめのクリスマスは、華やかなクリスマスツリーも、おいしいご馳走も、辺りを照らすろうそくさえありませんでした。しかしそこには、わたしたちが生きるときにもっとも大切で必要なものが満ちあふれていたのです。それは「愛」です。

クリスマスの本当の意味に改めて思いをめぐらせ、素敵なクリスマスをお迎えください。

Merry Christmas!


アドベント礼拝をまもりました

本日のKGMブログは先週行われた『アドベント礼拝』について、本校の宗教主任からの報告とメッセージです。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


 収穫感謝礼拝の翌週となった21日(月)から、校内にはクリスマスツリーやアベントカレンダー、また降誕の様子を表しているクリッペなどが、飾られ始めています。教会暦では今年のアドベントは27日(日)から始まりますので、少し早いですが24日(木)と25(金)に、本校では「アドベント礼拝」をささげました。


 礼拝堂の壇上に、キャンドルがいくつも飾られています。その中で1番前に飾られている手作りキャンドルは、5月に1年生が天城山荘で使用したものを、化学部のメンバーが、再利用できるようにして色を付けたものです。一色使いのものもありますが、何色かの色が重ねられているものもあります。クリスマスにキャンドルが灯されるのは、イエス・キリストこそがこの世を照らす「光」であることを示しているからですが、化学部によって作成したキャンドルには、火を灯して周りを照らすだけでなく、「温かい気持ち」も感じさせられるような素敵な仕上がりです。


 さて、24日の中学礼拝では、ルカによる福音書からアドベントの過ごし方について、ザカリヤという祭司のお話をもとに学びました。世界で初めてのクリスマスに、神さまがなさろうとすることに耳を傾けなかったザカリヤは、話をすることができなくなりました。自分の身を守ろうとすることに一生懸命で、一番大切なことを見失っていたからです。言いたいことを言えなくなりましたが、実は「聴くこと」ができるようになりました。彼の心は少しずつ柔らかくされていきます。「静かな時」を過ごした結果でした。クリスマスの準備は、クリスマスをお祝いするために心をやわらかくすることも大切ですから、落ち着いてすごしましょうとおすすめがありました。

 25日の高校礼拝では、マタイによる福音書から世界で初めてのクリスマスを迎えようとしていたマリヤの夫ヨセフが、自分の思い描いていたのとは全く異なる将来が迫っていると知って怖れを感じ、戸惑い、神から見放されたと思い込み、困り果てていました。ところが、神が共におられることに気づかされた時、ヨセフは自分の身に起ころうとしていることを受け入れて、クリスマスを待ち望んで歩み始めることができたのです。

 アドベントはクリスマスを待ち望む期間です。クリスマスが、イエスの誕生パーティーとして騒がれて終わるようなものではなく、わたしたち一人一人の生き方に関わる大切な意味を持っていることを心に留めて迎えられるように、準備をいたしましょう。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


報告とメッセージは以上です。
上記に書いてあるように、本校では礼拝堂のクリスマスツリーを始め、以下のような形でクリスマスを迎えようとしています。


収穫感謝礼拝のお知らせ

本校では秋の豊かな収穫の恵みを覚えて、神に感謝する収穫感謝礼拝を11月16日(木)に高校生、11月17日(木)に中学生が守ります。この礼拝は17世紀のアメリカ開拓時代、厳しい自然に阻まれながらも、信仰篤いキリスト教徒たちが、収穫した農作物を神に献げて守った礼拝に由来し、日本の教会にも伝えられたものです。神の恵みに感謝し、恵みを分かち合う精神を大切にする礼拝の趣旨にのっとり、根菜やお米の献品を明日より3日間受け付けます。なお、献品は神への感謝と分かち合いの証しとして、近隣の社会福祉施設にお届けする予定です。


☆収穫感謝礼拝 
  高校  11月16日(水)  講師 佐藤 栄一 牧師(日本基督教団 六角橋教会)
  中学校 11月17日(木)  講師 加山 真路 牧師(日本基督教団 六角橋教会)

 

☆献品の受け取り日時と場所   
  11月14日(月)〜16日(水) 7:50〜8:25分 本館玄関前

 

☆献品していただきたいもの
  根菜(カレーの材料となるもの)、お米 

 

☆献品のお届け先
  \酸嘘惘

  幸保愛児園

  寿地区センター

  し洩娜

 

是非、献品にご協力ください。

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode