「Boys, be ambitious」〜創立記念礼拝(中学)〜

関東学院は今年で134周年を迎えました。先日も本ブログでお伝えした通り、先週の4日(木)および5日(金)は本校も創立記念礼拝を捧げました。4日(木)の中学生の礼拝では、関東学院六浦小学校の石塚教頭先生から「Boys, be ambitious」というテーマで説教をいただきました。全文を紹介します。

 

 

----------

 

 

今日は、創立記念にあたり、北海道大学の前身である札幌農学校で教えられた有名なクラーク博士の「Boys、be ambitious!」の由来と、それが、関東学院とどういう関係があるかをお話します。


1876年(明治9年)8月、明治新政府は、北海道に、札幌農学校を創立しました。その時の北海道開拓長官は、黒田清隆でした。陸軍中将でした。黒田長官は、農学校の施設、運営、教育の実際に当たる人物を、アメリカに求め、マサチューセッツ州立農学校の校長であったウィリアム・スミス・クラークを招聘しました。彼は、南北戦争に従軍して陸軍大佐になった人です。

 

こうしてクラーク博士は創立の前月、1876年7月、横浜に上陸し、品川から玄武丸という船に乗って、北海道に赴任したのです。小樽港に上陸し、そこから陸路、札幌に行くのです。

 

玄武丸の中には、第一期生として選ばれた学生と、黒田長官が一緒に乗っていました。船中で、黒田長官はクラーク博士に聞きました。「この度の新設の学校の目的は、人格の高い人物を養成するのが第一でなければならないと思うが、それについてあなたはどういう方針を持っておりますか。」すると、クラーク博士はこう答えたのです。「私は、キリスト教以外に最高の道徳はないと思います。ですから、この新設の学校においては、精神教育の根底をキリスト教に、即ち、聖書において教育しようと思います。」これに対して、黒田長官は「それは困る。日本には儒教があり、神道があります。何を好んで外国の宗教を取り入れる必要がありますか。キリスト教を入れることは許しません。」と反対したのです。クラーク博士は、それに対して、キリスト教の教えを懇切丁寧に説いたのです。しかし、議論を闘わせてもお互いになかなか譲りません。一方は陸軍中将、他方は陸軍大佐、二人とも軍人です。その信じるところを曲げない。とうとう、船は小樽について、いよいよ札幌へと陸路を行くことになりました。


開校が迫っているのに、まだ決定しない。そこでクラーク博士がこう言ったのです。「私が教育の根底に聖書を教えることができなければ、就任をお断りし、これから引き返して、アメリカに帰ります。」黒田長官は「開校は来月に迫っている。今、あなたに帰られては、開校ができない。・・・・・・・・仕方がありません、それでは、聖書を教えることを許します。しかし、あまり大げさにやらないように・・」と言って、とうとう折れたので、札幌農学校は予定通り開校することになったのです。

 

開校式の日に、学生がその式場に行ったら、一人ひとりの机の上に分厚い聖書が一冊ずつ置いてありました。それは、クラーク博士が横浜で英語の聖書50冊を買って持ってきたのでした。授業の前に聖書講義をもって始めたということです。もちろん、クラーク博士は農学を教えるために来たのですから、植物・動物・生物学、それから土壌学など、その方面に関する所の豊かな知識をもって教授されました。しかも、「それを運用する所の人物が、キリスト教の精神によって養成されたのでなければ、そのサイエンスを人間のために立派に役立たせることはできない」と言う確信をもって教えたのです。

 

教えること8か月。3月に契約期限が終わり、クラーク博士はいよいよアメリカに帰ることになりました。1877年(明治10年)4月16日、北海道室蘭を経由してアメリカに帰る事になったので、その日、学校の職員と学生が馬に乗って見送ったのです。島松という所に来ると皆は馬から下りて休憩しました。しばらく休んだのち、クラーク博士は学生一人一人と堅い握手をかわし、再び馬に乗りました。そして、「Boys, be ambitious!」の一言を残し、馬に鞭を当てて、森の陰に消えていったのです。これがあの有名な「青年よ、大志を抱け。Boys, be ambitious!」の由来です。

 

クラーク博士はアメリカに帰る前の月に、「イエスを信じる者の誓約」を英文で作成しました。その中には、キリスト教の大切な信仰を箇条書きにしてあり、「われわれはこれを信じ、この約束を守る」と書き、クラーク博士は一番先に署名し、それから学生に順々に署名させたのです。その時に15名が署名しました。クラーク博士はそれを置いてアメリカに帰ったのです。第一期生15名が署名し、それから、内村鑑三、新渡戸稲造らが第二期生として札幌農学校に入学し、その誓約に署名をしたのです。

 

クラーク博士から直接教えを受け、「Boys, be ambitious!」の言葉を直接聞いた第一期生の渡瀬寅次郎が、関東学院の前身である東京学院の初代院長になりました。坂田祐が東京学院に入学したのは、渡瀬寅次郎が院長を退任した2年後のことでした。1904年(明治37年)4月のことです。その年の2月、日本とロシアの戦争がはじまり、兵役にあった坂田は、この高等科で学ぶこと2か月で戦争に行くことになりました。そのために、高等科を卒業することができませんでした。日露戦争が終わり、坂田は日本に帰り、高等学校に入学するための資格を得るために、今度は東京学院の中学部に入学しました。続いて第一高等学校に入学し、ついに東京帝国大学に入学し、1915年(大正4年)にこれを卒業し、母校東京学院の教師とのなったのです。そして、1919年(大正8年)、坂田は横浜に中学関東学院を創立したのです。


坂田祐は「Boys, be ambitious!」の教育を受けた渡瀬寅次郎が創立の院長であった東京学院で学び、「Boys, be ambitious!」の精神の下に、第二期生として学んだ新渡戸稲造が校長であった第一高等学校に入学し、新渡戸の教えを受け、「Boys, be ambitious!」の精神の下に教育された内村鑑三の門に入って、聖書を学んだのです。このような経歴を持った坂田祐は、横浜の関東学院創立の責任を担うことになり、内村鑑三から親しく指導を受けたのです。

 

中学関東学院を横浜に創立する時に、「キリスト教を表面に掲げては学校が発展しないから、中学校としての特典を有する普通の中学校としてやった方がよいのではないか」と言う意見がありました。なぜそういうことになったかというと、1899年(明治32年)に、政府が文部省訓令第十二号をもって普通の中学校並びに高等女学校が、宗教を教えたり、宗教の儀式をやったりすることを禁じたからです。しかし、坂田は「普通の中学校としての特典が得られなくとも、キリスト教を正面に掲げてやらなければ真の教育ができない」と主張し、関東学院中学校ではなく、中学関東学院として創立したのです。それ以来、変わらず、戦争中も、逆風の中にあっても、キリスト教を正々堂々と掲げ、聖書を道徳の根底として生徒たちを教え・導いてきたのです。


太平洋戦争が終わった後、学校教育に宗教教育の自由が与えられました。坂田祐をはじめとするキリスト教学校の校長たちは、文部大臣に申請して、長い間、キリスト教学校を悩ましてきた文部省訓令第十二号を撤廃してもらいました。その時の文部大臣は前田多門で、内村鑑三の弟子でした。

 

今、関東学院は、政府の学校と同等の資格、特典を与えられ、その上に、自由に聖書を教え、キリスト教の儀式ができるのです。皆さんは、関東学院六浦中学校に入学し、一人一人は聖書を手にしています。これは、学校の建学の精神の土台は聖書にあることを知ってもらい、理解してもらい、聖書によって人格を養っていくためです。関東学院の建学の精神はキリスト教の精神です。この建学の精神を具体的に表現するために「人になれ 奉仕せよ」の二つの言葉を校訓と定め、創立以来99年、これを強調してきたのです。その根底である土台はイエス・キリストです。皆さんが、この建学の精神に堅く立ち、「人になれ 奉仕せよ」の校訓の実現に努力されるよう希望し、このために祈るものです。


創立記念礼拝をまもりました



毎年、10月6日の創立記念日を前に、本校の生徒たちは創立記念礼拝をまもります。
10月4日(木)、中学生が創立記念礼拝をまもりました。

1884年10月6日、横浜山手の地に横浜バプテスト神学校が創設されたのが関東学院の起源です。以来、本学院はキリスト教の精神を教育の根底におき、校訓「人になれ 奉仕せよ」を掲げて教育活動を行ってきました。

本校では毎年、創立記念礼拝をまもり、私たちが集う関東学院の歴史に触れ、この学校がある意味、この学校での学びで本当に大切なことは何かを考える時をもちます。



中学生の礼拝では、関東学院六浦小学校の石塚武志教頭に「Boys be ambitious」と題してお話をいただきました。
誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「Boys be ambitious(少年よ 大志を抱け)」。現在の北海道大学の前身「札幌農学校」創設に大きく関わったウイリアム・スミス・クラーク博士の言葉です。

クラーク博士の教えのもと、キリスト教の精神をもとに教育活動を行った札幌農学校は、その後の日本の教育の発展に大きく寄与する人材を多く輩出しました。その1期生である渡瀬寅次郎は卒業後、関東学院の源流のひとつである東京中学院の校長を務め、関東学院の発展に関わっていきます。

太平洋戦争以前は、宗教をもとに教育を行うことができませんでした。しかし関東学院は、キリスト教をもとにした教育を実践し続けるために力を尽くしました。

先人たちの努力と熱い思いがつまった関東学院。
創立記念日にあたり、改めて、校訓「人になれ 奉仕せよ」を考える機会となりました。

本日5日(金)は、高校生が創立記念礼拝をまもります。
説教いただくのは、関東学院学院長の小河陽先生です。


平和礼拝



7月11日(水)
今年の平和礼拝には、JOCSの松浦 由佳子さんをお招きし、お話をしていただきました。
JOCSが目指しているのは、「すべての人々の健康といのちがまもられる世界」です。
カンボジアの小学校では、伝染病にかかったりしない為に、蚊除けの為に蚊帳を利用し、衛生面を考えて水道水を飲まない、といった健康教育をしています。また、中学校では、指導する人が極端に少なく、教育が行き届いていないため、こどもたちに向けて思春期教育をしています。このような啓発活動をしていくことが、平和を創り上げることになると学びました。
平和礼拝を通して、生徒達が平和について考え、ただ聞くだけでなく、自分自身が感じたことを文章としてまとめました。このような機会は中々ないので、今回の平和礼拝で自分自身の考えが変わり、行動してくれるようになると期待しています。

JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)について
JOCSの活動は、海外における保健医療分野における支援協力が主となります。保健医療従事者の派遣などの支援は、基本的に現地からの要請で行われ、アジア・アフリカを中心に保健医療が十分でない地域への協力活動を行っています。


花の日礼拝をまもりました

 

6月14日本校礼拝堂で「花の日礼拝」をまもりました。毎年、この礼拝は生徒たちが持ってきたたくさんのお花が飾られます。生徒たちはお花だけでなく石鹸やタオルも持ってきてくれました。集まったお花や石鹸、タオルなどは礼拝が終わった後、1年生が代表して施設へお届けします。

 

 

この日お話を頂いたのは特定非営利活動法人”森は海の恋人“理事長畠山重篤さんです。畠山さんは宮城県のご出身で、東日本大震災をご経験されています。牡蠣の養殖をされている畠山さんは震災によって養殖をあきらめなければならない事態まで陥ったそうです。そこから少しずつ元通りの海に戻っていく中で森などの植物の影響が大きく、食物連鎖によって、再び牡蠣の養殖ができる海に戻ったようです。地球の偉大さ、奥深さを知ることができました。

 

 

たくさんの想いがつまった礼拝となりました。この礼拝を通じて何かを感じた生徒たちもいたようです。また、1年生の施設訪問もご報告しますので楽しみにお待ちください。


花の日礼拝に向けて

6月14日(木)、本校では花の日礼拝をまもります。この花の日礼拝は、夏の花が美しく咲くこの季節に、神から与えられた自然の恵みに感謝するためにまもられるようになった礼拝です。

 

またこの日は、1年生が学校の代表として福祉施設等へお邪魔します。その際、全校生徒たちが持ち寄ったお花や石鹸・タオルなどを施設の方へ届けます。

 

先日1年生は、花の日礼拝の意味や、施設への訪問についてガイダンスを行いました。

 

 

当日は花などを届けるだけでなく、みんなで歌を歌ったり、一緒にクイズをしたりなど、施設の方々との交流も行います。


イースター礼拝をまもりました



4/18(水)、4/19(木)に本校ではイースター礼拝をまもりました。この日は、関東学院教会の高橋彰牧師よりお話をして頂きました。



イースターとは、十字架にかけられて死んだイエスが、3日後に復活なさったことを記念するキリスト教の祝日のことです。キリスト教信仰の出発といえる最も大切なお祭りです。毎年、春分の日の後の最初の満月の日曜日と決められているため、年によって日が移動します。ゆりの花を飾ったり、デコレーションした卵を食べたりして、復活の命をお祝いします。

「イースター」と聞くと、町では華やかなイメージを持つ方も多いのではないかと思います。本校はキリスト教主義の学校です。今回の礼拝を通して、イースターの本当の意味を理解し、イエス・キリストの復活という福音の恵みに感謝する日として自覚するよう願っています。


卒業礼拝をまもりました



2月22日(木)、この3月に本校を巣立っていく6年生が卒業礼拝をまもりました。



本校入学以来、毎日まもってきた礼拝ですが、3月1日の卒業式を前に、今回が本校での最後の礼拝でした。説教は、青山学院女子短期大学宗教主任の吉岡康子先生からいただきました。「向こう岸に渡ろう」と題してお話をいただき、これから本校を卒業し、社会へと旅立っていく6年生の背中を優しく押してくださるようなあたたかいメッセージをいただきました。

6年生全員が揃って登校するのはあと1回、卒業式を残すのみとなりました。
卒業式は本校での学校生活のひと区切りですが、同時に新しい生活へのスタートでもあります。6年生全員にとって、よいときとなることを祈ります。


クリスマス礼拝をまもりました

12月21日(木)、中学・高校それぞれでクリスマス礼拝・終業式を行いました。今年度も「クリスマス礼拝」をまもることで終業式とする形で執り行われました。本ブログでは、中学のクリスマス礼拝の様子をお伝えします。



この日のために結成された聖歌隊による賛美、有志の生徒たちによるトーンチャイムの演奏など、普段の礼拝とはかなり異なる雰囲気で行われました。



礼拝の中盤では、生徒たちによる聖誕劇(ページェント)が行われました。聖書の物語を通して、イエス・キリストの誕生を演じます。この日の本番に向けて何度も練習を重ねてきました。この聖誕劇は第一場から第五場で構成されています。
 第一場 イエス・キリスト誕生の予告
 第二場 イエス・キリストの誕生
 第三場 占星術の学者たち
 第四場 羊飼いたちへの福音
 第五場 はじめてのクリスマス



聖誕劇が終わると、吹奏楽部による「カンタベリー・コラール」の演奏とともに、キャンドルを持った生徒たちがゆっくりと入場してきます。歩調を合わせてステージまで行き、十字架体形のキャンドルライトが完成します。



最後に「クリぼっちでないクリスマス」と題して、合同メソジスト教会の小海光先生からメッセージをいただきました。



クリスマスの本当の意味、喜びとは何であるかを生徒たちは感じ取ることができたのではないでしょうか。
本ブログをご覧のみなさまも、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

Merry Christmas!


クリスマス賛美礼拝をまもりました

昨日12月9日(土)、本校礼拝堂にてクリスマス賛美礼拝をまもりました。



この礼拝は、本校の在校生だけでなく、在校生保護者、卒業生、近隣の方々など多くの方を学校へお招きして行いました。また、当日の昼に行われた「KGM Kids Christmas English2017」に参加した児童のみなさんの多くも、賛美礼拝へ参加してくださいました。

この賛美礼拝は、全体が2部構成になっており、前半は礼拝、後半はゴスペルを中心としたクリスマスコンサートを行いました。ゴスペル演奏では、今年度もディレクターを国友よしひろ先生にお願いし、関東学院六浦ゴスペルクワイア、本校吹奏楽部・軽音楽部・ダンス愛好会も参加してのコンサートでした。

クリスマス賛美礼拝プログラム
第1部 礼拝
前奏 「White Christmas」
招詞 詩編98編1節

  1 新しい歌を主に向かって歌え。
  主は驚くべき御業を成し遂げられた。
  右の御手、聖なる御腕によって
  主は救いの御業を果たされた。
讃美歌 109「きよしこのよる」
聖書朗読 ヨハネの手紙4章9節

  9 神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。
  ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。
説教 「ここに愛があります」
祈祷
献金
祈祷
讃美歌 112「もろびとこぞりて」
祝祷
後奏




第2部 クリスマスコンサート
軽音楽演奏 「The Christmas Song」
      「Jingle Bell Rock」
      「Santa's Coming」
ゴスペル演奏 「Thank You Lord」
       「Friend of God」
       「We Wish a Timeless Christmas」
       「The Night That Christ was Born」
       「How Awesome Is Our God」
       「Oh Happy Day」
合同演奏 「Joyful Joyful!」




前半は静かな時を過ごし、後半は会場が一体となって、みんなでクリスマスをお祝いしました。

町はクリスマスムード一色。素敵なイルミネーションなど華やかなイメージがあります。
しかし、世界ではじめのクリスマスは、華やかなクリスマスツリーも、おいしいご馳走も、辺りを照らすろうそくさえありませんでした。しかしそこには、わたしたちが生きるときにもっとも大切で必要なものが満ちあふれていたのです。それは「愛」です。

クリスマスの本当の意味に改めて思いをめぐらせ、素敵なクリスマスをお迎えください。

Merry Christmas!


12/9(土) クリスマス賛美礼拝のご案内

世界で始めのクリスマスには、クリスマスツリーも、おいしいご馳走も、辺りを照らすろうそくさえありませんでした。しかしそこには、わたしたちが生きるときにもっとも大切で必要なものが満ちあふれていたのです。それは「愛」です。クリスマスに、皆がその愛を喜び、感謝と喜びに満ちた讃美歌を歌います。


昨年度の様子はこちらのブログをご覧ください。

本校では、今年も地域の皆さまと共に、クリスマスのお祝いをする礼拝をささげ、軽音楽部の演奏、本校ゴスペルクワイヤーの賛美と、吹奏楽部とのコラボレーションによる演奏もご用意しております。

どうぞ奮ってご参加ください。クリスマスの喜びが、皆さまと共にありますように祈りつつご案内いたします。

クリスマス賛美礼拝(入場無料 申込制)
と き 2017年12月9日(土) 15:00〜17:00 (開場14:30)
ところ 関東学院六浦中学校・高等学校礼拝堂
プログラム
<第吃堯筺[蘿辧屬海海飽Δあります」
        本校宗教主任 伊藤 多香子
<第局堯筺.リスマスコンサート「Oh Happy Day」他
        関東学院六浦ゴスペルクワイア with 国友よしひろ
        関東学院六浦中学校・高等学校 吹奏楽部
        関東学院六浦中学校・高等学校 軽音楽部
        関東学院六浦中学校・高等学校 ダンス愛好会

参加申込 こちらのページからお申込ください

※ 駐車場の用意はありません。自家用車でお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用ください。
※ 車椅子でご来場の方は、事前に本校までご連絡(045−781−2525)ください。
※ 当日献金を集めます。集めた献金は、東日本大震災復興支援やキリスト教の福祉施設等へ送ります。 ご協力お願いします。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode