陸上競技部 横浜市民陸上競技大会で優勝しました



4月14日(土)、横浜市三ツ沢公園陸上競技場にて横浜市民陸上競技大会1日目が行われ、本校陸上競技部の高校生が出場しました。時折強い風が吹くあいにくの天候でしたが、シーズン初めの大切な大会とあって、多くの選手が出場していました。

高校女子200mに出場した6年生は、予選、準決勝を順調に通過し、決勝を久しぶりの25秒台で走り優勝。少しずつ調子が上がってきているようでした。

他の本校生徒達は、自己記録を更新した者、記録更新とはいかないまでも、徐々に調子を上げてきている者などさまざまでした。高校生は5月のGWに、県大会や関東大会へとつながる大切な大会を控えており、それに向けて練習に励んでいます。今回の結果を振り返り、日々のトレーニングに生かしてほしいと思います。


テニス部春合宿

2018年3月26日(月)〜3月30日(金)の期間、テニス部は栃木県矢板にて春合宿を行いました。

若干の欠席者はいたものの、生徒54名(中学32名、高校22名)・OBはのべ14名という大所帯での合宿です。

 

昨年は雪に見舞われた合宿でしたが、今回は5日間とも晴天に恵まれ例年になく暖かく、

慣れないハードコートでの練習で多少体調を崩した生徒もおりましたが、

テニス三昧で満足感を味わえたと思います。

 

アップの時点では中高男女合同ですが、練習自体は中高分かれて行います。

時間を有効に活用するため、高校生は19時から21時までのナイター練習も行います。

  

 

    

高校生男子は、「チームの結束力を高めるため」と、ある生徒が高校生男子全員分のハチマキを用意し、練習中は常時着用していました。

例年、この合宿の4日目は4年生が部活を取りまとめる「代交代」の日です。

4年生を中心によくまとまっていたと思います。

春合宿の目的は、―佞梁膕颪妨けての技術向上、チーム力の向上。

        ⊇乎沈験茲涼罎任離泪福悉得。

        3愬内及び学年間の団結力を高める。です。

 

合宿を終えた2日後の4月1日から、高校生は新1年生を迎えて横浜地区トーナメント団体戦が行われ、男子は準々決勝で桐蔭学園に敗退してしましましたが、なかなかの接戦でいい試合だったと思います。女子は第3位と言う好結果を収めることができました。

そういう意味ではこの春合宿は大成功だったと思います。これから、中学生も高校生も県大会の時期を迎えます。この合宿をさらに発展させ、各自が納得できる結果を収めてほしいものと思います。

◆↓の目標については中学生の中に「まだまだ」と感じることはありましたが、進歩は見られます。さらなる飛躍を期待しています。

私たちの合宿は決して私たちだけで作られているものではありません。保護者の皆さまの応援、学校の協力等、数多くの方々の支えがあって成り立っています。私たちはこのことを忘れることなく、今後とも精進して行くつもりでおります。ありがとうございました。


剣道部 春合宿を行いました

 剣道部は3月27日(火)から29日(木)までの2泊3日、三春台の関東学院中高と合同

で校内合宿を行いました。

 普段は少人数で活動していますが、合同合宿なので人数も増え体育館は竹刀の音が激

しく響き渡ります。

 

 

厳しい練習も仲間と励まし合うことで乗り越えています。また、本校の生徒が三春台の

上級生を頼り三春台の生徒が本校生徒の面倒をよく見るなど、年齢を越えた集団として

部活ならではの結びつきが見られます。

 

 

稽古は起床後の1時間、午前中2時間、午後3時間、夜1時間の一日計4回です。一日こ

れだけ稽古できるのも合宿ならでは。基本練習に始まり技の稽古や地稽古、試合練習な

ど普段以上に時間をかけてじっくり取り組んでいます。

 保護者の皆様からも応援や差し入れ等多くの励ましをいただきました。多くの方々の

協力のもと活動できていることに感謝します。

 4月からは大会シーズンが幕を開けます。合宿で成長した部分を試合で発揮できるよう

期待したいと思います。


中学バスケットボール部 私学大会

2月から行われていた神奈川県私立中学校バスケットボール大会にて、

厳しい試合を乗り越え、男子7位・女子4位になりました。

男女とも他校に比べると少数精鋭部隊のなか、

必死にボールに食らいつきゴールに向かう姿勢で戦い切りました。


女子は交代する選手もいないなか、5人だからこそできる全員バスケットで、

男子は高さのあるチームに対して、仲間を助け助け合う全員バスケットで勝負することが出来ました。

 

これから春に向けて、それぞれチームとして個人として課題が明確になり、悔しさをバネに練習に励みます。

常に仲間のために自分をどう活かしていくかを考え、
選手と応援席と共に全員バスケットで繋がりを大切に戦います!!
応援宜しくお願い致します。
 


第3回関東学院六浦少年少女剣道錬成大会の様子

3月18日(日)本校体育館において『関東学院六浦少年少女剣道錬成大会』が行われました。
第3回となった今大会は34チーム、206名の少年少女の剣士たちが参加しました。



大会形式は今まで同様、予選リーグを行った後、決勝トーナメントを行いました。
予選リーグから白熱した試合が展開されました。




決勝は、横浜三ツ境剣友会vs剣獅館道場でした。剣獅館道場は群馬県からの参加です。
今大会は大将を軸にして、勝ち上がってきました。一進一退の攻防から最後は代表戦
まで持ち込まれます。両チーム共、大将を代表者として決定戦です。


(写真は決勝打となった面)


最後は一瞬の隙をつき、横浜三ツ境剣友会の大将が面を決めて、見事優勝を決めました。
最後の技が決まった瞬間、会場からは大きな歓声と拍手が起こりました。
優勝した横浜三ツ境剣友会は初優勝です。この経験を生かしてさらに成長して欲しいものです。



<試合結果>
優勝  横浜三ツ境剣友会 (横浜市)
準優勝 剣獅館道場(群馬県)
第3位 月見台剣友会(横浜市)
    戸塚道場(横浜市)

ご参加頂いた道場、剣友会の皆様、また関係者の方々、皆様のおかげで盛大に大会を催すことができました。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。


第2回関東学院サッカーフェスティバル

3月18日(日)に本校グランドにて、小学生対象のサッカー大会を行いました。

天候が心配されましたが天候に恵まれ、全9団体10チームの約150名近くの小学生が集まりました。

今回が2回目となるサッカーフェスティバルですが、初めて運営のほぼすべてを本校の中学3年生から5年生の部員が務めました。

10チームのそれぞれ一人の部員が付き、コンシェルジュとして施設のことや練習のお手伝いまで務めました。

大会内容は5チームずつの2ブロックに分かれ総当たり戦で結果を争いました。

1試合は前後半15分ずつの合計30分です。普段はなかなか使用できない人工芝のグラウンドで白熱した試合が展開されました。

最後に結果発表と得点王、MVPを発表して閉会式を行いました。大きなケガもなく無事に大会を終えることができました。

生徒主体の運営で至らない点があったかもしれませんが、朝早くから準備し片付けまで本当に一生懸命に行動してくれました。また、普段会場校として運営をしてくれているチームの大変さが分かったのではないでしょうか。

参加した小学生やお越し頂いた保護者の皆様に少しでも良い一日だったと感じて頂けたら幸いです。

最後に、様々な面でサポートしてくださった多くの方々に感謝いたします。ありがとうございました。

 

 

 

 


第3回関東学院六浦少年少女剣道錬成大会が行われます

3月18日(日)に本校体育館において『第3回関東学院六浦少年少女剣道錬成大会』を開催します。今回で3回目の開催です。(前回大会の様子はこちらをご覧ください)

 

この大会は金沢区を中心とした剣道の道場・剣友会を中心に少しずつ口コミで広がりつつある大会です。今回の参加団体は33チーム200名の小学生を迎えて大会を催す予定です。

 

(過去の大会の様子)

 

過去の大会でも必ずと言っていいほど、ドラマが起きています。今大会でも何が起きるか今から楽しみです。運営側も選手が気持ちよく試合ができるよう準備を進めております。関係者の皆様のご来校をお待ちしております。

 

 


ダンス愛好会 〜発表会〜

本日は、2月10日(土)に行われたダンス愛好会の発表会についてご紹介いたします。

2月10日(土)、ダンス愛好会の発表会を礼拝堂にて行いました。
これまで、大会や六浦祭での発表は行ってきましたが、単独での発表会は今回が初めてです。プログラムを考えることから始まり、ポスターやチラシの作成、校内放送での宣伝活動、当日の案内や進行など、すべてを自分たちで考え、協力しながら行いました。

今回、部員全員が一番大事にしたのが、「来ていただいたお客様に楽しんでいただくこと」です。そのため、この1年間踊ってきたダンスだけでなく、この発表会のための新しいプログラムも各学年で作りました。プログラムは21にもなり、各自3〜4種類のダンスを踊ることになりますが、生徒たちは、当日への準備をしながら、発表ごとに衣装を用意し何種類ものダンスを繰り返し練習してきました。

当日は、同級生や保護者の皆さん、先生方が見に来てくださる中、部員たち一人一人が力いっぱい踊り、全ての発表を滞りなく終えることができました。部員たちは見に来てくださった方々への感謝と、自分たちでやりきったことへの達成感を感じていたようです。


この1年間、ダンス愛好会は様々な試行錯誤をしながら、皆で新しいことにも取り組み、個人だけでなく部全体のスキルアップを目指してきました。今回の発表会をこの1年の集大成として、来年度も部員全員で頑張っていきます。これからのダンス愛好会にご期待ください。


陸上競技部 相模原クロスカントリー大会へ出場しました



3月10日(土)、相模原ギオンスタジアム(相模原市南区)で行われた相模原クロスカントリー大会2018へ本校陸上競技部の中学生が出場しました。

ギオンスタジアムとその周辺のクロスカントリーコースを使って行われ、小学生の部から大学・一般の部まである大きな大会で、冬のトレーニングの一環として今回初めて出場しました。



本校生徒が出場した中学生男子の部には、全国大会出場者や3000mで8分台の記録を持つ選手達が出場しており、レベルの高いレースとなりました。先頭集団からは離されたものの、最後は粘って6位入賞でした。



ゲストランナーとして、青山学院大学在籍時に箱根駅伝で「新 山の神」と評され、現在はコニカミノルタ陸上競技部で活躍されている神野大地選手も一緒に走りました。普段の競技会では味わえない雰囲気でしたが、良い刺激をもらったようです。


陸上競技部 逗子市スポーツ人の集いで表彰されました



3月3日(土)、逗子アリーナにて「第44回 逗子市スポーツ人の集い」が行われ、今年度、さまざまな種目において優秀な成績をおさめた優秀選手や団体が表彰されました。

一般の方々や大学生、中高生、小学生など多くのアスリート達が表彰され、お互いがその功績を称え合いました。本校陸上競技部の3年生男子生徒が、昨年夏に行われた全日本中学校陸上競技選手権大会(3000m)へ出場したことで表彰されました。



3月に入り、いよいよ新しいシーズンが始まります。現状に満足せず、さらなる高みを目指して頑張ってほしいと思います。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode