中学理科実験 【2年生:回路の組み立て、電気機器の使い方】

本日は2年生の理科実験の様子をお伝えいたします。

前回までの授業で化学分野が終わり、電気分野に入りました。
電流や電圧、電気抵抗などの規則性や法則をこれから学んでいきますが、実験をする際に回路を組み立てることが非常に多くなってきます。そして回路をすぐに組み立てられることが大事になってきます。また、電流計や電圧計、電源装置などの電気機器の使い方や注意点をしっかり学んでおくことが必要になります。

そこで、「回路を組み立てみよう」と「電気機器の使い方」という2つの実験を行いました。
初めて回路を組み立てる生徒が多く、試行錯誤しながら実験していました。また、初めて扱う実験機器に戸惑っている生徒も多くいました。


これから直列回路や並列回路などの規則性を、実験を通して学んでいきます。
回路の組み立てに早く慣れて、実験をスムーズに進められるようになってくれることを願っています。


中学理科実験 【2年生:定比例の法則】

本日は2年生の理科実験の様子をお伝えいたします。

銅を加熱すると酸化銅になり、質量が増えることは1学期で学習しました。
では、「加熱し続けると質量は増え続けるのか」「反応する物質の質量の間には規則性があるのか」を調べる実験を行いました。

今回は班によって金属粉の質量を変え、クラス全体で一つの実験結果を得ていきます。
加熱・冷却・測定を何度も繰り返し、金属粉を酸素と反応させました。
加熱しているとき、波紋が広がるように金属粉が変色していく様子に驚いている生徒もいました。

なかなか反応せず、思うような結果が出ない班や時間内に全てを終わらすことができなかった班がありました。


次回の授業で、全ての班のデータを合わせて一つの実験結果を出し、そこから「定比例の法則」を学んでいきます。
今回の単元で2年生の化学分野は終了し、電気分野に入ります。しっかり復習して試験に備えてもらいたいと思います。


中学理科実験 【1年生:力の大きさとばねののび】

本日は1年生の理科実験についてご紹介します。

1学期の続きで1年生は『力』について学習しています。2学期最初の実験として
「力の大きさとばねののびの関係」についての実験を行いました。

実験では2種類のばねを使用しておもりを増やしていきばねののびを計測しました。
どの班も慎重に実験に取り組む様子がみられました。



実験を終えると、得られたデータをグラフにして力の大きさとばねののびには
『比例の関係』にあることが分かりました。ただ、教科書に乗っている事を覚
えるのではなく、実際に目の当たりにしたことで理解が深まったようでした。
これからも理科では実験を通して考える力を身につけていきます。


中学理科実験 【2年生:質量保存の法則】

本日は2年生の理科実験の様子をお伝えいたします。

2学期最初の実験です。
1学期に、銅を加熱して酸化させると質量が増加することを学びました。
その他の化学反応では反応前後で質量がどうなるかを調べる実験です。

実験は、「沈殿が生じる実験」と「気体が発生する実験」を行いました。
ともに反応させる前と反応させた後に質量を測り、その変化を観察します。
また、気体が発生する実験ではPETボトルのふたを開ける前と後では質量に違いがあるのかも観察しました。
気体が発生した後にふたをゆるめると「プシュ」という炭酸飲料のふたを開けたときのような音がして、その反応に驚く生徒もいました。


見た目だけだと、気体が発生すれば軽くなるように、沈殿が生じれば重くなるように思えてしまいます。実際は発生した気体などが逃げなければ、反応前後で物質全体の質量は変わりません。様々な法則がある中でも大事な法則の一つです。しっかり内容を理解してもらいたいです。


中学理科実験 【3年生:指示薬を使って色の層をつくろう】

 これまでに3年生は実験の中で、リトマス紙、BTB溶液、フェノールフタレイン溶液、
アントシアニン(実験の様子はコチラ)を使用しました。
 今回の実験ではこれらの指示薬を使って色の層をつくりました。実験方法はまず試験
管に炭酸ナトリウムを入れ、水を少々入れます。そこに何かしらの指示薬をいれ色を変
えます。そこに駒込ピペットを使って塩酸を少しずつ入れると塩酸の色が変わり、色の
層ができます。




 2層をつくるのは容易ですが3層、4層をつくるためにはガラス棒を使ったり、塩酸
を多めに入れたりと工夫が必要です。生徒によっては何層もの色をつくることに成功し
ていました。



 使用する指示薬の種類や量によって色の違う層ができるため慎重に実験を行っていま
した。また、緑色をつくるためにはどのような指示薬を使ったら良いか相談したり試し
てみたりと今まで得た知識を使うことも忘れてはいませんでした。
 3年生は2学期より物理分野の学習を行います。またブログにて実験の様子を報告さ
せて頂きますので楽しみにお待ち下さい。


中学理科実験 【3年生:ムラサキキャベツの実験】

 3年生の理科1分野では「酸性・アルカリ性と塩」について学習しています。
この日はムラサキキャベツを使って指示薬をつくりました。




まず生徒たちは班ごとに分かれムラサキキャベツを煮ました。ガスバーナーを
久しぶりに使ったのでその操作方法をお互いに確認しながら事故のないように
慎重に行っていました。ムラサキキャベツの煮汁には「アントシアニン」という
色素が含まれていて、その色素は酸性・アルカリ性の濃度によって色が変化する
『指示薬』となります。実験には以前も使用した薬品として、

 ̄酸
⊃飮
水酸化ナトリウム
ぅ▲鵐皀縫
ゥエン酸

を使用しました。



 普段、食材として触れることの多いムラサキキャベツが指示薬としても使える
ことと実際に色の変化を目の当たりにしたことで驚きを隠せない生徒が多くいま
した。こういった経験から理科に興味を持って授業や実験に参加し、さらに理解
を深めて欲しいものです。


中学理科実験─ 2年生:スチールウールの酸化】

本日は2年生の理科実験の様子をお伝えいたします。

前回の実験では鉄と硫黄から硫化鉄を作る実験から「化合」について学びました。
今回は化合の中でも酸素との反応、「酸化」についての実験を行いました。

小さく千切ったスチールウールをガスバーナーで加熱し、加熱前後の質量の変化と塩酸との反応の違いを観察しました。ぱちぱち飛ぶ火花に興奮したり、塩酸との反応の違いを班のメンバーと話し合ったりしていました。
最後にマグネシウムリボンの燃焼の演示実験を行いました。カメラのフラッシュのような激しい光に生徒は驚いていました。


何気なく利用しているガスの燃焼も「酸化」であり、金属が錆びたりするのも「酸化」反応です。身近に酸化は沢山あるので、周囲を注意深く見て新たな発見や知識を得てもらいたいです。


中学理科実験А 攣誓・アルカリ性について】

中学3年生は「酸性・アルカリ性」について学習しています。

この日は実際に酸とアルカリの水溶液の性質を調べる実験を

しました。

 

 

この日の実験に使用した水溶液は、

 

 ̄酸

⊃飮

水酸化ナトリウム

ぅ▲鵐皀縫

ゥエン酸

 

です。この5種類の水溶液にフェノールフタレインとBTB溶液

という指示薬を入れ溶液の色の変化を観察したり、各溶液にマ

グネシウムリボンを入れたときの反応性の違いを観察しました。

 

 

最後に塩酸と水酸化ナトリウムの2種類の水溶液を混ぜ合わせ

る「中和」の実験を行いました。色の変化で中和の終わりを見

極めるために慎重に溶液を加えていかなければなりません。班

ごとに協力し、声をかけながら実験を行うことができました。

 

 

最後にこの日に行った実験の結果・考察をプリントにまとめま

す。結果から「なぜこうなったのか」を班で話し合いました。

教科書に載っていることを目の当たりにしたことで、さらに

理解が深まった様子がみられました。


中学理科実験Α 2年生:鉄と硫黄の反応】

本日は2年生の理科実験の様子をお伝えいたします。

現在2年生の理科1分野では「化学反応」について学んでいます。
前回まで「分解(熱分解電気分解)」について学び、原子・分子などを学びました。

今回は「化合」について学びます。
実験の内容は、鉄と硫黄の反応です。この実験では硫黄の燃えるにおいがとてもくさいので実験室の換気をよくして実験を行いました。また、生成物と塩酸との反応をみるときにはドラフト(発生する気体を吸い込んでくれる装置)を用いて有毒なガスが実験室内にこもらないようにしました。
真っ赤に燃えながら反応する硫化鉄や発生する気体のにおいに大騒ぎしていました。



危険な物質の臭いなどを知ることは大事なことです。実験内容とともにしっかり覚えてもらいたいと思います。


中学理科実験ァ 撻皀離魁璽匹鮖箸辰寝擦亮存魁

1年生の理科1分野では「音」について学んでいます。この日はモノコードを
使って実験をしました。モノコードに張っている太さの異なる2本の弦を使って、

‖世気琉曚覆觚垢硫擦琉磴
弾く強さを変えたときの音の違い
8垢猟垢気鯤僂┐燭箸の音の違い
つイ衒を変えたときの音の違い

など、パターンを変えて実験を行いました。




音は身近に溢れる科学現象です。当たり前に感じることも注意深く観察
することで新たな発見があるかもしれません。小さなことにも興味・関
心を忘れず積極的に実験に参加して欲しいものです。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode