3年生 裁判傍聴

本年度も3年生裁判傍聴を実施しております。
この裁判傍聴は、中学校3年生が授業で学んでいる社会科学習(公民的分野)の一環として、
毎年実施しているものです。
裁判にもいくつかの種類がありますが、
生徒が出来るだけ理解しやすいように刑事裁判の傍聴を行っています。
近年はテレビドラマ等でも裁判を扱うものがあるため、
生徒も裁判そのものは知っているようですが、
まずは刑事裁判と民事裁判の区別がついていません。
現在、授業でも学んでいる単元ですので、
刑事裁判のおおまかな手続きを学習し、
そもそも「なぜ私たちが裁判を傍聴できるのか?」ということから、
公正な裁判が行われるための裁判公開の原則を学習しながら傍聴へと向かいます。




午前の特別時間割を終えてから、横浜地方裁判所前に集合します。
集合している生徒には校外学習を楽しもうとしている気持ちが、表情や会話から感じられます。
裁判所内へと入り、傍聴予定の事件の審理時間が近づきます。
整列をしている際も緊張感は感じられませんが、
法廷へと一歩踏み入れると、その表情は一変します。
法廷の持つ独特の空気感を肌身で感じ取り、緊張感は一気に高まります。
クラスによっても、入った法廷によっても事件は異なりますが、
生徒たちは「今までに経験した緊張感とはまた違った緊張感」を味わっているようです。
審理中は多くの生徒がメモをとり、
法廷内で飛び交う言葉に関心を示しているようです。

終了後、普段とは異なる緊張感に疲れた表情を見せてはいますが、
その表情からは充実感が感じられます。
今回の体験から当事者の人生における重要な一場面に立ち会った事実と、
公正な裁判を見届けるという社会の一員としての責任を担っていることを、
深く実感していることを願います。


3年生 裁判傍聴

本年度も3年生裁判傍聴を実施しました。
この裁判傍聴は、中学校社会(公民的分野)の学習の一環として、毎年実施しているものです。生徒ができるだけ理解しやすいように、例年、刑事裁判の傍聴を行っています。
実施に際し、2時限分の事前学習を行います。近年はテレビドラマ等でも裁判を扱うものがあるため、生徒も裁判そのものは知っているようですが、まずは刑事裁判と民事裁判の区別がついていません。そこで、事前学習はまずここからスタートします。そして刑事裁判のおおまかな手続きを学習し、そもそも「なぜ私たちが裁判を傍聴できるのか?」ということから、公正な裁判が行われるための裁判公開の原則を学習して、当日をむかえます。
集合の横浜地方裁判所前。生徒はまだまだリラックスムード。むしろ、校外学習であることのワクワクする気持ちが表情から見て取れます。傍聴予定の事件の審理時間が近づき、整列と最後の注意。これでもまだ、この表情は大きく変化しません。
しかし、法廷の場の持っている空気感には毎度、感心させられます。法廷内に入った瞬間、生徒の表情は一変します。クラスによっても、入った法廷によっても事件は異なりますが、生徒たちは「今までに経験した緊張感とはまた違った緊張感」を味わうのです。
審理中は多くの生徒が私たちの期待以上に、その内容や気づき、理解できなかったことをメモにとることができていました。
終了後、法廷をあとにした生徒の目からは、若干の冴えを感じました。この冴えが、当事者の人生における重要な一場面に立ち会った事実と、公正な裁判を見届けるという社会の一員としての責任感からくるものであることを願ってやみません。
  


3年生 裁判傍聴

本校の中学3年生は社会(公民的分野)の授業の一環で11月に裁判傍聴を行います。
11月13日(火)の午前は3年2組が横浜地方裁判所で実際の裁判を傍聴しました。






午前9時30分に関内にある横浜地方裁判所前に集合した後、
生徒たちは一言も口をきくことなく裁判の行われる5階に向かいました。
一つの法廷の傍聴席には限りがあるので、生徒たちはいくつかの法廷に分かれました。
その中で一番多くの生徒が傍聴したのは、県内でおこった放火殺人事件の裁判でした。
この事件は数日前に初公判が報道されていた大きな事件で、
それを知ってか知らずか生徒たちは緊張の面持ちで裁判が始まるのを待ちました。






10時前に被告が入廷し、それに続き全員起立して、黒い法服姿の裁判官、そして私服姿の裁判員を迎えました。
開廷の宣言のあと、女性検察官が本件の争点をまとめ、25分間にわたる事件の背景の説明のあと、
15分間の休廷、証人尋問の準備がされました。
10時40分から被害者遺族への証人尋問がはじまり、約1時間息つく間もない雰囲気で検察官が質問を続けました。
日ごろの授業時間よりも長い時間の張りつめた空気に疲れた様子もありましたが、
生徒たちはメモをとりながら、時には前に体を乗り出すようにして耳を傾けていました。


残念ながら傍聴は午前中のみの予定であり、検察から被害者遺族への質問を傍聴するだけにとどまりましたが、
生徒たちからは「午後も傍聴を続けたかった」「この裁判がどうなるのか最後まで見ていたい」という声が
数多く聞かれました。


本件の争点は殺意および共犯者の有無だったことを踏まえると、
検察側の証人尋問の一部だけを見て帰ったことは気がかりな点がありますが、
あらためて今回の裁判の初公判の記事を読んだ生徒たちから、
この裁判の判決までを注視したいという感想が聞かれたのは何よりでした。


また「ドラマみたいな話だった」という感想を述べた生徒もいました。
日ごろテレビや新聞でしか触れることのない世界の出来事を、
自分の目で見て聞いてきたことで現実の社会を一層身近に感じたことでしょう。
これからの社会を担っていく構成員として、今回の裁判傍聴が有益な経験であったことを願います。




【追記】
翌日、裁判傍聴した生徒に感想を書いてもらいました。主なものを紹介します。

「裁判の雰囲気がわかってよかったです。社会の授業中に模擬裁判をやったのもよかったと思います。
長かったけどためになったと思います。」(女子)

「女性の検察官が事件内容を述べていることがかっこ良かったです」(女子)

「証人がメールの内容を話している時、パネルで顔は見えなかったけど泣きそうな声で、
すごくかわいそうでした。結局判決がどうなったのか知りたいです。」(女子)

「初めて見る裁判だったので勉強になった。
放火事件の裁判だったが最後まで見られなかったので残念だった。」(男子)

「大人になる度にそんなことが増えていくのかもしれないと悲しくなりました。
殺人はだめとかの前にまず、人が悲しくなることはだめです。」(女子)

「家族の関係がぼくの家と似ていたので他人事ではないと思いました。」(男子)

「どんな被告人が来るのかとドキドキしていたら、想像していたより若くて意外でした。
証人への質問の量がとても多く、時間がかかっていました。」(女子)

「証人の話だけで、被告人や弁護人の話が聞けなかったのが非常に残念です。
慣れているのか、弁護人が裁判中に雑談して笑っていたりして緊張感があまりなかったのが意外。」(女子)

「午前中の検察官の質問しか見られなかったけど、証人の話を聞いただけでは、
明らかに被告人の行動に間違いがあるのでは?と思います。」(男子)


3年生 裁判傍聴

本校の3年生の社会は「公民」の授業を行います。4年生で学ぶ「現代社会」の内容も先取りしています。その授業の一環として、クラスごとに本物の裁判を傍聴する取り組みを毎年実施しています。
今回は11月15日(火)に傍聴した3年5組の様子をお伝えします。
午前中の授業を受けた後、学校を出発し、中区日本大通の横浜地方裁判所に向かいました。


この日は4件の裁判を3グループに分かれ傍聴しました。そのうち、604号法廷「建造物侵入・窃盗(判決)」「道路交通法違反・自動車運転過失傷害(新件)」の2件について紹介します。

◎建造物侵入・窃盗(判決)
入廷の際、二人の刑務官に連れられた被告人は腰ひもに手錠姿でした。生徒たちは一気に緊張が高まり、息をのむような状態でした。事実確認の後「主文、懲役1年6ケ月、4年間の執行猶予付き」と刑が言い渡されました。
裁判官が最後に「釈放されるけど、生活できるように頑張ってもらいたい」と温かい言葉をかけ、場の空気が少し和らいだ気がしました。

◎道路交通法違反・自動車運転過失傷害(新件)
被告人は保釈中のため、傍聴席から入廷しました。生徒たちはこれにはかなり驚いた様子でした。また証人である母親も傍聴席から入廷しました。宣誓をした後、普段の運転状況や飲酒の状態、今どのように被告人と接しているかなど検察官に追求される場面には心が痛む思いがしました。
検察官からは懲役1年2月を求刑、判決日程を11月24日と裁判官・検察官・弁護人の三者で決定し終了しました。

事前に、裁判の流れを学んでから今回の傍聴に臨みました。人定質問(被告人の氏名や住所などの確認)から始まり、黙秘権の告知、罪状認否、続いて検察官の冒頭陳述、証拠についての要旨の告知、そして弁護人からの証拠調べに対する意見などなど…。今回は証人が出廷するなど、事前の学習がとても役立ち分かりやすい裁判でした。
生徒たちはとても緊張していましたが、静かに黙々と用意したメモ用紙いっぱいにその様子を書いていました。
どのように感じたかは次の授業で感想を発表する予定です。


このような取り組みを通して、授業で学んだことを実感として感じることは、生徒たちの学ぶ意欲を高める上で大変重要であると思います。また社会の「公民」を学ぶ意義はもちろん、学校での学習の必要性を強く感じてもらいたいと願っています。


1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode