The 2017 Big Read


At KGM we give students the chance to use their English in many ways. Students can study abroad, they can go on summer English camps, and they can challenge themselves in the Vocabulary Contest.

This year, all 3rd grade students had the chance to mix their English and art skills to produce a book review for the Oxford Big Read.

In this competition, students read an English book, then wrote a reflection on the story, and finally used their creative abilities to produce artwork about the story.

We received some wonderful work, and we are proud that the level and talent of our students is so high.

*******************************************************************

関東学院六浦では、生徒に英語を使う機会を多く提供しています。海外留学やイングリッシュサマーキャンプ、全校英単語コンテストなどが例として挙げられます。

今年は中学3年生全員が、英語力と芸術性を競い、英語の本に親しむ読書コンテスト『オックスフォードビッグリードコンテスト』に参加しました。

このコンテストでは、生徒たちは英語の本を読んだ上で、内容の書評や感想を英語で表現します。さらにストーリーに関する挿絵やイラストを描き、想像力を働かせながらオリジナルの作品を仕上げていきます。

作り上げた素晴らしい作品を手にし、私たち教員は生徒たちのレベルや才能の高さを誇りに思います。


第3回関東学院六浦英語フェスティバル


六浦祭2日目、第3回関東学院六浦英語フェスティバルが本校礼拝堂にて行われました。

この英語フェスティバルの開催は、今年で3回目を迎えます。
フェスティバルの目的は、関東学院の六浦校地で日頃より英語を学んでいる六浦こども園の園児および関東学院六浦小学校の児童、そして本校中学生の交流とお互いの英語教育の理解を深めるためです。

今年のフェスティバルの様子をご紹介します。

フェスティバルの司会は本校1年生の女子生徒が務めました。
1人で司会進行をするのは、大人でも緊張するものですが、堂々とした素振りで司会を進めていました。
進行は、もちろん全て英語で行われます。


今年度のトップバッターは、関東学院六浦小学校です。
関東学院六浦小学校から4年生の児童が、英語の群読やダンス、歌を披露してくれました。
群読の途中で入るソーラン節は迫力もあり、会場を盛り上げました。


続いて、六浦こども園の年長さんの発表です。
六浦こども園では毎週英語を学ぶ時間があり、そこで練習した歌5曲を披露してくれました。
曲に合わせて、身体いっぱい踊る姿はとても可愛らしかったです。


最後は、本校中学1年生の英語特別クラスに在籍する8名の生徒がステージに立ちました。
1年生の男子生徒が考えたオリジナルストーリーをスキットにし、発表しました。


1時間半の楽しいプログラムも、あっという間でしたが、発表を終えた生徒たちの顔は晴れやかで、達成感に溢れていました。
出演してくれたみなさん、ありがとうございました!

今回のフェスティバルは、六浦校地で学ぶ3校の英語教育の様子を知るとても良い機会となりました。
これからも、英語の教育活動の連携に務めていければと思います。


全校英単語コンテスト 表彰


今回で7回目となる、全校英単語コンテスト。
中学は19日(木)、高校は20日(金)に表彰式を礼拝堂で行いました。

全校英単語コンテストは2年生から6年生までの生徒が共通の英単語テストを受験し、個人の語彙力を測定します。
学年を越えて共通の試験を受験することは、生徒たちにとっては大きなチャレンジです。
低学年の生徒にとっては、知っている単語の数も少なく、大変かもしれません。
一方、高学年の生徒にとっては、これまで学習してきた英単語を自分がどれだけ覚えているか確認する機会となります。
受験生となった6年生にとっては、今後受験までの単語学習を計画する目安ともなる試験です。

中学生は2年生と3年生の学年上位3名ずつ、高校生は全体の1位〜10位の生徒を表彰しました。
本校のGETがMCを務め、会場は大いに盛り上がりました。



来年の英単語コンテストでの更なる得点UPを目指し、日々の授業に励んで欲しいと思います。
5年生以下の生徒の皆さんは、来年の英単語コンテストに向けて努力を重ねてほしいと願っています。


KGM English Day



On Saturday the 28th of October, we will celebrate Mutsuura Festival with a morning of English.

The Mutsuura Kodomoen, KGM Elementary School and the KGM Junior and Senior School will come together in the school chapel. We will have songs, dances and plays for the KGM English Day.

We invite students, families, and guests to come to the chapel and celebrate our learning with us.
We will begin at 10 am and finish at 11:30.
Please come and join us!



(昨年度の英語フェスティバルの様子です)

10月28日(土)に、第3回関東学院六浦英語フェスティバルが開催されます。

六浦こども園、六浦小学校、六浦中高の3校の代表が礼拝堂に集まります。
歌やダンス、演劇などのパフォーマンスを行う予定です。

生徒やご家族の方、来校者の皆さまをご招待します。
時間は、10時から11時30分となっています。
皆さまのご参加、お待ちしています!


第2回 英検実施

10月7日(土)に、第2回実用英語技能検定(英検)が実施されました。

本校は英検の準会場となっており、年に2回(学年によっては1回)全校生徒が受験をしています。今回は、全校生徒の半分以上にあたる570名が受験しました。そのうち、約40%は準2級以上にチャレンジしました。

試験中の生徒たちの様子を、後ろのドアからこっそり覗いてみました。緊張しながらも一生懸命試験に臨んでいる姿が伺えます。


今回の英検に向け、休み時間や放課後に英検対策をしている生徒たちが多く見受けられました。これから本校では、来月の二次試験を受験する生徒に対して、昼休みや放課後等を使い、ネイティヴ教員と日本人教員が二次試験の面接対策の指導をします。生徒と教員が一丸となって、合格を目指して切磋琢磨し、合格を目指します。



英単語コンテストまであと3日!



夏休みも残り3日となりました。充実した夏休みを送ったことと思いますが、忘れてはいけないのは “KGM English Vocabulary Contest”です!

本日は、今年の出題形式と昨年度の過去問を公開します。

今年の出題形式は、下記の通りです。
出題形式:リスニング問題(30問)+ 選択式問題(120問)= 合計150問
【リスニング問題】
A:四択問題(10問)…英単語を聞いて、日本語の意味を選択
B:四択問題(10問)…日本語の意味に合う、英単語を選択
C:四択問題(10問)…英単語の定義を聞いて、英単語を選択
【選択式問題】
D:四択問題(30問)…英単語の意味として、最も適した日本語の意味を選択
E:四択問題(20問)…日本語の意味として、正しいつづりの英単語を選択
F:四択問題(30問)…日本語の意味として、最も適した英単語の意味を選択
G:四択問題(20問)…英文(日本語を参考にせず)の空所に入る最も適した英単語を選択
H:四択問題(10問)…英文(日本語を参考にして)の空所に入る最も適した英単語を選択
I:四択問題(10問)…英文(段落)を読んで、空所に入る最も適した英単語を選択

そして、これが昨年度の問題です。自分なりに分析をして、高得点を目指しましょう!
【リスニング問題】
A:四択問題(10問)…英単語を聞いて、日本語の意味を選択
次に発音される英単語の日本語の意味を選択肢より選びなさい。英単語は2回発音されます。

B:四択問題(10問)…日本語の意味に合う、英単語を選択
次の日本語の意味に合う英単語を発音される選択肢より選びなさい。選択肢の英単語は1度しか読まれません。

C:四択問題(10問)…英単語の定義を聞いて、英単語を選択
次に流れる放送文は、英単語の意味を説明した英文です。英文を聞き、選択肢から正しい英単語を選びなさい。
放送は2回流れます。

【選択式問題】
D:四択問題(30問)…英単語の意味として、最も適した日本語の意味を選択
英単語の意味として最も適したものを 銑い茲蠅修譴召譯韻弔困珍びなさい。
uniform
現実 制服 廊下 職員

E:四択問題(20問)…日本語の意味として、正しいつづりの英単語を選択
日本語の意味を表す英単語で、正しいつづり字のものを 銑い茲蠅修譴召譯韻弔困珍びなさい。
脳卒中
strouke strok strouk stroke

F:四択問題(30問)…日本語の意味として、最も適した英単語の意味を選択
日本語の意味に相当する最も適切な英単語を 銑い茲蠅修譴召譯韻弔困珍びなさい。
〈言語・技術など〉を習得する
practice acquire pronounce gain

G:四択問題(20問)…英文(日本語を参考にせず)の空所に入る最も適した英単語を選択
各英文のカッコ内に入る最も適切な英単語を 銑い茲蠅修譴召譯韻弔困珍びなさい。
He still ( ) his old car. It is in good condition.
applies cherishes laments strolls

H:四択問題(10問)…英文(日本語を参考にして)の空所に入る最も適した英単語を選択
英文のカッコ内に入る最適の英単語を、日本語訳を参考に 銑い茲蠅修譴召譯韻弔困珍びなさい。
( ), I don’ t like her at all.
「本当は彼女なんか少しも好きではないんだ。」
Actually Indeed Maybe Really

I:四択問題(10問)…英文(段落)を読んで、空所に入る最も適した英単語を選択
次の英文を読んで、英文中のそれぞれのカッコ内に入る最適の英単語を、下の語群の 銑い茲蠅修譴召1つ選びなさい。
Merits to learn overseas
Studying ( 1 ) in youth is a good opportunity for students. Their ( 2 ) are richer and deeper than adults. Their knowledge and feelings can be enriched through both physical and mental experiences by interaction with others from different backgrounds. Therefore, in terms of international communication, students can develop their independent nature, improve language skills and ( 3 ) their abilities necessary to adapt to diverse situations.
語群:
(1) abroad costly behind fluently
(2) analogies sensitivities recipes apparatus
(3) yearn cultivate surpass involve

難しい単語が多いかもしれませんが、毎年積み重ねていくことによって語彙力が格段にあがるので是非頑張ってください。また、大学受験を見据えた語彙力をこの機会にしっかり身につけましょう。では、皆さんの努力の成果を楽しみにしています!


7th KGM English Vocabulary Contest(オール関東六浦英単語コンテスト)

いよいよ夏休みが始まりました。あれこれと楽しい計画を立てていることと思いますが、楽しい思い出とともに忘れてはいけないのは、夏休み明けに行う “KGM English Vocabulary Contest”です。このコンテストも、今年で7回目を迎えます。

コンテストの目的は、単語・熟語の知識を身につけることを通し、英語コミュニケーション力を支えるための基礎を作るとともに、大学受験に対応できる幅広い語彙力を養うことにあります。単語・熟語は英検4級レベル(中学2年生レベル)から大学受験レベルまでです。2年生から6年生までが同じテストを受け、毎回中学生が上位にくいこむことがあります。中学生にとっては難しい単語が多いかもしれませんが、毎年積み重ねていくことによって語彙力が格段にあがるので是非頑張ってください。高校生は中学レベルの語彙が身についているのかを再確認するとともに、大学受験を見据えた語彙力をこの機会にしっかり身につけましょう。


実施日時:8月30日(水)11時開始(所要時間は約60分)
対象学年:2年生〜6年生
出題範囲:単語リスト(1000語)
 


KGM Kids English2017が始まりました



本校では今年度より、土曜日の午後に小学生対象の英会話教室「KGM Kids English」をスタートさせました。

本校には8人の外国人の先生GET(グローバル・イングリッシュ・ティーチャー)がおり、中学1年生から「聞く・話す・読む・書く」の4技能を、楽しく学んでいます。教科というよりは社会を生きるために必要なツールとして英語を学習しており、世界中の人々と英語でコミュニケーションをとることを大切に考えています。



本校の英語の授業に触れていただき、小学生の皆さんに少しでも英語の楽しさを知ってもらおうと、この「KGM Kids English」をスタートさせました。レッスンは土曜日の13:30〜14:15の45分間。1回のレッスン料は500円(ワンコインレッスン)で年間16回、全部で8,000円です。本校のGETの先生方が丁寧に優しく、何よりも楽しくレッスンをしますので、ぜひご参加ください。申し込みは本校ホームページで受け付けています。

また、昨年も行った「KGM Kids Summer English」「KGM Kids Christmas English」も引き続き実施しますので、こちらも本校ホームページからお申し込みください。

小学生の皆さんも楽しく英語を学んで、将来グローバル人材として活躍できるよう、英語コミュニケーション力を高めて行きましょう!

小学生向けの英語プログラムについては、こちらのページをご覧ください。


1年生 英語授業



本日は、1年生の英語の授業の様子をお伝えします。

中学生(2015年度以降入学生)の英語の授業では、『TIME ZONES』(CENGAGE Learning)という海外のテキストを使用しています。
このテキストはCLIL(英語でいろいろな教科を学ぶ)という教授法にたった教材で、本校英語科ではこの教材を活用して、「英語を通して世界知る」ことをテーマに授業を行っています。

今回の授業では、“What’s / Who’s your favorite~?”というフレーズを用いて、生徒同士でインタビューをするアクティビティを行いました。
生徒たちはこのような言語活動を通して、コミュニケーション能力や表現意欲を高めることができます。
男女関係なく、インタビューをし合う姿が印象的で、とても良く取り組んでいました。
また、既存の質問だけでなく、“Who’s your favorite YouTuber?”や”What’s your favorite Yuru-chara?”など、オリジナリティ溢れる質問を作り、尋ねていました。
最初は例文を使ったパターンプラクティスで文の形を体得していた生徒たちも、授業を重ねるにつれて、覚えた例文を活用し、自分の英語としてアウトプットすることができます。
英語で伝えられる表現の幅が増えると、より自由に英語を使えるようになり、英語学習がもっと楽しくなります。
ぜひ、授業で学んだことを活かし、英語の学習に励んでほしいと思います。


関東学院六浦では、1年生から外国人教員(Global English Teachers)による英語の授業を数多く行い、英語力の向上を目指しています。
特に1年生では、週6時間の英語の授業のうち、5時間を外国人教員と日本人教員によるチーム・ティーチングで行っています。
これからも「聞く」「話す」を重視した授業内容で、生きた英語に触れながら英語力を高めていく授業を展開していきます。
 


第1回 英検実施



6月3日(土)に、第1回実用英語技能検定(英検)が実施されました。

本校は英検の準会場となっており、年に2回(学年によっては1回)全校生徒が受検をしています。今回は、全校生徒のおよそ半分にあたる475名が受検しました。そのうち、約40%は準2級以上にチャレンジしました。

試験中の生徒たちの様子を、後ろのドアからこっそり覗いてみました。緊張しながらも一生懸命試験に臨んでいる姿が伺えます。


早速昨日の放課後、解答速報を見ながら、自己採点をしている生徒がいました。一次試験を合格した生徒に対して、これから昼休みや放課後等を使い、ネイティヴ教員と日本人教員が二次試験の面接対策の指導をします。生徒と教員が一丸となって、取り組んでいます。

本校では、このような外部試験も積極的に取り入れながら、今後の大学入試改革にも対応できる英語力を身につけられるようなプログラムを用意しています。今後も本校独自の英語教育を展開していきたいと思います。
 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode