English Camp(マンツーマン)アクティビティ

English Camp(マンツーマン)のアクティビティの様子をお伝えします。



Camp3日目のこの日、午前中は通常通りのレッスンが行われました。3日目ともなると、各自自分の伝えたいことをきちんと英語で伝えることができるようになってきました。



午後からは長瀞「Down River Tour」の予定でしたが、荒川の水位が高い為に運休となってしまいました。
そこで急遽予定を変更して、宝登山ロープウェイに乗って、山頂にある動物園へ行きました。普段接することの少ない動物たちにエサを与えたり、Global English TeachersとFree Talkを楽しんでいました。

下山した後は、岩畳で有名な長瀞を散策して、束の間の休息を楽しみました。


English Camp(マンツーマン)スタート

昨年度からスタートしたEnglish Camp。富士吉田にてグループレッスンを通して英語漬けになる国内実施の語学研修です。今年度からはグループレッスンに加えてマンツーマンレッスンの研修も追加しました。

8月16日(水)から埼玉県秩父にある「いこいの村ヘリテイジ美の森」で行われています。



プライベート・グループ・プロジェクトの3グループに分かれて、45分ずつのローテーションで午前・午後の2セッションを行っています。午前中のプロジェクトは、お互いに与えられた質問に答えているところをiPadで録画をして、見直す「iPad Diary Project」。午後のプロジェクトは、翌日のプレゼンテーションに向けて、それぞれのグループで準備を進めました。



2日目の昼食から2人ずつスピーチをしています。緊張の中でも、しっかり自己紹介をしていました。



夕方からは「Scavenger Hunt」を行って、18個与えられたミッションの中から10個を選んで、グループで協力して課題をクリアーしていきました。夜は「Star Viewing」の予定でしたが、あいにく曇り空だったため、ホテルのある蓑山山頂までバスで連れて行って頂き、秩父の夜景を楽しみました。



3日目は午後から長瀞の「Down River Tour」の予定です。天気に恵まれることを祈っております。


5年生 長崎自主研修のまとめ

 5月に実施された長崎への研修旅行中に、長崎市内でグループに分かれて1日自主研修が行われました。その活動のまとめを2回の定期試験を挟んで行っています。一学期中にまとめるために、作業は最後の山場を迎えています。LHRの時間だけではなく、放課後に残って作業しているグループもあります。

 

 写真を多用しているグループ、絵をたくさん書いて、あるテーマに沿って一日巡った場所を紹介しようとしているグループ、冊子風にまとめようとしているグループなど、それぞれ表現方法を工夫しながら取り組んでいます。 まとめたものは、2学期の六浦祭での展示を予定しています。どのような形にまとまっていくか、楽しみです。

 


高校芸術鑑賞会

 

6月23日(金)、毎年恒例の芸術鑑賞会が行われました。

 

今年度は中学生は学校内で舞台「父と暮らせば」を鑑賞、高校生は校外で鑑賞会を行いました。

 

鑑賞したのは、劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」でした。ホールのあるKAAT神奈川芸術劇場へは初めて足を運ぶという生徒も多く、まずはその場の持つ独特の雰囲気を味わうことから今回の芸術鑑賞会がスタートしました。


そして、ミュージカルが始まるとオーケストラの生演奏や役者の声の通りの良さなど劇場の音響効果に圧倒され、生徒達は一気に引き込まれていきました。一度の休憩時間を挟んであっという間の2時間半でした。終了後はパンフレットを片手に余韻に浸っている生徒や次はまた違うミュージカルを観たいねと盛り上がっている生徒など、様々な刺激を受けた1日となったようです。


1年生施設訪問



6月15日(木)、全校で花の日礼拝をささげました。
その後、全校生徒が持ち寄ったお花や石鹸やタオルなどの献品を1年生が代表して各施設に持って行きました。
LHRの時間を使ってどういう気持ちで施設訪問をするかの事前指導を受けていた生徒たちは、この日を楽しみにしていたようでした。


各施設に分かれて施設の方にささげる歌や自己紹介の練習をし、出発しました。
施設に着くと、施設の見学やお話を頂き、お花や献品を贈呈させて頂きました。施設
の利用者の方の中にはお花を受け取って涙を流して喜んでくださる方もいて、生徒たち
にとって『自分ができること』を考える良いきっかけになったように思いました。





その後、歌のプレゼントやクイズ、利用者の方への質問タイムなど様々な触れ合いの
時間を設けました。短い中での交流となりましたが、生徒たちにとってとても有意義
な時間となったようです。

今回の施設訪問を通して、高齢者の方だけでなく、自分の周りにいてくれる人に対し
ての接し方について考えさせられたようでした。このような経験を通して校訓である
『人になれ 奉仕せよ』について真剣に向き合うきっかけとなりさらに成長していく
ことを願うばかりです。

このような経験ができたのも、生徒を快く受け入れて下さった施設の方々、利用者の
方々、献品にご協力をしてくださったご家庭、朝早くから献品の回収に尽力をしてく
れた宗教委員の皆さんのおかげです。この場を借りて、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。


大きくなぁれ。

皆さん、こんにちは。今回のブログは5年生長崎研修旅行の続編です。
ブログ担当はS.C.S.部長の私、N(5年生)です。

福江島の入島式にて頂いた椿の苗を、入島の挨拶をした生徒が植えました。
入島式の様子はこちら


校舎裏の肥えた畑に植えたので、元気に育つ事と思います。



編集後記
赤い椿の花言葉は「気取らない優美さ」と言う事で、
気さくに生きていきたいと思いました。
また、思い出の品となる良いお土産を下さった
島の方々に感謝しています。


中学球技大会

本日のブログ担当はS.C.S.部です。

今日6月2日に中学球技大会が行われました。
今日は青空が広がり絶好の運動日和でした。


・各競技の優勝したクラスは以下の通りになりました。
バスケットボール
男子:3-4
女子:3-5


ドッジボール
男子:1年生:1組 2年生:1組 3年生:4組
女子 1年生:5組 2年生:5組 3年生:5組


男子サッカー:2-1
女子フットサル:2-5


各競技において、白熱した試合が繰り広げられていました。
また、生徒会が先生方をあまり頼らず積極的に大会の運営をしていた所も印象的でした。

・編集後記
中学生のプレーを取材して、自分が中学だった頃を懐かしく思いました。
こういった様に球技大会は生徒にとって良い思い出になった事と思います。
暑い中、皆さんお疲れ様でした。


5年生研修旅行ガイド作成

連休明けから4泊5日で実施された5年生の研修旅行も無事に終わり、個人、グループによる振り返り作業を行っています。

 

ロングホームルームの時間を利用して、研修旅行のグループ行動のまとめとしてガイドの作成をスタートしました。

 

 

最初に全体での説明をした後に、各グループに分かれ、どのような形式でまとめるか、資料は何を使うか、作業分担をどうしていくかなど、話し合ってもらいました。これから各グループごとに工夫をしてガイドを作成していくことになります。


2017年度1学期中間試験 〜アシストルームの様子〜

今回は試験前のアシストルームの様子をご紹介いたします。

今年度最初の定期試験、1学期中間試験が5月30日(火)から始まります。
1年生、2年生、3年生、6年生は30日(火)、31日(水)の二日間、
4年生、5年生は30日(火)、31日(水)、6月1日(木)の三日間です。

本校教員室前には「アシストルーム」があります。
自習室と違い、教員に質問がある生徒が学習する場所です。
試験前だけでなく普段から生徒がいる場所ですが、試験前になると多くの生徒が利用します。
教員に質問する生徒や、生徒どうしで教え合っている姿を目にすることができました。
また、生徒ラウンジや自習室、図書館でも多くの生徒が定期試験に向けての学習に励んでいました。



学習した成果を存分に発揮してもらいたいと思います。


4年ディズニー研修



5月12日(金)、ディズニーランドで一日校外研修を実施しました。天候に恵まれ有意義な研修でした。

当日は、会場のサンルートプラザ東京ホテルに9時50分に集合し、予定通り10時からレクチャーを開始しました。3人のオリエンタルアカデミーのスタッフの方に、ディズニーテーマパークの考え方について説明していただきました。それは、親と子が一緒に楽しめるファミリーエンターテイメントの場所として作られ、そのための工夫として、映画のテーマを取り入れて五感に訴えることをしていること。青空を背景とした巨大なステージで演じるキャスト(従業員)とそれを見に来るゲスト(お客)から構成されていること。お客を楽しませる企業理念を反映させている「おもてなし」の基本は「相手の立場に立ち自分から行動をすること」であること。また、ゲストに最高のハピネスを提供するために4つのキャストの行動基準(安全・礼儀正しさ・ショー・効率)があることです。その説明の間に時々数人の生徒に質問を投げかけていただきました。そして、スタッフの明るく弾んだ声に興味深く耳を傾けていました。ウォルト・ディズニーの歴史等の紹介もあり、最後に2人の生徒に「おもてなし」の実演をしてもらい、スタッフの指導のもとお互いに講評をし合っていました。学び多い機会になったと思います。


午後は、パークに入り、実際にキャストがどのような仕事をしているのか、レクチャーで学んだ「おもてなし」の心はどのようなところに表れているのかなどの学習をするために、班ごとにキャストにインタビューをして一緒に写真を撮るパーク研修です。キャストとのふれ合いはもちろんですが、どの生徒もディズニーランドを満喫した様子でした。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode