清水展氏 日本学士院賞受賞記念講演会のご案内

本校では、10月21日(土)に清水展氏による講演会を開催します。

本校の第18回卒業生の清水氏は、現在、京都大学東南アジア研究所教授を務めており、2017年4月には京都大学名誉教授の称号を授与されました。社会(文化)人類学を専門とされ、特に自然災害からの創造的復興の過程に関する研究、アメリカの圧倒的影響下で自己形成を強いられた戦後日本とフィリピンの比較研究などを進めています。1977年以来長年にわたり、フィールドワークを基盤とした臨地調査をフィリピン(イフガオ州)で行っており、その研究成果として2013年に報告した『草の根グローバリゼーション—世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』により、第107回2017年日本学士院賞受賞を受賞しました。

当日は、清水氏の講演会に加えて、同じく同窓生である世界的ギタリスト柴田杏里氏によるコンサートも開催します。ご家族、ご友人などお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

清水展氏 日本学士院賞受賞記念講演会
と き 10月21日(土)13:30〜15:30(13:00開場)
ところ 本校礼拝堂

プログラム
第1部 柴田杏里氏 ギターコンサート
第2部 清水展氏 日本学士院賞記念講演
    「アメリカの影の下での自己形成 横須賀が生んだ山口百恵と小泉純一郎、そして私」
※駐車場はございませんので、公共交通機関を利用の上ご来校ください。
※入場無料・事前の予約不要


清水 展(しみず ひろむ)氏
京都大学名誉教授
1951年神奈川県横須賀市生まれ。関東学院大学六浦中学校・高等学校を卒業後、東京大学教養学部へ進学。同大学大学院社会科学研究科修士課程修了後、アテネオ・デ・マニラ大学フィリピン文化研究所客員研究員として勤務し、1979年東京大学助手として着任。1985年から九州大学助教授、教授を経て、2006年より京都大学東南アジア研究所教授。専攻は文化人類学および東南アジア地域研究。日本学士院賞受賞の研究題目は『草の根グローバリゼーション—世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』


1年生社会見学

9月22日(金)1年生は横浜に社会見学に行きました。天候が心配されましたが
雨に降られることなく社会見学をすることができました。



桜木町・石川町に集合し、班員が全員揃ったところから見学スタートです。午前と
午後にいくつかのチェックポイントが設けられており、そこで先生からチェックを
もらいます。パンフレットの中に見学した施設のクイズが出題されているため真剣
に見学する様子が見られました。

お昼ご飯は山下公園で頂きました。普段とは違い、お外で頂くご飯は格別のようで
した。



午後もいくつかのチェックポイントを含めた施設を見学し、最後には横浜スタジア
ム横に集合し社会見学を終えました。いつもとは違う1日に疲れを見せながらも充
実感に溢れている様子がみれました。

この横浜社会見学の中で生徒たちにミッションが課せられていました。それは『横
浜から発祥したもの』についての紹介動画を撮ることでした。横浜から発祥したも
のはいくつもあります。調べていく中で様々な発見があったようです。六浦祭でプ
レゼンテーションを行う予定です。ぜひ、聴きに来て下さい!


English Camp(グループレッスン)in富士吉田

今年も富士山のふもとで行った2泊3日のEnglish Camp(グループレッスン)ですが、1年生と2年生合わせて16名に加えて関東学院大学の宣教師Juanita 先生と小学生のお嬢さんも参加しました。

集合したバスでは「Good Morning!」と先生方から声をかけられ、「Good Morning!」と返答する生徒もいれば、ちょっと照れくさい気持ちから日本語で答えてしまう生徒もいるなか、バスが発車すると「ここからはOnly English!」と言われ緊張感が高まります。

富士吉田Calmに到着後、50分の授業が始まりました。まずは、講師の出身国について学びます。James先生はオーストラリア、インターンのIlia先生はロシアでしたが、それぞれの国、文化の違いがわかるお話でした。実は、この時の話し方、話す内容をよく見ておくことが、最終日のプレゼンの参考になります。その後、ゲームをしながら英語を学ぶ時間には緊張がほぐれ、それまでの授業では名前を呼ばれて日本語で返事をしていた生徒たちが、いつの間にか「Here!」と英語で答えるようになっていました。またスポーツの競技名を英語で言うゲームでJuanita 先生のお嬢さんが大活躍、みんなとの距離が近づきました。


授業は少しずつ、最終日のプレゼンに向けて、日本について自分が説明したいことを選び、その準備を始めます。受け身の姿勢から、辞書を引いて単語を調べて文章を整えたり、先生に自分から質問をする意欲的な姿勢に変化して行くのがこのキャンプのいいところです。「全員の前で英語で発表するなんてできない」と言っていた生徒もいましたが、最終日には「Only English!」で一人一人の興味がある内容を説明できました。そうして「全員合格!」となり修了証が渡されます。


またこのキャンプでは、授業以外の時間に遊ぶ時間や、キャンプ・ファイヤーをしてその炎で焼いたマシュマロを食べる時間などもあり、楽しみながらゆったりと英語を学びます。英語をもっともっと学びたいという生徒はもちろんですが、ちょっと苦手だなと思っている生徒も、「こんな感じでいいのかな」と英語を使うことに自信をもてるようになるキャンプです。ぜひ来年も、多くの生徒の参加がありますように!


English Camp(マンツーマン)グループごとのPerformance

埼玉県秩父で行われたEnglish Camp(マンツーマン)の最終日の様子をお伝えします。

最終日のスタートは、グループごとのPerformanceでした。
初日に「Place(場所)」「Feeling(感情)」「Genre(ジャンル)」の書かれたくじを引いて、それぞれのグループでストーリーを考えて練習を重ねてきました。とても楽しく演じてくれました。



そして、最後のマンツーマンレッスンとグループレッスンです。
笑顔の中で楽しくレッスンを終了することが出来ました。

今回が初のマンツーマンレッスンでしたが、日常の生活から離れ、まさに英語漬けの環境の中、英会話力に更に磨きをかけることが出来た4日間でした。


English Camp(マンツーマン)アクティビティ

English Camp(マンツーマン)のアクティビティの様子をお伝えします。



Camp3日目のこの日、午前中は通常通りのレッスンが行われました。3日目ともなると、各自自分の伝えたいことをきちんと英語で伝えることができるようになってきました。



午後からは長瀞「Down River Tour」の予定でしたが、荒川の水位が高い為に運休となってしまいました。
そこで急遽予定を変更して、宝登山ロープウェイに乗って、山頂にある動物園へ行きました。普段接することの少ない動物たちにエサを与えたり、Global English TeachersとFree Talkを楽しんでいました。

下山した後は、岩畳で有名な長瀞を散策して、束の間の休息を楽しみました。


English Camp(マンツーマン)スタート

昨年度からスタートしたEnglish Camp。富士吉田にてグループレッスンを通して英語漬けになる国内実施の語学研修です。今年度からはグループレッスンに加えてマンツーマンレッスンの研修も追加しました。

8月16日(水)から埼玉県秩父にある「いこいの村ヘリテイジ美の森」で行われています。



プライベート・グループ・プロジェクトの3グループに分かれて、45分ずつのローテーションで午前・午後の2セッションを行っています。午前中のプロジェクトは、お互いに与えられた質問に答えているところをiPadで録画をして、見直す「iPad Diary Project」。午後のプロジェクトは、翌日のプレゼンテーションに向けて、それぞれのグループで準備を進めました。



2日目の昼食から2人ずつスピーチをしています。緊張の中でも、しっかり自己紹介をしていました。



夕方からは「Scavenger Hunt」を行って、18個与えられたミッションの中から10個を選んで、グループで協力して課題をクリアーしていきました。夜は「Star Viewing」の予定でしたが、あいにく曇り空だったため、ホテルのある蓑山山頂までバスで連れて行って頂き、秩父の夜景を楽しみました。



3日目は午後から長瀞の「Down River Tour」の予定です。天気に恵まれることを祈っております。


5年生 長崎自主研修のまとめ

 5月に実施された長崎への研修旅行中に、長崎市内でグループに分かれて1日自主研修が行われました。その活動のまとめを2回の定期試験を挟んで行っています。一学期中にまとめるために、作業は最後の山場を迎えています。LHRの時間だけではなく、放課後に残って作業しているグループもあります。

 

 写真を多用しているグループ、絵をたくさん書いて、あるテーマに沿って一日巡った場所を紹介しようとしているグループ、冊子風にまとめようとしているグループなど、それぞれ表現方法を工夫しながら取り組んでいます。 まとめたものは、2学期の六浦祭での展示を予定しています。どのような形にまとまっていくか、楽しみです。

 


高校芸術鑑賞会

 

6月23日(金)、毎年恒例の芸術鑑賞会が行われました。

 

今年度は中学生は学校内で舞台「父と暮らせば」を鑑賞、高校生は校外で鑑賞会を行いました。

 

鑑賞したのは、劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」でした。ホールのあるKAAT神奈川芸術劇場へは初めて足を運ぶという生徒も多く、まずはその場の持つ独特の雰囲気を味わうことから今回の芸術鑑賞会がスタートしました。


そして、ミュージカルが始まるとオーケストラの生演奏や役者の声の通りの良さなど劇場の音響効果に圧倒され、生徒達は一気に引き込まれていきました。一度の休憩時間を挟んであっという間の2時間半でした。終了後はパンフレットを片手に余韻に浸っている生徒や次はまた違うミュージカルを観たいねと盛り上がっている生徒など、様々な刺激を受けた1日となったようです。


1年生施設訪問



6月15日(木)、全校で花の日礼拝をささげました。
その後、全校生徒が持ち寄ったお花や石鹸やタオルなどの献品を1年生が代表して各施設に持って行きました。
LHRの時間を使ってどういう気持ちで施設訪問をするかの事前指導を受けていた生徒たちは、この日を楽しみにしていたようでした。


各施設に分かれて施設の方にささげる歌や自己紹介の練習をし、出発しました。
施設に着くと、施設の見学やお話を頂き、お花や献品を贈呈させて頂きました。施設
の利用者の方の中にはお花を受け取って涙を流して喜んでくださる方もいて、生徒たち
にとって『自分ができること』を考える良いきっかけになったように思いました。





その後、歌のプレゼントやクイズ、利用者の方への質問タイムなど様々な触れ合いの
時間を設けました。短い中での交流となりましたが、生徒たちにとってとても有意義
な時間となったようです。

今回の施設訪問を通して、高齢者の方だけでなく、自分の周りにいてくれる人に対し
ての接し方について考えさせられたようでした。このような経験を通して校訓である
『人になれ 奉仕せよ』について真剣に向き合うきっかけとなりさらに成長していく
ことを願うばかりです。

このような経験ができたのも、生徒を快く受け入れて下さった施設の方々、利用者の
方々、献品にご協力をしてくださったご家庭、朝早くから献品の回収に尽力をしてく
れた宗教委員の皆さんのおかげです。この場を借りて、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。


大きくなぁれ。

皆さん、こんにちは。今回のブログは5年生長崎研修旅行の続編です。
ブログ担当はS.C.S.部長の私、N(5年生)です。

福江島の入島式にて頂いた椿の苗を、入島の挨拶をした生徒が植えました。
入島式の様子はこちら


校舎裏の肥えた畑に植えたので、元気に育つ事と思います。



編集後記
赤い椿の花言葉は「気取らない優美さ」と言う事で、
気さくに生きていきたいと思いました。
また、思い出の品となる良いお土産を下さった
島の方々に感謝しています。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode