1年生 社会見学



9月28日(金)、1年生は横浜へ社会見学に行きました。
予定されていた9月21日(金)の天候が悪かったため、順延しての実施となりました。

当日は、桜木町・石川町に集合し、班員が揃ったところから、カメラの準備をして見学スタートです。
午前と午後に行くところを班毎に決めており、チェックポイントを通って先生からチェックをもらいます。パンフレットの中に見学する施設に関する問題が載っているので、生徒たちはひとつひとつ確認しながら見学していました。

天候に恵まれたこともあり、昼食は山下公園で済ませました。なかなか屋外で昼食をとる機会がないからか、生徒達はとても楽しそうでした。午後も様々な施設を見学した後、最後は横浜スタジアムに集合して見学終了です。

すでにお昼頃に疲れが出ている生徒も少なからずいましたが、生徒たちは充実した一日を過ごしていました。

この横浜社会見学の中で、生徒達にはあるミッションが課せられていました。それは、「横浜発祥のもの」についての紹介動画を撮ることです。この紹介動画は、10月26日(金)&27日(土)に行う六浦祭(文化祭)で発表を行う予定です。ぜひ、発表をご覧ください。


4年生 キャリア研修

2018年9月21日、4年生は午後3時間を使い、キャリア研修を行いました。

第1部は(株)ベネッセコーポレーションより石坂様をお招きし、「希望進路の実現に向けて〜高校1年生という時期について考える〜」という題で講演会を行いました。

 

最初は「目を瞑り、イメージしてください。今ここにカエルが3匹います。右は母カエル、左は父カエルです、では真ん中は何でしょうか」という問いから始まりました。「子カエル」という答えが多かったのですが、正解は…カエルですから大人でしかありません。子供はカエルではなく、オタマジャクシですから…。

つまり、『必要なことは「思い込み」をしないこと。「自分はこうだ」という思い込みは、将来の選択を大きく誤ることがある』というお話でした。進路選択の考え方として、まず、自分を知り社会を知る。その中で大きな幅を持って進路選択をするべきであることをお話いていただきました。

 

次に、2021年からの入試改革についてのお話です。2021年から 崑膤愼試共通テスト」が導入され、◆岷儻譯患伺集…蟷邯魁廚愨弍していかねばならず、「多面的・総合的評価試験」が導入される、ことについて説明していただきました。

その中で、「本校は全国的にも評価されている英語教育を行っている」とお褒めの言葉を頂いています。 そして、 ↓△呂い泙泙撚薪戮眄古未墨辰靴討ていたことですが、について「主体性」とは何か。その「主体性」から何を学ぶのか、を重点的にお話していただけました。

 

今まで、身近な教員の話ではありましたが、さらに専門的な方向からのお話を真剣に聞いていたと思います。 第2部は各クラスにおいて「なりたい自分になるために」と題して、「漠然ではあるかもしれないけれど、卒業式を迎えた日にどんな自分になっているか」を考えさせるワークシートに卒業までの目標スケジュールを記入させる作業を行い、これから重要になってくる「E-Portfolio」の説明、「自分で作る調査書」、つまり、「主体性」の重要性を考えました。

 

 

高校を卒業するまであと2年と半年。この期間が長いのか短いのかは本人次第だと思います。しかしながら、ただ単に言われたことを100%やるだけでは「主体性」は0です。どうして学ぶのか。何のために学ぶのか。これからの自分はどうあるのか。を考えることができた1日でした。


1年生社会見学に向けて

1年生は今週末に横浜社会見学を行います。生徒たちは夏休みに自分が興味を持った横浜の地について調べる宿題がありました。2学期になり5〜6人の班に分かれ、それぞれが自分の調べた横浜の地の良さをプレゼンし、班ごとにコースを決めました。移動時間や見学時間など、細かいところまで班長が中心をなり何度も話し合いを行いました。そしてこの日はLHRの時間を使って礼拝堂にて注意事項の確認を行いました。



この社会見学では、班ごとにコースの中の1つを取材場所として動画をとりリポートを行います。班によっては施設の方にインタビューを行う班もあります。インタビューの内容も班で話し合い失礼のないように準備をしている様子がみられました。取材内容は10月に行われる『六浦祭』で発表予定です。ぜひ本校に足を運んで頂き、生徒たちの頑張りをご覧になって下さい。


明日は2学期始業式

夏休みも終わり、いよいよ明日からは2学期が始まります。
気持ちを切り替え、良いスタートを切りましょう!
そのためにも、明日の持ち物や宿題の確認をしてください。

2学期始業式
中学 8:25 登校
高校 9:25 登校




また始業式終了後には、
「第8回オール関東六浦英単語コンテスト」(2年生以上対象)
が行われます。自分の力が発揮できるように今日は早めに休みましょう!
 


初!北海道研修「北海道オホーツク、世界遺産知床大自然ツアー」



国内研修「京都・奈良研修」に次ぐ、国内研修「北海道研修」が今年度初めて実施されました。8月6日(月)〜8月9日(木)の4日間、北海道を満喫してきました。北海道研修は京都・奈良研修同様に各自が何らかの研修目的をもって参加しています。今回参加した生徒たちはやはり北海道ならではの自然や歴史、動物をテーマとしている者が多かったように思います。研修日の前後は台風の影響で飛行機の離発着が心配されましたが、往復ともに何の影響もありませんでした。

1日目の一番の収穫は個人農家の原農園におじゃまし、大型コンバインとトラクターを見た後に一人ずつ乗せていただいたことでした。大型コンバインは高額(4000万円位)のため町や村で購入し各農家で日程を決めて共有しながら収穫をする方法をとっているとのことでした。原農園ではあのカルビーのポテトチップスの原料になるポテトの栽培もしているということでそのジャガイモ畑も見せていただきました。



2日目の醍醐味は知床クルーズと何といっても星空観察ツアーでした。このクルージングは通称ヒグマコースと言われ、ヒグマが多く棲息する特別保護区域のルシャ湾を目指すコースでした。私たちが訪れる1週間前は暑く、熊も暑さのあまりここ数日はその姿を見ることができなかったようですが、私たちは幸運にも少し気温が下がったおかげか親子ぐまに遭遇することができました。また、夜には満天の星の観察ができました。地域の人もここ数年見たことがないほどの星空とおっしゃっていました。ちょうど火星が接近していたので赤く光る火星と木星や土星もとてもよく見えましたが、何といっても驚かされたのは天の川の美しさでした。そして、そこを横切る流れ星に歓声があがりました。



3日目は江面ファームで栽培されているビートの畑の草刈りを午前中の3時間をかけて行いました。私たちが泊まった建屋の前一面、見渡す限り畑のなか、ノルマとして与えられた畑の草刈りを頑張りました。お昼にはファーム自家栽培のズッキーニやトマトを自分たちの手で収穫していただきました。庭先で炭を使ってのバーベキューに自前の窯を使ってのお手製ピザに舌鼓を打ちました。午後には国内最大規模の黒曜石原産地の遠軽町白滝で黒曜石の石器作りをはじめ、まが玉や骨角器づくりの体験で各自力を発揮しました。



4日目はお待ちかねの旭山動物園です。それぞれが自由に散策しましたが、何といっても楽しいのは動物たちのモグモグタイムです。決して芸をするわけではなく、飼育員さんがその動物の生態系を生かした飼育方法や環境保全について話をしてくださり餌を追いかけるヒグマやペンギン、オランウータンの自然な動きに魅了されました。


学習報告会

海外や国内、校内での学習活動を報告・共有する「学習報告会」。今回は4名の生徒がそれぞれ海外研修で体験したことや学んだことを発表しました。この学習報告会は昨年度からの取り組みで、今回で第2回目となります。

7月10日(火)に行われました。

 

 

 

研修先でたくさんの友人をつくり、学びの機会を楽しんできた者。自らの英語力を鍛える挑戦として海外研修に臨んできた者。世界で通用するコミュニケーション力が必要であると学んだ者。自分の考えを英語で述べる力を伸ばすために、帰国後に英語でのディベート大会に挑戦し、その活動を続けている者。

四者四様の報告でしたが、口をそろえて述べていたことは、「国内のグローバル化が進んでいる」「そのために自分がすべき学びはなにか」ということでした。報告者の学びの姿勢や、海外での出来事を聞いた生徒たちには、良い刺激となったのではないかと思います。


3年生報道班〜学年での親睦スポーツ大会〜



本校の中学校では班活動があり、宗教班・生活班・学習班・親睦班・報道班・整備班の6つの班が活動をしています。それぞれのクラスには、数名ずつの班員がおり、いろいろな場面で活躍しています。

3年生報道班によるブログ第2弾です。

今回は、生徒たちが企画・運営した親睦を図るためのスポーツ大会についてお伝えします。

3年生ではクラスの親睦を図るため、親睦班の生徒を中心に3年生スポーツ大会を実施しました。実施する競技を決めるのも、運営をするのも、当日生徒に指示を出すのもすべて親睦班の生徒たちです。

当日は親睦班の班長による開会式の挨拶で始まりました。緊張のためか、時折、噛んでいましたが、楽しそうに話をしてくれました。この日はとても暑かったですが、今日一日どんな日になるのかなという気持ちで聞いていました。


最初はバレーボールでした。どの試合も白熱していました。自分も試合の時には一生懸命頑張れました。やる前はこんなに熱くなるとは思っていませんでした。男子の優勝チームと教員チームの対戦がありました。優勝チームが自分のクラスだったので、「すごいな」という気持ちで応援をしていました。


そのあとは障害物リレーがありました。自分にも出場のチャンスがありましたが、このころには気温がかなり上がっていたので、日陰を探しながら、クラスの応援をしていました。


昼食をとった後はクラス対抗の綱引きでした。
クラスで一致団結するのがこの競技のみでしたので、一致団結して勝ちたいと思いながら声合わせて頑張りました。
最後は選抜リレーです。自分は応援する側でしたが、とても迫力があり、どの選手も頑張っているな。大変だな。と思いながら見ていました。


すべてが終わったあとには、表彰がありました。
今日一日の競技に対しても表彰がありましたが、クラスで作ったクラス旗にも賞がもらえました。クラス旗賞を自分のクラスがもらえたのは何だか嬉しかったです。


この会は同級生の親睦班の生徒だけで作られていて、すごいと思いました。流れも非常にスムーズで、よく考えられていたなと感じました。もう、3年目の付き合いですので、すでにクラスのメンバーとも仲が良く、今日1日で大きく、クラスの雰囲気が変わったというわけではありませんでしたが、これからこのクラスで楽しく過ごしたいという気持ちが大きくなりました。また、いつも以上に体を動かし、気持ちよかったです。頑張りすぎて、少し怪我をしたくらいです…。


1年生 施設訪問

 

2018年6月14日(木)

1年生 施設訪問

 

 施設に到着して、まずは施設の方から施設紹介をしてもらいました。その後、生徒達が質問をし、メモを取っていました。

施設紹介が終わった後、施設見学をしました。屋上庭園に行き、そこで栽培されているスイカを見て、こんな風に実っているのかと興味を持っている様子でした。

 

 施設見学を終えた後、生徒達から施設の利用者さんにお花と歌のプレゼントをしました。歌に関しては、学校の授業の中でたくさん練習してきた成果もあり、とてもすばらしい歌声をプレゼントできたのではないかと思います。

 

 お花と歌のプレゼントをした後、中庭へ移動して2人一組となって花の鉢植えをしました。花を鉢に植えるという体験もでき、楽しそうに作業をしていました。しっかりと仕事をしたあとは、そこで育てられたトマトときゅうりをもらい、美味しそうに食べていました。

 

 この施設訪問で、普段体験する機会があまりない鉢植えや施設の方との交流など貴重な体験ができました。生徒達がこの体験から何か感じ取り、今後の生活に活かしていけると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中学球技大会が行われました

6月1日(金)事前の天気予報では雨だったにも関わらず、晴天に見舞われ『中学球技大会』
が行われました。



競技はサッカー、バスケット、ドッヂボール、フットサルです。当日までにチーム決めや朝
練習、ミーティングを行いチームの団結を深めた成果をいよいよ発揮となりました。




結果は最高学年となる3年生が上位を占める形となりましたが、競技によっては1年生チー
ムが優勝するような競技もありました。この経験からクラスの団結がより深まり、これから
の学校生活を有意義に過ごして欲しいと思います。


2年生 軽井沢自然教室

5月8日(火)から5月11日(金)、2年生は軽井沢自然教室へ行ってきました。

事前準備から自然教室を楽しみにする気持ちが感じられ、部屋の表札やパンフレットの表紙の作成を積極的に取り組む様子が見られました。

〜初日〜

「峠の釜めし おぎのや」で昼食をとった後、野鳥の森でPICCHIOさんと共にネイチャーウォッチングへ行きました。PICCHIOとは軽井沢を拠点に野生動物の調査研究および保全活動を行う団体で、エコツアーや環境教育を行っている専門家集団のことです。実際に山道を歩きながら野鳥や植物の観察をしていると、時間が経過することも忘れるほどでした。宿舎に戻ってからは楽焼の絵付けを行いました。この絵皿を使って、3日目にはキャンドルライトサービスを行います。

〜2日目〜
この日は朝から山道を歩いて見晴台を目指すオリエンテーリングを予定しておりましたが、昨夜から降り続く雨の勢いは弱まることなく、午後から街中をめぐるプログラムとなりました。班に配られた地図を見ながら、各チェックポイントで問題を解いていきます。途中で道を間違えてしまう班もあったものの、各班のメンバーで協力しながらやり遂げようとする姿が見られました。

〜3日目〜

初日にお世話になったPICCHIOさんによるツキノワグマのプログラムです。軽井沢ではツキノワグマの生息が確認されており、人が暮らしている環境にも姿を現すこともあります。そこで共生するために行っている取り組みや生態について、複数のブースを回りながら講習を受けました。

午後は飯盒炊爨です。

火をおこし…
飯盒でご飯を炊き…
カレーを作り…
多くの生徒がおいしいカレーだったと口を揃えるとともに、日頃から料理を作ってくれる家族の大変さを知ったと話していました。

キャンドルライトサービスは普段と異なった雰囲気でスタートしました。

トーンチャイムの演奏が礼拝堂内に響き渡り、キャンドルの火だけが暖かく照らします。その後に書いた振り返りを見ていると、自分と向き合う時間で生徒は色々なことを考えていたようです。また一つ、成長したのではないでしょうか。

〜4日目〜
最終日は閉会式でパンフレット表紙、部屋の表札、オリエンテーリング、PICCHIOプログラムの表彰を行いました。部屋を片付けて、いよいよ横浜へと帰ります。昨日までは冷たい空気に包まれていた天気も、ようやく陽射しに恵まれました。帰りのバスでは疲れて寝てしまう生徒もいましたが、この自然教室が終わってしまうことを名残惜しく感じているようでした。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode