6年生LHR「進学、就職―どのような世界が待っているのか?―」

12月15日(金)6年生最後のLHRの時間を利用して、卒業後の生活で留意すべき点について

知る機会となる講演会を実施いたしました。

演題は「進学、そして就職―どのような世界が待っているのか?―」です。

講師として来ていただいたのは、関東学院大学経営学部経営学科教授の小山嚴也(よしなり)先生です。
先生は副学長と学生生活部長も務めていらっしゃるので、
学生生活を取り巻く問題に身近に接しておられます。
   
6年生は、来年3月には本校を巣立ち、中高の6年間とは異なる環境で生活し始めます。
大学生(専門学校生)となると、高校生とは比較できないほど世界が広がります。
「広がる世界」は、一方でリスクも伴います。
 
特に飲酒の問題は、時には命にかかわることもある危険を伴っています。
大学生活は楽しく、自由さも増すけれども、しっかりと自覚を持って、
節度のある行動をする必要があると注意喚起もありました。
また、大学での学びは高校までとは大きく違い、
学生たちがそれぞれ時間割を自分で組み、講義に出席し、レポートなどの課題を提出し、試験を受けて
単位を取得しなければなりません。3、4年生になると多くの学生がゼミや研究室に所属します。
高校までのように、担任の教員からうるさく注意を受けたりすることがない分、
自己管理し、自律して学習や研究を進める必要があるとのお話でした。
この講演会で、生徒たちは今まで知らなかった4月からの新生活の留意点
について知ることができたと思います。
今日の講演会で話されたことが、6年生の学生生活のなかで活かされることを期待したいです。


3年生職業調べ

現在、3年生のLHRでは職業調べを行っています。

3〜6人程度のグループ分かれて、職業インタビューに行きました。

各グループが興味のある職業を探し、生徒自身が電話をしてインタビューの日時などの約束をしました。

電話をする際はとても緊張していましたが、いい経験になったのではないでしょうか。

自分たちでインタビューの相手を選んだこともあり、目を輝かせながらインタビューを行っていました。

インタビューの内容は今後まとめて、六浦祭で発表しますので是非ご来校下さい。

 


2017年度 2年生L.H.R. 〜施設訪問事前学習〜

9月11日(月)2限のL.H.R.の時間に、2年生は講演を聞きました。
来週から始まる施設訪問に向けて、事前学習をするためです。

ご講演をしてくださったのは、本郷台キリスト教会の大和田広美さんです。大和田さんは1歳のときに目が見えなくなりました。体験をもとに、全盲の方の暮らしや、どのようなサポートが必要かなどについてお話してくださりました。

目が見えない代わりに、聴覚や触覚を通して周りの状況を読み取っているそうです。
例えばこのときは、「1組のみなさんは拍手をしてださい」「次に2組のみなさん…」という風に、2年生がどんな配置で座っているのかを音で把握されていました。また、普段はスマートフォンのボイス機能を使ってニュースを知ったり、コミュニケーションアプリを用いて連絡を取り合ったりしているそうです。関東学院のホームページも検索してくださったようで、ホームページの情報が読み上げられている音を私たちにも聞かせてくださいました。

また、大和田さんが使用している聖書は、点字によって書かれており、私たちが持っている聖書にように、1冊に全てがまとまっているわけではありません。今回は、「マタイによる福音書」だけが書かれている1冊の聖書を持ってきてくださいました。生徒は順番に手にとり、自分の持っている聖書との違いに驚いていました。

後半では、全盲の方にとって街でどのようなことがあると困るのか、またどのようなことに安心するのか、について話されました。誘導ブロックの上に立つことや、いきなり触れられることは困るということ、信号が青になって道路を渡るときに「渡っても大丈夫ですよ」や「青になりましたよ」などと声をかけてくれることがかなりの安心感につながることを学びました。ここから、私たちが普段どんなふうに生活していくと良いのかを考えることができました。



9月19日から施設訪問が始まりますが、施設訪問当日に限らず、普段から周りに意識を向けて生活していってほしいと思います。


3年生L.H.R. 〜未来スタディ〜



本日は、3年生L.H.R.の様子を紹介します。

今年度は「未来スタディ」と題して、キャリア教育の授業を展開しています。

第1回目は、「なぜ大人は働くのか」というテーマを基に、各クラスで考えました。首都圏に住む20代の平均年収に対し、一人暮らしの家賃を含む平均生活費が196,042円と聞き、「お給料のほとんどが生活費で無くなる」「貯金が全くできない」など、生徒たちからは驚きの声が上がりました。さらに、自分が必要と思う生活費に、平均以上の金額を記入している生徒が多く、現実と理想のギャップに衝撃を受けたようです。

そして、今回テーマに掲げた「なぜ大人は働くのか」という問いに、生徒たちは「生きていくため」「お金のため」「家族のため」「夢のため」などと様々な答えを導き出してくれました。生きるために働くのはもちろんですが、「何のために、誰のために生きるのか」という気付きに繋がってほしいと考えます。

これから六浦祭に向け、「15歳のハローワーク」と称し、どんな仕事があり、どんな思いで大人が働いているのかを考える学習を進めてまいりたいと思います。


6年生LHR 「よくわかる18歳選挙権」

6月16日LHRに金沢区選挙管理委員会の方をお招きして、選挙に関する講演会を行いました。

一昨年、改正公職選挙法が成立し、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられ、

6年生には選挙権を有する生徒が在籍するようになりました。

 

既に選挙権を有している生徒の皆さんにはもちろんのこと、まもなく有する生徒の皆さんにも、

選挙について正しい知識を身につけ、主体的な投票行動をとれるようになってもらいたいと考えています。

   

講演では、まず選挙の仕組みや選挙権の歴史的経緯、今回の選挙権の18歳引き下げの理由などを説明していただきました。

その後、‥衂爾垢觚補者の選び方

    投票の仕方 

    E衂柴当日に投票場に行けない場合 

    ち挙活動でやっていいこととやってはいけないこと

    ヌ妓票について

などについてわかりやすくスライドを使って説明がなされました。

 

なお、選挙権を有することができるのは、投票日の翌日までに18歳になる人ということです。 

 

近く、横浜市長選挙、横須賀市長選挙など本校の多くの生徒が居住する市の代表を決める選挙が行われます。

選挙権を有する6年生の生徒の皆さんには、候補者に関する情報を集め、様々な意見を参考にした上で、

自分の判断で投票する候補者を決め、選挙に行ってほしいと思います。

 

 


2年生L.H.R. 〜表札作り〜

本日は4月24日(月)の2年生L.H.R.の様子をご紹介いたします。

軽井沢自然教室ではクラス毎で宿泊部屋が決まっています。
今年度は、男子は10人の大部屋、女子は5,6人定員の部屋です。
すでに部屋のメンバーや部屋番号は発表してあります。

毎年、各部屋の入り口に手作りの表札を飾ることになっており、軽井沢自然教室に行く前に部屋のメンバーと協力して作成します。

この日のL.H.R.の時間に各教室で表札作りをしました。
軽井沢に関するものを題材にアイディアを出しながら作成していました。
木の枝を貼り付けたり、折り紙をちぎって貼ったり、絵を描いたりしていました。



各部屋の前に飾られる表札を見るのが楽しみです。


2年生L.H.R. 〜各班の活動〜

本日は4月17日(月)の2年生L.H.R.の様子をご紹介いたします。

この日は各班で軽井沢自然教室での活動内容と一年間の活動方針を話し合いました。
まずは委員長・副委員長・書記を決め、その後教員や生徒の代表者が話し合いを仕切り進行していました。
○学習班
 今後の学習に関する戦略をクラス毎で話し合いました。
○整備班
 各教室の美化について話し合い、聖書・賛美歌・ファイルなどの整理整頓を行うことになりました。
○親睦班
 軽井沢自然教室のバスの移動中でのレクリエーションの企画について話し合いました。
○生活班
 宿舎の清掃の分担や内容を話し合いました。
○報道班
 新聞作成の基本について学んだ後、軽井沢自然教室を題材にした新聞作りについて話し合いました。
○宗教班
 軽井沢自然教室での礼拝の役割分担と年間の宗教行事について話し合いました。



これから1年間のそれぞれの班活動によって、彼らの学校生活がより豊かに、有意義なものになり、大きく成長してくれることを願っています。


2年生L.H.R 〜軽井沢自然教室に向けて〜

本日は4月13日(木)に行われた2年生L.H.Rの様子をご紹介いたします。

この日は全校生徒対象の健康診断でした。
2年生は午後からだったので午前中と空いている時間に学年の活動を行いました。
まずは礼拝堂にて全体集会が行われました。
学年主任より5月9日(火)から12日(金)の軽井沢自然教室に関する説明があり、
スケジュールや服装・持ち物に関して確認しました。
多くの生徒が期待を膨らませたことでしょう。


礼拝堂のあとは、各教室に戻って様々な作業を行いました。
班活動(親睦班、報道班、生活班、整備班、学習班、宗教班)や教科係決め、軽井沢の表札作り、楽焼のイラスト書きなどを行いました。
表札のアイデアを出し合ったり、楽焼に書く聖句を探したりとみな真剣に取り組んでいました。


表紙や表札、楽焼のイラストなど、どんな作品ができるのか楽しみです。


研修旅行に向けて

4年生では来年度に控えた研修旅行に向けて、

事前学習をスタートさせております。

 

 

今回のテーマは「長崎とキリスト教の歴史」です。

日本におけるキリスト教の歴史については日本史の授業で学んではいますが、

一つひとつの事柄に関しては、なかなか細かく触れることは出来ません。

これまで知らなかったような点にも注目したことで、

生徒も真剣な眼差しで説明を聞いておりました。

 

 

教室に戻ってからは振り返りの時間です。

先程の説明に沿ったプリントを埋めていきます。

各クラスの担任からの補足説明もあり、

単なる旅行ではないことを意識したようです。

 

知らない地に足を運ぶ際には、

その地の背景を知ることも大切です。

学んだことを肌身で感じ取り、

楽しさだけではない、有意義な時間を過ごして欲しいものです。


考え方、変わりました!

3回のLHRを使用した1年生のキャリア教育も今回が最終回!
続きを読む >>



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode