6年生LHR 受験講演会

7月13日(金)、夏休み前最後の授業日、6年生のLHRは卒業生を迎えて受験講演会を行いました。

受験を乗り越え、大学生活を送る先輩方に、高校3年生の夏をどのように過ごしたのか、志望校の選び方などを教えていただきました。


最初は青山学院大学経済学部経済学科に通う昨年度の卒業生です。
野球部で活躍していた彼は、部活引退後の夏に一気に追い込んで勉強したそうです。夏休み中は予備校の授業と空き時間の自習で一日を過ごし、家で食事する間も無駄なく時間を使っていたそうです。でも体調管理には人一倍気を使い、睡眠時間は6〜8時間を確保、生活のリズムを崩さないことが秘訣だと言っていました。
直前まで模擬試験で結果が出なかったそうですが、不安にならずどうしてダメだったのか、どう改善するのかを考えたそうです。
赤本に取り組むタイミングや、英国社の学習時間の比率、受験日程など具体的な話もありましたが、「行き詰ったら抱え込まずすぐ先生に相談すること」と言っていました。


次は様々なAO入試にチャレンジし、横浜市立大学国際総合科学部に数学オリンピックを利用した入試で合格した昨年度の卒業生です。
まずは、その大学に行きたいという気持ちを強く持ち、絶対にあきらめずに目指し続けることが何よりも重要だと強調していました。実際彼女は夏休み前の時点で出願に必要な英語の資格を取得しておらず、その勉強を徹底的に夏休みにしました。3冊の問題集を何度も繰り返し、全部で30回は解いたらしいです。AOも受けましたが不合格、でもあきらめず、一般も含めてあらゆる可能性に賭けて取り組んだそうです。
そうした気持ちの面だけでなく、夏の生活リズムの作り方や、一般入試の勉強とAOの準備の両立、志望理由書を書く際に指導を求めるときの注意など、すぐに役立ちそうな話をたくさんしてくれました。


最後は明治大学理工学部建築学科に通う一昨年度の卒業生です。彼は塾でアルバイトもしており、今回もかなり実践的な話しになりました。
生徒たちがどよめいていたのは、学習時間の話しでした。難関といわれる大学に入学する生徒は生活習慣を整えつつ、夏休み中は1日平均13時間学習しているそうです。さらに数学靴篳理などの理系科目は、学校の授業が終わっていなくても、夏の間に自分で進めて終わらせておくことが大切だと言っていました。受け身にならず、自分で新しい知識を獲得していくことができなければならないということでしょうか。過去問への取り組み方や、センター試験での目標点数の設定の仕方など、生徒たちは感心して聞いていました。


3人とも共通していたのは、その学習時間の多さはもちろんですが、体調管理と時間への意識でした。

聞いていた在校生たちは、次の4時間目にはかなり気合を入れて授業を受けていました。今日先輩にいただいた檄を忘れずに、夏休みを充実したものにしてもらいたいと思います。


6年生LHR モチベーションアップ講演会&AO・推薦対策講座

6年生は進路に向けて意識が高まってきています。生徒同士の会話にも進路に関する話題が多くなってきています。一方で勉強に行き詰ったり、志望校選びに悩んだりすると、気持ちが落ち込み前に進めなくなってしまうこともあります。
6月8日のLHRは、AO・推薦のための講座を申し込んだ生徒と、一般受験や大学以外の進路を考える生徒に分かれて行いました。

礼拝堂は元予備校講師の先生による講演会が行われ、意欲を高め前に進むためのました。
「特別であるとは」自己肯定感を持つことであって、人と比べる事ではないこと。また「特別な自分であるために必要なことは」何かに挑戦し達成感を得る経験である。そのためには「考え方を変えて、意欲を高める」ことが必要で、ワークシートを使ってその手法を学びました。


これはアドラー心理学に基づくもので、やらない理由を考える「原因論」ではなく、「どうしたいのか」から考える「目的論」へ転換するものです。
自分の進路を考えるときこそ、「目的論」でのアプローチが大切です。何か強く背中を押してもらった気がしました。


多目的教室ではAO・推薦対策講座が行われました。


講師の先生からは、「これらの入試では『大学で勉強したい意志の固さ』を問われる。」という話がありました。
・「将来やりたいこと」もしくは「進学先で勉強したいこと」
・その分野に興味を持った「きっかけ」
・そのために大学で学びたいこと(専門性)
・将来のことや進学先で学ぶことについての自分の目標
など、明確なビジョンを表現できないと、合格を勝ち取る事は難しいとおっしゃっていました。


とかく、「学校の勉強さえしておけば推薦される」といった楽なイメージを持っている生徒も多いようですが、AOや推薦のような形式の入試は自分を発信する入試ですので、打算的な考えを持っていては上手に自分を表現できるはずがありません。「この学校に入りたい」「自分にはここでの学びが必要だ」という、固い決意を持って準備を進めていくことが大切であると生徒たちは感じてくれたと思います。


6年生LHR 歌舞伎事前学習

6月22日(金)、本校では芸術鑑賞が行われます。高校生は国立劇場で歌舞伎を鑑賞します。演目は「連獅子」です。
歌舞伎というと高校生にはやや難しく縁遠いものと感じるところもあるかもしれません。当日にも「歌舞伎のみかた」という解説をしていただきますが、6月15日の6年生LHRでは本校の音楽教員による歌舞伎事前学習を行いました。

歌舞伎の成り立ち、歌舞伎から生まれた言葉、舞台の仕組み、衣装、屋号や掛け声、音楽や連獅子のあらすじなどを楽しく解説してくれました。


日常で使う言葉が歌舞伎から生まれたことを知り感心する声が上がったり、テレビでよく見る役者さんたちが歌舞伎役者であることにおどろいたりしていました。中でも先生が「ツケ」を実演してくださったときは拍手が湧き上がりました。


おそらく、生徒たちは歌舞伎に行くのが楽しみになったのではないかと思います。6年生はもう大きな行事はなく、進路に向かって邁進する中、少し力を抜いてみんなで楽しめる一日になってくれたら嬉しいです。


卒業生 元自転車ロードレース選手講演会

5月18日(金)の6年生のLHRでは、本校卒業生の木下智裕氏の講演会が行われました。

木下さんは本校在学中に自転車をはじめ、高校では数々の全国大会に出場し入賞するとともに、ジュニア日本代表として世界大会にも出場しました。卒業後は渡仏、プロを目指しアマチュアのトップで活躍しつつ、U23日本代表として世界を転戦しました。U23アジア選手権優勝などの実績を残しました。
22歳で引退し、現在はその経験を生かして自転車のフィッティングやコーチングを行う会社を立ち上げています。


この日は受験を控えた後輩たちにメッセージを送るため来校してくれました。

まずは自転車でウィリーをしながら登場です。壇の手前ぎりぎりで止めるなど、テクニックを披露しました。


高校時代の活動や現在の状況、今の仕事以外にやりたいと考えていることなどの話を通して、目標設定の仕方や時間に対する考え方など、様々なアドバイスをくださいました。


「頑張りすぎないこと。100%出し切ることよりも70%で継続させること」「頑張ってもうまくいかないこともある。どう頑張るかを考え続けることが大切」「目標は数値まで設定する。期限も必ず決めること」「人に頼ることも大事。その人に喜んでもらうことがモチベーションになる」「人生を変えるタイミングはいつ来るか分からない。漠然と過ごさない」


その他にも様々なメッセージを残してくれました。
また、話の途中にも生徒から質問を受け、収入の話や恋愛の話もしてくれました。


最後に質問をした生徒のパフォーマンスにも、素晴らしいエールを下さり拍手が送られていました。


講演会後には生徒が集まって自転車を熱心に見ていました。

また、控室には自転車に乗っている生徒が質問に来ていました。

三者面談も終わり、部活を引退する生徒も増えてくるこの時期、卒業生から背中を押してもらえたようです。
まずは中間試験、そして模擬試験や英語検定に向けて、ギアを上げて行きましょう。


卒業アルバム用写真撮影

6年生となって1ヶ月余りですが、例年この時期に卒業アルバムの写真撮影が始まります。



ロングホームルームの時間を利用して、学年全体写真の撮影にはじまり、その後各クラスごとの写真、そして個人写真、さらにはクラスの枠を超えて3〜10人のグループを作ってもらってのグループ写真の撮影までを一気に行いました。特にグループ撮影では、それぞれこれまで過ごしてきた中で、思い入れの強い場所を話し合って、撮影場所として決めてもらいました。教室や廊下といった日常を感じる場所から、校門付近、校長室、屋上など教室から離れて、いろんな場所で撮影をしている光景が見られました。



まだまだ卒業は先のことだと思っている生徒にとっては実感が湧かず、ピンとこなかったかもしれませんが、10ヶ月後には卒業式を迎えているはずです。卒業までの日々を中身のギュッとつまった、濃密の時間にしていって欲しいと願っています。


4年生LHR 校外研修の事前学習

4年生はLHRの時間で、5月11日(金)に東京ディズニーリゾートで行う校外研修についての事前学習を行っています。

 

ディズニーランドの理念は「GIVE HAPPINESS(幸せを提供すること)」。相手の立場に立って自ら行動すること、その中で個人と仕事の関係、働くことの意味を考えることがこの研修の目的です。研修を通して、ディズニーランドで働く方たちから多くのことを学び、生徒自身の糧になれば、と思います。

 

 

当日は午前中、東京ディズニーランドのオフィシャルホテル「サンルートプラザ東京」にて従業員の方からレクチャー(講義)を受けます。午後は実際にパーク内に入り、パークで働くキャストと呼ばれるスタッフに、インタビューをして仕事について考える研修を予定しています。

 


5年生 スタディサプリ

スタディサプリは、(株)リクルートのサービスです。

 

テレビCMで「4万本以上の神授業が見放題!」とうたわれているもので、本校では5・6年生の全員がこのサービスを利用し、自学自習に役立てています。4月20日(金)の5年生のLHRの時間は、このスタディサプリの説明とその登録を行いました。

 

 

普段は携帯電話を校内で使用することはないので、生徒たちは少しドキドキした様子です。

しかし教員世代よりもずっとインターネットに親しんでいる世代です。

すぐに登録を済ませてしまいました。

 

5月には苦手分野を洗い出すための「到達度テスト」を行います。

それまでにスタディサプリを上手に活用し、学習を進めてほしいと思います。


1年生LHR キャリア教育プラン 〜クラス発表〜

1年生はLHRの時間を使って「仕事」についてのキャリア教育を行っています。
この日は、前回決めた班ごとに発表を行いました。





発表の内容は、、、
・仕事をする上で大切なことは何か
・身に付けておいた方がいいスキルは何か
・関東六浦で過ごす6年間でどのようなことを学ぶべきか

大切なことには、挨拶や言葉遣い、時間を守るなど基本的なことが仕事をする上でも
大切だということ、身に付けたいスキルには英検や漢検以外にも様々な資格があると
いうことが今回改めて分かったことで自分の興味のある仕事に資格が必要なのか情報
収集することも大切ということも発見できたようです。

何より今回、身近な大人にインタビューすることで仕事の大変さややりがいに少しで
はありますが触れることができたようです。

今回の学びをいかして今後の様々な取り組みに対して積極的に参加するようにして欲し
いと思います。


1年生LHR 〜キャリア教育 『仕事』について〜

1年生はLHRの時間を使って、自分の将来に目を向けています。LHRの最初の
「自分は将来、どんな仕事をしていたいか?」と投げかけてみると様々な答
えが返ってきます。次に、「その仕事に就くためにどんなスキルが必要なの?」
と聞いてみると生徒たちは「・・・」。まだまだ先のような『仕事』ということ
に対して目を向ける時間が始まりました。

まず生徒たちは自分の興味のあることとそれに関連することを書き出します。
そしてそれが仕事ということで考えてみるとどのような仕事になるのか調べまし
た。



スムーズに書き出せる生徒もいる中で、なかなか書き出せない生徒も見られました。
まだ仕事についてピンときていない生徒も多くいるようです。仕事について考える
きっかけをもらった生徒たちは自分の周りにいる大人に仕事についてインタビュー
をするという宿題を与えられました。インタビューの内容は、どんな仕事か、その
仕事に就くために必要なスキル(資格)、やりがい、大変なこと、、、などです。
中には学校の先生にインタビューする生徒も見られました。




インタビューを終えた生徒たちは、次のLHRの時間を使って、班ごとに分かれ、お互
いに発表をします。
六浦祭で横浜社会見学で大勢の前で発表をする経験をしている生徒たちは堂々と自
分がインタビューしたことを発表することができました。



発表を終えた生徒たちは、次回の全体発表に向けて、準備をします。インタビュー
や他の生徒の話を聞いて仕事について何を感じたか、、、やはり、資格を持っている
ことや目標を持っていることが大切なのではないかということが話し合いから聞こえ
てきました。今回のことで自分の将来について考える良いきっかけとなってくれれば
と願っています。また、全体発表の様子もお知らせ致しますので楽しみにしていて下
さい。


6年生LHR「進学、就職―どのような世界が待っているのか?―」

12月15日(金)6年生最後のLHRの時間を利用して、卒業後の生活で留意すべき点について

知る機会となる講演会を実施いたしました。

演題は「進学、そして就職―どのような世界が待っているのか?―」です。

講師として来ていただいたのは、関東学院大学経営学部経営学科教授の小山嚴也(よしなり)先生です。
先生は副学長と学生生活部長も務めていらっしゃるので、
学生生活を取り巻く問題に身近に接しておられます。
   
6年生は、来年3月には本校を巣立ち、中高の6年間とは異なる環境で生活し始めます。
大学生(専門学校生)となると、高校生とは比較できないほど世界が広がります。
「広がる世界」は、一方でリスクも伴います。
 
特に飲酒の問題は、時には命にかかわることもある危険を伴っています。
大学生活は楽しく、自由さも増すけれども、しっかりと自覚を持って、
節度のある行動をする必要があると注意喚起もありました。
また、大学での学びは高校までとは大きく違い、
学生たちがそれぞれ時間割を自分で組み、講義に出席し、レポートなどの課題を提出し、試験を受けて
単位を取得しなければなりません。3、4年生になると多くの学生がゼミや研究室に所属します。
高校までのように、担任の教員からうるさく注意を受けたりすることがない分、
自己管理し、自律して学習や研究を進める必要があるとのお話でした。
この講演会で、生徒たちは今まで知らなかった4月からの新生活の留意点
について知ることができたと思います。
今日の講演会で話されたことが、6年生の学生生活のなかで活かされることを期待したいです。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode