1年生LHR 天城オリエンテーション表札作り

1年生の宿泊行事で、5月に天城オリエンテーションがあります。
班ごとの部屋の表札を生徒たち自身に作ってもらうために、各クラス集合して天城の表札作りに取り組みました。



初めての班での共同作業だったこともあり、生徒たちは楽しく活動していました。
表札に何の絵を入れるのか、富士山、わさび、滝など色々と自分たちで考えて工夫をしていて、綿や折り紙などの物を使用して良い作品を作り上げていました。中学生になって、小学校よりもクラスでの団結力や個人の言動が大切になってきます。今回の表札作りにより生徒同士のコミュニケーションが取ることができていたので、今後の学校生活でお互いに刺激しあって成長していけると良いと思います。


1年生の様子 〜初めての授業編〜

4月11日(水)

いよいよ1年生の授業が始まりました。「勉強についていけるかな・・・」

「担当の 先生がたくさんいて名前が覚えられるかな・・・」心配ごとは

あるけれど、しっかり教材の準備して授業に臨みました。

 

 

担当の先生方に丁寧にガイダンスをして頂いてどの生徒も良いスタートが切れそう

です。また1年生の様子をご報告していきたいと思いますので楽しみにお待ち下さ

い。


新入生ガイダンス 〜3日目〜

4月10日(火) 新入生ガイダンスも3日目を迎え、生徒たちからも学校に慣れ始めた様子が

みられます。登校を終えるとまず礼拝堂で讃美歌練習を中学全体で行いまし た。

 

 

讃美歌練習を終えると、教室に戻り委員や係、班決めやクラスの決め事を確認しました。

 

 

クラスでの時間を終えると礼拝堂に移動し、「手帳の使い方」や明日から始まる「授業の受

け方の注意」、「天城オリエンテーションについて」のガイダンスを行いました。

 

 

教室に戻ると天城オリエンテーションの部屋ごとに分かれ表札つくりの作戦会議を行いました。

 

2泊3日を共にする友人と楽しく表札をつくる様子がみられました。

 

 

明日から中学に入ってから初めての授業になります。楽しみと不安があるかと思いますが良いスタートを切れるように願うばかりです。


新入生ガイダンス 〜2日目〜

4月9日(月)

週末を挟みましたが、新入生の登校も入学式を含め3日目となりました。

この日は始業式とガイダンス等を行いました。

 

今年度初めて、礼拝堂に中学生が揃いました。1年生は上級生がいることも

あり、緊張した面持ちでしたが落ち着いて始業式を終えることができました。

 

始業式が終わり教室に戻ると今年度使用する教科書が配付されました。丁寧

に自分のクラス・番号・名前を書いていました。いつでも授業を迎えられそ

うです。

教科書配付を終えると集合写真と個人写真の撮影を兼ねて校内見学を

行いました。これから使用する教室の確認や教員室などへの入室の練

習をしました。

午前中を終え、各教室でお弁当を頂きました。すでにクラスに友人をつくった

生徒も多く、楽しい食事の時間になりました。

食事を終えると、午後のプログラム開始までの時間を使って、自己紹介を

行いました。まだ人前で話すことに慣れていない様子がみられましたが、

しっかりと話すことができました。

午後はクラブ紹介がありました。このプログラムを楽しみにしていた生徒

も多くいたようでした。クラブ紹介は笑いあり真剣さありでとても和やか

な時間が流れていました。

学校が始まり、丸1日をかけてのプログラムでした。疲れがみえる生徒も多く

いるように感じました。まだ1週間が始まったばかりです。しっかりと身体を

休めて登校するようにして下さい。


新入生ガイダンス 〜1日目〜

4月6日(金)

新入生にとって2日目の登校となりました。この日は午前中を使って、ガイダンスを行いました。

まず、各教室で出席を確認した後、礼拝堂に移動して礼拝をまもりました。

 

 

礼拝をするための心構えや、聖書・讃美歌の開き方など丁寧に教えて頂きました。まだ、うまく

ページを開けない友人に対してさりげなくフォローする様子もみることができました。

 

 

礼拝を終えると次は初めての「学年集会」を行いました。学年主任からのお話を終えた後、改めて

学年の先生方の紹介と一言ずつメッセージを頂きました。

 

 

学年集会を終え、クラスで終礼をすませた後はクラスごとに金沢八景駅まで下校しました。登下校

のマナーや事故を防ぐために注意するポイントを教えて頂きました。

 

 

まだまだ緊張がみられる1年生ですが、少しずつ友人との会話も増え始めているようです。気持ち

よく学校生活が送れるよう来週もガイダンスが続きます。また、1年生の様子をお伝えしますので

楽しみにお待ち下さい。

 

 


3学期期末試験の様子

今回は試験中の生徒の様子をご紹介いたします。

3学期期末試験が始まりました。
高校生(4年生、5年生)は、3月5日(月)〜8日(木)の4日間、
中学生(1年生〜3年生)は、3月6日(火)〜8日(木)の3日間で行われます。

今年度最後の定期試験です。
多くの生徒が気合を入れて頑張っています。
アシストルームで教科担当に質問に行く生徒、自習室で静かに学習する生徒など勉強方法は様々です。
生徒ラウンジやピロティ、教室などで教えあいながら勉強する姿も多く見ました。


この期末試験が終われば、次の学年への準備が始まります。
悔いを残さないよう頑張って、良い結果が残せるよう願っています。


地域清掃


12月7日(木)期末試験終了後、大掃除・地域清掃が行われました。

この地域清掃は、毎日使っている通学路に落ちているゴミを拾い、通学路を綺麗にする活動です。
前回は雨天で中止となり、1学期以来の活動となりました。

終礼後の11時半頃から、生活委員の生徒が事務所前に集まりました。
受付担当とリヤカーで八景駅で集めたゴミを回収する担当に分かれ早速活動開始です。
下校する生徒たちに「地域清掃お願いします」と呼びかけ、ビニール袋とトングを渡していきます。


多くの生徒の皆さん、ご協力ありがとうございました。
今回参加できなかった皆さんも次回以降ぜひ参加してください。
一人ひとりの力で通学路を綺麗にしていきましょう!



 


大掃除

10月13日(金)、中間試験終了後の放課後に大掃除が行われました。

いつもお世話になっている学校近辺の地域清掃も行う予定でしたが、残念ながら雨のため中止になってしまいました。


今回は中学校舎の大掃除の様子をお伝えします。


毎日掃除当番を各クラスで決め、清掃を行っていますが、なかなか手が回らない箇所があります。

この日は、教室の床や窓もきれいに拭きあげました。


普段以上に時間をかけて、丁寧に掃除をしている様子が伺えます。


普段から教室を清潔に保つよう意識を持つことも大切ですが、定期的に行われる大掃除を通して、居心地の良い学校をこれからも作り上げていきましょう。


礼拝堂もうすぐお披露目です



夏休みから続いていた礼拝堂の改修工事がもうすぐ終わり、みなさんにお披露目できるところまできました。「礼拝の時間を大切にする」ことを中心に考え、生徒のみなさんが心を落ち着けて礼拝をまもることができる雰囲気になっています。全面交換した座席、床のじゅうたんなどこれまでの礼拝堂の様子からはかなり変わっています。

今週土曜に行うオープンキャンパスからの使用開始を予定しています。

この工事の期間中、本校の生徒たちは放送による礼拝をまもってきました。普段の礼拝とは異なる環境でしたが、多くの教会から牧師の方々が来てくださり、本校生徒たちのために奉仕をしてくださいました。感謝です。

本ブログでは、校長による放送礼拝での説教を紹介します。

********** ここから **********
おはようございます。
皆さんは、「パイオニア」という会社を知っていますか?社名が示す通り「世界初」の製品を数多く生み出してきた日本の会社です。世界初とつくだけで1962年セパレート・ステレオ、1984年CDプレーヤー、1990年GPSカーナビゲーションシステム、1999年DVD-RWフォーマット対応DVDレコーダー、2008年400ギガバイトの16層光ディスク技術の開発……と、どんどん挙げられます。基本の開発は欧米であっても、光ディスク CD、DVD、BD の基礎技術の開発や製品化は日本が国際的なリーダーですが、その先頭を走った会社です。保護者の世代なら、レーザー・ディスク(LD)と聞けば「カラオケね」というかもしれません。LDの実用化と産業化を主導したのがパイオニアでした。
パイオニアは今、オンキヨー株式会社の傘下にありますが、最近では資生堂専用「メーク用有機EL照明」の製品化、運転者の眠気を検知する「ドライバーモニタリングシステム」の開発、低コストで高性能小型の自動車の「自動運転」に不可欠なセンサーの開発で世界に貢献しています。
さて、その会社の創業者は 松本望 さんです。松本望さんは、熱心なキリスト者でした。1988 (昭和63)年7月15日に、83歳で召天されました。自分の名前である「望(のぞむ)」について、生前はよく、「いつも名前の『望』がどんな時にも一筋の希望を与えた」とおっしゃっていたということです。今日の聖書の言葉に、「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたのうちにいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすれば、かなえられる。」を指していたものと思います。
 関西学院の中等部に進学しましたが、社会の経済状況の悪化で通学を断念し、1年生で中退しました。その後、ふるさとの神戸の文房具店に丁稚(でっち)奉公に入り、東京に来て就職しましたが関東大震災で帰郷することになります。その後無線技士になり、ラジオ製作会社に勤めて…と、苦労と努力の日々だったでしょう。
 ラジオ製作会社に勤めて10年ほどが経った時、キリスト教関係のある団体から「あなたの人柄を見込んで、独立資金を援助しましょう」という話がありました。決意し、会社名を「福音電機製作所」として会社を興しました。その後「パイオニア」と名前を変えますが、会社の発展と業績は最初に述べたとおりです。しかし、「世界初」が連続しても世界初が簡単に「儲け」に繋がるわけではありません。LDを世界に先んじて作った時、最初、製品は全く売れなかったそうです。松本望さんは既に社長を退いていましたが、弱気になっている社長や社員に「全くの新製品なのだから、売れなくて当たり前だ。」と言ったそうで、会社では有名な話だそうです。
 松本望さんのお墓には、『されど、われわれの国籍は、天にあり』と刻まれているそうです。これは聖書の「フィリピの信徒への手紙」3章20節の「しかし、私たちの本国は天にあります。」から取られたものです。
「わたしたちの国籍は天にある」……。裏を返して考えると、この地上には私たちの国や国籍はない。ということは、この世界、地上に生きている私はいったい何者で、何のため、何をすることを使命として生きているのか、それを同時に説明しなくてはなりません。
 松本望さんの人生は平坦なものではなかったでしょう。松本望さんの起こした会社の光ディスクの技術での世界への貢献を眺める時、単純に技術に依る成果を見るのではなく、先見する力と奉仕の精神、そして世界観、価値観を見るような気がします。だから、どんな時にも希望を持って生きた。そして、先見する力とは、その希望とは、この地上を超えるものであると感じます。
お祈りします。…………アーメン。    (2017年9月27日 奨励者:黒畑校長)
********** ここまで **********


2学期中間試験前の様子

今回は試験前の生徒の様子をご紹介いたします。

10月11日(水)、12日(木)から2学期中間試験が始まります。
1年生、2年生、3年生、6年生は12日(木)、13日(金)の2日間、
4年生、5年生は11日(水)、12日(木)、13日(金)の3日間で行われます。

アシストルームや生徒ラウンジ、自習室などが普段よりも多くの生徒で埋まります。
教室内やピロティで自習する生徒もいます。
教科担当に質問し、内容を理解しようと必死の生徒を多く見かけました。
学習の成果を発揮してもらいたいと思います。


中間試験が終われば、六浦祭に向けての準備が本格的に始まります。
楽しく六浦祭が迎えられるように頑張ってもらいたいと思います。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode