生物部の活動(アジア湿地シンポジウム2017)

本日は11月7日(火)から9日(木)に開催された「アジア湿地シンポジウム2017(佐賀市)」に参加した生物部の様子をお伝えいたします。

11月7日(火)〜9日(木)に佐賀県佐賀市で開催されました「アジア湿地シンポジウム2017」に、生物部の3名が参加しました。この国際シンポジウムは、20以上の国と地域から多くの学者や環境保護団体が集い、干潟や湖沼、河川などの水域に関する事例報告や意見交換を行うものです。本校生物部は昨年の8月、鳥取県米子市で開催されました「ラムサールシンポジウム2016」に参加し研究発表を行った関係で、今回は主催団体の方から声をかけて頂き参加しました。

11月7日(火)6時に羽田空港で集合し、10時半には会場の「ホテルはがくれ」に到着しました。到着後から16時まで、各国のプレゼンテーションを聞きました。シンポジウム全体での公用語は英語です。発表もほとんど英語で行われました。同時通訳のイヤホンを借りましたが、すべてを訳してくれるわけではなく、集中力が必要でした。
時間とお小遣いの節約のため、夕食は周辺のスーパーの惣菜で済ませ、早々に次の日の英語での発表に向けての準備に取り掛かりました。8日(水)にユース(大学生や高校生の会)のプログラムで「懇親会」がありそれに参加する予定でしたが、到着してすぐに「懇親会は討論会に変更」と告げられ、驚きました。かなり遅い時間まで、自分たちの主張を英語でどう表現するのかなどを真剣に話し合いました。

8日(水)の午前中は、各国の高校生や大学生のプレゼンテーションを聞きました(同時通訳はありません)。午後は、いよいよ本校が参加する討論会とポスターセッションです。討論会には5年生が参加しました。25名ほどの参加者の中で日本人は3割ほどで、他はインド、中国、タイ、ロシア等の大学生や高校生でした。インドや中国の生徒は積極的で、日本の生徒はおとなしく日本語しか話さなかったのですが、参加した5年生の生徒は何度も挙手し、堂々と英語で自分の意見を述べていました。


その後のポスターセッション(発表内容を書いた模造紙を貼り、その前で興味を示してくれた人に説明する)では、5年生と3年生の生徒が活躍しました。2人とも海外の方に英語で、発表内容を伝えることができました。本校のポスターの題名は「The tideland which was left in the city "HIRAKATA-BAY"」です。ポスターセッションの見学者は金のシールを4枚ずつ渡され、気に入ったポスターの上に貼ることになっています。本校のポスターは11枚のシールを獲得しました。主催団体の方やユースの会の大学院生、インドの女子生徒、沖縄の自然保護団体の方など、シールを貼ってくださった皆様、ありがとうございました。非常に励みになりました。


9日(木)は、有明海を見学するプログラムに参加しました。普段接している平潟湾と違い、広大な干潟に感動しました。シャコを見つけた生徒は、大勢の参加者に取り囲まれ、写真攻めにあっていました。
羽田空港に到着したのは23時でした。「明日は意地でも遅刻しない」と誓い合い、解散しました。


今回の件は、事前の準備も含めて3人の生徒にとってとても良い経験となりました。やり遂げたという達成感を得ることができ良かったのですが、それ以上に世界のレベルの高さを実感できたことが大きかったと思います。

○今回の生物部の発表内容
平潟湾は、浮世絵に描かれるほど風光明媚な海だったが、次々に埋め立てられていきました。昭和30年代、生活排水などで汚染され、国内の水域でワースト1になるほど汚れてしまい、生物が全くいない状態になってしまった。現在では住民や行政の努力で水質はかなり改善され、生物が豊富な海となったが、今でも少し掘れば古いヘドロが出てきます。平潟湾は、「最悪の環境破壊があっても復活することができる、しかし完全に元に戻すことは難しい」ということを示してくれる、貴重な干潟である。私たちは平潟湾の調査を通して、都会の中に奇跡的に残された、この小さな干潟をアピールしていきたい。 
(生物部が60年間で確認した生物一覧表を添付しました)


ダンス愛好会 〜神奈川県青少年ダンス発表会〜

本日は、ダンス愛好会が出場した大会の様子をお伝えいたします。

11月5日(日)、第52回神奈川県青少年ダンス発表会が開催され、ダンス愛好会の4年生3名と1年生1名の混合チームが参加しました。10月29日(日)に行われたリハーサルで、当日の立ち位置や照明など念入りに確認して臨みましたが、アップ会場から楽屋、舞台袖と移動するうちに緊張は高まっていきました。しかし、本番が始まり、大勢の観客の前に立つと、いつものように伸び伸びと踊っていました。


日頃の練習の成果を、大勢の人の前で発表できた喜びと満足感で終わった後の部員たちは皆笑顔でした。
そして、これからも見る人が楽しくなるようなダンスができるようこれからも頑張ろうと誓い合っていました。ダンス愛好会の今後にご注目下さい!!


軽音楽部機材到着2017秋&「LIVE in Mutsuura」へのお誘い

 

もうまもなく六浦祭です!

今年の六浦祭のテーマは「YOLO 〜一度きりの人生だ〜」(YOLO = You Only Live Once)です。

軽音楽部も六浦祭のLIVE in Mutsuuraに向けて準備を加速しています。

先日も六浦祭に向けた新しい機材が導入されました。

今回はドラムヘッドを新しくします!
また照明機材を強化します!

六浦祭では一段と盛り上がるステージを楽しめることと思います!

 

2017年度の六浦祭(文化祭)は10月27日(金)・28日(土)の開催です。
軽音楽部だけでなく、演劇部・吹奏楽部などめ多くの文化部が発表や展示をいたします。
また学年による展示・催し物、有志団体の模擬店、イベントステージ、関六エンタもあります。
多くの皆さまのご来場をお待ちいています!

もちろん、軽音楽部のLIVE in Mutsuuraへのご来場をお待ちしています!!

 


◎軽音楽部2017年度の活動(KGMブログ)
 ・【お知らせ】新入生歓迎「春の中庭ライブ」軽音楽部
 ・5月3日(水・祝)「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演します!
 ・「春の中庭ライブ2017」軽音楽部
 ・「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演しました(軽音楽部)
 ・動画アップロード(軽音楽部)
 ・軽音楽部機材到着2017夏
 ・軽音楽部夏合宿2017
 ・2017夏 軽音楽部合同ライブ(横須賀学院×横浜×湘南学院×関東六浦)
 ・軽音楽部機材到着2017秋&「LIVE in Mutsuura」へのお誘い ※本記事

◎軽音楽部2016年度の活動(KGMブログ)


聖歌隊 

本校聖歌隊が、関東学院教会の賛美礼拝に参加しました。

聖歌隊

 関東学院大学構内にある関東学院教会が、追浜に「追浜チャペル」を建てて4周年を迎えました。そのことを記念して、「秋の特別賛美礼拝」が9月24日(日)に行われました。そこで、本校聖歌隊が礼拝に参加させて頂き、讃美歌曲圍隠僑携屬痢屬錣譴鬚發垢いし」と讃美歌曲圍隠毅携屬痢屬海寮い里覆澆ぜさわぎ」を賛美しました。
 礼拝の後、教会の方々が「とても良かったです」「また是非来て下さい」と、大変喜んで声をかけて下さいました。この日は、104名の方が礼拝に出席されました。地域の方々と共に賛美礼拝を守れたことを感謝いたします。
 日ごろ、多くの方々に支えられ活動出来ることを感謝し、今後も奉仕活動していくことができたらと思っております。(聖歌隊顧問)


化学部 夏休みの活動〜横浜薬科大学〜

本日は夏休みの化学部の課外活動についてお伝えいたします。
国立科学博物館見学についてはこちらをご覧ください。

今回は横浜薬科大学のオープンキャンパスに化学部として参加してきました。
オープンキャンパスに参加したのですが、本校化学部のための特別プログラムを用意してくださいました。


初めは学校概要についてなどを他の参加者と一緒に聞きました。
薬学や薬剤師に関することが聞けてとても参考になりました。

その後、化学部だけ別の実験室に通されました。
用意してくださったのは「科学捜査に用いられる化学反応を体験してみよう」ということで、ニンヒドリン反応(指紋の検出)とルミノール反応(血痕の検出)でした。
部員は積極的に実験に取り組んでおり、目の前で起こる化学反応に驚き、楽しんでいました。



その後、食堂にて昼食を食べました。


午後は、色々な研究室の見学でした。
薬剤師になるための「模擬薬局」や実験で用いるラット、研究室兼実験室など、普段見ることができないものに部員たちは興味津々でした。
また、図書館と展望室も見学させていただきました。
展望室からの眺めは絶景でした。


最後にアンケートと大学の方からのお話があり、終了しました。

実験実習だけでなく、色々な経験をさせていただいて非常に有意義な課外活動でした。
部員たちにとって、これから六浦祭に向けて実験などの準備をしていく際の参考になったと思います。


化学部 夏休みの活動〜国立科学博物館〜

本日は夏休みの化学部の課外活動についてお伝えいたします。

毎年化学部は、夏休みや春休みなどの長期休暇のときに近隣の科学館や博物館に見学に行きます。
行先は部員が調べ、顧問と相談した上で決定します。
今年は上野にある「国立科学博物館」に行きました。
目的は、科学に関する知識を増やすことはもちろんのこと、六浦祭で発表・展示する際の参考にするためです。

横浜駅で集合し、上野に向いました。
当日は夏休みということもあり、館内は非常に混雑していました。
最初は部員全員で化学に関する展示の多いフロアを一緒に回りました。
先輩が後輩に教えたり、展示内容を一生懸命読んだりしている姿が印象的でした。
途中、昼食をはさんで15時の解散まで館内を回りました。



部活動に関してだけでなく、多くのことを学べたと思います。
化学部の活動や六浦祭の発表・展示だけでなく、これからの理科の授業でも役に立ててくれると嬉しいです。


鉄道研究部 活動報告&イベントのご案内

鉄道フェスタ江ノ電Nゲージ展

6月10日(土)・11日(日)、湘南モールフィル(藤沢市)にて恒例の鉄道イベントを開催させて頂きました。ミニ鉄道の体験乗車とジオラマ模型の走行展示を実施致しました。

鉄道フェスティバル&Fujisawa SSTまるしぇ
6月17日(土)、ココファン藤沢SST(藤沢市)にてイベントが開催されました。本校鉄道研究部のミニ鉄道体験乗車と鉄道模型の走行展示の他、地元の野菜やパンの販売がありました。

関東学院六浦こども園「おりぶ祭」

7月1日(土)、隣接する関東学院六浦こども園にて夏のお祭りが開催され、ミニ鉄道の体験乗車を行いました。

関東学院六浦小学校「夏の夕べ」

7月15日(土)、関東学院六浦小学校にて恒例の夏の夕べが開催され、グラウンドでミニ鉄道の体験乗車と教室にてジオラマ模型の走行展示を実施致しました。ミニ電車は初めての試みで一部の直線に待避線を設け、単線上に2列車が交互に追い抜く形で運行しました。

第18回 国際鉄道模型コンベンション

8月18日〜20日までの3日間、東京ビッグサイト東1ホールにて、国際鉄道模型コンベンションが開催され、本校鉄道研究部が出展致しました。今回は4年ぶりとなる出展で、お馴染みの「江ノ電レイアウト」を出展いたしました。この江ノ電レイアウト(ジオラマ模型)はただのジオラマ模型ではなく、信号の光や踏切などの音や動きを取り入れて、そこを走る小さな江ノ電の模型も実物同様に単線に6列車を走行させ、それぞれが別々に動いているという再現を行いました。


2012年度に江ノ電レイアウトを展示しましたが、5年経過した現在、ジオラマにかなり手を加えて出展しましたので、過去にご覧頂きました方も変化が多く見所がたくさんあったかと思います。多くの出展団体の皆様は自動運転装置などを利用されておりますが、当クラブの展示では、操作は全て部員が行い、電車の運転も自動運転装置は使用せず、すべて実物同様に手動で動かしました。事前に運行の教習も行い、メンテナンスや操作でもかなり苦労しました。来場されるお客様に臨場感を味わって頂くため、運転する部員も制帽や手袋などを着けて運行しました。(普段は行いません)

関東学院のびのびのば園「5周年記念感謝デー」
9月2日(土)、関東学院のびのびのば園(横浜市港南区)にて「5周年記念感謝デー」が開催され、当クラブのミニ電車の乗車体験が行われました。午前中に設営を行い、午後の13時から16時30分までの開催で、多くの方が来園し賑わいました。ミニ電車も約450名の皆様にご乗車いただきました。

イベント予告
湘南モールフィル「鉄道フェスタ 江ノ電Nゲージ展」
9月16日(土)〜18日(月祝)、湘南モールフィル(藤沢市)にて、鉄道フェスタを開催させて頂きます。
このイベントでは、ジオラマ模型の展示とミニ電車の乗車体験ができます(どちらも無料)。ジオラマ模型は国際鉄道模型コンベンション(東京ビッグサイト)で出展した「江ノ電レイアウト」や、地元を走る電車を走行させる都会のレイアウトを展示します。ミニ電車も急カーブに対応した、リアルな連接車体の電車を運行します。さらに今回は部員の撮影した鉄道写真展示や鉄道部品展示なども行いますので、いつもよりも更に見所を増した鉄道フェスタへ是非ご来場ください。

パルシステム「横浜南センターまつり」
9月16日(土)、生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープの横浜南センター(横浜市金沢区)にて開催される「横浜南センター感謝祭」に出展します。会場の倉庫内で乗用ミニ鉄道を運行します。また、本校吹奏楽部がオープニングライブを行います。

原鉄道模型博物館「かながわ青少年鉄道ジオラマサミット」
10月1日から約1ヶ月間、横浜にある「原鉄道模型博物館」に、当クラブが作成したジオラマモジュールを出展致します。全国高等学校鉄道模型コンテストに出品するために作成したもので、ホビーセンターKATOで展示した以外では、普段の各施設でのイベントではあまり展示していない作品です。この機会に是非、ご覧頂きたいと思います。
なお、このイベントは中学生・高校生が製作した鉄道ジオラマ作品展示のほか、博物館来館者を対象としたジオラマ作り体験ワークショップが開催されます。


鉄道研究部 夏合宿



7月27日〜7月30日まで、北陸地方へ鉄道研究合宿を開催しました。

初日は大船から福井(鯖江)、2日目は福井から富山、3日目は富山から新潟、4日目は新潟から横浜まで移動しました。グループ毎に分かれての研修では北陸・東北新幹線やJRの特別列車、福井鉄道やえちぜん鉄道、北陸鉄道や富山地鉄などの私鉄をはじめ、JRから私鉄に変わった、IRいしかわ鉄道やあいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道などを乗り継ぎ、北陸地方を横断しました。鉄道の歴史や車両の歴史、旬な地域などをリアルに体験できた4日間でした。


インターアクト部 夏合宿

「広島で合宿」平和について〜ヒロシマの過去と現在から未来を考える旅



7月31日から8月2日まで、本校インターアクト部は広島で合宿を行いました。昨年は群馬県の榛名の老人ホームで、関東地区の他のキリスト教学校と共に3泊4日のボランティア活動を行いましたが、初めて出会った方々と共にボランティアをした4日間は、緊張をともなうものでした。今年は、クラブのメンバーだけで「平和について〜ヒロシマの過去と現在から未来を考える旅」を計画、実行しました。

1日目の宮島では突然の豪雨に見舞われましたが、自然の美しさと宮島の景色を楽しみながら「平家物語」の場面や言葉を思いだし、いっそう味わい深くなりました。

2日目の呉は、現在の日本の平和と現実を見つめるために、大和ミュージアムと鉄のくじらかんを見学しました。軍都、学都として呉が栄えた背景に戦争があることを学び、私たちはなぜ学ぶのか、命が失われることが前提となった経済活動の発展を喜んでいいのかなど、本当の平和について考える視点を新たに与えられました。

3日目は袋町小学校資料館、爆心地となった原病院、原爆ドーム、広島平和記念資料館を訪ねました。軍都として栄えていたヒロシマに原爆がおとされたことを、昨日見学した呉の繁栄と対比しながらどのように受け止めるべきかを考えました。「平和」を願う私たちであっても、繁栄を求めたときに平和から遠い道を歩むことになるのか、繁栄を求めなければ別の問題が平和を壊すことになるのではないかなど、難しい問題を抱えたまま、帰路につきました。

真剣な学びのなか、やはり名物のお好み焼きは食べるべきだろうと意見が一致。市電の1日フリー切符を十分に利用して市内を動き、楽しい時間も過ごしました。まとめは六浦祭の展示で行います。ご期待ください。


茶道部 夏休みの活動

茶道部では、長期期間中は部員同士で活動日を決めています。ですから、時にはない時もありますが、今年の夏季休暇中は3日間連続でお稽古となりました。

今年の新入部員は女子ばかり4人です。4年生の部長・副部長はその1年生に基本の袱紗捌きや盆略手前を丁寧に教えていました。1年生は大変熱心に取り組んでいます。2年生以上は六浦祭に向けて本格的なお稽古に入っていきます。

この日のお菓子は「夏木立」という餡を葛で包んだ大変涼しげなお菓子で、菓子器のガラスのリンドウの花の器が一層涼しさを演出し、外の蒸し暑さを忘れさせてくれるようでした。



8月11日(金祝)には磯子公会堂で第38回学校茶道研修茶会が催され、本校からは3年生3人が参加させていただきました。薄茶席は市立南高等学校、立礼席は昭和大学保健医療学部と県立横須賀明光高等学校が席をもっていらっしゃいました。参加した3年生は伺う前から緊張した面持ちでしたが、良い経験・良い研修の場となったようでした。



明日9月2日(土)にはクラブ見学会が実施されます。茶道部では野点を行います。ぜひお越しください。お待ちしております。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode