鉄道研究部 活動報告

本校鉄道研究部からイベント実施の報告です。

11月3日(祝)関東学院六浦小学校「バザー」出展
恒例のバザーに出展させて頂きました。Nゲージのジオラマ模型展示と5インチ乗用鉄道の体験乗車を実施しました。多くの皆様にご乗車頂きました。

 
11月5日(日)瀬谷第二地区「文化祭」
選挙等の日程の関係で、今回地区の文化祭に出展させて頂きました。5インチ乗用鉄道の体験乗車を実施しました。多くの皆様にご乗車頂きました。

 
11月12日(日)横浜薬科大学「浜薬祭」
浜薬祭が開催され、今回で2度目の出展をさせて頂きました。Nゲージのジオラマ模型の走行展示と5インチゲージの乗車体験を実施しました。多くのお客様にご来場、ご乗車頂きました。

 
11月19日(日)瀬谷第二小学校「ちびっこフェスティバル」
4時間のイベントでしたが、1200名の方にご乗車頂きました。

11月26日(日)横須賀三笠公園「よこすかシーサイドマラソン」
よこすかシーサイドマラソンの会場にて、鉄道研究部によるミニ電車の乗車体験を実施しました。521名の方にご乗車頂きました。


12月もいくつかイベントがありますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!


奨励賞受賞!「神奈川県軽音楽連盟軽音楽コンクール」



11月26日(日)、海老名市文化会館にて「神奈川県高等学校総合文化祭軽音楽コンクール」が行われました。
そしてこのコンクールにおいて、本校軽音楽部が奨励賞を受賞しました!
本ブログではこの日のコンクールについて報告いたします。

軽音楽コンクールは、神奈川県の高等学校91校が加盟する軽音楽連盟の主催によって行われます。
今回は加盟校から151のバンドがエントリーし、決勝大会には27のバンドが進出しました。
本校軽音楽部からは1バンドがエントリーし、動画審査による予選を経て決勝の出場権を獲得しました。

DSC08890.JPG

決勝大会に臨んだのは「Loudog(ラウドッグ)」というバンドです。
このコンクールのために軽音楽部内のセレクションによって結成されました。
メンバーと編成は、以下のとおりです。

 ヴォーカル(5年生女子)、ギター・コーラス(5年生男子)、ギター(4年生男子)、
 ベース・コーラス(5年生女子)、ドラムス・コーラス(5年生男子)

演奏した楽曲は「寂滅(じゃくめつ)」というオリジナル曲です。
「寂滅」とは仏教用語で、煩悩を打ち消し、悟りの境地に入るという意味です。
六大煩悩の「貪・痴・瞋・慢・疑・見」の寂滅を訴えるメッセージソングとなっています。
宗教的なテーマとグルーヴサウンドを融合させながらも、
耳と身体に心地よい「LOUD FUNK」なポップチューンに仕上げました。
動画投稿サイトにもアップロードしたのでぜひお聴きください。



神奈川県の軽音楽はとてもレベルが高く、このコンクールの決勝の出場権獲得も決して簡単ではありません。
また神奈川県では県立高校のレベルが高く、これまでの大会でもつねに上位を占めています。
けれども今回、並み居る強豪校と互角に競い合い、賞をいただくことができました!

DSC08911.JPGDSC08913.JPG

審査結果は得点順では3位、同点が3バンドのため、審査員の協議により奨励賞となりました。
なお得点の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

DSC08896.JPG

今回、軽音楽部ではこのコンクールに挑むにあたって、夏休みからその準備を重ねてきました。
そのかいあって、この度このような大きなコンクールで賞をいただくことができました。
ポピュラーミュージックの醍醐味は自分たちにしかできないオリジナリティの表現です。
コンクールではこのバンドの個性・独創性を十分に発揮し、その評価を得ました。
これまでの努力が実ったのだと思います。
その一方で課題もあります。
軽音楽部では来年度のコンクール・コンテストに向けた準備が求められます。
再び大きなステージで自分たちにしかできない演奏をし、大きな評価が得られることを期待しています。

◎軽音楽部2017年度の活動(KGMブログ)
 ・【お知らせ】新入生歓迎「春の中庭ライブ」軽音楽部
 ・5月3日(水・祝)「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演します!
 ・「春の中庭ライブ2017」軽音楽部
 ・「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演しました(軽音楽部)
 ・動画アップロード(軽音楽部)
 ・軽音楽部機材到着2017夏
 ・軽音楽部夏合宿2017
 ・2017夏 軽音楽部合同ライブ(横須賀学院×横浜×湘南学院×関東六浦)
 ・軽音楽部機材到着2017秋&「LIVE in Mutsuura」へのお誘い
 ・今村慎太郎さん(Drums)来校@軽音楽部
 ・奨励賞受賞!「神奈川県軽音楽連盟軽音楽コンクール」 ※本記事

◎軽音楽部2016年度の活動(KGMブログ)


鉄道研究部からのお知らせ

本校鉄道研究部が、鉄道イベントに参加します。ご興味のある方は、ぜひご参加いただけたら幸いです。

12月9日(土)・10日(日)鉄道フェスタ江ノ電Nゲージ展(湘南モールフィル(辻堂))
湘南モールフィルにて恒例の鉄道イベントを開催させて頂きます。大人気のジオラマ模型の展示やミニ電車の乗車体験、そして鉄道写真展示や鉄道部品展示も行います。是非、ご来場ください。

(前回のイベントの様子です)

12月26日〜28日 鉄道模型展示会(田無アスタ・東京都西東京市)
田無アスタにて、鉄道イベントを開催します。江ノ電のジオラマとその周りをミニ電車が走行します。

TBS ぴったんこカン★カン出演予定(鉄道研究部)
TBSのバラエティ番組「ぴったんこカンカン」で堺雅人さんと高畑充希さん、そして司会の安住さんが鎌倉を旅します。堺さんと高畑さんは12月9日公開予定の「DESTINY 鎌倉ものがたり」にご出演されます。映画の中で江ノ電の模型が登場しますが、番組では本校鉄道研究部でイベントなどに出展している「江ノ電のジオラマ模型」が登場。観たり、運転したり・・・出演者の皆さんに楽しんで頂きました。是非、ご覧ください。
  OA:12月1日(金)20:00〜


今村慎太郎さん(Drums)来校@軽音楽部

DSC08885.JPG

11月18日(土)、ドラマーの今村慎太郎さんにご来校いただき、軽音楽部のコーチをしていただきました!
今村さんはご自身のバンドはもちろん、様々なライブやレコーディングで活躍されているドラマーです。
ごく最近では、Kan Sanoや尾崎裕哉のツアー、s**t kingz(シットキングス)のライブをなさったばかりです。
SOUL、R&B、FUNKなど横ノリグルーヴのドラミングを最も得意としていらっしゃる実力派ドラマーです。
ご出身のバークリー音大の仲間と結成した和製SOULバンド「円人図」でも素晴らしい演奏をなさっています。
普段ではなかなか得られない指導の機会を得て、刺激的で有意義な時間を送ることができました。

DSC08875.JPG

写真はドラムセットのチューニングをしてくださっているところです。
今村さんは「ドラムはチューニングが命」とおっしゃいます。
レコーディングでは、多くの時間を音色や音質のメイキングに使うそうです。
サウンドへのこだわりが音楽を豊かにするものであることがわかります。

DSC08877.JPGDSC08878.JPG

今回、軽音楽部が今村さんをお招きしたのには、バンド演奏技術へのテコ入れというねらいがあります。

この度、軽音楽部は県の高等学校軽音楽連盟主催「第15回高等学校軽音楽コンクール」の決勝に進みました。
今回のコンクールでは、連盟加盟校から151のバンドがエントリーし、27バンドが決勝に進出しました。
決勝が11月26日(日)、海老名市文化会館大ホールで開催され、奨励賞をいただきました。
コンクールについては、後日ブログで報告いたします。

DSC08882.JPG

また軽音楽部は12月9日(土)に実施される本校のクリスマス賛美礼拝で演奏奉仕をいたします。
今村さんにはそこで演奏するバンドへのご指導もお願いいたしました。
上の写真は、ドラムの演奏をしていただいたときの様子です。
ドラムが良くなると全体の演奏もずっと良くなります!
なお、クリスマス賛美礼拝で演奏する曲目は以下の通りです。

 The Christmas Song(作詞・作曲:Melvin Howard “Mel” Tormé & Robert Wells)
 Jingle Bell Rock(作詞・作曲:Joe Beal & Jim Boothe)
 Santa's Coming (a.k.a. Santa Claus Is Coming to Town)(作詞:H. Gillespie,作曲:J.F. Coots)

DSC08885.JPG

この日、今村さんにはお忙しいスケジュールの中、軽音楽部のためにお時間を割いていただきました。
プロの目と耳による具体的なご指導によって、演奏レベルを向上させることができました。
軽音楽部としてはとても大きな力を得ることができました。
これからの活動に向けて、この日に教えていただいたことを実践してきたいと思います。

最後に今村慎太郎さんに御礼を申し上げます。
お忙しい中、本校に起こしいたできまして本当にありがとうございました!
またいらしてください! よろしくお願いいたします!

◎軽音楽部2017年度の活動(KGMブログ)
 ・【お知らせ】新入生歓迎「春の中庭ライブ」軽音楽部
 ・5月3日(水・祝)「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演します!
 ・「春の中庭ライブ2017」軽音楽部
 ・「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演しました(軽音楽部)
 ・動画アップロード(軽音楽部)
 ・軽音楽部機材到着2017夏
 ・軽音楽部夏合宿2017
 ・2017夏 軽音楽部合同ライブ(横須賀学院×横浜×湘南学院×関東六浦)
 ・軽音楽部機材到着2017秋&「LIVE in Mutsuura」へのお誘い
 ・今村慎太郎さん(Drums)来校@軽音楽部 ※本記事

◎軽音楽部2016年度の活動(KGMブログ)

 

 


生物部の活動(アジア湿地シンポジウム2017)

本日は11月7日(火)から9日(木)に開催された「アジア湿地シンポジウム2017(佐賀市)」に参加した生物部の様子をお伝えいたします。

11月7日(火)〜9日(木)に佐賀県佐賀市で開催されました「アジア湿地シンポジウム2017」に、生物部の3名が参加しました。この国際シンポジウムは、20以上の国と地域から多くの学者や環境保護団体が集い、干潟や湖沼、河川などの水域に関する事例報告や意見交換を行うものです。本校生物部は昨年の8月、鳥取県米子市で開催されました「ラムサールシンポジウム2016」に参加し研究発表を行った関係で、今回は主催団体の方から声をかけて頂き参加しました。

11月7日(火)6時に羽田空港で集合し、10時半には会場の「ホテルはがくれ」に到着しました。到着後から16時まで、各国のプレゼンテーションを聞きました。シンポジウム全体での公用語は英語です。発表もほとんど英語で行われました。同時通訳のイヤホンを借りましたが、すべてを訳してくれるわけではなく、集中力が必要でした。
時間とお小遣いの節約のため、夕食は周辺のスーパーの惣菜で済ませ、早々に次の日の英語での発表に向けての準備に取り掛かりました。8日(水)にユース(大学生や高校生の会)のプログラムで「懇親会」がありそれに参加する予定でしたが、到着してすぐに「懇親会は討論会に変更」と告げられ、驚きました。かなり遅い時間まで、自分たちの主張を英語でどう表現するのかなどを真剣に話し合いました。

8日(水)の午前中は、各国の高校生や大学生のプレゼンテーションを聞きました(同時通訳はありません)。午後は、いよいよ本校が参加する討論会とポスターセッションです。討論会には5年生が参加しました。25名ほどの参加者の中で日本人は3割ほどで、他はインド、中国、タイ、ロシア等の大学生や高校生でした。インドや中国の生徒は積極的で、日本の生徒はおとなしく日本語しか話さなかったのですが、参加した5年生の生徒は何度も挙手し、堂々と英語で自分の意見を述べていました。


その後のポスターセッション(発表内容を書いた模造紙を貼り、その前で興味を示してくれた人に説明する)では、5年生と3年生の生徒が活躍しました。2人とも海外の方に英語で、発表内容を伝えることができました。本校のポスターの題名は「The tideland which was left in the city "HIRAKATA-BAY"」です。ポスターセッションの見学者は金のシールを4枚ずつ渡され、気に入ったポスターの上に貼ることになっています。本校のポスターは11枚のシールを獲得しました。主催団体の方やユースの会の大学院生、インドの女子生徒、沖縄の自然保護団体の方など、シールを貼ってくださった皆様、ありがとうございました。非常に励みになりました。


9日(木)は、有明海を見学するプログラムに参加しました。普段接している平潟湾と違い、広大な干潟に感動しました。シャコを見つけた生徒は、大勢の参加者に取り囲まれ、写真攻めにあっていました。
羽田空港に到着したのは23時でした。「明日は意地でも遅刻しない」と誓い合い、解散しました。


今回の件は、事前の準備も含めて3人の生徒にとってとても良い経験となりました。やり遂げたという達成感を得ることができ良かったのですが、それ以上に世界のレベルの高さを実感できたことが大きかったと思います。

○今回の生物部の発表内容
平潟湾は、浮世絵に描かれるほど風光明媚な海だったが、次々に埋め立てられていきました。昭和30年代、生活排水などで汚染され、国内の水域でワースト1になるほど汚れてしまい、生物が全くいない状態になってしまった。現在では住民や行政の努力で水質はかなり改善され、生物が豊富な海となったが、今でも少し掘れば古いヘドロが出てきます。平潟湾は、「最悪の環境破壊があっても復活することができる、しかし完全に元に戻すことは難しい」ということを示してくれる、貴重な干潟である。私たちは平潟湾の調査を通して、都会の中に奇跡的に残された、この小さな干潟をアピールしていきたい。 
(生物部が60年間で確認した生物一覧表を添付しました)


ダンス愛好会 〜神奈川県青少年ダンス発表会〜

本日は、ダンス愛好会が出場した大会の様子をお伝えいたします。

11月5日(日)、第52回神奈川県青少年ダンス発表会が開催され、ダンス愛好会の4年生3名と1年生1名の混合チームが参加しました。10月29日(日)に行われたリハーサルで、当日の立ち位置や照明など念入りに確認して臨みましたが、アップ会場から楽屋、舞台袖と移動するうちに緊張は高まっていきました。しかし、本番が始まり、大勢の観客の前に立つと、いつものように伸び伸びと踊っていました。


日頃の練習の成果を、大勢の人の前で発表できた喜びと満足感で終わった後の部員たちは皆笑顔でした。
そして、これからも見る人が楽しくなるようなダンスができるようこれからも頑張ろうと誓い合っていました。ダンス愛好会の今後にご注目下さい!!


軽音楽部機材到着2017秋&「LIVE in Mutsuura」へのお誘い

 

もうまもなく六浦祭です!

今年の六浦祭のテーマは「YOLO 〜一度きりの人生だ〜」(YOLO = You Only Live Once)です。

軽音楽部も六浦祭のLIVE in Mutsuuraに向けて準備を加速しています。

先日も六浦祭に向けた新しい機材が導入されました。

今回はドラムヘッドを新しくします!
また照明機材を強化します!

六浦祭では一段と盛り上がるステージを楽しめることと思います!

 

2017年度の六浦祭(文化祭)は10月27日(金)・28日(土)の開催です。
軽音楽部だけでなく、演劇部・吹奏楽部などめ多くの文化部が発表や展示をいたします。
また学年による展示・催し物、有志団体の模擬店、イベントステージ、関六エンタもあります。
多くの皆さまのご来場をお待ちいています!

もちろん、軽音楽部のLIVE in Mutsuuraへのご来場をお待ちしています!!

 


◎軽音楽部2017年度の活動(KGMブログ)
 ・【お知らせ】新入生歓迎「春の中庭ライブ」軽音楽部
 ・5月3日(水・祝)「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演します!
 ・「春の中庭ライブ2017」軽音楽部
 ・「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演しました(軽音楽部)
 ・動画アップロード(軽音楽部)
 ・軽音楽部機材到着2017夏
 ・軽音楽部夏合宿2017
 ・2017夏 軽音楽部合同ライブ(横須賀学院×横浜×湘南学院×関東六浦)
 ・軽音楽部機材到着2017秋&「LIVE in Mutsuura」へのお誘い ※本記事

◎軽音楽部2016年度の活動(KGMブログ)


聖歌隊 

本校聖歌隊が、関東学院教会の賛美礼拝に参加しました。

聖歌隊

 関東学院大学構内にある関東学院教会が、追浜に「追浜チャペル」を建てて4周年を迎えました。そのことを記念して、「秋の特別賛美礼拝」が9月24日(日)に行われました。そこで、本校聖歌隊が礼拝に参加させて頂き、讃美歌曲圍隠僑携屬痢屬錣譴鬚發垢いし」と讃美歌曲圍隠毅携屬痢屬海寮い里覆澆ぜさわぎ」を賛美しました。
 礼拝の後、教会の方々が「とても良かったです」「また是非来て下さい」と、大変喜んで声をかけて下さいました。この日は、104名の方が礼拝に出席されました。地域の方々と共に賛美礼拝を守れたことを感謝いたします。
 日ごろ、多くの方々に支えられ活動出来ることを感謝し、今後も奉仕活動していくことができたらと思っております。(聖歌隊顧問)


化学部 夏休みの活動〜横浜薬科大学〜

本日は夏休みの化学部の課外活動についてお伝えいたします。
国立科学博物館見学についてはこちらをご覧ください。

今回は横浜薬科大学のオープンキャンパスに化学部として参加してきました。
オープンキャンパスに参加したのですが、本校化学部のための特別プログラムを用意してくださいました。


初めは学校概要についてなどを他の参加者と一緒に聞きました。
薬学や薬剤師に関することが聞けてとても参考になりました。

その後、化学部だけ別の実験室に通されました。
用意してくださったのは「科学捜査に用いられる化学反応を体験してみよう」ということで、ニンヒドリン反応(指紋の検出)とルミノール反応(血痕の検出)でした。
部員は積極的に実験に取り組んでおり、目の前で起こる化学反応に驚き、楽しんでいました。



その後、食堂にて昼食を食べました。


午後は、色々な研究室の見学でした。
薬剤師になるための「模擬薬局」や実験で用いるラット、研究室兼実験室など、普段見ることができないものに部員たちは興味津々でした。
また、図書館と展望室も見学させていただきました。
展望室からの眺めは絶景でした。


最後にアンケートと大学の方からのお話があり、終了しました。

実験実習だけでなく、色々な経験をさせていただいて非常に有意義な課外活動でした。
部員たちにとって、これから六浦祭に向けて実験などの準備をしていく際の参考になったと思います。


化学部 夏休みの活動〜国立科学博物館〜

本日は夏休みの化学部の課外活動についてお伝えいたします。

毎年化学部は、夏休みや春休みなどの長期休暇のときに近隣の科学館や博物館に見学に行きます。
行先は部員が調べ、顧問と相談した上で決定します。
今年は上野にある「国立科学博物館」に行きました。
目的は、科学に関する知識を増やすことはもちろんのこと、六浦祭で発表・展示する際の参考にするためです。

横浜駅で集合し、上野に向いました。
当日は夏休みということもあり、館内は非常に混雑していました。
最初は部員全員で化学に関する展示の多いフロアを一緒に回りました。
先輩が後輩に教えたり、展示内容を一生懸命読んだりしている姿が印象的でした。
途中、昼食をはさんで15時の解散まで館内を回りました。



部活動に関してだけでなく、多くのことを学べたと思います。
化学部の活動や六浦祭の発表・展示だけでなく、これからの理科の授業でも役に立ててくれると嬉しいです。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode