「六浦のホットすぽっと」 中庭のメタセコイア 【ほぼ週刊SCS】

今回は中庭にある大きな記念樹を取材しました。いやー、大きいっすね。


根元の近くには二つの石ころが置いてありました。16期と17期の卒業生が残していったもののようです。
片方には1969と年号が書いてありました。結構古いですね。


生物学に疎い我々scsは今回は本校の生物の先生にこの記念樹についてお伺いしました。
——記念樹の木の種類とその特徴について教えてください。
メタセコイアといいます。グループとしては裸子植物で、イチョウやスギなどの仲間であり、特にヒノキに近いです。
恐竜が現れる前後からいたと思われます。化石しか見つからず昔は絶滅したと言われていた木なんですけど、中国で種子が見つかり今ではあちこちで見られます。


——ということは記念樹の祖先は?
そういうことでしょうね。だいたいは中国と日本は気候が同じで、大昔は陸続きだったのでバイオームは同じって去年(生物基礎で)勉強しましたよね?

——多分(笑)
落葉しますので、これから秋にかけて葉が茶色くなって落ちてしまうんですけど、それは冬だからで、枯れてるわけではないんです
寒くなると、根から水が吸収されなくなるので葉を落とし、蒸散を少なくするんです。スギやヒノキは落葉しないんですけどこれ(メタセコイア)は落葉します。


——樹齢はどのぐらいなのでしょうか?
かなり樹齢は高いと思います。何年か前から、4階と同じぐらいの高さの葉がつかなくなっており、上の枝が落ちてくると危ないのでエコロ(本校で校舎や庭の清掃をしている業者)さんが上の部分を切りました。大学のフォーサイト前にも1本メタセコイアが生えていますが、この記念樹の方が古いと思います。


——健康状態はやはり良くないのでしょうか?
あまり良くないと思います。2号館を建て替えるときに周りの土を掘ったことで、囲いができてしまっているので、根が十分に伸びきらないのではととても心配しています


——先生、ありがとうございました。

なお、先日の台風での塩害も心配されるとのことです。
僕たち生徒は毎日この木を見て過ごしていますが、5年ともなると感じるものがあります。来年もまた葉をつけて元気な姿を見せてほしいですね。


(SCS5年 I) 


1・2年生対象の大学連携理科実験教室

9月29日(土)、今年度2回目の「1・2年生対象大学連携理科実験講座」が行われました。


この講座は、関東学院大学の実験室で大学の機材を使い、大学の先生に教わりながら本格的な実験を行うものです。
毎回2つの講座が用意され、それぞれ希望した生徒が集まります。今回は「コンピューターの基礎〜ディジタル演算」の講座の様子をお伝えします。

この日の先生は、関東学院大学理工学部情報学系の教授の方です。先生は人工知能、知能ロボティクス、ソフトコンピューティング、ニューラルネットワークなどを専門にされています。まさに時代の最先端の研究です。


この日の授業では「E-Station」という電気、電子の学習ができる実験キットを使って、コンピューターの元になっているディジタル回路を作成し、その動作を観察する実習を行います。
「E-Station」はブレッドボードという基盤に簡単に電子回路を組み立てることができ、それにつなぐ電源、電流や電圧を測定するオシロスコープまでがセットになった便利なキットです。大学生の基礎的な学習にも用いられているようです。実際に接続しながら、「E-Station」の基本的な使い方を学んでいきます。


先生から基本ゲートであるNOT,AND,OR回路について学び、それを組み合わせたNAND回路やNOR回路についても教えてもらいました。これらの回路を膨大な数組み合わせて、パソコンやスマホができているそうです。


話はちょっと難しかったですが、いよいよ実験です。NOTゲート,NANDゲート,デコーダ回路(メモリ素子の元)のいずれかを選んで回路を作ります。プリントや見本の回路を見ながら組み立てます。作業に入ると、みな無言で黙々と作業に没頭していました。



時間が足りず、完成した生徒は少なかったですが、回路の動作をお手本の回路を使ってみんなで確認しました。完成した生徒も少しの組み間違いで、正しい結果が得られなかったようです。正確さが問われる緻密な作業でした。


本校でもクロームブックが導入されたり、授業でプログラミングが扱われるようになったりと、ICT機器にふれる機会が増えています。将来関東学院大学に進み、エンジニアとして羽ばたく生徒が現われることを楽しみにしています。


「Boys, be ambitious」〜創立記念礼拝(中学)〜

関東学院は今年で134周年を迎えました。先日も本ブログでお伝えした通り、先週の4日(木)および5日(金)は本校も創立記念礼拝を捧げました。4日(木)の中学生の礼拝では、関東学院六浦小学校の石塚教頭先生から「Boys, be ambitious」というテーマで説教をいただきました。全文を紹介します。

 

 

----------

 

 

今日は、創立記念にあたり、北海道大学の前身である札幌農学校で教えられた有名なクラーク博士の「Boys、be ambitious!」の由来と、それが、関東学院とどういう関係があるかをお話します。


1876年(明治9年)8月、明治新政府は、北海道に、札幌農学校を創立しました。その時の北海道開拓長官は、黒田清隆でした。陸軍中将でした。黒田長官は、農学校の施設、運営、教育の実際に当たる人物を、アメリカに求め、マサチューセッツ州立農学校の校長であったウィリアム・スミス・クラークを招聘しました。彼は、南北戦争に従軍して陸軍大佐になった人です。

 

こうしてクラーク博士は創立の前月、1876年7月、横浜に上陸し、品川から玄武丸という船に乗って、北海道に赴任したのです。小樽港に上陸し、そこから陸路、札幌に行くのです。

 

玄武丸の中には、第一期生として選ばれた学生と、黒田長官が一緒に乗っていました。船中で、黒田長官はクラーク博士に聞きました。「この度の新設の学校の目的は、人格の高い人物を養成するのが第一でなければならないと思うが、それについてあなたはどういう方針を持っておりますか。」すると、クラーク博士はこう答えたのです。「私は、キリスト教以外に最高の道徳はないと思います。ですから、この新設の学校においては、精神教育の根底をキリスト教に、即ち、聖書において教育しようと思います。」これに対して、黒田長官は「それは困る。日本には儒教があり、神道があります。何を好んで外国の宗教を取り入れる必要がありますか。キリスト教を入れることは許しません。」と反対したのです。クラーク博士は、それに対して、キリスト教の教えを懇切丁寧に説いたのです。しかし、議論を闘わせてもお互いになかなか譲りません。一方は陸軍中将、他方は陸軍大佐、二人とも軍人です。その信じるところを曲げない。とうとう、船は小樽について、いよいよ札幌へと陸路を行くことになりました。


開校が迫っているのに、まだ決定しない。そこでクラーク博士がこう言ったのです。「私が教育の根底に聖書を教えることができなければ、就任をお断りし、これから引き返して、アメリカに帰ります。」黒田長官は「開校は来月に迫っている。今、あなたに帰られては、開校ができない。・・・・・・・・仕方がありません、それでは、聖書を教えることを許します。しかし、あまり大げさにやらないように・・」と言って、とうとう折れたので、札幌農学校は予定通り開校することになったのです。

 

開校式の日に、学生がその式場に行ったら、一人ひとりの机の上に分厚い聖書が一冊ずつ置いてありました。それは、クラーク博士が横浜で英語の聖書50冊を買って持ってきたのでした。授業の前に聖書講義をもって始めたということです。もちろん、クラーク博士は農学を教えるために来たのですから、植物・動物・生物学、それから土壌学など、その方面に関する所の豊かな知識をもって教授されました。しかも、「それを運用する所の人物が、キリスト教の精神によって養成されたのでなければ、そのサイエンスを人間のために立派に役立たせることはできない」と言う確信をもって教えたのです。

 

教えること8か月。3月に契約期限が終わり、クラーク博士はいよいよアメリカに帰ることになりました。1877年(明治10年)4月16日、北海道室蘭を経由してアメリカに帰る事になったので、その日、学校の職員と学生が馬に乗って見送ったのです。島松という所に来ると皆は馬から下りて休憩しました。しばらく休んだのち、クラーク博士は学生一人一人と堅い握手をかわし、再び馬に乗りました。そして、「Boys, be ambitious!」の一言を残し、馬に鞭を当てて、森の陰に消えていったのです。これがあの有名な「青年よ、大志を抱け。Boys, be ambitious!」の由来です。

 

クラーク博士はアメリカに帰る前の月に、「イエスを信じる者の誓約」を英文で作成しました。その中には、キリスト教の大切な信仰を箇条書きにしてあり、「われわれはこれを信じ、この約束を守る」と書き、クラーク博士は一番先に署名し、それから学生に順々に署名させたのです。その時に15名が署名しました。クラーク博士はそれを置いてアメリカに帰ったのです。第一期生15名が署名し、それから、内村鑑三、新渡戸稲造らが第二期生として札幌農学校に入学し、その誓約に署名をしたのです。

 

クラーク博士から直接教えを受け、「Boys, be ambitious!」の言葉を直接聞いた第一期生の渡瀬寅次郎が、関東学院の前身である東京学院の初代院長になりました。坂田祐が東京学院に入学したのは、渡瀬寅次郎が院長を退任した2年後のことでした。1904年(明治37年)4月のことです。その年の2月、日本とロシアの戦争がはじまり、兵役にあった坂田は、この高等科で学ぶこと2か月で戦争に行くことになりました。そのために、高等科を卒業することができませんでした。日露戦争が終わり、坂田は日本に帰り、高等学校に入学するための資格を得るために、今度は東京学院の中学部に入学しました。続いて第一高等学校に入学し、ついに東京帝国大学に入学し、1915年(大正4年)にこれを卒業し、母校東京学院の教師とのなったのです。そして、1919年(大正8年)、坂田は横浜に中学関東学院を創立したのです。


坂田祐は「Boys, be ambitious!」の教育を受けた渡瀬寅次郎が創立の院長であった東京学院で学び、「Boys, be ambitious!」の精神の下に、第二期生として学んだ新渡戸稲造が校長であった第一高等学校に入学し、新渡戸の教えを受け、「Boys, be ambitious!」の精神の下に教育された内村鑑三の門に入って、聖書を学んだのです。このような経歴を持った坂田祐は、横浜の関東学院創立の責任を担うことになり、内村鑑三から親しく指導を受けたのです。

 

中学関東学院を横浜に創立する時に、「キリスト教を表面に掲げては学校が発展しないから、中学校としての特典を有する普通の中学校としてやった方がよいのではないか」と言う意見がありました。なぜそういうことになったかというと、1899年(明治32年)に、政府が文部省訓令第十二号をもって普通の中学校並びに高等女学校が、宗教を教えたり、宗教の儀式をやったりすることを禁じたからです。しかし、坂田は「普通の中学校としての特典が得られなくとも、キリスト教を正面に掲げてやらなければ真の教育ができない」と主張し、関東学院中学校ではなく、中学関東学院として創立したのです。それ以来、変わらず、戦争中も、逆風の中にあっても、キリスト教を正々堂々と掲げ、聖書を道徳の根底として生徒たちを教え・導いてきたのです。


太平洋戦争が終わった後、学校教育に宗教教育の自由が与えられました。坂田祐をはじめとするキリスト教学校の校長たちは、文部大臣に申請して、長い間、キリスト教学校を悩ましてきた文部省訓令第十二号を撤廃してもらいました。その時の文部大臣は前田多門で、内村鑑三の弟子でした。

 

今、関東学院は、政府の学校と同等の資格、特典を与えられ、その上に、自由に聖書を教え、キリスト教の儀式ができるのです。皆さんは、関東学院六浦中学校に入学し、一人一人は聖書を手にしています。これは、学校の建学の精神の土台は聖書にあることを知ってもらい、理解してもらい、聖書によって人格を養っていくためです。関東学院の建学の精神はキリスト教の精神です。この建学の精神を具体的に表現するために「人になれ 奉仕せよ」の二つの言葉を校訓と定め、創立以来99年、これを強調してきたのです。その根底である土台はイエス・キリストです。皆さんが、この建学の精神に堅く立ち、「人になれ 奉仕せよ」の校訓の実現に努力されるよう希望し、このために祈るものです。


中学理科実験【1年生:浮力の実験】

1年生は化学分野の中の「浮力」について実験を行いました。浮力については何となく分かっている生徒がいる中、完璧に理解できている生徒が少なくないようでした。実験をし、注意深くデータをとり実験に臨みました。



実験には2種類の形状が同じで質量のことなる物体を使用しました。浮力は質量に影響されるのか、体積に影響されるのか浮力を求めて考察してました。実際に実験をしたことで多くの生徒が浮力について理解を深めたように思います。これからも「自分の目で見ること」を大切にし実験を行っていきたいと思います。


創立記念礼拝をまもりました



毎年、10月6日の創立記念日を前に、本校の生徒たちは創立記念礼拝をまもります。
10月4日(木)、中学生が創立記念礼拝をまもりました。

1884年10月6日、横浜山手の地に横浜バプテスト神学校が創設されたのが関東学院の起源です。以来、本学院はキリスト教の精神を教育の根底におき、校訓「人になれ 奉仕せよ」を掲げて教育活動を行ってきました。

本校では毎年、創立記念礼拝をまもり、私たちが集う関東学院の歴史に触れ、この学校がある意味、この学校での学びで本当に大切なことは何かを考える時をもちます。



中学生の礼拝では、関東学院六浦小学校の石塚武志教頭に「Boys be ambitious」と題してお話をいただきました。
誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「Boys be ambitious(少年よ 大志を抱け)」。現在の北海道大学の前身「札幌農学校」創設に大きく関わったウイリアム・スミス・クラーク博士の言葉です。

クラーク博士の教えのもと、キリスト教の精神をもとに教育活動を行った札幌農学校は、その後の日本の教育の発展に大きく寄与する人材を多く輩出しました。その1期生である渡瀬寅次郎は卒業後、関東学院の源流のひとつである東京中学院の校長を務め、関東学院の発展に関わっていきます。

太平洋戦争以前は、宗教をもとに教育を行うことができませんでした。しかし関東学院は、キリスト教をもとにした教育を実践し続けるために力を尽くしました。

先人たちの努力と熱い思いがつまった関東学院。
創立記念日にあたり、改めて、校訓「人になれ 奉仕せよ」を考える機会となりました。

本日5日(金)は、高校生が創立記念礼拝をまもります。
説教いただくのは、関東学院学院長の小河陽先生です。


[中学入試]オープンキャンパス(10/13)のご案内



オープンキャンパス2018(事前申込制)
とき 10月13日(土)9:00〜12:00


プログラム
・礼拝体験
・吹奏楽部によるミニ演奏会
・授業体験
・クラブ体験
・校長による講演会(保護者対象)

授業体験やクラブ体験を通して、関東六浦の魅力を感じてください。授業体験では、本校の授業だけでなく、併設する関東学院大学の先生方による授業もあります!他ではなかなか体験できない授業ですので、楽しみにしてください。クラブ体験では、先輩のお兄さんやお姉さんが優しく教えてくれます。保護者の皆様は、体験プログラムの様子をご覧いただくことができます。また、保護者の皆様向けに校長による講演会も予定しています。

授業体験


クラブ体験


校長による講演会
5月から8月に行った「ミニ説明会」では毎回、本校が今取り組んでいる教育の背景にある考え方について校長より説明させていただいておりますが、オープンキャンパスでは校長の講演として、詳しくお話をさせていただきます。予定している内容は以下の通りです。
仝什漾国が進めている新しい指導要領の根幹にある今の教育課題について
⊂学校6年生以下の大学入試について
今なぜ、あらためて英語教育なのか……社会背景を数値的に眺めて
に楾擦凌靴靴ざ軌蕕亮太錣箸靴董脹儻豢軌蕁∪莇酖ICT環境とe-learning活用による学習の個別的効率化について
イ修梁

事前の申込について
・オープンキャンパスは事前申込制です。
・事前申込はこちらのページで受け付けています。
・児童の皆さんは授業とクラブ両方を体験していただきます。お申込みの際には、授業体験・クラブ体験それぞれから1つずつ選んでお申込みください。
・インターネットによる事前申込は、10月12日(金)正午まで受け付けます。これ以降の申込は、オープンキャンパス当日の朝8:20から受付にて承ります。

**********
オープンキャンパスに関するお問い合わせ
Tel:045−781−2525(広報部 野本)


1年生 社会見学



9月28日(金)、1年生は横浜へ社会見学に行きました。
予定されていた9月21日(金)の天候が悪かったため、順延しての実施となりました。

当日は、桜木町・石川町に集合し、班員が揃ったところから、カメラの準備をして見学スタートです。
午前と午後に行くところを班毎に決めており、チェックポイントを通って先生からチェックをもらいます。パンフレットの中に見学する施設に関する問題が載っているので、生徒たちはひとつひとつ確認しながら見学していました。

天候に恵まれたこともあり、昼食は山下公園で済ませました。なかなか屋外で昼食をとる機会がないからか、生徒達はとても楽しそうでした。午後も様々な施設を見学した後、最後は横浜スタジアムに集合して見学終了です。

すでにお昼頃に疲れが出ている生徒も少なからずいましたが、生徒たちは充実した一日を過ごしていました。

この横浜社会見学の中で、生徒達にはあるミッションが課せられていました。それは、「横浜発祥のもの」についての紹介動画を撮ることです。この紹介動画は、10月26日(金)&27日(土)に行う六浦祭(文化祭)で発表を行う予定です。ぜひ、発表をご覧ください。


鉄道研究部 鉄道模型「高校日本一」インタビュー【ほぼ週刊SCS】

「高校鉄道模型コンテスト」、それは日本全国の高校にある鉄道、地理部門の部活が模型を作り日本一を争ういわば「鉄道模型の甲子園」です。本校鉄道研究部は毎年、最優秀賞である「文部科学大臣賞」を目指し作品を制作、発表していました。そして今年、2010年以来2度目となる文部科学大臣賞を受賞しました!今回は日本一の模型を作った製作チームへのインタビューを内容を紹介します。




――今回の作品、タイトルを教えてください。


「タイトルは『和の街〜京の風物詩〜』です。」

――京都の街並みをテーマにしたとのことなのですが、どのような経緯で京都の模型を作ることになったのですか?


「今年は日本らしい風景を模型にしたいと思いました。最初は川沿いの桜、春祭り、お花見と川などいろいろな案が出ました。春の京都って案もあったんですけど・・・華やかさを大事にするために祭りを中心にしました。」




――製作期間はどれくらいですか?


「だいたい4〜5ヶ月です。特に設営の1週間前から前日に集中して製作しました。」

――お客様や審査員の方からのコメントで特に印象に残ったことを教えてください。


「審査員さんから『1位から3位まではどれも僅差でしたが、華やかさではこれが一番良かった』と言われたときは本当にうれしかったです。細かい点から雑な点まで色々ありましたが、勢いで乗り切ったなぁというのが正直な感想です。」




――今回は3度目の優勝とのことですが、過去他校ではどのような部活が優勝したのですか?


「地理部や歴史部など、鉄道とはあまり関わりのないような部活が多かったです。女子校が優勝することもありました。やはり作りの細かさ、ストーリー性のあるものが優勝につながるのかなと思いました。」




――最後に感想と、来年の全国大会に向けた意気込みをお願いします。


「作った側じゃなくて観る側を意識していきたいです。最優秀賞をとったからと作品をそのままにせず、見本として細かく分析し、次のコンテストに向けて良いジオラマを作りたいです。」「アイデアを集めて結果良い賞がとれたから、来年も表現したいものを大事にしつつ今年得た経験を活かしていきたいです。」「見れば見るほどスキのないような模型を製作します!そして2連覇を目指します。」


鉄道研究部は、11月にドイツ・シュツットガルトにて行われる「ヨーロピアンNスケールコンベンション」に出場します。来年も素敵な作品を楽しみにしています。




(SCS4年 U)


中学女子バスケットボール部 私学大会で第3位



夏の総体予選を終え、3年生がユニホームを着る最後の大会である神奈川県私立中学校バスケットボール大会が、8月25日から行われ、本校中学女子バスケットボール部も出場しました。3年間の集大成として全てを出し切り、笑顔でプレーするため「言い訳なし!!全員バスケット」を心に1戦1戦を全力で戦いました。



他チームに比べ人数も少なく、1日に2試合勝ち上がることは楽なことではありませんでしたが、仲間のために頑張り続けること、諦めない粘り強さを武器にコートに立つ5人とベンチ、そして沢山の応援団と共に戦いに挑みました。

準決勝は第1シードの相模女子大学中学部。全国大会に出場している強豪校相手に、どこまで戦えるか期待を胸に果敢に挑みましたが、全国の壁は高かった…。力及ばず敗退しましたが、自分達のプレーに対して、確実に手ごたえを感じ下を向くことなく3位決定戦へ回りました。相手は横浜山手中華学校。保護者・男子部員たちの多くの声援に力を貰い、去年のリベンジを果たしました。ど根性軍団であるこのチームは戦い続け、「全員バスケット」で見事3位になることができました。

成長した選手たちは、とても良い顔でラストブザーを迎えることができました。今までの経験がプレーとして結果に繋がった、逞しい姿を見ることができました。



これからも支えてくださっている全ての方に感謝すると同時に、3年生は高校チームへの挑戦が始まり、1年生、2年生は新チームでの戦いが始まります。諦めることのない、挑み続ける強さを大切にこれからの更なる成長を楽しみにしています。最後に沢山の応援とサポートをくださった方々に、心より感謝いたします。

大会結果
1回戦 〇 本校107 対 合同2 ●
2回戦 〇 本校71 対 桐光学園14 ●
3回戦 〇 本校69 対 関東学院28 ●
準決勝 ● 本校34 対 相模女子大学56 〇
3位決定戦 〇 本校66 対 横浜山手中華50 ●


第3回関東六浦女子剣道錬成大会を行いました。

9月16日に本校の体育館において『第3回関東六浦女子剣道錬成大会』が行われました。今大会は小学3〜6年生の79名の選手が出場しました。



金沢区を中心に始まったこの大会も現在では神奈川県の多くの道場・剣友会にご参加頂いており、関東学院としても中・高・大の剣道部が連携をして運営している大会です。試合はまず予選リーグを行い、上位2名が決勝トーナメントに進出し順位を決めました。



どの会場からも大きな声で試合をする女子剣士たちがいました。リーグを終え、決勝トーナメントを勝ち抜いた選手は8試合を戦い抜きましたが疲れを見せず元気な試合をしている姿が印象的でした。



現在の小学6年生が中学3年生になると神奈川県が開催県となる全国大会が行われます。この大会に出場した選手たちがさらに成長し4年後も活躍してくれることを祈るばかりです。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode