インターアクト部 台湾の学生と交流&募金活動

インターアクト部は、世界で活動するロータリークラブに支えていただきながら活動しています。7月30日と31日は、訪日された台湾のロータリークラブに所属するインターアクター(インターアクトの活動をする者の呼称です)と共に2日間、活動しました。

30日は、日本ののインターアクターたちとともに、サマーミーティングに参加し、特に幹事校である桐蔭学園中等教育学校のインターアクト部の生徒たち主導で行われた貿易ゲームに熱中しました。物品の売り買いに留まらず、募金活動、技術の売買、等を行うことによって、国の利益が変動していきます。日本の学生だけのチームと台湾の学生を含んだチームがありましたが、台湾の学生との合同チームのうちの1つが見事に第1位を獲得しました。このチームのなかには、この2日間だけ助っ人として参加した4人の高校生のうちの1人がいました。



31日は、金沢文庫駅前で募金活動を行いました。暑いなかでしたが、皆さんご協力くださり励まされました。集まった募金は、横浜金沢ロータリークラブから7月はじめの九州北部豪雨災害の復興のために関係機関へ送られます。夕方は金沢八景シーパラダイスで楽しい時間を過ごしました。台湾への進学を考えている本校の生徒は、積極的に中国語で話しかけ楽しさと学びの豊かさを経験できる時間となったようです。


軽音楽部夏合宿2017



軽音楽部では毎年2回、夏休みと春休みに校内合宿を行なっています。
この2017年の夏合宿は、8月16日(水)〜19日(土)に実施しました。
本ブログでは合宿2日目の様子を紹介します。
写真は朝のウォーキングに出発するところです。
その後、朝食をとり、練習開始です。



今回の合宿では、計11のバンドが練習に励みます。
そしてこの合宿は夏休みの合同ライブ、また秋の六浦祭に向けて実力をつけていくための合宿です。
またその成果は最終日の発表会でも試されることとなります。
なお練習のためのアンアンブル室は、中学美術室(メイン)と軽音楽部部室(サブ)の2部屋を設けています。
写真は中学美術室のアンサンブル練習の様子です。



午前中の練習を終え、昼食の時間となりました。
合宿期間中は例年、生徒食堂にお願いしています。
とても美味しくいただきました!



昼食後も再び練習です。
どのバンドもかなり真剣に、また集中して練習に取り組んでいました。
各バンドとも合宿最終日の発表会に向けて最大限の取り組みをしています。



合宿2日目の午後の練習が終わりました。
なおこの日は、引退した上級生と卒業生が応援に駆けつけてくれました。
後輩にアドバイスをし、大きな励ましとエールを送りました。
この合宿によって技術面でのな向上を特に期待したいところです。
そしてもちろん、最終日の発表会では最高の演奏ができることを期待しています!!

◎軽音楽部2017年度の活動(KGMブログ)
 ・【お知らせ】新入生歓迎「春の中庭ライブ」軽音楽部
 ・5月3日(水・祝)「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演します!
 ・「春の中庭ライブ2017」軽音楽部
 ・「ティーンズステージ〜高校生フェスティバル」に出演しました(軽音楽部)
 ・動画アップロード(軽音楽部)
 ・軽音楽部機材到着2017夏
 ・軽音楽部夏合宿2017 ※本記事

◎軽音楽部2016年度の活動(KGMブログ)

 


中学ラグビー部 合宿報告

中高ラグビー部は、秋本番のシーズンを前に毎年長野県の菅平高原にて夏合宿を行います。

この菅平高原はラグビーのメッカでもありグランドが100面以上、

ラグビーチームは必ずこの菅平で合宿を行い強豪校との試合や練習をしています。

 

●中学ラグビー部(8/6〜8/10)

 

中学ラグビー部は、8/6から菅平に上がりました。

翌日から強豪校との試合が毎日組まれており、部員達は少しコンディションを整えるのが大変でしたが、

大きな怪我もなく試合をすることができました。

今年は、雨模様の天候が続きましたが、試合中心の活動となり、強豪校と7試合を行いました。


対戦相手:
関西大学北陽中学校(大阪) 城西川越中学校(埼玉) 天理中学校(奈良) パイレーツ(関東選抜)  
東海大仰星中等部(大阪) 明治大学中野八王子中学校(東京) 静岡聖光学院(静岡)  以上7チーム

 

結果的には、普段は対戦できない関西の強豪校と多く試合をすることで、よりチーム力を向上することができました。

中学1年生もたくさん試合を経験することができ、1人1人成長することができました。

この合宿では、チームの課題も見つかりましたが、試合を重ねるごとに精神面でもチームの成長を見ることのできた

実りある夏合宿だったのではないかと思います。

 


カナダ研修 ビクトリア

【Day 13】
この日は、昼食後Fort Rodd Hillという19世紀に使用されていたBC州の軍の施設に行きました。
要塞や灯台、大砲などの施設があり、自由に見学できます。
敷地自体も広大で、公園としても利用されています。
ここで生徒たちは小さいグループに分かれて、各々ポイントを回って見学しました。
授業の一環で、ゴミ拾いをしているグループもありました。
この日は、平日にも関わらず海辺で結婚式も行われていました。

写真を見てお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ数日のビクトリアは晴れてはいるものの、青空が見えることが少なくなってきました。
これは、最近BC州で多発している山火事が原因で、煙が風に流れて街までやってきた結果、曇りのような真っ白の空になっているということだそうです。
テレビでも連日消火活動のための資金を集めるCMが放送されています。



【Day 14】
ビクトリアでの生活も終盤に差し掛かり、少しずつ生徒たちの間でも終わりを意識した言動が目立ってきたように感じます。
早く帰りたい(主に食べ物が原因)という声もあれば、離れるのが寂しいという声も聞こえてきます。

【Day 15】
SMUSで過ごす最終日は、イベントが盛りだくさんでした。
午後には毎週金曜日恒例のCelebration of Learningがあり、今週は歌や自作の物語・ウェブページの発表、キーワードとなる英単語を使った例文の発表、学校の近くの海辺で拾ったゴミでオブジェを作成したりと様々な成果が披露されていました。



発表が終わると、Student of the weekの発表(残念ながら今週は本校の生徒は選ばれず)、そして今週でプログラムを修了する生徒にCertificate(修了証)が授与されました。
会が終わると、中庭で別れを惜しむ子どもたちの写真撮影タイム。
朝から晩まで一緒に過ごした仲間と記念撮影に勤しんでいました。



本日のメインイベントの2つ目は、Dragon boat puddling。
長細いボートに約20人が2列に並んで座り、一斉にパドルを漕ぐというもの。
みんなの息が合わないと左右に大きく揺れたり速度が上がらないため、チームワークが要求されます。
カナダでしかなかなか味わうことのできない貴重なアクティビティでした。(写真はイメージ)


【Day 16】
この日はビクトリアからバンクーバーへの移動日。
朝7時に集合をかけましたが、遅刻する生徒もちらほら…。
朝学校で集合写真を撮ろうなんて言っていましたが、結局時間がなくすぐバスに乗り込み空港へ。


無事にバンクーバー空港、そしてお昼過ぎにはホテルに到着し、半日バンクーバー観光!!
ショッピングはもちろんのこと、せっかくバンクーバーに来たらしたいことの一つにスタンレーパークでのサイクリングが挙がると思いますが、何と生徒の中にサイクリングしてみたい子ゼロ…。
せっかく晴れていてサイクリングしたら気持ちいいだろうなと思い提案してみましたが、皆さんショッピングの方が好きだったようです。
というわけで、夕方ホテルに戻ってくる頃には買い物袋がたくさん。
それぞれ思い思いのお店でショッピングを楽しんでいるようでした。

実はこの日、ホテル近くのイングリッシュ・ベイでCelebration of Lightという花火大会が催されました。
開始時刻が22:00からだったため(バンクーバーは緯度が高いため日の入りがとても遅いのです)残念ながら私たちはホテルに待機でしたが、それでもラッキーだった人はベランダから花火を見ることができました。
(目の前に別のビルがあり、高く上がるときにしか見られませんでしたが…)


【Day 17-18】
とうとうカナダ研修最終日となりました。
早く帰って日本食が食べたい!という声もちらほら聞こえてきましたが、やっぱり終わりが来て寂しいという本音を漏らす生徒も。
今回のカナダ研修では2回目の参加という生徒もいれば海外自体が初めてという生徒もいました。
日本との違いに戸惑うことが多いと感じた2週間だったかもしれませんが、それぞれの中で今回の研修を消化し、今後の学校生活で活きてくるといいなと思います。


報告は、以上です。
来年も多くの生徒が参加してくれることを期待しています!

 

********************

これまでのカナダ研修(ビクトリア)のブログ記事

その1

その2


English Camp(マンツーマン)アクティビティ

English Camp(マンツーマン)のアクティビティの様子をお伝えします。



Camp3日目のこの日、午前中は通常通りのレッスンが行われました。3日目ともなると、各自自分の伝えたいことをきちんと英語で伝えることができるようになってきました。



午後からは長瀞「Down River Tour」の予定でしたが、荒川の水位が高い為に運休となってしまいました。
そこで急遽予定を変更して、宝登山ロープウェイに乗って、山頂にある動物園へ行きました。普段接することの少ない動物たちにエサを与えたり、Global English TeachersとFree Talkを楽しんでいました。

下山した後は、岩畳で有名な長瀞を散策して、束の間の休息を楽しみました。


カナダ研修 ビクトリア

【Day 8】
Day 1でも少し触れた通り、毎週金曜日の午後はCelebration of Learningという発表会のようなものがあります。
授業で勉強したことをパワーポイントでプレゼンしたり、先生が授業の様子を撮影してビデオを流したり、劇のパフォーマンスをしたりなど、様々な発表があります。


プレゼンが終わると、次に‘Student of the week’の発表があります。
これは、各クラスでその週に最も頑張った生徒に贈られるものです。
そこで、なんと本校の生徒が一人選ばれました!おめでとう!
(きれいな写真が撮れませんでしたが、どうやら鉛筆のようなものをもらっていました)
夜は、週末のキャンプに向けて準備をし、ゆっくり休んで英気を養いました。


【Day 9-10】
ビクトリア研修も折り返し地点に突入しました。
というわけで、この週末は再びキャンプ@ Shawnigan Lakeへ。
総勢120名以上の大所帯でしたが、たくさんのスタッフのサポートの下、いざ出発!


本校以外からの参加者とも仲良くなり、生徒たちも楽しそうです。



お昼ご飯を食べて、いざ午後のアクティビティへ。
参加者がとても多いため、班に分かれてのアクティビティでした。
キャンプ場の周りをハイキングしたり、湖で泳いだり、ボートに乗ったり、バレーボールやバスケットボールをしたり、筋トレしたり(?)…。
このキャンプでは天気に恵まれ、各々勉強を離れて楽しい時間を過ごしているようでした。




夕食後は、参加者全員でPredators vs Preysというキャンプ場という広い敷地ならではの鬼ごっこをしました。
大まかにルールを説明すると、まず生徒たちは草食動物・雑食動物・肉食動物・人間に分かれます。
それぞれの動物は種類に応じて敷地内にある水や食べ物の補給場所を探します。
途中で、草食動物以外の動物は自分よりも下位の動物を食べることができます。
時間内に天敵(predator)に食べられてライフを奪われることなく、決められた全てのミッションをクリアする、というサバイバル鬼ごっこのようなゲームです。
子どもたちはルールを聞き取るのに苦労している様子でしたが、徐々に理解し、いざ始まってみるとハラハラドキドキで見ているこちらもとても楽しめました。


このキャンプの少し前あたりから、生徒から「○○って英語で言いたいとき、何て言うの?」「今言っていたのってどういう意味?」と英語の質問をしてくる生徒が現れ始めました。
全て英語で行われるこの研修プログラムの中で、徐々に英語に対する意識も芽生えてきているようで少し嬉しくなる瞬間でした。
Boys and girls, be more active!

【Day 11】
この日から、学校の通常スケジュールに戻ります。
キャンプの帰りに「明日から授業いやだー!」というような声がちらほら聞こえてきましたが、しっかり頑張ってもらいたいところです。

英語の勉強だけでなく、身体を動かすアクティビティが豊富なのもこのプログラムの特徴の1つです。
この日の夜は、バレーボール、サッカー、バスケットボール、スクオッシュ(壁打ちテニス)のグループに分かれて汗を流していました。



【Day 12】
この日は、夜のアクティビティで「移動遊園地」がやってきました。
空気で膨らませたアスレチックのような巨大風船と、レーザー銃の2つのアトラクションがSMUSにやってきました。
風船の中は障害物競走のようなレースになっていて、高校生の参加者も“本気で”競っており、とても楽しそうでした。


下の写真は、この研修の参加者にとってはもうおなじみの、‘Catch the flag’というドロケイのようなゲームです。
制限時間内に相手の陣地にある宝物をたくさん取ってその数を競います。
このように、子どもたちは夕方までは頭をしっかり使い、夜は身体を動かして毎日とても充実した様子です。


いよいよ、研修も残りわずかです。明日へ続きます!

 

********************

これまでのカナダ研修(ビクトリア)のブログ記事

その1


カナダ研修 ビクトリア

7月21(金)より、カナダのビクトリアで海外研修が行われました。
本ブログにて、研修の様子をお届けします。

【Day 1】
7月21日(金)15:00、成田空港に生徒11名、引率教員1名が集まりビクトリア研修がスタートしました。
多くの保護者の方々に見送っていただき、17:10無事に日本を出発しました。


昨年は、バンクーバーでの乗り継ぎが間に合わず急遽フェリーでビクトリアに向かうというハプニングがありましたが、今年はバンクーバーからのフライトを一本ずらし、無事に予定通りのフライトでビクトリアに到着しました。
ビクトリア空港では、お世話になるSt. Michaels University School (SMUS)のスタッフが出迎えてくれ、いざ学校へ!


この日は、寮に入った後、毎週金曜日の午後に行われるCelebration of Learning(その週にクラスで行ったことの発表会)を見学し、夜は翌日から行われるキャンプの準備をしました。
長時間のフライトと時差ボケで生徒はかなり疲れを見せていましたが、明日から始まる研修に向けて、しっかり休みを取りました。

【Day 2-3】
ビクトリア研修、初めのイベントはCamp Barnardでのキャンプです。
初日は、昼過ぎまで雨が降ったり曇りで気温が上がらず真夏の日本から来た私たちにとってはまるで真冬のような寒さでしたが、外でスポーツをしたり、湖で泳いだ勇者も。

翌日は朝から快晴、気温も上がりとても過ごしやすい一日となりました。
湖で泳いだり、カヌーを楽しんだり、フリスビー・サッカーなどのスポーツをして過ごしたりしてカナダの自然を満喫しました。

本校の生徒はこのキャンプからの参加で、初めは疲れと緊張からかあまり他の参加者と交流できずにいましたが、それでも徐々にコミュニケーションを取り始めていました。

【Day 4】
この日より、本格的にSMUSでの学校生活が始まりました。
日々のスケジュールは下記のとおりです。
7:00    起床→朝食
8:30-12:00 授業(主に英語のクラス)
12:00    昼食
13:00-16:00 授業(スポーツやヨガ、音楽、演劇など)
17:00    夕食→Prep Time(宿題や本を読んだりする時間)
19:00-21:00 アクティビティ
22:30    消灯

この日は、午前中にクラス分けテストを行い、午後に学校の近くにあるショッピングモールへ本を買いに行きました。
夕食前後の時間を利用して読めるような本を探しました。
英語学習者用の少し易しめの本はどう?と勧めると、「そんなの簡単すぎてすぐ読めますよ!」との頼もしい声も。
一体皆どんな本を買ったのでしょうか…?


【Day 5】
普段はあまり見学することができない午前中の英語の授業ですが、今日は特別にドリュー先生(Mr. Drew)がクラスを見学させてくれました。


このクラスは、英語力の高い生徒が集まるクラスです。
この週は、どの先生の授業でもTerry Foxという青年の話を取り上げていました。
Terry Foxはカナダ人のアスリートで、自身が骨肉腫と言うガンによって右足を切断しなければならず、ガン研究資金を募るためにカナダ中を5400kmも走ったそうです。
(詳しくはこちらをご参照ください→https://en.wikipedia.org/wiki/Terry_Fox)
ドリュー先生が用意したプリントを使いながら、先生からの問いかけに対して生徒が反応するという双方向の授業が展開されていました。

この日の夜は、全参加者が4つのグループに分かれて校庭でスポーツアクティビティをしました。
水風船バージョンのドッジボールのようなゲーム、目隠しをしたチームのメンバーにヒントを与えボールを探すというスイカ割りのようなゲーム、野球のバッドの周りを10周した後フラフープ10回回して最後に炭酸ジュースを飲み干すというバラエティ番組さながらのようなゲームなどをして、充実した時間を過ごしました。

この研修の特徴は、参加者の国籍が様々であることに加えて(中国、韓国、メキシコ、エクアドル、ロシアなど)小学生から高校生まで幅の広い年齢層で構成されているところだと思います。
その中で、座学だけでなくこのような身体を動かすアクティビティをたくさん行うことで英語を使いながら年齢・国籍を越えた友情を育むことができます。



【Day 6】
この日は、昼食後ダウンタウンにあるRoyal British Colombia Museumに行きました。
BC州の自然や歴史、文化、言語などに関する様々な展示物があります。
見学時間は2時間ほどでしたが、じっくり見ていては到底時間が足りなくなるほど内容の濃い博物館でした。
授業で取り上げられていたTerry Foxに関する特別展示もありました。


【Day 7】
生徒たちはカナダでの生活に段々慣れてきたようで、少しずつ口数や笑顔が増えてきたような印象で、こちらも安心してきたところです。
あまり日本人同士でかたまらず、もう少し積極的に英語を使ってコミュニケーションしてほしいなぁと歯がゆくなることもありますが、見守っていこうと感じています。

この日は、夕食後にダウンタウンにあるBay Centreというショッピングモールへお買い物に行きました。
それぞれ思い思いの品を購入したり、カフェで普段は学校では出ることがないジュースやお菓子を食べてまったりしたりなど、楽しそうに過ごしていました。


1週目の報告は以上です。明日に続きます!


English Camp(マンツーマン)スタート

昨年度からスタートしたEnglish Camp。富士吉田にてグループレッスンを通して英語漬けになる国内実施の語学研修です。今年度からはグループレッスンに加えてマンツーマンレッスンの研修も追加しました。

8月16日(水)から埼玉県秩父にある「いこいの村ヘリテイジ美の森」で行われています。



プライベート・グループ・プロジェクトの3グループに分かれて、45分ずつのローテーションで午前・午後の2セッションを行っています。午前中のプロジェクトは、お互いに与えられた質問に答えているところをiPadで録画をして、見直す「iPad Diary Project」。午後のプロジェクトは、翌日のプレゼンテーションに向けて、それぞれのグループで準備を進めました。



2日目の昼食から2人ずつスピーチをしています。緊張の中でも、しっかり自己紹介をしていました。



夕方からは「Scavenger Hunt」を行って、18個与えられたミッションの中から10個を選んで、グループで協力して課題をクリアーしていきました。夜は「Star Viewing」の予定でしたが、あいにく曇り空だったため、ホテルのある蓑山山頂までバスで連れて行って頂き、秩父の夜景を楽しみました。



3日目は午後から長瀞の「Down River Tour」の予定です。天気に恵まれることを祈っております。


『校報』第112号(ブログ版・その11) 六穂会活動報告

六穂会活動報告

 

去る5月13日(土)、本校礼拝堂にて2017年度の六穂会総会が行われ、2016年度事業報告及び決算案、2017年度事業計画及び予算案が賛成多数により可決されました。
今年度の役員も、昨年度に引き続き9人体制でスタートしております。
また、本年度からは、KGM通信による委任状制度が始まり8割に上る会員の皆様に目に見える形でのご賛同をいただけました。
六穂会会則にありますように「学校との連絡、協力を緊密にして教育の真の効果を挙げることを目的とする。」を心において活動していきたいと思っています。この1年間、会員の皆様が、学校とのかかわりの中で有意義な活動ができる事を願っております。
皆様、ご協力よろしくお願いいたします。

 


六穂会の活動について
先日の六穂会総会にて承認されました活動計画について以下に詳しく説明させていただきます。
どれも長年に渡り六穂会が大切に続けてきた活動で、ご参加いただく事により保護者同士の交流が深まり、子どもたちのために意義のある活動となっております。一つひとつの活動内容をご確認いただき、興味、関心のある活動に是非ご参加下さい。初めてでも、お一人で不安な方でも大丈夫です。皆様のご参加を心からお待ちしております。


花ふきん
「花ふきん」は毎年会員の皆様にご協力いただき製作する、本校の伝統行事の一つです。
今年度は5月27日(土)と6月10日(土)の2日間に、委員さんと会員の皆様と製作します。経験のある委員の方々から手順を教えていただきながら、さらしの裁断、ふきんの形を整えるアイロンがけ、図柄の写しと、丁寧に下地作りをし、様々な色の糸でひと針ずつ刺していきます。刺し終った時は皆様とともに嬉しさと充実感を味わいます。仕上がった花ふきんは、六浦祭の手作り品コーナーにて販売し、毎年ご好評をいただいております。ご協力よろしくお願いいたします。


聖書・讃美歌カバー
例年新入生説明会時と、六浦祭にて販売いたしております。生徒の皆さんに喜んでもらえるよう、色・柄をご用意しますので、是非ご参加下さい。

 

手作り品
毎年六浦祭ではお母様方が心を込めて製作された素敵な手作り品が販売されます。
例年六浦祭当日には、それを楽しみに会場に足を運んで下さる方々も多く、今年も多くの皆様に喜んでいただけるような様々な手作り品を企画、準備しております。
お喋りを交えての作業は学年を越えた楽しい交流の場にもなっておりますので、一人でも多くの保護者の方々に是非作品製作のお手伝いに参加していただければ幸いです。ご協力の程よろしくお願いいたします。


六浦祭
毎年、子ども達も楽しみにしている六浦祭。今年は10月27日(金)・28日(土)に開催予定です。
六穂会からは例年通り「焼きそば」「おでん」「喫茶」「福幸支援」「献品」「制服リサイクル・手作り品・食料品」のブースを学年ごとに、「アジアンブース」をお父様方によるパパブースとして出店予定です。年度初めより各学年でそのブースを担当するか検討を始め、ひそかに案を練っているようです。
パパブースでは保護者のお父様の参加を募集します。初めての参加でも経験のある方でもぜひご参加いただきたく思います。
尚、六浦祭の収益は「学校設備整備資金」に収納され、子ども達に還元します。


一日研修
毎年沢山の方々に楽しみにしていただいている1日研修旅行。
今年も会員の皆様の親睦を図ると共に教養と見聞を広められる様に充実した内容を企画検討中です。詳細が決まり次第ご案内させていただきます。
沢山の参加をお待ちしております。


茶話会
今年度の卒業式は2018年3月1日(木)に予定されております。
六穂会では毎年高校卒業式後、卒業生が、教室にて先生方やクラスメートとのお別れを惜しんでいる間、卒業生の保護者の方々にも、感慨深いひと時を過ごしていただけるよう、お茶とお菓子を用意したお席を設けております。
皆様お誘い合わせのうえ、思い出と共に、ぜひ足をお運び下さいますよう、お待ちしております。


その他
「聖書の集い」「読書会」は、前年同様実施いたしますので、皆さまのご参加をお待ちしております。
学年懇談会などでお願いしております「育英募金」は全額「育英資金」に収納し、奨学金として役立てております。今年度も皆さまのご協力をお願いいたします。

 


(編集役員一同)


『校報』第112号(ブログ版・その10) 活動の記録

活動の記録

 

【弓道部】

 

神奈川県民体育大会兼国民体育大会県予選会
4月16日(日) 厚木東高校
個人 第5位 4年4組女子 12射11中

 


神奈川県高等学校春季大会兼関東高等学校弓道大会県予選会
5月3日(水) 県立武道館

個人 優勝 4年4組女子 8射7中

 


平成28年度神奈川県中学送別弓道大会
3月20日(月・祝) 県立武道館
団体 第1位 4年1組女子・4年3組女子・3年3組女子
男子 個人 優勝 4年4組男子
女子 個人 優勝 4年1組女子
女子 個人 5位 4年4組女子

 

 

 

【陸上競技部】

 

平成29年度第52回神奈川県中学校陸上競技選手権大会
4月29日(土) 横浜市三ツ沢公園陸上競技場
男子 3000m 優勝 3年5組男子


第63回全日本中学校通信陸上競技神奈川県大会横浜地区予選会
6月3日(土)・4日(日) 横浜市三ツ沢公園陸上競技場
男子 1500m 2位 3年5組男子
男子 3000m 4位 3年5組男子
※この結果により、7月1日(土)・2日(日)に行われる神奈川県中学校選抜陸上競技大会、7月15日(土)・17日(月)に行われる全日本中学校通信陸上競技神奈川県大会へ2種目とも出場します。

 

 

第30回神奈川県中学校選抜陸上競技大会
7月1日(土)・2日(日) 横浜市三ツ沢公園陸上競技場
男子 共通3000m 3年5組男子
※全国標準記録を突破し、8月に熊本で行われる全日本中学校陸上競技選手権大会に出場します。

 

 

【テニス部】


第37回横浜地区高等学校テニストーナメント大会
4月1日〜3日 長浜公園他
女子 団体 準優勝

 

 

平成29年度神奈川県高等学校テニス大会
4月23日〜5月20日 各学校コート他
本戦出場者 男子ダブルス 6年2組男子・5年2組男子組 ベスト64
      男子団体 ベスト8

 

 

 

【ラグビー部】

 

高校男子ラグビー部は、春の関東大会予選において準決勝桐蔭学園には惜敗しましたが、3位決定戦において慶應義塾高等学校に接戦の末勝利を収め初の単独3位という成績を収めました。関東大会では、惜敗してしまいましたが、秋の花園予選に向けての活躍が期待されます。高校男子ラグビー部へのあたたかいご声援をお願いします。


第65回関東高等学校ラグビーフットボール大会神奈川県予選会

3回戦 対 神奈川工業高等学校 本校 100 対 0 本校勝利
準々決勝 対 湘南高等学校 本校 31 対 7 本校勝利
準決勝 対 桐蔭学園高等学校 本校 0 対 68 本校惜敗
3位決定戦 対 慶應義塾高等学校 本校 28 対 19 本校勝利


第65回関東高等学校ラグビーフットボール大会 Dブロック
1回戦 対 東京高等学校(東京3位) 本校 14 対 38 本校惜敗
3位決定戦 対 東海大学付属甲府高等学校(山梨2位) 本校 12 対 19 本校惜敗

 

 

中学男子ラグビー部は、春の関東大会予選において2年ぶりの出場権を勝ち取りました。関東大会ではBブロック3位という成績に終わりました。秋の東日本大会予選に向けての活躍が期待されます。中学男子ラグビー部へのあたたかいご声援をお願いします。

 

第68回関東中学校ラグビーフットボール大会 Bブロック
1回戦 対 立教新座中学校(埼玉) 本校 12 対 54 本校惜敗
3位決定戦 対 清真・日立一中合同(茨城) 本校 43 対 7 本校勝利

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode