カンボジア・サービスラーニング研修報告 最終回

本校では昨年末の12月22日(木)〜12月28日(水)の期間中に、希望者がカンボジアにて1週間に及ぶ海外研修(カンボジア・サービスラーニング)を行いました。
研修自体は既に終了していますが、現地に帯同していた教員からの報告を本ブログにてお知らせします。
また、2016年度カンボジア・サービスラーニング研修に関する報告は今回が最終回です。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


12月27日(火)
いよいよ最終日です。今日は午前中に、国立博物館・王宮・シルバーバコタを見学し、午後はマーケットでお土産などのショッピングです。
カンボジアといえばアンコールワットが有名ですが、残念ながら今回の研修ではアンコールワットのあるシェムリアップには行きません。したがってこの国立博物館でカンボジアの歴史を知り、クメール芸術を見学します。王宮やシルバーバゴタのみごとな建造物も含め、昨日教育ボランティアを終えた生徒たちは、リラックスしてカンボジアの見どころを楽しんでいました。



見学後ホテルに戻った生徒たちは、この研修の締めくくりとしてカンボジアで大変お世話になったSATO JAPAN CENTER の佐藤先生からサービスラーニング研修の修了書をいただきました。日本での企画・準備段階からいろいろと大変な事もあり苦労しましたが、何とか全ての研修を終え、生徒たちも達成感を持って日本に帰れます。佐藤先生をはじめスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。



日本へのお土産は、ロシアンマーケット(生活マーケット)、セントラルマーケット(観光マーケット)、イオンモール(日本経営マーケット)と3つのマーケットで自由に買う事ができました。とは言っても日本のイオンモール以外は、狭く入り組んだ通路にごちゃごちゃとお店が並んでおり、こちらのスタッフがいてくれなかったら迷ってしまい買い物どころではありません。生徒たちは、はぐれないように、そして貴重品の入ったリュックの向きを変えて胸に抱えて、カンボジアの雰囲気を味わいながらの買い物です。生徒たちは、片言の英語で値切り交渉することが楽しいらしく、皆競うように値切りにチャレンジして、お土産を買っていました。



そしていよいよプノンペンの空港から日本へ向けて帰国する時間になりました。佐藤先生をはじめスタッフの皆さんとお別れです。リーダーの生徒からお礼のご挨拶をし、スタッフの皆さんからも温かいお言葉をいただきました。生徒一同、来年お会いできる事を楽しみにしています!
ありがとうございました。



これで2016年度カンボジア・サービスラーニング研修の報告を終わります。参加させてくださった保護者の皆様、ご寄付をしてくださった皆様、様々な形でフォローしてくださった皆様、本当にありがとうございました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


報告は以上です。
以下の記事は『2016年度カンボジア・サービスラーニング研修 バックナンバー』です。

カンボジア・サービスラーニング 献品・献金のお願い
カンボジア・サービスラーニング研修事前学習
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その


保健室より「インフルエンザ」について

インフルエンザを流行らせない!
〜インフルエンザウイルス増殖スピードとマスクの効果について〜

インフルエンザの流行時期がやってきました。発熱、だるさ、関節の痛み…など、つらい症状はみなさんもご存知のとおりです。一人ひとりが対策をして、流行を防ぎましょう。

潜伏期間が短く、増殖スピードの速いインフルエンザ

 潜伏期間とは、ウイルスや菌に感染してから、発症するまでの期間のことを指します。インフルエンザは潜伏期間が短く、1日かからずして発症するケースもあります。潜伏期間にインフルエンザに感染しているかは気付きづらいですが、身体のだるさや、関節痛、頭痛などの症状がみられるのが特徴です。

マスクの効果とは?正しく使って予防しましょう

 インフルエンザの予防のためのマスクですが、予防の効果、正しい使い方を知っていますか?

【予防効果】
1)ウイルス飛散の防止
  唾液や鼻水の飛散を防ぐことで、ウイルスを周囲に飛散しないようにします。
2)ウイルス侵入の防止
  空気中のウイルスをウイルスの付着した手で鼻や口を触ることで、感染するのを防ぎます。
3)のどの保湿
  鼻や口の湿度を上げることで、乾燥を好むインフルエンザの増殖を抑えます。



早めの受診が流行を防ぎます
                         
頭が痛い、身体がだるい、寒気がする、微熱があるなどの症状がある場合は、早めに受診をしましょう。この季節は毎朝の健康チェックが非常に重要です。
病院で処方される抗インフルエンザ薬(リレンザ・タミフル・イナビルなど)は、インフルエンザの発症予防(ウイルスの増殖の軽減)の効果が実証されています。また、ウイルスの数が少ないうちに薬を飲めば、身体の負担が軽減されます。
受診をし、たとえインフルエンザでなくても、身体が弱っているときはインフルエンザウイルスの標的になり、感染してしまうことも考えられます。集団生活を送る上で、一人ひとりの健康管理、予防対策が非常に重要になります。

よく知っている対策をもう一度確認しましょう                 
・手指衛生(手洗い・うがい)
・マスクの着用
・室内の保湿
などよく耳にする対策をしっかり行いましょう。食事、睡眠などの生活習慣を整えることも、免疫力を高めるためには重要です。

 インフルエンザを予防し、寒い冬を元気に乗り切りましょう!!!


関東学院六浦中学校 2017年度入試 出願状況  

関東学院六浦中学校 2017年度入試 出願状況                          

日程 定員 科目 志願者数 出願締切
A−1 50 4科 27 2/1 8:30
2科 27
英語型
A−2 25 2科 71 2/1 16:00
B−1 20 4科 34 2/2 8:30
2科 30
英語型 1
B−2 10 2科 64 2/2 16:00
5 4科 31 2/4 8:30
2科 31
英語型 1

                                   (2017年1月16日16:00現在)

 

※男女別・帰国生の出願状況は本校ホームページをご覧ください(コチラ)。

 

入試直前説明会(事前申込不要)
と き 第2回 2017年1月21日(土)10:00〜11:30
ところ 関東学院六浦中学校・高等学校 多目的ホール

※ 上履きは必要ありません。
※ 駐車場の用意はありませんので、公共交通機関をご利用の上、ご来校ください。


カンボジア・サービスラーニング研修報告 その

本校では昨年末の12月22日(木)〜12月28日(水)の期間中に、希望者がカンボジアにて1週間に及ぶ海外研修(カンボジア・サービスラーニング)を行いました。
研修自体は既に終了していますが、現地に帯同していた教員からの報告を本ブログにてお知らせします。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


12月26日(月)
いよいよ今日は、タケオのSONET小学校で運動会と教育ボランティアを行ないます。この日はこの研修で最もハードな1日です。生徒たちも気合十分で取り組みました。
小学校に到着したらすぐに運動会の準備です。カンボジアと日本の国旗や万国旗の設置、グランドの整備など、急いで準備をしたらすぐに子どもたちが整列しました。皆笑顔でワクワクしているようです。カンボジアの小学校では体育の授業が無いため、子どもたちはこの運動会を大変楽しみにしていました。



サッカーボール蹴り、二人三脚、スプーンレース、障害物競走、パン食い競争など、子どもたちは本当に楽しそうに競技に取り組んでいました。



本校の生徒はというと、次の競技の準備、子どもたちの手伝い、その競技のルール説明のための模範、1等賞の子どもを本部へ連れて行くなど、本当に大忙しでした。日差しも強く気温30度を優に超える中、生徒全員、水分補給をしながら汗びっしょりで頑張っていました。



カンボジアの子どもたちは、体育が無いためにリレーなどの経験が無く、チーム競争がなかなかできないそうです。全ての競技が徒競走のような形で行なわれましたので、走るたびに1等賞が決まり賞品がもらえます。面白いのはその賞品です。子どもの欲しがるお菓子や文具ではなく、家庭に役立つ食用油や醤油、味の素を欲しがるのだそうです。このちょっととした事でも、本校の生徒たちは何かを感じているのだと思います。



全競技が終了し、参加賞のノートを全員に配ったら、子どもたちはおやつタイムとなりました。



この間に本校生徒は休む間もなく教育ボランティア「KGM SCIENCE LAB」の準備にかかります。今回は時間が短いため「空気砲」はやめ、「フィルムロケット」と「スライム作り」をしました。フィルムロケットはまたしても大成功!子どもたちはキャーキャー言いながら大喜びです。また、スライム作りも前回の中学校での反省を活かし、水溶液濃度もちょうど良く、みんな楽しくスライムを作ることができました。



タケオの小学校では、これで終わりではありません。今日は12月26日。1日遅れのクリスマスです。
クメール語でクリスマスを説明する画用紙を日本から用意していた生徒たちは、なれない言葉で必死に説明していました。そしていよいよ本校生徒扮するサンタの登場です。子どもたちは、サンタからのクリスマスプレゼントにまたしても大喜びです。このプレゼントの中身は全校生徒から寄付していただいた文具や小物などです。また今回は北星鉛筆株式会社様からたくさんの新しい鉛筆をいただき、タケオの小学校に贈ることができました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。



こうして、この研修のメインである教育ボランティアは無事に終了できました。
明日はいよいよ帰国となります。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今回の報告は以上です。
以下の記事は『2016年度カンボジア・サービスラーニング研修』に関するものです。

カンボジア・サービスラーニング 献品・献金のお願い
カンボジア・サービスラーニング研修事前学習
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その


大学入試センター試験 2日目応援@横浜市立大学 頑張れ受験生!!

1月14日(土)と15日(日)は、大学入試センター試験です。
今日は「理科基礎」「数学 廖嵜学◆廖嵳科」の試験が行われます。

P1070194.JPGP1070196.JPGP1070197.JPG
P1070198.JPGP1070199.JPGP1070200.JPG

上の写真は、これから数学を受験する生徒たちです。
1日目に引き続き、6年生学年スタッフが応援に駆けつけました。
昨日、タイミングが合わずプレゼントを渡せなかった生徒たちにも出会えました!
Do Your Best!」のメッセージカード入りのお菓子セットのプレゼントを渡しました。

なお本日は日曜日ですが、自習室として特別教室Dを開室しました。
朝一番の「理科基礎」を受験する生徒、「理科」の試験開始まで自習する生徒が利用しました。

生徒たちは、今日も真剣に取り組んでいることと思います。
今までの学習の取り組みが十分に発揮できることを祈りたいです。
健闘を祈ります!!

受験生の皆さん、頑張ってください!!

■本校6年生の皆さんへ
 1月16日(月)のセンター試験の自己採点についての連絡です。
 時間は9時開始です。 場所は1組・2組の教室です。


大学入試センター試験 頑張れ受験生!!

01.JPG

1月14日(土)と15日(日)は、大学入試センター試験です。
昨日は「地理歴史」「公民」「国語」「外国語」の試験が行われました。
今日は「理科基礎」「数学 廖嵜学◆廖嵳科」の試験が行われます。
本校でも多くの生徒がこの大学入試センター試験に臨みます。
本ブログではセンター試験1日目の様子を紹介します。

02.JPG03.JPG

上の写真は、1日目の14日(土)の本校の自習室です。
センター試験当日ではありますが、生徒たちが朝早くから自習室で頑張っています。
受験する科目の入室時間まで自習室をフル活用していました!!

05.JPG06.JPG

上の写真は自習室を利用する生徒たちへの激励です。
ここでは学年スタッフから生徒たちにささやかなプレゼントが渡されました。

04.JPG

ラッピングされたプレゼントの中身は、チョコレート、グミ、チューイングキャンディー、
そして「Do Your Best!」のメッセージカードです!

なお今回のセンター試験では、本校の受験生は3会場に分かれました。
関東学院大学、横浜市立大学、神奈川県立保健福祉大学の3会場です。

07.JPG08.JPG09.JPG
10.JPG 11.JPG 12.JPG
13.JPG14.JPG

上の写真は試験会場の関東学院大学の正門です。
私たち関東学院六浦で学ぶ者にとっては、本校のすぐお隣りのとても見慣れたところです。
正門では6年生の学年スタッフが応援に駆けつけています。
会場に向かう生徒一人ひとりに声をかけ、励ましのメッセージを伝えます!
生徒たちは、学年スタッフの励ましに、試験前の緊張がほぐれ、笑顔を見せています。
∨サインをする生徒もいます。
試験の結果も勝利の∨サインであることを期待していますよ!!

16.JPG

上の写真は横浜市立大学で受験する生徒です。
今回のセンター試験では、学年スタッフも関東学院大学と横浜市立大学に分かれて応援しました。
すべての生徒がベストを尽くすことを祈っています!!


・・・


なおセンター試験は選択によって受験する科目が異なります。
理数系の生徒の中には、午後3時過ぎの英語から受験する者もいます。
学年スタッフは、生徒たちの入室時間に合わせて、再び応援に駆けつけました!!

15.JPG

生徒たちは、応援に励まされ、試験には精一杯臨むことができたことと思います。
そして本日15日(日)もまた、生徒たちは真剣に試験に向き合っていることと思います。
今までの学習の取り組みが十分に発揮できることを祈りたいです。
心より健闘を祈ります!!

受験生の皆さん、頑張ってください!!

■本校6年生の皆さんへ
 1月16日(月)のセンター試験の自己採点についての連絡です。
 時間は9時開始です。 場所は1組・2組の教室です。


カンボジア・サービスラーニング研修報告 その

本校では昨年末の12月22日(木)〜12月28日(水)の期間中に、希望者がカンボジアにて1週間に及ぶ海外研修(カンボジア・サービスラーニング)を行いました。
研修自体は既に終了していますが、現地に帯同していた教員からの報告を本ブログにてお知らせします。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


12月25日(日)
タケオの小学校で運動会や教育ボランティアをさせていただくために、この日はタケオに3時間近くかけて車で移動しました。到着後は水上レストランで昼食。その後ボートで1時間ほどかけてプノムダ遺跡に見学に行きました。このあたりは水路をボートで移動する事が多い地域ですが、雨季にはさらに水かさが増し、一面水が張った状態になり、車での移動はできなくなります。今回もかなり水量が多く、どこが水路かも分からなくなるくらいでした。



プノムダ遺跡は5世紀頃にプノンバケンの山頂に建てられた遺跡で、最古のヒンドゥー教の彫像が多く発見されています。その歴史的価値は大きく、生徒にはぜひ見てもらいたい遺跡なのですが、それ以上にこの遺跡見学の楽しみとして、現地の子どもたちとの交流があります。
私たちがボートを降りると、どこからともなく子供たちが集まってきます。皆本当に人懐っこくて、手をつないだり、歌を歌ったりして、笑顔で一緒に遺跡案内をしてくれます。この子どもたちとの交流は本当に楽しく、生徒たちは追いかけっこをしたり、花をもらったり、チャンバラごっこ?をしたりと、大喜びで一緒に遊んでいました。



ところが最後に、生徒たちはちょっと衝撃的な光景を見ます。見学が終わりボート乗り場近くに帰ってくると、子供たちはみんなお小遣いをもらうために大騒ぎです。一緒に見学に行かなかった子どもまでもいつの間にか列に並んでいます。お小遣いは2000リエル。(4000リエルが1ドルです)子供たちにとってはお菓子を買う事ができる大事なお小遣いです。聞いた話では、もっと多くお小遣いをあげると、親が取ってしまうので、このくらいの額がいいとのことでした。
お小遣いのためにあんなに笑顔で案内してくれたのか。。。 と少しショックを受ける生徒もいますが、でも、このお小遣いは子どもたちにとっては本当に大事な楽しみのひとつですし、お小遣いの事を抜いても、子どもたちと遊んだ時間は生徒たちにとって本当に楽しいものでした。
仲良く遊んでくれた子供たちの中には、お小遣いをもらった後も残って私たちを見送り、手を振ってくれる子どもたちもいました。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今回の報告は以上です。
以下の記事は『2016年度カンボジア・サービスラーニング研修』に関するものです。

カンボジア・サービスラーニング 献品・献金のお願い
カンボジア・サービスラーニング研修事前学習
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その


ガールズバンドステージコンテストWINTER LIVE高校生大会(2冠!!)

DSC08146.JPG

1月8日(日)、「ガールズバンドステージコンテストWINTER LIVE高校生大会」が開催されました。
主催は「ガールズバンドステージコンテスト実行委員会」、会場は「初台DOORS(東京都渋谷区)」です。
この大会は高校軽音楽系クラブに所属するガールズバンド限定の学校クラブ対抗バンドコンテストです。
また演奏テクニックのみによらない、ガールズバンドならではの魅せるステージライブコンテストです。

DSC08148.JPG

軽音楽部では、このコンテストのため、昨年12月にバンドを結成しました。
賞を取ることを意識して、軽音楽部のなかでもバンドキャリアの長い5年生を中心にメンバーを編成しました。
バンド名は「想(サトリ)」、メンバーはヴォーカル(4年生)、ギター、ベース、ドラム(5年生)です。

DSC08157.JPGDSC08159.JPG
DSC08156.JPGDSC08155.JPG

冬休み中も練習を重ね、この大会に臨みました。
ただ、12月に結成し、1月にコンテスト出場ということもあり、オリジナル曲を作る時間はありませんでした。
一方、コンテストは2曲の演奏が求められており、「想」として以下の楽曲を準備しました。

 「ともに」WANIMA
 「タマシイレボリューション」Superfly


「ともに」はテンポが早く、弾きこなすのが簡単ではない楽曲です。
「タマシイレボリューション」はヴォーカルの技術と声量が求められる難曲です。
結成1ヶ月のバンドではありましたが、コンテストでは2曲とも息の合ったプレイをすることができました。
なおこのコンテストでは4人の審査員が審査をします。
審査委員長は、深澤和明氏(元BOØWYメンバー)です。
現在は、東京パワーゲートで映画、舞台と活躍中の方です。

DSC08160.JPG

すべてのバンドの演奏が終り、ゲスト(3組)の演奏が行われました。
この後、表彰式となります。
本校軽音楽部はどうだったでしょうか?

DSC08173.JPG

本校軽音楽部は、「オーディエンス賞」「審査員特別賞」をいただきました!!
オーディエンス賞は会場にいらした来場者が審査するものです。
最多得票を得て、オーディエンス賞をいただきました!
さらに審査員特別賞は、審査員の満場一致で本校軽音楽部が受賞しました!!
演奏したバンドのうち、もっとも技術が高かったというお墨付きをいただきました。
ありがとうございます!
以下に審査員の皆さんのコメントを記載いたします。

  ベースのMさん、ノリ、プレイバッチリですね。
  バンド全体がタイトに締まっていて全員のレベルが高いですね。

  カッコイイです。
  個人個人がしっかり練習している感じがします。
  オリジナルも聴きたいですね。

  上手ですね、パワフルでした。カッコイイと思います。
  楽しんでいる感じも良いです。
  他の演奏も聴いてみたいですね。

  声もしっかり出ていて、きれいでした。
  技術もしっかりしていますね。
  楽しく頑張って下さい。
  オリジナル曲を楽しみにしています!ぜひ作って下さいね。


結果発表.jpg

結果として、本校は5つの賞のうち、「オーディエンス賞」と「審査員特別賞」の2冠を得ました。
しかしながら、オリジナル曲でない点もあり、「グランプリ」「準グランプリ」は他に譲ることになりました。
審査員のコメントにもあるように、オリジナリティはポピュラー・ミュージックにおいて重要な要素です。
軽音楽部としては、オリジナル曲の作曲・演奏でコンテストに臨むことがこれからの課題です。

DSC08186.JPG

次のコンテストでは、これまで以上の演奏、これまで以上のオリジナリティが求められます!!
期待しています。これからも頑張りましょう!
それでは、最後に演奏した2曲のうち、「タマシイレボリューション」をお聴きいただければと存じます。



◎軽音楽部2016年度の活動(KGMブログ)
 ・5月3日(火・祝)「New Age Dreams 高校生ライブフェスティバル」に出演します!
 ・「New Age Dreams 高校生ライブフェスティバル」に出演しました!
 ・軽音楽部機材到着2016春
 ・雑誌『GO! GO! GUITAR』軽音楽部を取材!
 ・動画アップロード
 ・軽音楽部夏合宿2016
 ・2016夏 軽音楽部合同ライブ(横浜高校×横須賀学院高校×関東学院六浦中高)
 ・軽音楽部機材到着2016秋
 ・「秋の中庭ライブ2016」軽音楽部
 ・箱馬をつくるの巻!!(軽音楽部×演劇部)
 ・軽音楽部×クリスマス賛美礼拝
 ・「Merry Christmas! 中庭ライブ2016」軽音楽部
 ・2017冬 軽音楽部合同ライブ(横浜×横須賀学院×青山学院横浜英和×関東六浦)
 ・ガールズバンドステージコンテストWINTER LIVE高校生大会(2冠!!) ※本記事


明日開催 第1回入試直前説明会のご案内



入試直前説明会(事前申込不要)
と き 第1回 2017年1月14日(土)10:00〜11:30
    第2回 2017年1月21日(土)10:00〜11:30
ところ 関東学院六浦中学校・高等学校 多目的ホール

※ 上履きは必要ありません。
※ 駐車場の用意はありませんので、公共交通機関をご利用の上、ご来校ください。

2017年度中学入試を直前に控え、これまで本校にて実施した学校説明会へ参加されたことがない方を主な対象とした説明会です。これまでの学校説明会の内容をまとめ、 本校の教育活動の紹介、2017年度中学入試について説明します。説明会終了後には個別相談も承ります。
なお、この入試直前説明会は2回実施しますが、同一の内容で行います。

皆様のご来校をお待ちしております。

********************
本校の最寄り駅は京浜急行線「金沢八景」駅で、駅から学校までは徒歩で約15分です。路線バス「関東学院循環」をご利用の場合は、バス停「関東学院正門」で下車してください。

※画像をクリックすると拡大されます。

駅から学校までの道順は下の地図をご参考になさってください。

※画像をクリックすると拡大されます。
********************

説明会に関するお問い合わせ
Tel:045−781−2525(広報部 野本)


カンボジア・サービスラーニング研修報告 その

本校では昨年末の12月22日(木)〜12月28日(水)の期間中に、希望者がカンボジアにて1週間に及ぶ海外研修(カンボジア・サービスラーニング)を行いました。
研修自体は既に終了していますが、現地に帯同していた教員からの報告を本ブログにてお知らせします。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


12月24日(土)
この日は1日市内観光です。とはいってもただの観光旅行ではありません。SATO JAPAN CENTERに通うカンボジアの高校生たちと1日行動を共にし、カンボジアの歴史を学びながらも交流を深めていきます。
午前中はチュンエクのキリングフィールドの見学です。カンボジアには、ポルポト政権時代に多くの知識人や民間人が虐殺されるという悲しい歴史があります。しかもそれは、ほんの40年ほど前の事です。生徒たちは、このキリングフィールドで、その悲しい歴史を学ぶことができました。ヘッドフォンで日本語の説明を聞きながら見学する生徒たちは誰もが神妙な顔つきで、その悲惨な歴史が心に大きく残ったようでした。これから社会に出て行く彼らには、ぜひこの歴史を心に留め、世界の平和に貢献していって欲しいと思います。



カンボジアの生徒と日本の生徒、昼食を共にしだいぶ打ち解けることができました。午後の見学地のトゥールスレン博物館はポルポトによる残虐行為がなされた場所ですので、皆静かに見学していましたが、そのあとのワットプノンではグループで見学し、英語、日本語、クメール語、そしてジェスチャーを駆使してお互いにコミュニケーションを図っていました。毎年の事ですが、ここでメールアドレスを交換し、帰国後も交流を続けている生徒もいるようです。



夜はホテルの近くのナイトマーケットでショッピングを楽しみました。
明日はタケオに向けて出発です!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今回の報告は以上です。
以下の記事は『2016年度カンボジア・サービスラーニング研修』に関するものです。

カンボジア・サービスラーニング 献品・献金のお願い
カンボジア・サービスラーニング研修事前学習
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その
カンボジア・サービスラーニング研修報告 その



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode