第1回学校説明会開催「関東六浦の学校生活」

スライド1.JPG

9月24日(土)、2017年入試に向けた第1回目の学校説明会を開催いたしました。
多くの方にお越しいただき、本校の教育活動について、説明することができました。
本校まで足を運ばれた児童の皆さん、保護者の皆さまに御礼申し上げます。
ありがとうございました。
本ブログでは、この説明会での礼拝堂プログラムの様子を紹介いたします。


1.お祈り

開会にあたっての祈りは手塚宗教部長によって捧げられました。
お祈りは本校のキリスト教に基づく教育実践を導くものです。
本校では、毎朝礼拝を守り、日々聖書の言葉と出会い、また祈ります。
生徒たちは、聖書との出会いと祈りによって、生かされ、励まされていることを確認します。
さらに生徒たちは、キリスト教教育活動の諸行事を通して自ら成長していきます。
皆さまには、本校の土台であるキリスト教について、この祈りを通してご理解いただけたものと存じます。


2.吹奏楽部による歓迎演奏
01.JPG

続いては吹奏楽部よる歓迎演奏です。
礼拝堂のステージには吹奏楽部の部員たちが整列しました。
吹奏楽部顧問・音楽科教諭である深野教諭の指揮によって、皆さまを歓迎する演奏が行われました。
曲目はテレビドラマ『王様のレストラン』から、「『王様のレストラン』序曲」です。
作曲は服部隆之氏で、番組はレストランで繰り広げられるドラマです。
放映は1995年ですが、現在もテレビの料理番組のなかにはこの曲をBGMにしているものがあります。
ドラマをご覧になっていなかった方も、耳にしたことがある曲だと思います。
演奏後は皆さまから大きな拍手をいただきました。


3.校長挨拶
02.JPG03.JPG

続いて黒畑勝男校長による講演形式の挨拶をさせていただきました。
このパートは本校の教育活動の実践の方向性を示すものです。
本校の教育ミッションを方向づけるものとして、これからの教育を見る視点についてお話しいたしました。
これからの社会と教育のあり方を考える上で必要となる認識と観点を明らかにするものです。

04.JPG

黒畑校長は、10年後、20年後を見据えた学びの必要性を訴えます。
そのなかで特に注視しなければならないのはASEAN諸国の巨大な経済圏の動きです。
ASEAN諸国では、巨大な経済圏を背景に教育に大きな力を注いでいます。
私たちは、広く世界に目を向け、また10年、20年の長いスパンで教育を捉え直す必要があります。
黒畑校長は、中学・高校の思春期のうちにグローバル人材の「素地」をつくる必要性を強く訴えました。
そしてその「素地」をつくるために本校の教育活動において多くのプログラムを準備していることを力説しました。
ここでのパートでは、保護者の皆さまが日々実感なさっている認識に訴えるものとなったと存じます。
10年後、20年後を見据える本校の教育活動について、ご理解いただけたことと思います。


4.関東六浦のプログラム
05.JPG06.JPG

続いては、野本入試広報部長による本校教育プログラムの概要の説明です。
このパートでは以下のような内容についてご説明いたしました。
ここでは説明で使用したスライドの見出しを紹介いたします。

 ・校訓「人になれ 奉仕せよ」
 ・これから求められる力を6年間でしっかりと身に付けさせる
 ・生徒たちが主体的に学ぶことができる授業づくり
 ・充実したICT環境での学び
 ・ツールとして英語を身につけることができるプログラム
 ・「気づき」からの学び充実した海外でのプログラム
 ・アラスカ研修(理系研修)
 ・地球市民講座〜世界とつながる授業〜
 ・東北“福幸”支援ボランティア
 ・東日本豪雨災害ボランティア
 ・カンボジア サービス・ラーニング研修
 ・校訓「人になれ 奉仕せよ」


スライド30.JPGスライド39.JPGスライド41.JPG


5.関東六浦の学校生活〜生徒が語る関東六浦
07.JPG08.JPG

続いては、第1回学校説明会のテーマである「関東六浦の学校生活」です。
礼拝堂ステージには、生徒(1年生男子)と卒業生(大学3年生)が登壇しました。
自己紹介に続き、本校での学校生活について、いくつかの面から語ってもらいました。
その主な内容は以下の通りです。

 関東六浦に入学してみて
 関東六浦の一日
  −朝の礼拝−
  −授業−
  −昼休み−
  −クラブ活動−
 関東六浦のここがおすすめ!


09.JPG

1年生の生徒には、入学してからこれまで学校生活で印象に残っていることを話してもらいました。
授業については、得意とする英語のプログラムの魅力を大いに語ってくれました。
また卒業生には、本校で過ごした6年間を振り返り、本校での学校生活を紹介してもらいました。
授業はもちろんのこと、行事やクラブ活動などいろいろなことを取り上げました。
本校での学校生活の魅力をお伝えできたことと思います。

スライド45.JPGスライド55.JPG
スライド63.JPGスライド68.JPG


6.2017年度中学入試
10.JPG11.JPG

礼拝堂でのプログラムの最後は、入試広報部長の野本教諭による「2017年度中学入試について」です。
会場のスクリーンに要点を映し出し、2017年度入試の概要をご説明いたしました。
(スライドの内容は、説明会資料に記載しています。)
ここでの説明の内容は以下の通りです。

 2017年度中学一般入試 試験日程
       中学一般入試 英語型
       中学帰国入試 試験日程
 2016年度中学入試 志願者数・合格者数など
            志願者・入学者のエリア
            入試後のアンケートからみえること
            教科ごとの結果
 2017年度中学入試 国語
            算数
            社会
            理科
 今後の学校説明会などのご案内
 説明会終了後のご案内


ここではこれから実施される「オープンキャンパス」「6年生のための勉強会」についてもご案内いたしました。
以上が第1回学校説明会の礼拝堂プログラムです。
なお、今回の説明会でお配りした資料は以下の通りです

 (1)広報行事のご案内(チラシ)
 (2)学校案内パンフレット
 (3)『Go! Gloval』Vol.5(本校海外研修広報誌)
 (4)『Go! Gloval』Vol.6(    〃    )
 (5)『Go! Gloval』Vol.7(    〃    )
 (6)生徒募集要項(一式)
 (7)パワーポイント資料(冊子)
 (8)学校資料集(冊子)
 (9)クリスマス賛美礼拝のご案内(チラシ)
 (10)『日本経済新聞』広告


12.JPG

関東学院六浦中学校第1回学校説明会にお越しいただいた皆さまには改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
礼拝堂プログラム終了後は「個別相談コーナー」「在校生による学校見学ツアー」も実施いたしました。
「在校生による学校見学ツアー」については、改めてKGMブログにてご紹介いたします。

13.JPG14.JPG15.JPG

◆オープンキャンパス(申込制)
  10月15日(土)9:00〜12:00
  ・授業体験とクラブ体験を行います。
  ・申込の受付は本校ホームページで行っています。

◆6年生のための勉強会(申込制)
  11月12日(土)8:50〜11:30
  ・本校の過去の入試問題を題材に,授業形式で行います。
  ・受講教科は4教科と2教科からお選びいただきます。
  ・申込の受付は本校ホームページで行っています。






カリフォルニア大学ロサンゼルス校で学ぶ先輩との座談会

今月15日(木)の放課後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に在学中の卒業生に来ていただき、アメリカの大学生活や留学までの準備についてなど、在校生に向けてざっくばらんに話をしていただきました。

来ていただいたのは、3年前に卒業した一柳優心先輩で、本校卒業後、米国のオレンジコースト・カレッジを経てカリフォルニア大学ロサンゼルス校の3年次に編入し、現在経済学と認知科学をダブル専攻しています。
このような輝かしい留学生活をどのように努力して掴んだのか、熱く後輩たちに語ってくれました。



一柳くん自身、本校在学中は勉強が思うようにいかないこともあったようで、
まさか自分が卒業後留学をするとは当初夢にも思わなかったとのことです。
そんな一柳くんが最初に留学を志したきっかけは、「英語の勉強が楽しくなったから」とのことです。
本校の中学から高校に進学し、英語の学習内容はぐんと難しくなりました。
初めは、膨大な量の単語学習や文法演習に苦戦していたようですが、ペースを掴んで取り組めるようになると、
勉強することが楽しくなり、気がついたら英語が得意科目になっていたということでした。
そこから、留学を目指し現在に至ります。

それでも、留学中は苦労もあったようです。
オレンジコースト・カレッジでの最初の半年は、なかなか英語で自分から話せない日々が続いたようです。
それでも2年後のUCLAへの編入を目指して、授業では積極的に意見したり、週末も課題に取り組んだりと、
人一倍勉強に打ち込んだことで、GPA4.0(評定平均5に匹敵する成績評価)を取得し、
念願だったUCLAへの編入を手にしました。


自分の好きな事、やりたい事は、とにかくやる!

It's not a matter of can or can't. But it's a matter of do or don't.
できるか、できないかの問題ではなく、やるか、やらないかの問題だ。


日本の大学進学制度と海外の大学進学制度は異なる点がいくつかあります。
4年制大学にストレートに入学するだけが、道ではありません。
今回、本校にOBとして足を運んでくれた一柳くんのように、
コミュニティ・カレッジから4年制大学に編入する方法もあれば、
語学コースを半年から一年間受講する入学システムなど、
自分の実力にあった入学方法を選ぶことができます。
今後、日本国内の大学以外にも、海外の大学進学にチャレンジする生徒が、
ますます増えることを、本校としても期待し、またそのような生徒たちをサポートしていきたいと思います。


4年生 1日研修

9月23日に4年生は校内にて、1日研修を行いました。

今回の研修では様々な職業に触れる機会を作り、

働くことを身近に感じてもらうことが目標です。

また、自分が就きたい職業について考え、

進路選択へと反映させていくことも大切な目標となります。

 

 

今回の研修には様々な業種の方々にご協力いただき、

19名の講師に来ていただきました。

例年より多くの方が生徒のためにと集まっていただいたことで、

生徒にとっても良い場をもつことが出来ました。

 

生徒は事前にとったアンケートによって、

希望する職業の話を聞きに行きます。

各教室でブースを作り、

前半後半に分かれてグループディスカッションを行いました。

仕事の楽しさや大変さはもちろん、

仕事をする上での情熱も感じることが出来たようです。

生徒からも質問が挙がったり、

移動時間になってからも講師の方に話を聞きに行ったりと、

積極的な姿勢が見られました。

中には「もっと他の話も聞きたい!」と話す生徒もいたので、

実際に触れることの大切さに気付いているようでした。

 

               

 

4年生も来年度からは文理コースに分かれ、

それぞれの進路へと進んでいきます。

今回の研修は彼らの背中を押すような経験となっているはずです。

自分が情熱を注ぐことの出来る進路へと進めるよう、

努力を続けて欲しいです!

 
 


2年生地球市民講座(全体発表)

本日は、2年生の地球市民講座の学年発表の様子をご紹介いたします。

9月16日(金)の6時限目に国調べについての学年発表を礼拝堂にて行いました。
9日(金)に各クラスで全班が発表し、クラス代表を生徒による採点で決めました。
クラス内の発表の様子はこちらをご覧ください。

まずは発表を聞くときの注意やワークシートの記入についての話があり、すぐに代表者による発表が始まりました。
各クラスの発表者は一番前に座って、緊張しながら発表する順番を待っていました。


発表した内容は、「ドイツ」「スイス」「ニュージーランド」「フランス」「オーストラリア」「スペイン」についてでした。
発表者は、一生懸命自分たちが調べた国についてプレゼンをしていました。
なるほどと思う内容や興味を引く内容もいろいろありました。



ただ発表するだけでなく、見ている生徒を巻き込んだ演出をする班もありました。
下の写真は、発表者の声掛けから生徒全員がその場で立って声を出している様子です。

学年全員の生徒を前にステージに立って堂々と発表する姿はさすが代表者という感じでした。

多くの生徒が代表者の発表を真剣に聞いていました。
今回も先週と同じく採点用紙が全員に配られ、代表者の発表を採点します。
採点結果から学年内の最優秀賞を決めます。
どの班がみんなの心を掴んだのか、支持されたのか。
採点結果が楽しみです。


今回で2年生の地球市民講座の前半が終了しました。
次回からは「世界の中高生のための研修旅行プレゼンテーション」について学んでいきます。

各班が製作した壁新聞は六浦祭の2年生のブースで展示します。
来校してくださった方にも採点していただく予定です。
ぜひ10月28日(金)、29日(土)に開催される六浦祭にお越しいただき、完成した壁新聞をご覧ください。


俳句大賞 入選!

現4年生は昨年度、国語の授業の一環として、

『第27回 伊藤園お〜いお茶新俳句大賞』に学年で応募しておりました。

そうです、あのペットボトルに載っている俳句のコンテストです。

皆様も一度は見かけたことがあるはずです。

私も手にした際には、ふと…。

 

 

今回の応募総数は180万句を越えており、

過去最多の応募数となったそうです。

関心の高さ、知名度が分かります。

 

俳句は、ただ言葉を並べて作るものではありません。

たった17文字しかない中で、

心情や風景などを感じさせなければなりません。

読む人も単純に文字を追うだけでなく、

その背後にある何かを読み取ろうとすることで味わい深さが増すはずです。

 

今回、その中から2名の作った俳句が、

佳作として入賞いたしました!!

残念ながらペットボトルに載ることはないのですが、

あれだけの数の中から選ばれたことは素晴らしいことです!!

 

 

その他にも色々な文芸についてのコンテストがありますので、

多くの生徒が参加してくれることを期待しています!


第1回関東学院六浦女子剣道練成大会

 9月18日(日)13時より本校体育館で「第1回関東学院六浦女子剣道練成大会」を開催しました。

この大会は小学生4〜6年生の女子を対象とした大会です。女子剣士にスポットを当てることで女子剣道

の活性化を図ることと、普段あまり剣を交える機会の少ない女子同士の交流いわゆる「交剣知愛」を目的

とした大会です。

 また、この大会は本校剣道部だけでなく、金沢区剣道連盟、関東学院大学体育会剣道部、関東学院中学

校高等学校剣道部にも協力頂き大会を運営しました。大会は手作りの大会として パンフレット作りや会場

設営も全て剣道部員たちが携わりました。生徒たちには「自分の 試合で色々な会場に行って試合に集中で

きるのも裏方で動いている方々のおかげで集中して試合をすることができる。今回は自分たちが裏方に回っ

て選手のために力を合わせて運営しよう」と呼びかけました。当たり前にある会場もパンフレットも作って

頂いている人がいるおかげです。今回の経験が生徒たちの「当たり前のことに感謝する」気持ちを養ったよ

うに思います。

 

 

さて、大会のご報告ですが参加選手人数は・・・  

 

  4年生 27名  

  5年生 33名  

  6年生 28名   

   計  88名 (参加団体数35チーム)  でした。

 

大会が始まる前のウォーミングアップでは関東学院大学体育会剣道部の女子学生が元に立ち小学生と剣を

合わせました。関東学院大学体育会剣道部女子は大学の関東大会でベスト8に 入るほどのチームです。試

合前とはいえ学生最高峰の選手と稽古できる機会があり小学生には非常に貴重な経験になったようです。

 

 

 

ウォーミングアップが終わり開会式を行いました。開会式は大会会長で本校校長挨拶や審判長注意の後、

選手宣誓が行われました。選手宣誓は金沢区にある並木剣友会6年生による選手宣誓が行われました。

第1回にふさわしい立派な選手宣誓と共に大会は開会しました。

 

 

大会はまず学年別の5〜6人のリーグ戦を行い、各リーグ上位者により決勝トーナメントで順位を決定し

ました。どのリーグからも女子とは思えない力強い声が響き渡っていました。 特に6年生の動きは男子顔

負けの迫力ある剣捌きや足捌きで、普段の稽古を一生懸命に励んでいる様子が伺えました。

 

 

 

決勝戦は6年生と5年生の対決になりました。決勝にふさわしい高い実力をお互いに発揮 し、大会の優勝

者を決めるのにふさわしい試合となりました。結果は延長戦までもつれこみましたが、6年生がメンを決

め見事に優勝を決めました。

 

 

<大会結果>

 

  優勝 獅心館道場  (横須賀)6年生  

 準優勝 戸塚道場   (横浜市)5年生  

 第3位 修道館青木道場(寒川町)5年生      

     高野道場   (金沢区)6年生

 

 

たくさんの選手に参加して頂き盛大な大会となりました。今後も小学生剣士の活躍の場を増やし様々な

催しを考えていきたいと考えています。またこの大会を開催するにあたりたくさんの方々のご協力を頂

きました。誠にありがとうございました。

 

・・・お知らせ・・・

10月15日(土)に本校オープンキャンパスで「部活動体験」があります。

剣道に興味のある小学生の参加をお待ちしております。

*申し込み制となっておりますので詳しくは本校HPをご覧下さい。


明日開催!学校説明会のご案内

明日9月24日(土)、2学期最初の学校説明会を行います。

学校説明会「関東六浦の学校生活」(事前申込不要)
と き 2016年9月24日(土)10:00〜11:30
ところ 関東学院六浦中学校・高等学校 礼拝堂

※ 当日、上履きは必要ありません。
※ 駐車場の用意はありませんので、公共交通機関をご利用の上、ご来校ください。



※写真は昨年度実施した学校説明会の様子です。

今回の説明会は「関東六浦の学校生活」と題して行います。

授業やクラブ、教室での様子など関東六浦の学校生活の様子をお伝えします。教員からだけでなく、在校生と卒業生からもそれぞれの視点で本校での学校生活を紹介させていただきます。さらに、2017年度生徒募集要項(願書付)を配付して、来年2月に実施する本校の中学入試についてもご説明します。

なお、説明会の開始に先立ち、本校吹奏楽部による歓迎演奏も予定しています!


説明会終了後は、個別相談はもちろんのこと、在校生による校内案内もございます。また、本校の入試過去問題集を1冊2,000円で販売します。

多くの皆様のご来校をお待ちしています。

−−−−−−−−−−

保護者の皆様

2014年度から関東学院六浦は変わりました。「教育の向こうに何を見つめるか」を考え、教育の地平線を10年後、20年後に広げました。

通常の基幹科目の授業のあり方を再構築し、特化科目の設定などで教育の内容をより現実的に、より実学的に深めるようにしてきています。経験することが学びへの確かなインセンティブになるように、そして、グローバル化の進む社会に生きてゆく力を自ら育めるようにと、日頃の授業の取り組みや活動、研修プログラムに様々な工夫を始めました。

校舎の学習環境はもちろん、生活環境の改善も進めています。食堂を2015年1月にリニューアルしました。大学の食堂や購買部を運営する株式会社関学サービスが提供するメニューで毎日営業しています。また、今年2016年4月には生徒ラウンジを新設し、生徒は朝の登校時から午後6時00分まで利用できるようになりました。併設されている売店の他に軽食、飲料の販売もあり、いろいろと活用されています。

学校説明会にお越しください。そしてお越しいただく前に是非、ホームページ、ブログから本校の取り組みや新しい様子をご覧いただければ幸いです。事前に雰囲気を感じ取っていただければと思います。


校長 黒畑 勝男(2014年度入職就任)

−−−−−−−−−−
本校の最寄り駅は京浜急行線「金沢八景」駅で、駅から学校までは徒歩で約15分です。路線バス「関東学院循環」をご利用の場合は、バス停「関東学院正門」で下車してください。

※画像をクリックすると拡大されます。

駅から学校までの道順は下の地図をご参考になさってください。

※画像をクリックすると拡大されます。

学校説明会に関するお問い合わせ
Tel:045−781−2525 (入試広報部 野本)


【図書委員】 他校図書委員との交流イベント

2016年8月27日(土)11:00〜16:00に、図書委員交流イベントが本校図書館で行われました。
カリタス女子中学高等学校の図書委員さんと横須賀学院中学高等学校の図書委員さんと本校の図書委員で1日を過ごしました。

どの学校も、希望者を募っての参加でしたが、約25人集まりました!

プログラムは以下の通りです!


1.jpg

 

11:00〜12:00 話し合い(学校混合グループに分かれ、自己紹介や情報交換を含めて・・・)
   議題:貸出が無い生徒に対して、図書委員としてどのようなアプローチができるか?
12:00〜13:00 ランチ交流 @生徒ラウンジ
13:00〜13:30 話し合いの発表
13:30〜15:00 絵本の読み聞かせ講習と実践(講師:本校司書)
15:00〜15:30 まとめ・写真撮影

 

 

●準備段階!(有志:本格的業務班)

 

夏休みに始動した本格的業務班。

3回分の活動と平行して、この27日のために準備してきました。
途中、息抜きに絵心大会などをして楽しみながらもテキパキと作業をこなしていました。

 

2.jpg3.JPG

 

 

●当日の朝(道案内)

 

当日は、最終打ち合わせ(欠席者確認)や道案内をしました! 
この日は、本格的業務班だけでなく、本校の参加図書委員も積極的に働いていました。

 

4(自由にトリミングしてください).JPG5.JPG

6.JPG7(自由にトリミングしてください).JPG

8(自由にトリミングしてください).JPG9(自由にトリミングしてください).JPG

 

 

●交流会スタート! (リーダー挨拶・司会諸注意等)

 

続々とそろい始め、パンフレットに掲載した座席表通りに座ってもらいました。

学校が混合になるように考えたものです。

本格的業務班リーダーの挨拶からはじまり、司会の進行でスタートしました!

 

 

●話し合い「貸出が少ない人に対して図書委員としてどのようなアプローチができるか?」 

 

最初は話し合いです。

いきなり初対面の相手と議題について話し合うのは難しいため、まずグループの中で自己紹介をしていきました。

共通点などで盛り上がったあと、少しずつ議題について話を深めていきます。

まずは「本を借りることが少ないもしくは無い人の理由」を考え、その次に「どうすれば本を読むだろうか?」を考えました。

ふせんに自分の意見を書いて用紙に貼ったり、用紙にそのまま書き込んだりして、グループの中で解決策を出しました。
 

10.JPG11.JPG

 

 

●交流ランチタイム♪ (生徒ラウンジにて)

 

あっという間にランチの時間となりました。

司会係からランチの時間の過ごし方について説明があり、そのあと皆で生徒ラウンジへ移動しました!

話し合いをしたメンバーで同じテーブルに座ることになっています!

引率者チームも、話に花を咲かせています!
ランチを食べ終わった後、図書館では発表に向けて各グループが準備や打ち合わせをしていました。
 
12.JPG

 


●話し合いの発表(午後プログラム)

 

午後の最初は、話し合い結果を各グループが発表して共有しました。

「そういう解決策もあるのね!」という案ばかりで感心させられます。
司会者は、全グループの発表が終わった後に全体のまとめを話すため、陰で沢山メモをとり頑張っていました!

ファイト!

 

13.JPG14.JPG

 

最後に、本校司書教諭からの案を一つ紹介しました。

それは、教科書に出てくるお話や著者の原作本と、その絵本を一緒に展示したらどうか?ということです。

もしかしたら、普段本を読まない生徒も、テスト前になって手にとることがあるかもしれません・・・!

 

 

●絵本の読み聞かせ講習&実践 (講師:本校学校司書)

 

午後のビッグイベント、絵本の読み聞かせ。

最終的には、先ほどまでとは異なるメンバーで1冊の絵本を読み聞かせします。

5グループに分かれました。

題材は、国語の教科書に出てくるお話関係で「走れメロス」と「吾輩は猫である」です。

講師は、本校の学校司書で、読み聞かせの経験者です。

最初に色んな絵本を紹介してくださいました!

絵本の楽しさや価値も同時にお話してくださいました。

 

15.JPG16.JPG

  
その後、読み聞かせの講習です!

皆で本の持ち方や姿勢、声の出し方や読み方を練習しました!
また、グループでどちらの絵本にするかを選択してストーリーを読み、

そのあと「ここはこんな風に読む」などのメモを紙に書き込んでいきました。
グループの中で、どこを読むか分担し、練習をします。

 

17.jpg18.JPG
 

そして、休憩をはさんだ後に全グループ、前で読み聞かせを実践しました!!

本の持ち方がうまくいかなかったり、すらすらと言えなかったりと個人個人で課題があったと思いますが、

アンケート結果をみると、皆とても満足して講習を終えたようです。


19.jpg20.JPG    

 

最後に、読み聞かせ経験者の本校生徒が、自宅から持参した絵本を読み聞かせしてくれました!

全員で記念撮影をしてこの日は終了。

みなさんをお見送りしました。
スタッフとして頑張っていた本格的業務班のメンバーは、大変疲れたようでした。

お疲れ様です。
この夏の委員会活動は、この日を持って終了です。

また9月からの活躍を期待しています!


六浦祭に向けての生徒会の活動

本日は、夏休みと2学期の生徒会の活動についてご紹介いたします。

生徒会にとって夏休みは六浦祭の準備をするためにとても大事な時期です。
六浦祭に向けての準備は1学期から行っていますが、本格的に始まるのは2学期からです。
その2学期に向けて話し合いや様々な準備を長い時間かけて行います。
放課後だけの活動では不可能なことを夏休み中に行います。
その一部をご紹介します。

六浦祭に向けての会議の様子と書類の作成・チェックや写真撮影。卒業生が応援に来てくれました。



六浦祭中に中庭に飾る万国旗の洗濯。


正門に飾る看板やイベントステージ用の看板の制作と校内装飾の試作(昨年度のポスターを使用)


生徒ラウンジの掃除も行いました。


2学期が始まり、準備が本格的にスタートしました。
パンフレットの作成、出展・食品団体の最終決定と、食品団体への注意、校内装飾などなど。
やらなければならないことはたくさんあります。
六浦祭実行委員、生徒会の生徒たちが一生懸命働いています。
あと残り一ヶ月半。悔いの残らないよう頑張ってもらいたいです。

ぜひ、10月28日(金)、29日(土)の六浦祭にお越しください。


【図書委員】 本格的業務班の活動! (その3)

2016年8月3日(水)〜6日(土)の期間、図書委員の有志「本格的業務班」は蔵書点検をしました!

第3回の活動プログラムです。

 

※蔵書点検・・・図書館で年に1回行う、ハンディを使った点検のこと。

図書館にある全ての本を一冊一冊、ハンディに読み取っていき(バーコード)、

データやラベルに不備がないか?あるはずの本が無くなっていることはないか?等を確認することができます。


1.jpg2.jpg  

 

はじめに学校司書より、蔵書点検の目的やハンディターミナルの使い方などの説明がありました。
その後、交代で蔵書点検をしていきます。


3.jpg4.jpg

 

1冊ずつバーコードを読み取るとハンディが「ピッ」と鳴り、はじめのうちは楽しみながら行うことができます。

しかし、画面の請求記号と実物のラベルの番号を一冊一冊目で確かめたり、

薄い本や極端に重い本を扱ったりすることが、大変な集中力と体力を要することに途中から気付いてきます。

それでも彼らは、着実に作業をこなしていました。

 

5.jpg6.jpg


自分の番がまわってきていない人は、蔵書点検で不備のあった本のデータ変更やラベル変更を行いました。

また、8月27日(土)に行われる図書委員交流イベントの準備をしました。
27日は、他校の図書委員さんが来館するため、司会原稿もあれこれと想像しながら作成していきます。

「パンフレットを作って、そこにトイレの場所などの図を載せよう!」という意見もあり、

急遽パンフレットを作成するメンバーも。

ネームプレートづくりや座席表づくりなど、やることは山積みでした。


7.jpg8.jpg


意外にも不備のある本が沢山あり、カウンターは処理しなければならない本でいっぱいになりました。

この後、夏休みいっぱいを使って司書と本格的業務班で処理をしていきました。

なかなかできない体験です。

6日(土)の午前中をもって本格的業務班の蔵書点検は終了しました。お疲れ様でした!
残すは第4回(8月27日)のみとなりました。

8月の下旬にまた集合して準備をしていきます!
成功しますように・・・! 
最終回の「【図書委員】他校図書委員との交流イベント」のブログを楽しみにしていてください!



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode