『校報』第111号(ブログ版・その1) 2016年度 卒業生 式辞

2016年度 卒業式 式辞

             校長 黒畑 勝男

 

 

 皆さんは、今、関東学院六浦高等学校の課程を全て修めました。ご卒業おめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。そして、新たなる出発に、神様からの豊かな恵がありますようにお祈りします。
 今、入学の日のことを懐かしく思い出している人もいるでしょう。この礼拝堂の椅子に深々と座った入学式。座っている椅子を小さくなったと感じ、時の流れを嬉しくも寂しく思っている人も多いことでしょう。身体も心も、変化の最も大きい時期を関東学院六浦で過ごしたのです。数えられないほどの思い出となった経験、そして、その経験を通してたくさんのことを体得しました。


 関東学院初代学院長、坂田祐先生は、私立中学関東学院の第1回卒業式で次のように述べました。
 「人になれ 奉仕せよ。人になること、すなわち人格を完成することは、大変難しいことです。しかし、実行や実現が極めて難しくても、その理想に向って進んでいくこと、たゆまず努力をすること自体に価値があります。私は皆さんに、この理想によって努力するようにと勧めてきました。皆さんは全生涯を通して、理想の実現に努力すべきです。たとえ、この世の仕事に失敗してもよい。皆さんが自分の人生観の基礎をしっかり確立し、価値ある生涯を送ることができたなら、それは真の、本当の成功です。」
 初代学院長の坂田祐先生は、1915年(大正4年)、37歳で関東学院の前身である「東京学院」の教師となりました。4年後の1919年(大正8年)に私立「中学関東学院」の設立で初代学院長に就任しました。今、紹介した式辞の中学関東学院の第1回卒業式は1924年3月でした。その後、坂田祐先生は1937年(昭和12年)に、大きな総合学園となった関東学院全体の学院長に就任し、学院の発展に寄与されてきました。
 歴史の中に時を重ねて眺めると、坂田祐先生が東京学院の教師となった1915年は、日本が第一次世界大戦に突入した頃です。前年の1914年8月、日本はドイツ帝国へ宣戦布告し、連合国側で参戦しました。1919年の中学関東学院の設立の年は、第一次大戦が終わりパリ講和会議でベルサイユ条約が結ばれた年でした。日本は戦勝国の一つとして、大陸中国に本格的に進出を始めた年でした。また、坂田祐先生が、「人になれ 奉仕せよ」と語った中学関東学院の第1回卒業式は1924年3月、前年1923年の9月に起きた関東大震災の半年後でした。大変な苦労があったことは想像に難くありません。さらに、坂田祐先生が関東学院全学の学院長に就任した1937年(昭和12年)は、日本と中国の間の本格的な戦争のきっかけとなった盧溝橋事件が起きた年でした。
 坂田祐先生の「人になれ 奉仕せよ」は校訓となり、関東学院の卒業生は皆、この言葉を大切にしています。皆さんもこの言葉を抱いて卒業します。ただ、今述べた時代との関係性で考えれば、卒業の母校のアイデンティティを現す言葉であるからこそ、その背景にある思いに一度至らなければなりません。
 坂田祐先生は26歳の時、日露戦争に従軍しました。校訓とする言葉は、戦場の無残と悲惨、戦争の非情さの経験の中に深くかかわるものと推察します。キリスト者として、そして職業軍人として従軍しましたが、戦争から帰還して非戦論を唱えます。平和を創ろうとキリスト教信仰に立つ学校を率いつつ、「人になれ 奉仕せよ」を校訓として唱えました。坂田祐先生の経験的背景に思い至れば、その後に続けて唱えられた「その土台はイエス・キリスト也」を忘れてはいけません。皆さんの卒業にあたり、「人になれ 奉仕せよ。その土台はイエス・キリスト也」をあらためて、校訓の基として手向けたいと思います。
 坂田祐先生が、関東学院の学院長に就任した1937年(昭和12年)以降、日本は盧溝橋事件から第二次世界大戦、太平洋戦争への道を進んで行きます。その道は、坂田祐先生の思いとは真逆であったでしょう。戦時体制が強化される中、キリスト教を掲げる学校が学校行事などにおいても主義主張を貫くことには、想像できないほどの多くの困難がありました。1941年(昭和16年)12月には真珠湾攻撃があります。日本はいよいよ本格的に太平洋戦争へ入っていきます。当時、学校長として、ゆくゆくは戦場へ赴くかもしれない生徒たちの卒業式に、どれだけ身と心を引き裂かれるような気持ちで臨んでいたことでしょう。当時の普段の礼拝では、幾度も「インマヌエル」と、つまり「神ともにいます」と何度もおっしゃられたと伝えられています。そうした歴史の中で貫かれてきた校訓「人になれ 奉仕せよ」は、「その土台はイエス・キリスト也」を除いては考えられないことなのです。


2016年度春季勉強合宿@葉山

DSC08385.jpgDSC08390.jpg

3月22日(水)〜24日(金)の期間に2016年度の春季勉強合宿が行われました。
今春の勉強合宿は葉山にある「IPC生産性国際交流センター」の研修・宿泊施設です。
研修施設・宿泊施設ともに勉強合宿に最適の施設です。
また素晴らしい見晴らしで、遠くに富士山を望めます。

DSC08392.jpgDSC08393.jpgDSC08396.jpg

今回の勉強合宿には3年生〜5年生までの計22名が参加しました。
上の写真のように研修施設で学年ごとに自習・講義の教室を定めています。
また引率の教員の他、質問対応として夜遅くまで施設に残ってくださる教員もいます。
黒畑校長も激励に駆けつけてくれました!

なお今回の春季勉強合宿のテーマは下記の通りです。

  「『自習力』を高め、次の学年に向け、春休みの学習習慣を身につけよう」
   日頃の学習を見直し、学力向上に結びつく自習方法の確立を目指す。
   自分を厳しく律して学習し、自信をつけて春休みの自己学習に臨む。


どの生徒も新学年に向けて、この春休みにギアチェンジをすることが求められます。
この勉強合宿では、あえて厳しい勉強三昧の2泊3日を過ごすことで、そのギアチェンジをするものです。
勉強合宿の3日間で、よいギアチェンジがなされることを期待したいです。

DSC08400.jpg

生徒の皆さんは、「春休みはまだまだある」と思っていることでしょうが、長いようで短いのが春休みです。
さらに春休みは学年の変わり目で、学習課題を定めにくいという傾向もないわけではありません。
しかしながら、そのような春休みだからこそ、ギアチェンジが必要なのです。

さて。
勉強合宿に参加しなかった生徒の皆さん!
春休みにやるべきことを見つけていますか?
この春休みを有意義に過ごせていますか?
生徒の皆さんは、この春休みにできることをキッチリとやり遂げましょう!
とりわけ自発的な学習ができるよう自らを律し、学習習慣を身につけましょう!!


留学生の帰国

あっという間の1年間、

カンボジアから来日していた留学生が帰国となります。

修了式では全校生徒の前でメッセージを送り、

在籍していた教室でも楽しかった思い出を振り返りました。

 

 

 

そして、20日の朝、

10時過ぎの飛行機でカンボジアへと帰ります。

見送りに来た仲間たちと残された時間を惜しむように語り合い、

また日本で勉強したいと繰り返していました。

 

 

 

日本に来た当初は言葉の壁や生活の違いに苦労していましたが、

ホストファミリーの方々や生徒との関わりによって大きく成長しました。

今では日常会話に困ることはなく、誰とでも仲良く話すことが出来るほどです。

彼らの姿を近くで見ていた生徒たちは海外へ飛び立つ勇気をもらい、

今年度は海外研修に参加することも増えました。

同じクラスからオーストラリアターム留学へと参加する生徒や、

来年度からの留学を考える生徒もいます。

行動し始めることの大切さや言語習得に向けた努力の芽生えは、

彼らと共に過ごしたことが大きく影響しているはずです。

 

カンボジアに帰国してからも日本語の勉強を続け、

日本の大学に進学しようとも考えているようです。

帰ってきた時にはさらに成長した姿を見られることでしょう。

またみんなで笑いあえることを楽しみにし、

お互いに負けないような学校生活を送ってほしいものです。


2017年度の広報行事日程が決まりました



本校では、中学受験をお考えの皆様を対象とした学校説明会などの広報行事を行っています。
2016年度に行った各行事にも、多くの皆様にお越しいただくことができました。

2017年度も学校説明会をはじめ、クラブ見学会やオープンキャンパスなど、さまざまな行事を行います。それぞれの行事の日程は以下の通りです。

学校説明会(1学期に実施)
3月25日(土)10:00〜11:30
5月 6日(土)10:00〜11:30
6月10日(土)10:00〜11:30
7月 8日(土)10:00〜11:30
7月22日(土)10:00〜11:30
8月19日(土)10:00〜11:30

・事前の申込は不要です。
・それぞれの説明会での詳しい内容については、本ブログなどでご紹介します。

クラブ見学会
9月2日(土)10:00〜12:00

・最終入場は11:40で、時間内の入退場は自由です。
・当日活動するクラブは、決まり次第お知らせいたします。

学校説明会(2学期に実施)
9月23日(土祝)10:00〜11:30
11月11日(土)10:00〜11:30
12月 2日(土)10:00〜11:30
12月23日(土祝)10:00〜11:30

・事前の申込は不要です。
・それぞれの説明会での詳しい内容については、本ブログなどでご紹介します。

オープンキャンパス
10月14日(土)9:00〜12:00

・事前申込制です。(ホームページで申込を受け付けます 9月上旬開始の予定です)
・当日のプログラムの詳細は、決まり次第お知らせいたします。

6年生のための勉強会
11月11日(土)
4教科…8:50〜11:30 2教科…10:00〜11:30

・事前申込制です。(ホームページで申込を受け付けます 10月上旬開始の予定です)
・当日のプログラムの詳細は、決まり次第お知らせいたします。

入試直前説明会(3学期に実施)
2018年1月13日(土)10:00〜11:30
2018年1月20日(土)10:00〜11:30

※ 同一の内容で行います。


第2回関東学院六浦少年少女剣道錬成大会

3月19日(日)、本校体育館において「第2回関東学院六浦少年少女剣道錬成大会」を開催しました。

前回大会は神奈川県内の16チーム122名、今回はチーム数・参加児童数ともに増え、29チーム173名の選手にご参加をいただきました。

 

 

 

大会ではリーグ戦を行い、上位チームによるトーナメント形式で順位を決定しました。

普段の稽古で培った力をお互いにぶつけ合い、小学生とは思えない白熱した試合がいくつも見られました。

 

 

 

 試合結果   

  優勝 直信館和泉道場(泉区)  

 準優勝 久里浜剣友会 (横須賀市)  

 第3位 練武館    (青葉区)      

     戸塚道場   (戸塚区)

 

   

 

選手達はこの大会を通して、普段は剣を交えることがない剣友とつながることができたようで、大会主催者としてもうれしい限りです。また、大会の運営に携わった本校の剣道部員達も、選手達が試合に集中できるようにと、様々なことに気を配り、積極的に行動することができました。部員達にとっても、普段(出場する側)とは違った目線で大会をみることができ、よいきっかけになりました。

 

参加してくださった選手のみなさん、おつかれさまでした。    


2016年度修了式を行いました

3月18日(土)、中高別で2016年度修了式が行われました。

 

 

今日の聖書の箇所はマタイによる福音書25章の”「タラントン」のたとえ”でした。

私たちは皆「タラントン(神様から与えられた才能)」を持っています。

そのタラントンを活かす努力をしているでしょうか。

2016年度の最後を締めくくるこの日にそのことを振り返るとともに、

もしもそれが今年度できていなかったとしたら4月からまた頑張ってほしいとのお話を

校長先生からいただきました。

 

また、修了式の後、今年度で退職・異動される先生方の紹介と挨拶がありました。

 

 

今までお世話になった先生方、ありがとうございました。

 

充実した春休みを過ごし、4月からまた新たな気持ちで頑張りましょう!!


4・5年生合同進路ガイダンス

学年末試験の返却が終わった日の午後は、

4・5年生合同進路ガイダンスが開かれました。

受験への取り組みは高校3年からではなく、

すでに1年生から始まっています。

このガイダンスでは多くの大学や専門学校の方から

説明を受けることによって進路への意識を高める目標があります。

 

 

まずは礼拝堂に集まり、モチベーションアップ講座を受けます。

模試全国1位をとるための勉強法や気持ちの作り方について、

講師の方の情熱に生徒は心を奪われていきます。

4・5年生の生徒たちだけでなく、

学年を担当している教員も配られた用紙にメモを書き込んでいきます。

ガイダンス後に書かれたアンケートを見ると、

メモ欄にはぎっしりと内容が書かれていました。

 

講座が終わると、各校のブースへと向かいます。

事前希望調査で自分の進路に合わせた学校を回ることが出来、

今回は30校以上の大学・専門学校にお越しいただきました。

ガイダンスを受ける真剣な生徒の表情からは。

希望進路に向けた知識を取り入れようとする意欲が感じられました。

 

 

5年生はいよいよ迎える目前の受験に向けた取り組みが、

 

4年生は受験生という自覚を持つことが一層求められます。

今回のガイダンスが少しでも後押しとなり、

希望する進路へのスタートダッシュを決めてほしいと思います。


『Go!Global』vol.9が完成しました



本校で実施している海外研修のレポートを中心に掲載し、本校におけるグローバル人材育成に関するプログラムを紹介しているリーフレット『Go!Global』のvol.9が完成しました。

今回の主なコンテンツは以下のようになっています。
RISE PROGRAM
女子ラグビー部NZ遠征
Message from KGM Girls' Rugby Players
2017年度KGM海外留学プログラム
感動の連続!!アラスカ研修


リーフレットの一部を紹介します。


2月4日(土)から2月12日(日)の9日間、本校女子ラグビー部の中高生14名は、ラグビーの聖地ニュージーランドのクライストチャーチへ海外遠征に行きました。この遠征では、ラグビーの練習や親善試合をするだけでなく、現地の学校で授業を受けたり、ホームステイをしたりと、多くのプログラムがありました。


10年後、20年後に理系分野で活躍できる人材を育成するための入門として、昨年度からアラスカ研修を行っています。オーロラ観測をメインにした極寒の地ならではの現象や自然を観測する研修です。事前学習では、オーロラ研究の第一人者の先生からのレクチャーを受け、現地ではオーロラ観測の他に、アラスカ大学での研修も受けてきました。

このリーフレットには、それぞれの研修の様子の他に、参加した生徒達のコメントも載っています。


吹奏楽部 第22回定期演奏会のご案内



第22回定期演奏会をよこすか芸術劇場にて行います。今回も関東学院小学校ブラスバンドのみなさんをゲストに迎え、吹奏楽オリジナル曲やポップス曲を演奏いたします。入場無料ですので、ぜひ足をお運びください。当日のご来場をお待ちしております。

関東学院六浦中学校・高等学校吹奏楽部
Kanto Gakuin Mutsuura Wind Orchestra
第22回定期演奏会
The 22nd Regular Concert

2017.3.24(金) 18時00分開演 (17時30分開場)
よこすか芸術劇場


お問い合わせ
Tel:045−781−2525 (吹奏楽部顧問 深野)


カンボジア サービス・ラーニング研修の活動報告をしました



本校では昨年の12月22日(木)〜28日(水)、希望者を対象としたカンボジア サービス・ラーニング研修を行いました。

この研修では、カンボジアの小学校や中学校を訪問し、現地の子ども達と交流を深めました。「カンボジアの子どもたちが喜んでくれるために何ができるか?」を一生懸命に考え、準備し、教育ボランティアを経験しました。さらに、カンボジアの歴史や文化にも触れ、生徒達は幅広い学びができました。



今回の研修の様子は、こちらのブログ記事をご覧ください。
カンボジア サービス・ラーニング研修その1
カンボジア サービス・ラーニング研修その2
カンボジア サービス・ラーニング研修その3
カンボジア サービス・ラーニング研修その4
カンボジア サービス・ラーニング研修その5
カンボジア サービス・ラーニング研修その6

先日、朝礼拝の後、今回の研修に参加した生徒達による活動報告を行いました。


パワーポイントのスライドを使って、今回行なったプログラムの紹介、現地の子ども達の様子、感じたことや学んだことなどを話していました。
この研修を行うにあたっては、参加する生徒達の事前準備はもちろんのこと、全校生徒達から文房具などの献品を集め、現地へ持って行きました。本校からの寄贈品の紹介など、参加していない生徒達にもわかりやすく、研修の様子を紹介していました。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode